free Hardcore Gangbang hd Porn Videos

1. タモリ倶楽部|21世紀に残したい空耳大賞(爆笑!!!)

  • Duration: 665
  • Channel: tv
タモリ倶楽部|21世紀に残したい空耳大賞(爆笑!!!)

タモリ倶楽部|21世紀に残したい空耳大賞(爆笑!!!) - タモリ倶楽部 FOR THE SOPHISTICATED PEOPLE ジャンル バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 製作総指揮 栗井淳(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 演出 菅原正豊・山田謙司(ハウフルス) プロデューサー 山本たかお・舘智有里(テレビ朝日) 富樫孝行(田辺エージェンシー) 岩崎晃恵(ハウフルス) 出演者 タモリ 安斎肇(ソラミミスト) ナレーター 武田広 音声 モノステレオ放送[1] 字幕 文字多重放送 (2015年1月16日放送分より) オープニング The Royal Teens「Short Shorts」 エンディング 同上 外部リンク 公式サイト 1982年10月から1984年3月まで 放送時間 金曜日 24:10 - 24:40(30分) 放送期間 1982年10月8日 - 1984年3月 1984年4月から1985年10月まで(第1期) 放送時間 金曜日 24:15 - 24:45(30分) 放送期間 1984年4月 - 1985年10月4日 1985年10月から2000年3月まで 放送時間 金曜日 24:00 - 24:30(30分) 放送期間 1985年10月11日 - 2000年3月31日 2000年4月から2001年9月まで 放送時間 金曜日 24:09 - 24:39(30分) 放送期間 2000年4月7日 - 2001年9月 2001年10月から2009年9月まで(第2期) 放送時間 金曜日 24:15 - 24:45(30分) 放送期間 2001年10月 - 2009年9月25日 2009年10月から現在 放送時間 金曜日 24:20 - 24:50(30分) 放送期間 2009年10月2日 - 現在(1300回 - 出演者[編集] 司会[編集] タモリ[5] 空耳アワー[編集] 安斎肇(ソラミミスト)[6] ナレーター[編集] 武田広[7] 主なゲスト(不定期出演)[編集] 以下は五十音順で記載。 あ行 浅草キッド(水道橋博士・玉袋筋太郎) アンガールズ(田中卓志・山根良顕) アンジャッシュ(児嶋一哉・渡部建) 石田靖 泉麻人 伊集院光 市川紗椰 井筒和幸 糸井重里 依布サラサ(井上陽水の娘) 乾貴美子 今尾恵介(地図評論家) 岩下尚史(江戸の風俗文化担当) インパルス(堤下敦・板倉俊之) 江川達也 江口ともみ 江口洋介 大槻ケンヂ 大宮エリー 岡本信人 おぎやはぎ(小木博明・矢作兼) オードリー(春日俊彰・若林正恭) か行 梶原善 片瀬那奈 ガダルカナル・タカ 勝村政信 川上つよし(東京スカパラダイスオーケストラ) 辛島美登里 菊地亜美 岸田繁(くるり) 木村カエラ クリス・ペプラー 劇団ひとり ken(L'Arc〜en〜Ciel) 鴻上尚史 越中詩郎(プロレスラー) 後藤まりこ さ行 真田喜延(オスカープロモーションマネージャー) 指田郁也 下平さやか(テレビ朝日アナウンサー[8]) ジャルジャル(後藤淳平・福徳秀介) 陣内智則 勝田和宏(テレビ朝日報道局社会部記者、元同アナウンサー[8]) 五月女ケイ子 鈴木浩介 杉本哲太 瀬尾幸子(料理研究家) た行 高嶋政宏 田中要次 ダーリンハニー(長嶋智彦・吉川正洋) 竹山隆範(カンニング) 近田春夫 土屋礼央(RAG FAIR・ズボンドズボン) TKO(木本武宏・木下隆行) 堂真理子(テレビ朝日アナウンサー) 東京03(角田晃広・飯塚悟志・豊本明長[9][10]) 徳永ゆうき とよた真帆 な行 中川翔子 なぎら健壱 なだぎ武(ザ・プラン9) ななめ45度(岡安章介・土谷隼人・下池輝明) NIGO 二階堂ふみ 野上慎平(テレビ朝日アナウンサー) は行 パラダイス山元 萩原健太(音楽評論家) 博多華丸・大吉 芳賀啓(地図出版社「之潮」(コレジオ)代表、元・柏書房代表取締役) ハライチ Perfume(のっち・かしゆか・あ〜ちゃん) 半田健人 原田喧太(原田芳雄の息子) 東出有輝(東京地下鉄(東京メトロ)社員、元サンズエンタテイメントマネージャー) 肘井美佳 ビビる大木 廣田あいか(私立恵比寿中学) 福田充徳(チュートリアル) 藤波辰爾 FUJIWARA 130R(ほんこん・板尾創路) フットボールアワー 堀部圭亮 ま行 マキシマムザホルモン(ダイスケはん、ナヲのみ) マギー 前山田健一(ヒャダイン) 升毅 松たか子 松井康真(元テレビ朝日アナウンサー、現在は報道局ニュースセンター) 松尾貴史 マーティ・フリードマン(元メガデスのギタリスト) 眞鍋かをり みうらじゅん 光浦靖子(オアシズ) 南田裕介(ホリプロマネージャー) 宮本文昭 向谷実(元・カシオペアキーボーディスト) 百田夏菜子(ももいろクローバーZ) や - わ行 やくみつる 山崎樹範 山田五郎 YOU Ryo(ケツメイシ) ライセンス(藤原一裕・井本貴史) ROLLY 六角精児 ロッチ(コカドケンタロウ・中岡創一)[11] 渡辺祐 過去のミニコーナー出演者[編集] 以下の「」は出演していたミニコーナー名を記載。 佐々木勝俊 - 「廃盤アワー」 中村れい子 - 「ドラマシリーズ 男と女のメロドラマ 愛のさざなみ」 吉田美和 - 「ドラマシリーズ 男と女のメロドラマ 愛のさざなみ」 景山民夫 - 「ドラマシリーズ 男と女のメロドラマ 愛のさざなみ」「ドラマシリーズ 愛のたゆたい」 菊池恵子(菊地奈々子) - 「ドラマシリーズ 愛のたゆたい」 山本晋也 - 「なんてったって MIBOUJIN」 窪田ひろ子 - 「夜の英会話」 田辺美佐子 - 「ドラマシリーズ 愛の山嵐」 麻生澪 - 「ドラマシリーズ 愛の山嵐」 久住昌之(評論家) - 「東京トワイライトゾーン」 滝本淳助(カメラマン) - 「東京トワイライトゾーン」 赤瀬川原平 - 「東京トワイライトゾーン」 アニータ・カステロ - 「行ってみよう、やってみよう、なんでも知ってピンピンピン♪」 麿赤児 - 「瞑想アワー」 赤井英和 - 「今週の五ツ星り」 曽根幸明 - 「ジ・イントロナシニナル」 渡辺正行 - 「美しき愛の輪廻」 町山広美 - 「あなたにも音楽を」(第1回のみ) はるな愛(当時:春菜愛) - 「My勝負パンツ」 町田忍 - 「第1回納豆王決定戦!!」 番組構成[編集] 基本的な当番組の流れとしては毎回同じであり、以下の順番で放送されている。 パターン1 オープニング(番組タイトルロゴ表示 & お尻映像) / 提供クレジット[12] CM(1回目) 本日の企画導入(オープニング) 企画の本筋 ミニコーナー「空耳アワー」 CM(2回目)[13] 本編の締め(エンディング、エンディングロールが流れる) CM(3回目) エンディング(お尻映像 & 番組タイトルロゴ表示) / 提供クレジット パターン2 オープニング(番組タイトルロゴ表示 & お尻映像) / 提供クレジット CM(1回目) 本日の企画導入(オープニング) 企画の本筋 CM(2回目) ミニコーナー「空耳アワー」 本編の締め(エンディング、エンディングロールが流れる) CM(3回目) エンディング(お尻映像 & 番組タイトルロゴ表示) / 提供クレジット と言った当番組のタイムテーブルである。 オープニング映像[編集] オープニング映像は、最初に口笛に導かれて番組タイトル名が画面上から現れると、The Royal Teens[14](ロイヤル・ティーンズ)の楽曲「Short Shorts」(ショートショーツ)(一時期除く)に合わせ、ショーツのみ着用したお尻、ショーツ姿の女性(数名)が様々な下着(TバックやOバックも含む)を着用して、背後でお尻を振る映像(CGの物も増えてきている))が流れる。「Short Shorts」は、ボーカル無しで、主旋律をピアノまたは電子楽器で演奏するアレンジされたものを使用した時期もあった。 女性(初期には男性も)が何人か入れ替わりで登場する映像で始まる[15]。お尻を振る女性は当番組の出演者やスタッフ間の中では「お尻ギャル」と呼ばれ、番組内で不定期に募集がかけられ企画の一環として選考会が行われることがある。その際、顔や氏名はプライバシー及び個人情報等の関係で一切公開されず尻のみで選定が行われ、タモリらゲストらが「これは和尻だね!」などと論評する。 一時期、諸事情により生身の女性が一切出ないCGによるお尻のみでのオープニングが放送された。HD化する前は本物の人間の映像に加え、一部CGの映像が混入する形式がとられていた。また、ワンシーンだが尻をショーツではなく手や番組のロゴで隠している映像がある。ハイビジョン化した現在は安斎肇のイラスト付きで、CGは使用されていない。 過去には、オープニング映像がプールに飛び込む水着女性を後ろから撮影したものに変わったり、テーマ音楽(ミュージカル『キャバレー』中の"Willkommen, Bienvenue, Welcome!")なども刷新されたことがあったが、程なくして全て元に戻った。また、キリン・シーグラムが単独スポンサー(一社提供)だった頃、同社のウィスキー「NEWS」のロゴが入ったTシャツをノーブラで着て踊る女性に水をかけ乳首を透けさせるというオープニングも存在したが、これも程なく元に戻った。 オープニング[編集] 毎回、CMを挟み、本編(オープニング)がスタート。当番組の司会を務める、タモリが■灰色のタモリ司会専用のハンドマイクを持ち[16]、お決まりの言葉である「毎度おなじみ流浪の番組、タモリ倶楽部でございます」[17]と毎回のあいさつして撮影・番組開始、左上に収録・撮影・ロケ地が表示される[18]。 その日の企画の内容に合わせて、司会のタモリが世間話(トーク)を話していると、わざとらしく、その日のゲスト約3 - 4名が現れる、というコント風のやりとりがなされる[19]。中には上記のセリフを喋る前からゲストが出る企画もある。ゲストとのトークで本日の企画の内容が明らかにされ、企画の場所へ移動する。 企画の本筋[編集] 司会のタモリとその日のゲスト約3-4名と軽いオープニングトークの後、武田広のナレーションによって、その日の企画内容(後述)が進められる。企画が始まるとたいていは、代表をして、テレビ朝日アナウンサーやゲスト1名が進行役となり、台本・手札・フリップなど使用して、本編(企画)を進めていく。 司会のタモリは聞き役に回る。番組開始当初は企画の本筋へ入っても、司会のタモリ1人で司会進行を努め、ゲストが居た際にも行っていた。近年では、タモリは自ら進行役はイヤだと言う。『タモリ倶楽部』の番組タイトルに対して、タモリは「名義貸しで番組をやっている」と語る。また、ハンドマイクはその後の企画の本編では使わない。 2回目のCMが明けると、タモリが「今日は○○(企画内容)について(学んで、勉強して)まいりました」と司会者らしく、まとめて締めくくる。 本編(企画)では毎回、斬新な切り口でさまざまな社会現象を取り上げている。 撮影・ロケーション[編集] 「低予算番組で番組スタジオセットが組めない」という触れ込みのため、ほぼ毎回ロケーションスタイルで制作されている。ロケの場合、全く関係のない人が少ない場所で行われるため、後ろを普通に通行人が通っていたり、遠くから人がロケを眺めているところが映っている。局内での収録の場合も大抵はテレビ朝日社屋・ロビー、あるいは制作会社であるハウフルスの会議室・仕事場、収録場所の廊下などを使用し、最低限の番組スタジオセットを組んで収録している[20]。


2. タモリ倶楽部|21世紀に残したい空耳大賞(爆笑!!!)

  • Duration: 665
  • Channel: tv
タモリ倶楽部|21世紀に残したい空耳大賞(爆笑!!!)

タモリ倶楽部|21世紀に残したい空耳大賞(爆笑!!!)


3. 爆笑!|原口のものまねメドレー

  • Duration: 178
  • Channel: tv
爆笑!|原口のものまねメドレー

爆笑!|原口のものまねメドレー - 原口あきまさ 本名 原口 晶匡 生年月日 1975年11月3日(40歳) 出身地 福岡県北九州市 血液型 O型 身長 179cm 方言 共通語、北九州弁 最終学歴 専門学校東京アナウンス学院 出身 現事務所直入 コンビ名 元・チャムズン 相方 中村至誠(元相方) 芸風 ものまね 事務所 ケイダッシュステージ 活動時期 1997年 - 現在の代表番組 ものまねグランプリ 原口・はなわの踊る!すまいる大御殿 過去の代表番組 ものまねバトル OUT★PUT 2時っチャオ! 汐留イベント部 配偶者  福下恵美 (2010年 - ) 公式サイト 一日一笑ゆる〜いブログ - ものまねレパートリー[編集] 人物[編集] 明石家さんま[1][10][12] 稲川淳二[1] 今田耕司[1][10] 江頭2:50[1][10] 大木こだま・ひびき[1][10] 織田裕二[1][10] 勝俣州和[1] 加藤浩次[1][10] KABA.ちゃん[1][10] 川平慈英[1][10] 北村総一朗[1][10] 桑田佳祐(サザンオールスターズ)[1][10] ケンドーコバヤシ[1][10] 研ナオコ[1][10] 小堺一機[1][10] 越中詩郎[1] コブクロ[1] 堺正章[1][10] 桜井和寿(Mr.Children)[1][10] SAM(TRF)[1] ジーコ[1] 篠原信一[13] 志村けん[1][10] 獣神サンダー・ライガー[1][10] 湘南乃風[1][10] 笑福亭笑瓶[1] ターザン山本[1] 高田純次[1][10] 高橋ジョージ(THE 虎舞竜)[1] 田村淳(ロンドンブーツ1号2号)[1][10] 田中邦衛[1][10] 田中直樹(ココリコ)[1][10] 田村正和[1][10] 千原ジュニア(千原兄弟)[1][10] 蝶野正洋[1][10] 辻よしなり[1][10] 出川哲朗[1][10] TERU(GLAY)[1][10] とんねるず(石橋貴明・木梨憲武)[1][10] 中居正広(SMAP)[1][10] 中山秀征[1][10] 板東英二[1] 東野幸治[1] 久本雅美[1][10] ビビる大木[1][10] 氷室京介[1] ヒロシ[1][10] ヒロミ[1] 布袋寅泰[1] 堀内健(ネプチューン)[1][10] 前田亘輝(TUBE)[1][10] マサ斎藤[1] 松村邦洋[1][10] 的場浩司[1][10] 三村マサカズ(さまぁ〜ず)[1][10] 宮迫博之(雨上がり決死隊)[1][10] 武藤敬司(グレートムタ)[1][10] 柳沢慎吾[1][10] 柳葉敏郎[1][10] 矢部浩之(ナインティナイン)[1][10] 山崎まさよし[1][10] 山崎弘也(アンタッチャブル) 山里亮太(南海キャンディーズ)[1] ユースケ・サンタマリア[1][10] 吉村崇(平成ノブシコブシ)[14] ラッシャー木村[1] ラモス瑠偉[1][10] その他[編集] F1(ものまねF1)[1] DJ(ものまねDJ)[1] オーケストラ(ものまねオーケストラ)[1] 出演[編集] テレビ[編集] レギュラー 原口・はなわの踊る!すまいる大御殿(RKB毎日放送制作) 原口あきまさの今がぱちドキッ!(TOKYO MX制作) ものまねグランプリ(日本テレビ系列) 真夜中のおバカ騒ぎ!(TOKYO MX、千葉テレビ) 過去の出演番組 メレンゲの気持ち(日本テレビ系列) 午後は○○おもいッきりテレビ(日本テレビ系列) 銭形金太郎(テレビ朝日系列) 海においでよ!(テレビ愛知制作) アメトーーク!(テレビ朝日系列) 原口あきまさの福岡耳よりTV "ふくみみ"(TVQ九州放送制作) MTM(RKB毎日放送制作・毎日放送ネット) モンド21的 原口あきまさ塾(MONDO TV) ポジTV(RKB毎日放送制作) ものまねバトル(日本テレビ系列) 九州青春銀行(RKB毎日放送制作、2006年7月 - 2009年3月) 坂口憲二エビちゃん秋の下町大人のデート(フジテレビ系列、2006年) OUT★PUT(テレビ東京、2005年4月 - 2006年3月) たかじん胸いっぱい(関西テレビ制作)準レギュラー 内村プロデュース(テレビ朝日系列) 情報ドラマチック もくげき!(TBS) 告っちゃ!(GyaOジョッキー、2007年5月 - 2009年8月) ひるたま「読売ツゥ!」(テレビ埼玉制作) ダベり場(ShowTime、2006年9月 - 2008年12月) ダベれ場(GyaOバラエティー・ShowTime、2009年1月 - ) TVチャンピオン2(テレビ東京制作) 今夜もハッスル(サンテレビジョン制作) えらばん(テレビ大阪※番組放送局) 三枝一座がやってきた!(NHK BS2、- 2010年3月) そこウサ(2011年4月 - 2012年12月、チバテレビ、TOKYO MX) ケイダッシュステージの殴るなら殴れ!!(2011年7月20日開始、ニコジョッキー) #99ほか 【ニコジョッキー感謝祭】公開生放送だよ!2時間特別番組「告っちゃスペシャル!!」(2011年12月30日、2012年12月30日、ニコジョッキー) ニコジョッキー1周年記念スペシャル特別番組(2012年7月6日、ニコジョッキー) めちゃ×2イケてるッ! (2013年7月20日 、フジテレビ系) 坂上忍の成長マン!!(2014年8月29日、9月5日、テレビ朝日系列) 坂上忍の成長マン!! 祝!坂上忍の成長マン日曜ゴールデン拡大版 愛犬しつけ&ものまね急成長2時間半SP(2014年11月23日、テレビ朝日系列) テレビドラマ[編集] 特命係長 只野仁(2ndシーズン)(テレビ朝日系列) 「ニセ只野」で主人公只野(演・高橋克典)の偽者役(平田一生役)で出演。 サプリ(フジテレビ系列) コピーライターの松井良英役で出演。 ラジオ[編集] JUNK2 原口・はなわの角っ歯!(TBSラジオ) 原口あきまさとはなわのぐるぐるロック(fm fukuoka) 東京REMIX族(J-WAVE)聞き役 映画[編集] AXION(2008年) 特命係長 只野仁 最後の劇場版(2008年) - カメオ出演 20世紀少年 最終章 ぼくらの旗(2009年) - コンサートの客 いぬばか(2009年) プロモーションビデオ[編集] はなわ「佐賀県」、「伝説の男 〜ビバ・ガッツ〜」 声優・吹き替え[編集] それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星(2009年) - ジャイアントだだんだん 役 聖石傳説(非善類) デジモンセイバーズ(ボンバーナニモン) レイトン教授と最後の時間旅行(3号) 空中ブランコ(司会者) WEB[編集] 明治製菓 web-CM「明治手作り女子学園」 特別講師役(2011年2月11日 - 14日) - 原口 あきまさ(はらぐち あきまさ、1975年11月3日[1] - )は、日本のものまねタレント、お笑い芸人。本名、原口 晶匡(読み同じ)[1]。 福岡県北九州市出身[1]。ケイダッシュステージ所属。専門学校東京アナウンス学院卒業[2]。身長179cm、体重65kg。 目次 [非表示] 1 人物・来歴 2 ものまねレパートリー 2.1 人物 2.2 その他 3 出演 3.1 テレビ 3.2 テレビドラマ 3.3 ラジオ 3.4 映画 3.5 プロモーションビデオ 3.6 声優・吹き替え 3.7 WEB 4 脚注 5 外部リンク 人物・来歴[編集] 父は元・自衛官で、退官後も爆弾処理に携わっていて、原口を爆破技師の仕事場に誘ったこともある[3]。 常磐高等学校に[4]剣道のスポーツ推薦で入学。剣道二段。 高校時代から教師やクラスメイトのものまねをしており、体育祭の演目の間に進行を中断させ、校庭の中央でものまねを披露して笑わせていたというエピソードが残っている。こうした戯れが現在のものまねの土台になっている。また高校時代、当時「鶴屋華丸・亀屋大吉」の芸名で福岡のローカルタレントとして活躍していた博多華丸・大吉の追っかけをしていた。[要出典] 高校卒業後、東京アナウンス学院に進学。土田晃之は専門学校時代の先輩、はなわは後輩に当たる。「チャムズン」という芸人コンビ(1998年解散)のツッコミ役として芸能界デビュー。ちなみに、コンビの相方だった中村至誠は解散後、放送作家として活動している。 2000年、タモリに扮したコージー冨田と組んでの活動でブレイクし、2001年発表の第38回ゴールデン・アロー賞ではコージーとともに芸能新人賞の候補に挙げられたが、「各賞1組ずつ受賞、音楽新人賞のみ3組受賞」というルールがあったため、芸能新人賞はコージーが受賞した。 2006年12月15日に行われた全日本プロレスのファン感謝デー興行では、蝶野正洋に扮して天山広吉とタッグを組み、武藤敬司・神奈月の「ダブル武藤」組と本物のプロレスの試合を行った。試合には敗れたものの、マイクパフォーマンスと物真似の数々を披露した[5]。 2008年夏、TUBEのコンサートにサプライズゲストとしてよばれ、前田亘輝に変わって歌を披露した。元々TUBEのメンバーが、原口が出演するものまね番組を見て、前田の口パクをしているように思えたことがきっかけ[6]。 2009年9月12日、大塚愛のバースデーライブにスペシャルゲストとして招待される。しかし最後にステージに上がり用意されたドッキリ落とし穴の犠牲となる。これは大塚とバンドメンバーを中心とした大塚チームにドッキリ企画の学力検定を2回にわたり仕掛けたことの復讐であった[7]。 代表的なものまねは明石家さんま。出川哲朗からは(さんまのものまねをすることから)「さんちゃま」と呼ばれている。『ものまねグランプリ』では年末大会「ザ・トーナメント」で2連覇を達成し、コロッケ・青木隆治と並んで『ものまねBIG3』と呼ばれている。 普段からランニングなどで体を鍛えているといい、『スポーツマンNO.1決定戦』に出場したこともある。20年来のプロレスファンでもある。 自動車免許はオートマチック車限定を取得している。 ナインティナインの矢部浩之が中心の「矢部会」なるグループの一員であり、矢部のことを「兄様(にいさま)」と呼ぶ。ちなみに矢部のものまねもレパートリーに含まれている。 2010年1月17日、ブログでグラビアアイドルの福下恵美と結婚を前提とした交際中であることを発表。同年3月14日に婚姻届を提出した。2011年2月14日、予定日よりも2週間ほど早く、第一子となる男児が誕生した[8]。 2011年2月22日、北九州市観光大使に任命された[9]。 2013年6月7日、第二子となる次男が誕生。


4. 爆笑!|ホリのものまねメドレー

  • Duration: 361
  • Channel: tv
爆笑!|ホリのものまねメドレー

爆笑!|ホリのものまねメドレー - ホリ 本名 堀 裕人[1] 生年月日 1977年2月11日(38歳) 出身地 千葉県[1]白井市(旧・印旛郡白井町) 血液型 B型[1] 身長 173cm[1] 方言 共通語 出身 事務所のオーディション 芸風 ものまね 事務所 ホリプロコム 活動時期 1999年 - 現在の代表番組 ものまねグランプリ ホリプレゼンツ 求人任三郎がいく! 過去の代表番組 ものまねバトル TVおじゃマンボウ くちコミ☆ジョニー 2時っチャオ! ヒミツのちからんど 汐留イベント部 情報プレゼンター とくダネ! 配偶者  既婚 公式サイト 公式プロフィール 受賞歴 1999年、日本テレビ「まねきん」まねきんBoxチャンピオン大会初代チャンピオン - ものまねレパートリー[編集] 木村拓哉 (SMAP) 城島茂 (TOKIO) 麻生太郎 阿藤快 綾小路翔 (氣志團) 芥川隆行 荒木経惟 石倉三郎 泉谷しげる 石橋貴明 (とんねるず) 伊集院光 イジリー岡田 市原悦子 井森美幸 いっこく堂 いつもここから (山田一成 菊地秀規) 内村光良 (ウッチャンナンチャン) ウド鈴木 (キャイーン) えなりかずき ほっしゃん 岡田圭右 (ますだおかだ) 大泉洋 爆笑問題 (太田光 田中裕二) 小澤慎一朗 (ピスタチオ) 唐沢寿明 堺雅人 片岡愛之助 桑田佳祐 (サザンオールスターズ) サンプラザ中野くん (爆風スランプ) 佐藤二朗 テリー伊藤 桂小枝 桂ざこば 加藤茶 志村けん 笑福亭鶴瓶 田中直樹 (ココリコ) 月亭方正 松本人志 (ダウンタウン) 出川哲朗 ネプチューン (原田泰造 堀内健) クロちゃん (安田大サーカス) 鈴木紗理奈 美空ひばり 赤崎千夏 肝付兼太 浜田ブリトニー 佐藤祐造 (インスタントジョンソン) はるな愛 友近 桂米朝 桂春団治 春風亭柳昇 清水圭 寺門ジモン (ダチョウ倶楽部) 岩橋良昌 (プラスマイナス) 福山雅治 田中卓志 (アンガールズ) YOU 千昌夫 吉幾三 串田アキラ 加藤みどり 立木文彦 滝口順平 藤村俊二 田村正和 猫ひろし ルー大柴 武田鉄矢 田中康夫 鳩山由紀夫 西川貴教 (T.M. Revolution) 桜井和寿 (Mr.children) コブクロ (小渕健太郎 黒田俊介) 次長課長 (河本準一 井上聡) 小杉竜一 (ブラックマヨネーズ) 石井勇気 (パンダユナイテッド) 中川礼二 (中川家) 劇団ひとり 山崎努 北林谷栄 平泉成 前田吟 徳井義実 (チュートリアル) 松村邦洋 マツコ・デラックス 真栄田賢 (スリムクラブ) 狩野英孝 加藤和也 木山裕策 小沢一敬 (スピードワゴン) 宮迫博之 (雨上がり決死隊) 薬丸裕英 八嶋智人 柳葉敏郎 ドクロベエ 浜崎憲孝 花輪和彦 藤木茂 永沢君夫 さくらひろし 山口智充 鳩山来留夫 山崎弘也 (アンタッチャブル) みのもんた 東野幸治 中山秀征 宮根誠司 中尾彬 藤井隆 ビートたけし ビビる大木 濱口優 (よゐこ) さまぁ~ず (大竹一樹 三村マサカズ) 山里亮太 (南海キャンディーズ) 板東英二 掛布雅之 鉄拳 デーモン閣下 ユースケ・サンタマリア 佐々木蔵之介 松井秀喜 高倉健 菅原文太 ボビーオロゴンなど - ホリ(1977年2月11日[1] - )は、日本のものまねタレントである。本名、堀 裕人(ほり ひろひと)[1]。 千葉県[1]白井市(旧・印旛郡白井町)出身。ホリプロの関連事務所、ホリプロコム所属。血液型B型[1]。 目次 [非表示] 1 経歴・人物 2 出演 2.1 テレビ番組 2.1.1 現在 2.1.2 過去 2.2 ラジオ番組 2.3 テレビCM 2.4 テレビアニメ 2.5 劇場アニメ 2.6 映画 2.7 ものまねレパートリー 3 CD 4 DVD 5 脚注 6 外部リンク 経歴・人物[編集] 高校時代はハンドボール部に所属していた。大学時代は広告学研究会に所属し、3年次には会長を務めた。大学卒業後、SP(セールスプロモーション)会社で10か月あまりのサラリーマン生活を経て、芸能界入り。テレビ初出演は素人時代に経験した『笑っていいとも!』の素人ものまねコーナー。 2005年4月16日、レギュラー番組の生放送終了間際に結婚を発表した。 金曜ロードショーの『ルパン三世 天使の策略 〜夢のカケラは殺しの香り〜』(2005年7月)で、声優に挑戦した。 2006年2月20日から同年4月20日まで、MSNの企画で「ホリの爆笑ものまね100連発[2]」が行われた。 白井市ふるさと大使として、印西署の一日警察署長に就任し、2015年10月4日(土)、印西市の商業施設で開催された「印西地区防犯フェスタ2015」に集まった人に防犯を呼び掛けた。 [3] 出演[編集] テレビ番組[編集] 現在[編集] (2015年現在) レギュラー番組 マツコ会議(日本テレビ 2015年10月17日 - ) - ナレーション ごごたま(2015年4月9日 - 、テレビ埼玉)木曜日パーソナリティ 不定期 ものまねグランプリ(日本テレビ)  ホリプレゼンツ 求人任三郎がいく!(千葉テレビ放送、2014年4月 - ) 過去[編集] 笑いの金メダル(テレビ朝日系・朝日放送制作) TVおじゃマンボウ(日本テレビ) エンタの神様 (日本テレビ)キャッチコピーは「ものまね界のプリンス」 バックドロップ(メ〜テレ) チータとホリ&エリカの開運アゲアゲ(テレビ愛知) ダウトをさがせ!2007(TBS系・毎日放送制作)パロディドラマ『DOUBT LUCK!!』 くちコミ☆ジョニー(日本テレビ) 爆笑オンエアバトル(NHK総合)戦績0勝2敗 最高317KB 音楽のちから、アートのちから、からだのちから(NHK教育) タモリのボキャブラ天国 大復活祭スペシャル(2008年、フジテレビ) キャッチコピーは「人間コピー製造機」 ザ・イロモネア(TBS、2008年) ※ピンモネアに出演、FINALステージ敗退 新春ゴールデンピンクカーペットSP(フジテレビ、2009年1月1日)キャッチコピーは「ノーモノマネ ノーライフ」 2時っチャオ!(TBS) - 火曜レギュラー。 ものまねバトル(日本テレビ) とんねるずのみなさんのおかげでした(フジテレビ) - 「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」に出演 ナニコレ珍百景(テレビ朝日) - 2009年9月23日放送分に、群馬県代表として出演(これは、事務所の先輩である井森美幸に担がされて出演したものである) スタイルプラス(東海テレビ) - あさりどの代理出演時 逃走中(第19回「激動明治の大事変」)(フジテレビ、2010年11月23日)- 森鴎外役 我思う、故に我ラーメン(HTBの深夜の新番組。2011年4月29日放送の第3回、同年5月6日放送の第4回に出演) ヤンヤンJUMP(テレビ東京、2011年5月14日) 勇者ヨシヒコと魔王の城 第7話(テレビ東京、2011年8月19日) - キサラ 役 勇者ヨシヒコと悪霊の鍵 第9話(テレビ東京、2012年12月7日) - こんぱち 役 釧路エリア開局記念特番 宇梶・ホリ・ギャル曽根が行く 釧路の魅力発見!ふれあい旅(テレビ北海道、2011年8月27日。北海道ローカル) 坂上忍の成長マン!!(テレビ朝日、2014年8月29日、9月5日) 坂上忍の成長マン!! 祝!坂上忍の成長マン日曜ゴールデン拡大版 愛犬しつけ&ものまね急成長2時間半SP!!(テレビ朝日、2014年11月23日) きらめきいっぱいさいたま市(テレビ埼玉) 汐留イベント部(日本テレビ)関東ローカル ヒミツのちからんど(NHK教育)レギュラー トコトンハテナ(テレビ東京)リポーター 情報プレゼンター とくダネ!(フジテレビ) 爆笑レッドカーペット(フジテレビ)キャッチコピーは「ノーモノマネ・ノーライフ」 のびのびシティさいたま市(テレビ埼玉) ビジネスフラッシュ 千葉ロッテマリーンズスペシャル(千葉テレビ放送、2015年2月 - 3月) マツコとマツコ(日本テレビ 2015年4月4日 - 9月26日) - マツコロイドの声 ラジオ番組[編集] ホリのスーパーホットニュース(ニッポン放送、2004年10月 - 2005年3月) 東京REMIX族(J-WAVE) テレビCM[編集] 資生堂「uno」 - 『TVおじゃマンボウ』のおじゃま刑事の服装で出演している日本テレビ限定の放送バージョンが存在していた。 テレビアニメ[編集] ルパン三世 天使の策略 〜夢のカケラは殺しの香り〜(2005年)観光客 役 夜ノヤッターマン(2015年)ドクロベエ 役[4] 劇場アニメ[編集] 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ(2006年)ペラップ 役 映画[編集] 薔薇色のブー子


5. 木村拓哉×藤ヶ谷太輔 【テレフォンビストロPRICELESS火曜曲ワッツいいともスマスマ雑誌】

  • Duration: 2109
  • Channel: music
木村拓哉×藤ヶ谷太輔 【テレフォンビストロPRICELESS火曜曲ワッツいいともスマスマ雑誌】

とうとう沢山服もらっちゃいました☆拓哉ラブな方は太P=自分だと妄想して楽しんでください(≧∇≦)/ 他の動画達にも情報沢ッッッ山なので見てくださいヽ(*´∀`)ノ 11/7キスログ↓ 大先輩の木村さんにも、たくさんお世話になっています。 あのね、洋服すげーたくさんいただいたのだぁー☆ ヘビロテさせていただいてます(((o(*゚▽゚*)o))) 食事も2日連続で、連れてっていただきました!! 最高な時間でした! あとね、太輔ってよんでいただいてます!!! 目標の1つだったんです! 木村さんが自然に太輔はぁ~って、俺、話の最中なのに、え?あれ?はて?って、なってしまいましたよ。笑 (略)なにより、木村さんに電話するのが1番緊張しました。笑 【TVぴあPRICELESS】ちなみに、今後二人で何かをやってみたいとかありますか? 藤ヶ谷「一緒に買い物とか行ってみたいです。服とかアクセとかどこで買うのかなって…(汗)。」 木村「それ、ただのファンじゃん!(笑)」 Q.11/13は木村さんの誕生日ですが。 a.もうプレゼントは決めています。洋服なんですけど、僕が好きなブランドのもので、木村さんが私服で着ているのを何度か見掛けたことがあるので。でも木村さんって何でも持ってそうですよね。万が一いらなかったら捨ててくださいって言おうと思ってます。お食事とかもぜひ行ってみたいんですけど…緊張しちゃって味とかわからないですよね、きっと(笑)。 「東スポ」 藤ケ谷が皆からうらやましがられている理由はただ一つ…。木村拓哉から毎回、何かしらのプレゼントをもらっているからだ。 「収録で一緒になる度に、キムタクがくれるそうですよ。メーンは服ですが、その9割が新品だというんです。残りの1割も一度か二度、袖を通したくらいのレベルですからね。サイズ的にもピッタリで、ドラマの収録は非常にハードですが、藤ヶ谷は一番に現場入りしていると聞いています」(前出の事情通) 特筆すべきは服以外のもの。これがスゴイという話だ。 「バックやアクセサリー、時計なんかもくれるというんですよ。藤ヶ谷本人が一番、喜んでいたのがクロムハーツの高価なリングとネックレス。キムタクは〝もうクロムを着けるほど若くない〟と言ってくれたそうです」(同事情通) テレビジョン ~最近ドキドキしたこと~ ドラマで木村(拓哉)さんと共演させていただいてること。毎日がドキドキです! PRICELESS プライスレス いいとも ビストロ テレフォンショッキング スマスマ キムタクワッツ 月9 月9 宇多田ヒカルCan You Keep A Secret? b'z今夜月の見える丘に 眠れる森HEROビューティフルライフBeautiful Life火曜曲SP La La La Love Song制作発表 めざまし めざにゅ〜 がんばった大賞 キムタク ロングバケーション ロンバケ 記者発表 動画 キャプテン ワッツ たいぴー ガヤ プライスレス  拓ヶ哉 サントラ ost 挿入歌 ようつべ youtube 眠れる森 番宣 ラジオ What’s up SMAP! プライド 挿入歌 ice Man about you good-bye bridge フジテレビ Tomorrow Never Knows 空から降る一億の星 Mr.Children ミスチル RADIO 若者のすべて SMAP キムタク PRICELESS 月9 動画 youtube ノンストップtakuya kimura Space Battleship YAMATO ヤマト Steven Tyler LOVE LIVES 映画 スマスマ 空から降る一億の星 SMAP キムタク キスマイ ドラマ 主題歌 Kis-My-Ft2  ビギナーズ! 野島伸司脚本 シニカレ 主演 木村拓哉 藤ヶ谷太輔 SMAPがんばりますっ!!2011 ビストロSMAP よんぱち カミスン キスマイradio ポポロCDTV Mステ POTATO WINK UP Duet オリスタ 雑誌 テレビガイド テレビジョン TVぴあ TVnavi久保田利伸 タモリ 木村君 木村くん 拓哉 ガヤ 太 たいぴ SMAP×SMAPザ・少年倶楽部 中居正広の怪しい噂の集まる図書館 はなまるマーケット・はなまるカフェ ジャニーズ Jr hikaru utada 動画 BGM 宿命 The Sleeping Forest 木村拓哉 キムタク 木村拓哉 木村ライン 20121011 20121012 フジテレビ TBS


6. (お宝) 豊岡真澄 「虎ノ門」 パンチラ

  • Duration: 15
  • Channel: tv
(お宝) 豊岡真澄  「虎ノ門」  パンチラ

(女子アナ) 豊岡真澄 「虎ノ門」 パンチラ - とよおか ますみ 豊岡 真澄 生年月日 1983年1月25日(33歳) 出生地 埼玉県志木市 国籍 日本の旗 日本 血液型 B型 職業 元タレント、現:鉄道文化人 ジャンル バラエティ 活動期間 1999年 - 活動内容 アイドルグループ「P-chicks」(1999年 - 2002年) 公式サイト http://ameblo.jp/masumi-toyooka/ 主な作品 テレビ番組 タモリ倶楽部 鉄道模型ちゃんねる U-15.F スキにさせて! - 豊岡 真澄(旧姓、とよおか ますみ、1983年1月25日 - )は、元ホリプロ所属のタレントであり、現・「鉄道文化人・鉄道趣味人」、ブロガーである。埼玉県志木市出身。 ヤングアイドルには稀な、鉄道に関しての見識の深さで注目された。 鉄道文化人以後も旧姓名で活動する場合がある。現姓は非公表。 - 芸能界入り[編集] 1999年に雑誌のオーディションに合格し、ホリプロが身長150cm以下の女の子3人(瀧上夕佳・小林美香)で結成したアイドルユニット・P-chicksの一員として芸能界入り。 P-chicks解散後はソロ活動を始め、バラエティ番組、ドラマ、映画などで活動した。映画への造詣も深く、雑誌に評論を寄稿していた。 鉄道ファンとして[編集] 本人は芸能界に入るまで鉄道に関しては全く関心が無かった。 大の鉄道マニアであり『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)へ出演歴があったマネージャー・南田裕介[1]が、豊岡に芸能活動に関する事を殆ど教えず、鉄道知識だけを叩き込んだ[2]。 女性鉄道ファンという希有な存在のお陰で、鉄道ネタのTBSドラマ『特急田中3号』に出演し、BSジャパンの鉄道模型番組ではコーナーレポートを務めた[3]。 雑誌「アップトゥボーイ」で、南田監修による「美少女鉄道 featuring豊岡真澄」が連載された[4]。 『ナイナイサイズ』(日本テレビ系)に出演。鉄道歴は「2005年(平成17年)4月から」と公言。 漫画『鉄子の旅』第34 - 35旅に、南田と共に「道連れゲスト」として登場した[5]。 『マンガノゲンバ』に出演。好きな漫画を紹介する際、自身が出演した「鉄子- 」を推したので、司会の天野ひろゆきから我田引水と突っ込まれた。 2007年7 - 9月開催の大鉄道博覧のイベント「鉄子の旅presents スーパーベルズライブ」に出演。ライブ中のアトラクション「軌道刑事ツクバン[6]」にて「二代目スケバンデハ」として登場し、セーラー服姿を披露した。 2007年12月、『タモリ倶楽部』の「タモリ電車クラブ」初の女性会員(メタリックピンク会員)となった。 結婚・芸能界引退[編集] 2007年11月3日、東京都内の会社員[7]と結婚。 2008年2月25日、京浜急行電鉄品川駅でのイベントにて妊娠5ヶ月目であることを明らかにし、同年3月31日に芸能生活から引退した[8]。 2008年4月25日放送[9]の「南田裕介出版記念 手書きポップで二刷を目指せ!!」が、『タモリ倶楽部』への事実上の最終出演となった。 2008年6月27日朝、妊娠36週目で破水したものの3000g以上ある男児(長男)を自然分娩で出産。 2010年3月2日朝、本人ブログにて二人目を妊娠中であることを公表し、8月23日に女児(長女)を無事出産した。 芸能界からは引退したものの、自身のブログでの活動は継続し、「一般人、鉄道趣味者」として活動している。 SUPER BELL"Z関連のイベントへ鉄道文化人の立場で度々出演している。 人物[編集] 身長147cm、血液型はB型。 特技はピアノ、バドミントン。 鉄道以外の趣味は、映画鑑賞、読書、歴史。巨人ファンで、公式サイトに「趣味・プロ野球(ジャイアンツ)」と記載。『鉄子の旅』作中では、鉄道以前から好きだった物として「お城めぐりとガンプラ」を挙げている。 同じ所属事務所だった水崎綾女、番組で共演歴のある浅香友紀、りりあんとは仲がよく、本人のブログによく登場する。この他にも湯原麻利絵とも仲が良かった。 鉄道ファンの部類としては「車両鉄」「撮り鉄」に当たる。 理想の男性を鉄道車両に例えるとEF64だという。 好きな車両は、東京メトロ10000系電車とテレビ雑誌で公言。 好きな私鉄は、東京メトロと近鉄。「メトロは車両が好きで、特に有楽町線の10000系なんかが。(ゲームでは)まず最初に東京メトロやりました」と答えた[10]。 南田曰く、豊岡を鉄道車両に例えると「タンゴディスカバリー[11]」(KTR(北近畿タンゴ鉄道))で、理由は「コンパクトなところが似ている」からだという。 現在もトークショーなどで姿を現すことはある。 出演歴[編集] [icon] この節の加筆が望まれています。 テレビ[編集] 情報・バラエティ番組[編集] 朝は楽しく!スマイルサプリメント(テレビ東京) 志村けんのバカ殿様(フジテレビ系) 虎乃門(テレビ朝日、2001年4月 - 2002年9月20日) - 「こちトラ自腹じゃ!」コーナーアシスタント 内村プロデュース(テレビ朝日、2002年) - ゲスト出演 U-15.F スキにさせて!(テレビ東京系、2003年4月6日 - 9月28日) 広島SeeSaw(広島ホームテレビ、2004年4月7日 - 10月27日) タモリ倶楽部(テレビ朝日系) - 不定期出演。最終出演は2008年4月25日放送分。マネージャー・南田とセット出演。 マンガノゲンバ(NHK-BS2、2007年4月4日 - ) - アシスタント。メイド服を着てのカフェ形式コーナーでは進行・MC役も担当。 鉄道模型ちゃんねる(BSジャパン、2007年4月6日 - ) ナイナイサイズ(日本テレビ系、2007年6月9日) - VTRゲスト すくいず!「世界一キモいクイズ」(テレビ朝日、2007年8月29日) - 鉄道オタクとして解答者出演 私的チャイナビ(TBS、2007年9月) カルチャーSHOwQ〜21世紀テレビ検定〜(tvk他、2007年9月10日) - 「特急」の回にてゲスト出演 拝啓!!鉄道人第一シリーズ#1 - 12(テレ朝チャンネル、2007年10月14日 - 2008年3月30日) - 南田と2人で司会担当。 科学大好き土よう塾(NHK教育、2007年12月1日) - 「新幹線」の先生として。 まる得マガジン 暮らしにすぐに役立つ ひもとロープの結び方(NHK教育、2011年6月6日 - 2011年6月23日) - ナビゲーターとして。 ドラマ[編集] 特急田中3号(TBS系、2007年4月13日 - 6月22日) - いずみ役 アニメ[編集] 鉄子の旅(2007年6月24日 - 9月23日、ファミリー劇場) - きなこ役。エンディング「鉄分サプリ」コーナーで案内人としても登場。 ラジオ[編集] くにまるワイド ごぜんさま〜(文化放送、毎週金曜 午前10時台) 泉谷しげるのミュージックバトル!(2004年1月 - 2005年3月、文化放送) おしゃべりやってまーす(2003年 - 2008年、K'z Station) ウェブ[編集] 愛のカタチ(GyaO) 鉄旅!! 〜博多華丸・大吉VS鉄ちゃんアイドルミラクル鉄道ツアー〜(GyaO) 雑誌[編集] 鉄道ファン(2008年5月号、小田急電鉄60000形MSE試乗記) - ゲスト 関連項目[編集] 木村裕子 - 鉄道ファンのアイドル(『特急田中3号』第10話にてゲスト出演し、共演) 史絵. - 鉄道ジャーナリスト、元鉄道タレント 中嶋春香 - 鉄道ファンのアイドル 小倉沙耶 - 鉄道ファンのアーティスト 桜井せな - 鉄道ファンのアイドル 斉藤雪乃 - 鉄道ファンのタレント・チアリーダー 伊藤桃 - 鉄道旅行を趣味としているアイドル SUPER BELL"Z 脚注[編集] ^ 南田は事務所の上司から「タレント抜きで出るとは何事か」と怒られ、以後は必ず2人セットで出演するようになった。 ^ 「鉄の道に引き込むのに6年を費やした」と南田がインタビューで答えている。「タモリ倶楽部」にて「好きな列車は北斗星」と発言する程。『個人授業〜正しい和田アキ子の作り方〜』(TBS系)では「東武鉄道の手描きのダイヤグラムをもらったので、これで人生が終わってもいいくらい幸せ」と発言。 ^ 紹介キャプションには「鉄道歴6年(2007年(平成19年)4月現在)」とあったが『タモリ倶楽部』での鉄子の初申告は2005年(平成17年)下半期で、それ以前の出演(VTRも含めて)にはその旨が語られる事が無かった。 ^ その後寺田有希に交代し、現在は終了。 ^ 横見曰く「真のレールクイーンはここにいた!!」である。 ^ 『スケバン刑事』のパロディ。 ^ 10歳年上の早大卒の会社員男性で、ハリウッド俳優ジョン・キューザック似。2007年2月に知人の紹介で知り合ったのが出会いのきっかけで、同年の12月には結婚を決めた。男性は鉄道ファンではないとのこと。 ^ みなさんへご報告-豊岡真澄の連心通心 ^ 収録は2008年3月。 ^ 2009年1月22日 タイトー、DS『鉄道ゼミナール -大手私鉄編-』発売記念イベントにて。 ^ この列車には豊岡駅発着の列車が存在する。 外部リンク[編集] 本人によるブログ 豊岡真澄の連心通心 - 2008年9月17日迄《既に閉鎖;現在は2009年4月22日時点でのアーカイブの形でのみ残存》 豊岡真澄オフィシャルブログ「豊岡真澄の連心通心」 - 2008年9月17日以降《タレント引退後の、鉄道文化人としての活動の場となっているものの、ブログ自体は今も芸能人ブログに分類されている》 豊岡真澄 (@masumin147) - Twitter


7. タモリの笑っていいとも!初|テレフォンショッキングに安倍首相が生出演!

  • Duration: 374
  • Channel: tv
タモリの笑っていいとも!初|テレフォンショッキングに安倍首相が生出演!

笑っていいとも!初 安倍首相が生出演!タモリと普通に対談 タモリ Replace this image JA.svg 本名 森田 一義 (もりた かずよし) ニックネーム タモリ タモさん タモちゃん チーママ インタモ 無形文化財 生年月日 1945年8月22日(70歳) 出身地 日本の旗 日本 福岡県福岡市南区 血液型 O型 身長 164cm(自称) 方言 共通語 博多弁 最終学歴 福岡県立筑紫丘高等学校卒業 早稲田大学第二文学部西洋哲学専修除籍 芸風 漫談 ものまね(形態模写) など 事務所 オフィス・ゴスミダ→フリー→田辺エージェンシー 活動時期 1975年 - 現在の代表番組 レギュラー番組 ミュージックステーション タモリ倶楽部 ブラタモリ スペシャル番組 世にも奇妙な物語 春・秋の特別編 ミュージックステーションスーパーライブ 過去の代表番組 テレビ番組 笑っていいとも! 笑っていいとも!増刊号 今夜は最高! タモリのボキャブラ天国 ジャングルTV 〜タモリの法則〜 タモリの音楽は世界だ! 他多数 ラジオ番組 タモリのオールナイトニッポン タモリの週刊ダイナマイク ブリタモリ大百科事典 だんとつタモリ おもしろ大放送! タモリのヨッ!お疲れさん 他多数 作品 CD 「タモリ」 「タモリ2」 「タモリ3 - 戦後日本歌謡史 -」 「ラジカル・ヒステリー・ツアー」 「タモリのワーク・ソング」 「狂い咲きフライデイ・ナイト」 他多数 著書 「タモリのおじさんは怒ってるんだぞ!」 「タモリのTOKYO坂道美学入門」 他多数 他の活動 日本坂道学会(副会長) 配偶者  既婚 親族 伊佐山ひろ子(遠戚) 公式サイト TANABE AGENCY.Co.Ltd. 受賞歴 1981年 - 第10回「ベストドレッサー賞」スポーツ・芸能部門受賞 1982年 - 第19回「ゴールデン・アロー賞」芸能賞受賞 1984年 - 第21回「ゴールデン・アロー賞」放送賞受賞 1984年 - 第12回「日本放送演芸大賞」受賞 1986年 - 「流行語大賞」受賞 1986年 - 「ゆうもあ大賞」受賞 2003年 - 「ギネス・ワールド・レコーズ」(2003年度版『笑っていいとも!』生放送単独司会最高記録受賞) 2010年 - 第2回「伊丹十三賞」受賞 2013年 - 第16回「みうらじゅん賞」受賞 2014年 - 第14回「ビートたけしのエンターテインメント賞」特別賞受賞 2014年 - 「ギネス世界記録」(2014年度版『笑っていいとも!』生放送単独司会最高記録更新) 2014年 - 第62回菊池寛賞 - ^ NHKスペシャル『戦後70年 ニッポンの肖像 プロローグ 私たちはどう生きてきたか』2015年1月1日放送分より。 ^ [1] ^ 『タモリのTOKYO坂道美学入門』(2004年、講談社) ^ 『読売新聞夕刊』「[人]タモリ(2)モットーは持ちたくない」(1986年11月7日付) ^ http://hirao-bch.jimdo.com/%E5%B9%B3%E5%B0%BE%E6%95%99%E4%BC%9A/ ^ 流派は柳生新陰流の流れを汲む福岡藩に伝わった柳生新影流 (有地新影流)である。 ^ 『ザ・ヒーローズ2 宝島ロング・インタビュー集』(1983年、JICC出版局) ^ 平岡正明『タモリだよ!』(CBS・ソニー出版、1981年)P.182 ^ a b c 中村孝司「タモリ年譜」『クイック・ジャパン』vol.41(2002年、太田出版) ^ 『読売新聞夕刊』「[人]タモリ(2)モットーは持ちたくない」(1986年11月7日付) ^ 早稲田大学学生部編「第800号記念 タモリ ロングインタビュー」『早稲田ウィークリー』(1997年4月17日、早稲田大学学生部) ^ a b 山下洋輔「全冷中顛末記」雑誌『面白半分』1977年12月号。 ^ 日刊スポーツ「日曜日の男 タモリ なんとも素敵な中途半端人生」(1996年5月19日付) ^ ザ・ライバルズ テレビ局対決!日本テレビ×フジテレビ 月刊「事業構想」2013年1月号 佐藤義和(アーカイブ) ^ 『女性セブン』2014年4月10日号、59頁。 ^ a b 『女性自身』2013年11月12日号 ^ 『女性セブン』2014年4月17日号 ^ 『女性セブン』2014年4月10日号 ^ “「笑っていいとも!」はなぜ人気があるのか? タモリ流の哲学が凝縮された「名言」を勝俣州和が紹介しスタジオ大拍手”. ライブドアニュース(トピックニュース). (2014年3月17日) ^ [2],スポーツニッポン,2014年7月27日 ^ [3],トピックニュース,2014年11月7日 ^ はじめてのJAZZ対談内にて。 ^ タモリの凄さ 小沢健二が『いいとも!』出演時の一言にありNEWSポストセブン、2013年8月1日 ^ “タモリ、赤塚不二夫さんへコメント「先生、ありがとうございました」”. スポーツ報知. (2008年8月2日) ^ “タモリ弔辞「私もあなたの作品の一つです」”. SANSPO.COM. (2008年8月7日) ^ “タモリの手には白紙…あふれる感謝そのままに”. スポニチ Sponichi Annex. (2008年8月8日)[リンク切れ] ^ “タモリに聞いた 「赤塚弔辞」白紙のワケ”. 横澤彪のチャンネルGメン69:J-CAST テレビウォッチ. (2008年8月19日) ^ タモリ、横澤さんに感謝「私を昼に起用」 ^ タモリの子供を検索するとなぜか草なぎと出てくる件! 万事屋ニュース 2014年4月14日 ^ “タモリ、紅白司会断る NHK関係者「白紙に…」”. 産経ニュース (2015年10月19日). 2015年10月19日閲覧。 ^ “菊池寛賞にタモリさん、阿川佐和子さんら”. 読売新聞 2014年10月15日閲覧。 ^ “寺田心“リトルベン”姿に会場沸く CM演技賞受賞”. ORICON STYLE (2015年10月28日). 2015年10月29日閲覧。 ^ 岡留安則「編集長日誌」『噂の真相』1985年7月号、p.126 ^ 筒井康隆『日日不穏』中央公論社、1987年、pp.138-139 ^ 「うわさの真相 右翼団体のマスコミ攻撃が 講談社ペントハウス回収 新潮社にも街宣車の攻勢が」『噂の真相』1985年11月号、p.17 ^ 筒井康隆『笑犬樓よりの眺望』新潮社、1994年、p.73 ^ 筒井康隆『日日不穏』中央公論社、1987年、p.175 ^ 樫原辰郎「コラム 新宿の夜と密室藝」『文藝別冊 タモリ 芸能史上、永遠に謎の人物』河出書房新社、2014年、p.35 ^ [4] ^ 筒井康隆、山下洋輔、タモリ他『定本ハナモゲラの研究』講談社、1982年。 ^ 横澤彪「テレビ式」 ^ 2004年12月25日放送。 ^ 2007年2月12日放送。 ^ 2012年6月24日放送。 ^ “タモリ、マツコの和装姿に「マキシマムって感じ」”. ORICON STYLE (2015年9月25日). 2015年9月25日閲覧。 ^ レコード・コレクターズ2007年9月号 ^ タモリ杯ヨットレース 9月15日福岡で初開催 [リンク切れ] - 西日本新聞・2013年8月31日 ^ タモリカップ2013 沼津大会開催休止のご報告 [リンク切れ] ^ 『週刊文春』2007年8月30日号 - 日本の旗 日本の政治家 安倍 晋三 あべ しんぞう Shinzō Abe April 2015.jpg 生年月日 1954年9月21日(61歳) 出生地 日本の旗 日本 東京都新宿区 出身校 成蹊大学法学部政治学科卒業 南カリフォルニア大学政治学中退 前職 神戸製鋼所従業員 実父秘書 所属政党 自由民主党(細田派) 称号 政治学士(成蹊大学・1977年) 配偶者 安倍昭恵 親族 佐藤信寛(五世祖父) 佐藤信彦(高祖父) 佐藤秀助(曾祖父) 安倍慎太郎(曾祖伯父) 安倍寛(祖父) 岸信介(祖父) 佐藤榮作(大叔父) 安倍晋太郎(父) 岸信夫(弟) 公式サイト 衆議院議員 安倍晋三 公式サイト 日本の旗 第96-97代 内閣総理大臣 内閣 第2次安倍内閣 第2次安倍改造内閣 第3次安倍内閣 第3次安倍改造内閣 在任期間 2012年12月26日 - 天皇 今上天皇(明仁) 日本の旗 第90代 内閣総理大臣 内閣 第1次安倍内閣 第1次安倍改造内閣 在任期間 2006年9月26日 - 2007年9月26日 天皇 今上天皇(明仁) 日本の旗 第72代 内閣官房長官 内閣 第3次小泉改造内閣 在任期間 2005年10月31日 - 2006年9月26日 日本の旗 衆議院議員 選挙区 (旧山口1区→) 山口4区 当選回数 8回 在任期間 1993年7月19日 - 現職 - 歴代内閣総理大臣 表・話・編・歴 第87・88・89代 小泉純一郎 第90代 2006年 - 2007年 第91代 福田康夫 第95代 野田佳彦 第96・97代 2012年 - 第-代 - 伊藤博文 黑田清隆 山縣有朋 松方正義 大隈重信 桂太郎 西園寺公望 山本權兵衛 寺内正毅 原敬 高橋是清 加藤友三郎 清浦奎吾 加藤高明 若槻禮次郎 田中義一 濱口雄幸 犬養毅 齋藤實 岡田啓介 廣田弘毅 林銑十郎 近衞文麿 平沼騏一郎 阿部信行 米内光政 東條英機 小磯國昭 鈴木貫太郎 東久邇宮稔彦王 幣原喜重郎 吉田茂 片山哲 芦田均 鳩山一郎 石橋湛山 岸信介 池田勇人 佐藤榮作 田中角榮 三木武夫 福田赳夫 大平正芳 鈴木善幸 中曽根康弘 竹下登 宇野宗佑 海部俊樹 宮澤喜一 細川護熙 羽田孜 村山富市 橋本龍太郎 小渕恵三 森喜朗 小泉純一郎 安倍晋三 福田康夫 麻生太郎 鳩山由紀夫 菅直人 野田佳彦


8. NHK爆問学問|爆笑問題のニッポンの教養 -愛の政治学入門 政治学 姜尚中-(2008年09月30日)

  • Duration: 1741
  • Channel: tv
NHK爆問学問|爆笑問題のニッポンの教養 -愛の政治学入門 政治学 姜尚中-(2008年09月30日)

NHK爆問学問|爆笑問題のニッポンの教養 -愛の政治学入門 政治学 姜尚中-(2008年09月30日) - 爆笑問題のニッポンの教養 (爆問学問) ジャンル 教養番組 バラエティ番組 制作局 NHK プロデューサー 丸山俊一、斉藤圭介 (共に制作統括) 出演者 爆笑問題 (太田光・田中裕二) ほか 音声 ステレオ放送[1] 字幕 文字多重放送 オープニング 菊地成孔「教養の闘い」 - 『爆笑問題のニッポンの教養』(ばくしょうもんだいのニッポンのきょうよう)は、NHK総合テレビジョンで放送されていた「教養」をテーマとしたバラエティ番組である。爆笑問題の冠番組である。キャッチコピーは「爆問学問(ばくもんがくもん)」。 新聞などのテレビ欄では略タイトルとして「爆問学問」と表記される場合がある。 - 概要[編集] 漫才コンビ爆笑問題がゲストのもとへ出向き、実験やレクチャーなどを交え、ゲストの専門分野とその本質についてトークを繰り広げる。 2006年5月26日(日付上は27日)に『爆笑問題×東大 東大の教養』を45分番組として放送したのがこの番組の始まりである。同年7月には『ETV特集』にて90分の「決定版」を放送。爆笑問題が東京大学教養学部から招待を受け、教授陣と「教養とは何か」について論じ合った。これを基にしたレギュラー番組の放送が決まった。 2007年9月にレギュラー化最初の4回分をまとめた単行本が発売。10月には5・6回分をまとめた単行本も発売され、その後も刊行されている。また「東大の教養」と各大学のスペシャルをまとめた本も2011年に発売された。 2009年1月のNHK BS-hiの月刊くくり特集がカルチャーであったので、この番組もBS-hiで過去のより抜きが40回分放送された。BS-hiでのレギュラー放送はないので再放送とは記載されなかった。 2010年2月2日放送分で放送回数100回目を迎えた。このFile100は通常枠以外に、2010年2月26日(日付上は27日)に時間枠拡大完全版が放送された。当初は、放送時間を25:10 - 25:53で放送すると予告とされていたが、国会中継録画が編成されたため、25:47 - 26:30(福岡は25:57 - 26:40)での放送となった。 2012年2月23日で終了し、同4月度の改編から続編「探検バクモン」(引き続き爆笑問題司会)が始まった。 番組構成[編集] 太田光が専門家に対して疑問を呈して議論を持ちかけ、田中裕二は太田をなだめつつ聞き役に徹することが多い。太田が苦手な話題に一歩引いた時は田中が積極的な聞き役に回る姿が見られる。 科学的な解釈が展開する理工学・理化学の分野では、太田は積極的な議論は行わず、聞き役に回ることが多い。太田は「(僕らは)ホストというよりゲストという意識」と語っている[2]。 当番組には台本がなく、他のバラエティ番組に見られるコーナーごとの仕切りやクイズが入る間隔も存在しない完全フリートークな展開で進行する[2]。 ゲスト出演者は主に大学人や研究所に勤務する研究者であるが学術分野外の人物を取り上げることもある。File084では漫画家の浦沢直樹、File100では番組を振り返る内容だったため当番組のファンであり爆笑問題との親交深いタレントの伊集院光、File113では劇作家の野田秀樹、File114では棋士の羽生善治が登場している。 遠方であっても爆笑問題の2人がゲスト出演者の研究室や自宅(研究室を持たない名誉教授)を訪問するが、海外在住の研究者や海外の文化論を取り扱う研究者などは関係組織や関係施設、料理店などがロケ場所として使用される。 コールドオープンは、爆笑問題の2人がゲスト出演者の待つ場所まで歩いて行くシーンが流れる。長回しで撮られており、太田が「この番組OP[3]のストローク長いな〜」と文句を言っている姿が描写される。太田がデジタルカメラを持参し専門家の表情や資料などを撮影している姿も見られる。これについて田中は「NHKの人も、すごくは困らないけど、ちょっと困っていると思います」、「僕らはスタジオ収録が多くてロケはあまりない。この番組はロケ主体で普段ほとんど外に出ない太田が開放感相まって勝手にやっているみたいです。」と語っている[2]。 オープニング映像は、2008年4月1日からナレーションが日本語からフランス語(日本語字幕付)に変更。2009年3月31日以降のものは、爆笑問題の二人がフィールドホッケーのスティックを使って、ボールをアクロバットに壁打ちするものに一新された(ナレーションはなくなった)。2010年3月30日以降は壁打ちする姿そのままにCGのみ変更。オープニング音楽やBGMなどをミュージシャンの菊地成孔が手がけている[4]。 番組のナレーションは音声合成を使っており、File011では実際にパソコンを使ってナレーションをしているところが放送された。2008年4月1日からのナレーターは園部啓一、2009年3月31日からは勝生真沙子、2010年3月30日からは小山力也、2011年4月からは井上喜久子である。2010年3月30日より、地上デジタル放送、BSデジタル放送の副音声(ステレオ2音声)で解説放送を開始、ナレーターは佐久田修。 番組要所にその日のお題に対して、素朴な疑問や感想を口にする猿や猫を登場させている。時にはお題の対象生物であったり、無生物であったりもする。画面隅にいる番組キャラクターは「問」を模している。公式サイトにはパイロット版からのマスコット「サルのつぶやき」という動画配信コーナー(動画に爆笑問題は登場せず、内容の解説中心)もある。 次回予告で放送されたVTRが本放送ではカットされて日の目を見ないままのことがある。 また、レギュラー放送とは別の「東大の教養」同様の手法で大学そのものをテーマにした大学スペシャルや、複数のゲストを招く特別版も放送。大学スペシャルでは大学内の講義室に観客を招き入れて収録を行う。東京芸術大学では大学内の広場で収録し、学生の悩みに太田が真摯に向き合った様子も放送した。 放送時間[編集] 2007年9月まで 金曜日・23:00 - 23:29 「プレミアム10」と同居する形で、ニッポンの教養は隔週で放送。 2007年10月から 火曜日・23:00 - 23:29 「サラリーマンNEOシーズン2」終了後の後番組として枠移動するとともに、毎週放送に切り替え。 再放送:火曜日・8:30 - 8:59(BS2) 2008年4月から 火曜日・23:00 - 23:29 再放送:月曜日・15:15 - 15:44、火曜日・8:30 - 8:59(BS2) 月曜の再放送は休止の場合あり。 2009年4月から 火曜日・23:00 - 23:29 再放送:月曜日・15:15 - 15:44、火曜日・26:30 - 26:59(BS2) 月曜の再放送は休止の場合あり。水曜のBS2は前週火曜の再放送。 2010年4月から 火曜日・22:55 - 23:24 再放送:月曜日・16:05 - 16:34、火曜日・16:00 - 16:29(BS2) いずれも休止の場合あり。 2011年4月から 木曜日・22:55 - 23:24 再放送:月曜日・25:30 - 25:59 放送履歴[編集] [表示]放送回 放送日 サブタイトル 訪問教授(専攻学) 注釈[編集] [ヘルプ] ^ 地上デジタル・衛星デジタルはステレオ2による解説放送入り。 ^ a b c 2007年11月号「日経エンタテインメント! 秋のテレビは男祭り!曜日別でみる秋の新番組」のインタビューより。 ^ オープニング。 ^ ナタリー (2007年3月29日). “菊地成孔 爆笑問題の新番組に音楽書き下ろし”. 2008年10月4日閲覧。 外部リンク[編集] 爆問学問(爆笑問題のニッポンの教養) - ウェイバックマシン(2012年4月4日アーカイブ分) - 番組公式サイト 制作者と視聴者の架け橋テレビコ - 番組メイキング 爆笑問題のニッポンの教養 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス - メンバー 太田光 - 田中裕二 現在の出演番組 サンデージャポン - 空飛ぶ!爆チュー問題 - Eテレ2355 - 爆報! THE フライデー - 探検バクモン - 世界の日本人妻は見た! - お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺 - 世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団 単発・不定期番組 初詣!爆笑ヒットパレード - 初笑い東西寄席 - 爆笑問題のドッキリ パニックフェイス王 - 爆笑問題×さまぁ〜ず ザ・クレイジートーク - 芸能人雑学王最強No.1決定戦 - 爆笑問題の検索ちゃん 芸人ちゃんネタ祭り - 爆笑問題&ブラマヨのニュースの金庫番 - 史上最大のバンドウォーズ!斬新!アレンジの王様 - 世界を揺るがせた100人の女たち - 爆笑問題プレゼンツ・世界のゴールデンタイム!!超人気番組大集合スペシャル! ラジオ番組 爆笑問題カーボーイ - 爆笑問題の日曜サンデー(TBSラジオ珍プレー好プレー大賞) 過去の出演番組 爆笑問題の爆乳モンスター - はばたけ!ペンギン - ハッピーボーイズ! - ハッピーボーイズアワー爆笑おすピー問題! - 爆笑おすピー大問題!! - ボキャブラ天国 - メガロックショー - タモリ倶楽部 - 世界ゴッタ煮偉人伝 - あっぱれ!日本一 - うまなりクン - ポップジャム - 号外!!爆笑大問題 - 爆笑問題の開け!記憶の扉 - 大爆笑問題 - 対爆笑問題 - クイズ!爆笑難問題 - クイズ!爆笑難問題2 - 爆笑問題の三者面談 - 不思議どっとテレビ。これマジ!? - パンドラの秘宝〜クセになる世界TVウォッチ! - 世界超密着TV!ワレワレハ地球人ダ!! - 大好き!東京ゲスト10 - 国民クイズ常識の時間 - 摩訶!ジョーシキの穴 - 決定!これが日本のベスト100全国一斉○○テスト - スパスパ人間学! - 爆笑問題☆伝説の天才 - 爆笑問題のバク天! - ザ・ジャッジ! 〜得する法律ファイル - ザ・ジャッジEX - ポンキッキーズ - 爆笑問題のススメ - スタ☆メン - 笑いがいちばん - 近未来×予測テレビ ジキル&ハイド - 爆笑問題の検索ちゃん - SUPER SURPRISE - キズナ食堂 - 太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。 - 爆!爆!爆笑問題 - 爆問パニックフェイス!・爆問パワフルフェイス! - 爆笑問題の大変よくできました! - 最強運芸能人決定戦。 - 今すぐ使える豆知識 クイズ雑学王 - たけしの日本教育白書 - 笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャル - 爆笑問題のニッポンの教養 - サカスさん(田中のみ)- 1億分の1の男 - 爆笑問題&日本国民のセンセイ教えて下さい! - ON THEATER 爆笑探偵団 - 爆笑問題の楽しい地球 - なるほど!ザ・ワールド - 爆笑学園ナセバナ〜ル! - 侃侃諤諤(太田のみ) - 笑っていいとも!特大号 - ストライクTV - 笑っていいとも!増刊号 - 森田一義アワー 笑っていいとも! - KYOKUGEN2012 - KYOKUGEN2013 - KYOKUGEN2014 - KYOKUGEN2015(年またぎスポーツ祭り) - 関根&優香の笑うお正月 - 全国おもしろニュースグランプリ - 言いにくいことをハッキリ言うTV - お願い!ランキングGOLD(眠れる才能テスト) 関連項目 お笑い第三世代 - タイタン - 太田プロダクション - 文部科学大臣賞-爆チュー問題 関連人物 太田光代 - 渡辺正行


9. ベッキー、緊急会見 ゲスの極み乙女。川谷絵音との交際報道否定

  • Duration: 182
  • Channel: news
ベッキー、緊急会見 ゲスの極み乙女。川谷絵音との交際報道否定

ベッキー、緊急会見 ゲスの極み乙女。川谷絵音との交際報道否定 - ベッキー ベッキー 本名 レベッカ[1][2][3][4] レベッカ・レイボーン(旧芸名)[注 1][6][7][8][9] レベッカ・英里・レイボーン[10][11] 別名義 ベッキー♪♯[12] 生年月日 1984年3月6日(31歳) 出生地 日本の旗 日本 神奈川県 身長 157cm[1] 血液型 AB型 職業 タレント、女優、歌手 活動期間 1998年12月3日[13] - 著名な家族 サイモン・チャールズ・レイボーン(父)[14][15][16] 智佳子・レイボーン(母)[17] ジェシカ・レイボーン(妹)[14][18] 事務所 サンミュージックプロダクション - バラエティ[編集] 現在レギュラー ライブB♪(TBS、毎月最終火曜) ありえへん∞世界(テレビ東京、毎週火曜) ニンゲン観察バラエティ モニタリング(TBS、毎週水曜、2012年10月24日 - ) 中居正広の金曜日のスマたちへ(TBS、毎週金曜) にじいろジーン(関西テレビ、毎週土曜) 天才!志村どうぶつ園(日本テレビ、毎週土曜) 世界の果てまでイッテQ!(日本テレビ、毎週日曜) 人生のパイセンTV(フジテレビ、毎週日曜日、2015年10月18日 - ) 過去レギュラー ぴったんこカン・カン(TBS、毎週火曜 準レギュラー) おはスタ(テレビ東京、2000年4月 - 2001年3月、おはガール) 笑う犬シリーズ(フジテレビ) @サプリッ!(日本テレビ) クイズ!家族でGO!!(毎日放送) CDTV-Neo (TBS) Under CDTV (U-CDTV) (TBS) ポケモン☆サンデー(テレビ東京、隔週日曜) たべごろマンマ!(日本テレビ) はなまるマーケット(TBS、月曜レギュラー) きよしとこの夜(NHK総合、 2006年4月 - 2009年3月) ニッポン縦断おかず発見!ルート88(中京テレビ、毎週日曜) クメピポ! 絶対あいたい1001人(毎日放送、毎週水曜) 満天☆青空レストラン(日本テレビ、毎週土曜) 月光音楽団(TBS、毎週月曜) ミリオンダイス (日本テレビ、毎週木曜) 見える歴史(NHK教育、毎週木曜、声の出演) クイズ80 (日本テレビ、毎週火曜、2012年10月9日 - 2012年12月) 宝探しアドベンチャー 謎解きバトルTORE!(日本テレビ、毎週月曜、2011年7月6日 - 2013年2月25日) ハッピーMusic(日本テレビ、毎週金曜) 赤丸!スクープ甲子園(日本テレビ、毎週月曜、2013年4月 - 2013年8月) 笑っていいとも!増刊号(フジテレビ、毎週日曜、2009年10月11日 - 2014年3月) 森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ、毎週木曜、2009年10月5日 - 2014年3月) 新婚さんに「結婚を決めた一言」聞いてみた(テレビ東京、毎週月曜、2014年6月9日 - 30日) テレビドラマ[編集] ブースカ! ブースカ!! 第12話(1999年、テレビ東京) - ルルー 役 スターぼうず(2000年、BS-i) - ルカ 役 秘密倶楽部o-daiba.com、株式会社o-daiba.com(2000年10月 - 2002年1月、フジテレビ) - 田中リタ 役 ちゅらさん(2001年、NHK) - 金城ゆかり 役 ウルトラマンコスモス第25話(2001年、TBS) - スレイユ星人ラミア 役 ツーハンマン(2002年、テレビ朝日) - アリー藤野 役 ぼくの魔法使い(2003年4月 - 7月、日本テレビ) - スーザン 役 ブルーもしくはブルー(2003年6月 - 7月、NHK) - 田島はるか 役 Stand Up!!(2003年7月 - 9月、TBS) - 加賀エレン 役 VICTORY!〜フットガールズの青春〜(2003年11月22日、フジテレビ) - 熊沢庵子 役 エースをねらえ!(2004年1月 - 3月、テレビ朝日) - 宝力冴子 役 火消し屋小町(2004年7月 - 8月、NHK) - 相原こずえ 役 一番大切な人は誰ですか?(2004年10月 - 12月、日本テレビ) - 谷本清美 役 輪舞曲(2006年1月 - 3月、TBS) - モユカ 役 夜王〜YAOH〜(2006年1月 - 3月、TBS) - クラリス 役 都立水商!(2006年3月、日本テレビ) - 山下早苗 役 タイヨウのうた(2006年7月 - 9月、TBS) - エミリー 役 名探偵コナン 工藤新一への挑戦〜さよならまでのプロローグ〜(2006年10月2日、日本テレビ) - 沖野ヨーコ 役 アンナさんのおまめ(2006年10月 - 12月、テレビ朝日) - 桃山リリ 役(初主演) ウォーカーズ〜迷子の大人たち(2006年11月 - 12月、NHK) - エリ 役 新幹線ガール(日本テレビ、2007年7月4日) - 高槻凛子 役(主演) のだめカンタービレin ヨーロッパ 新春SP(2008年1月、フジテレビ) - ターニャ 役 極楽町一丁目 嫁姑地獄篇(2008年10月、WOWOW) - のりこ 役 こちら葛飾区亀有公園前派出所第1話(2009年、TBS) - 花巻 役 もう帰って来たよ!! 怪物くん全て新作SP(2010年6月26日、日本テレビ) - 怪子ちゃん 役 プロポーズ兄弟〜生まれ順別 男が結婚する方法〜 第4話(2011年2月21日 - 2月24日、フジテレビ) - 鈴木早紀 役 華和家の四姉妹 第1話(2011年7月10日、TBS) - 本人 役 怪物くん 新作SP!(2011年秋、日本テレビ) - 怪子ちゃん 役 三毛猫ホームズの推理 第1話(2012年4月14日、日本テレビ) - 吉塚雪子 役(友情出演) ショムニ2013(2013年7月 - 9月、フジテレビ) - 三波まどか 役 最高のおもてなし(2014年2月28日、日本テレビ) マッチング・ラブ(2014年12月24日、TBS) - 戸田鈴子 役 音楽番組[編集] 第39回日本有線大賞 (TBS) 第40回日本有線大賞 (TBS) CDTVスペシャル 年越しプレミアライブ 2006年 - 2007年 (TBS) 第57回NHK紅白歌合戦バラエティーコーナー「みんなのうた45年!キッズショー」(NHK) 家族で選ぶにっぽんの歌 (NHK) 情報番組[編集] バンクーバーオリンピック - ベストセレクション - (NHK総合) - オリンピック期間中の情報番組。 べき子とベキオのNECOランドTV☆(2011年4月 - 、チャンネルNECO)ナビゲーター※声の出演 超!高!凄!旨!これ見れば1000%完全攻略東京スカイツリーSP(2012年5月24日、TBSテレビ) - 秘書 教養番組[編集] ベッキーズスクール (NHK) アースフロンティア 未来を救う地球教室! (TBS) 日本はまかせろ! スーパーキッズ大集合(NHK総合) LIONスペシャル 地球SHOW学校(2010年11月22日、TBS) アナタの名字SHOW(読売テレビ) - 司会陣の一人として出演 これが東北魂だ あの味をもう一度!気仙沼寿司物語(2014年1月26日、TBS) - 語り しあわせの大地〜富良野・美瑛に移住した15人のストーリー〜(2015年2月8日、北海道放送制作、TBS系列12局) - ナビゲーター[22] 映画[編集] NOEL(2003年、ギャガ・コミュニケーションズ) - 涼子 役 MAKOTO(2005年、松竹) - 坂下久美 役 花より男子F(2008年、東宝) - 乗務員 役 のだめカンタービレ 最終楽章 前編/後編(2009年・2010年、東宝) - ターニャ・ヴィシニョーワ 役 エイトレンジャー (2012年、東宝) - 鬼頭桃子 役 ボクたちの交換日記(2013年、ショウゲート)※友情出演 エイトレンジャー2(2014年、東宝) - 鬼頭桃子 役 吹替え・声の出演 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 裂空の訪問者 デオキシス(2004年、東宝) - ヒトミ 役 マスク2(2005年、ギャガ・ヒューマックス) - トーニャ(トレイラー・ハワード) 役 (劇場公開・DVD版) 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ(2005年) - キッド・サマーズ 役 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ(2006年) - ジュディ 役 ザ・シンプソンズ MOVIE(2007年、20世紀フォックス) - リサ 役 (劇場公開版) モンスターVSエイリアン(2009年、パラマウント・ピクチャーズ) - スーザン・マーフィー(ジャイノミカ) ミュータント・タートルズ(2015年、パラマウント) - エイプリル・オニール(ミーガン・フォックス) 役 テレビアニメ[編集] ドンキーコング(1999年10月 - 2000年6月、テレビ東京) - ディクシーコング 役 Hello!オズワルド(2001年、WOWOW) - デイジー 役 ※声の出演 ゲーム[編集] ドカポン・ザ・ワールド(2004年、アスミック・エース) - ナビィ 役 ラジオ[編集] 太田胃散 presents ベッキー♪ GO LUCKY(2015年4月5日- 、TOKYO FM) OHA-OHA NIGHT 舞台[編集] BOYS BE… ALIVE TRY AGAIN(「BOYS BE ALIVE」制作委員会、2000年4月、於・博品館劇場)日替わりゲスト OH!BABY(ネルケプランニング、2003年10月29日 - 11月3日、於・全労済ホールスペース・ゼロ) CBGK Premium Stage リーディングドラマ『Re:』(2012年3月20、於・CBGKシブゲキ!!) CM[編集] 天下一品 トヨタ自動車「ラクティス」(佐藤隆太と共演) ボーダフォン(日本法人、現・ソフトバンクモバイル) ホーユー「ビューティーン」 大塚製薬「ファイブミニ」 ブルボン「プチシリーズ」 永谷園「トッピー」 めがねのタナカ toto ライオン「バファリンルナ」「トップNANOX」 北海道電力 MARIMO&JVIS「BCK」 トリンプ「アモスタイル」 国税庁「イータックス」 スズキ 原付スクーター 「レッツ4バスケット」 「レッツ5バスケット」 軽自動車 「アルト」7代目エコ、8代目 アーデンホーム カルビー 大収穫祭2007 - 小泉孝太郎と共演 「掘りだそう、自然の力。カルビー大収穫祭」キャンペーン(2009年)- 小泉孝太郎・大橋のぞみと共演 エム・ティー・オー「おしゃれな仔犬DS」「かわいい子猫DS」「おしゃれな仔犬DS2」「子犬でくるりん」 イオン「つくろうmy新入学」「イオンフェスティバル」 シダックス「"1次会からSHIDAX"大作戦!!」 スタジオアリス「子供用ドレス」 NEXCO中日本「TDM」「東名集中工事(2008年度)」 ミツカン「サラダをおいしく食べるお酢」 ジェットスター航空「東京就航」 ゼブラ「マッキー」 サントリー「おうちカクテル」「ボジョレーヌーヴォー」 クレオ「筆まめver19」 日本ビクター 眼鏡市場「NEW FREE FIT」 ミリカ・ヒルズ ジェムケリー「ベッキー♪♯×GEMCEREY」(2012年5月 - ) ジャパンゲートウェイ「Dear Jungle」 hulu HTC 「HTC J One HTL22」 サーティーワン アイスクリーム ハウス食品 「こくまろカレー」他 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険 - 旧・NKSJひまわり生命保険時代から出演しており、現名称になってから関ジャニ∞と共演。


10. 2013年1月17日 スッキリ!! 相武紗季 黒木瞳 石田純一 スタジオ生出演

  • Duration: 647
  • Channel: news
2013年1月17日 スッキリ!!  相武紗季  黒木瞳  石田純一  スタジオ生出演

http://www43.tok2.com/home/sakumoenter/save.htm 「動画再生」は上のウェブサイトより 20130117 2013.01.17 2013/01/17 0118 01.18 01/18 ▽アルジェリアで邦人拘束か?最新情報▽ボーイング787…乗客語った緊急着陸、機内に煙が▽大島監督支えた小山明子に学ぶ、自分を追い込まない介護とは?▽最年長芥川賞 みのもんたの朝ズバッ!ステレオ放送デジタル放送 司会:みのもんた / ニュースキャスター:加藤シルビア(TBSアナウンサー)、小林悠(TBSアナウンサー) / ニュース・取材キャスター:井上貴博(TBSアナウンサー) / スポーツキャスター:高畑百合子(TBSアナウンサー) / 取材キャスター:岡安弥生、奥平邦彦、米田やすみ / お天気キャスター:美馬怜子 / コメンテーター:与良正男、吉川美代子(TBSアナウンサー)、尾崎弘之 8:30 はなまるマーケット字幕放送デジタル放送 出演:岡江久美子、薬丸裕英、勝俣州和、江藤愛(TBSアナウンサー) / はなまるアナ:皆藤慎太郎、堤信子、庄司麻由里、旗本由紀子、野崎数馬、石山愛子、富永美樹、山本舞衣子 / 出演:小笠原亘(TBSアナウンサー)、杉山真也(TBSアナウンサー) / ニュース:秋沢淳子(TBSアナウンサー) 9:55 買いテキ!通販ツウ 10:05 韓流セレクト キング~Two Hearts二カ国語放送 脚本:ホン・ジナ / 監督:イ・ジェギュ / 出演:イ・スンギ、ハ・ジウォン、ユン・ジェムン、イ・ユンジ、チョ・ジョンソク、ほか 韓流セレクト キング2Heartsまさか遊園地での罠…仮想王室ラブロマンス 11:00 ひるおび! 司会:恵俊彰 / 出演:枡田絵理奈(TBSアナウンサー) / (隔週)曜日レギュラー:宮崎哲弥/やくみつる / 曜日レギュラー:福本容子(毎日新聞)、三田寛子、松本明子、ふかわりょう、DAIGO / 新聞マイスター:小森谷徹 / お天気コーナー:柏木由紀/高城亜樹/倉持明日香/大家志津香/仲俣汐里(AKB48) / 出演:安東弘樹(TBSアナウンサー)、山本匠晃(TBSアナウンサー) / JNNニュース:佐古忠彦(TBSアナウンサー)、長岡杏子(TBSアナウンサー) 13:50 ごごネタ!ママ笑みTVステレオ放送字幕放送 13:55 「夜行観覧車」ナビステレオ放送 今夜10時!夜行観覧車湊かなえ原作本格ミステリー主演…鈴木京香 14:50 買っトク!&TBSニュース字幕放送 出演:安東弘樹(TBSアナウンサー) / キャスター:山内あゆ(TBSアナウンサー) 14:55 女金融道シリーズ2ステレオ放送字幕放送 出演:中村玉緒、久本雅美、今井雅之、小市慢太郎、江波杏子、田中健、ほか 16:53 Nスタステレオ放送字幕放送 キャスター:堀尾正明 / 出演:久保田智子(TBSアナウンサー)、藤森祥平(TBSアナウンサー)、佐藤渚(TBSアナウンサー) / お天気キャスター:森田正光 / 出演:吉田明世(TBSアナウンサー) 19:00 爆報!THE フライデー字幕放送 MC:爆笑問題 / スペシャルゲストMC:田原俊彦 / 出演:アンガールズ、オリエンタルラジオ、友近 / アシスタント:田中みな実(TBSアナウンサー) 爆報THEフライデー 久本雅美 ぴったんこカン・カン吉行和子 中居正広の金曜日のスマたちへ 中居正広 SMAP 假屋崎省吾、室井佑月 IMALU すみれ 安住紳一郎 中居正広のキンスマ 南海キャンディーズ・しずちゃん 鈴木京香 夏木マリ、高橋克典 夜行観覧車 湊かなえ 鈴木京香 石田ゆり子宮迫博之 田中哲司 安田章大 とんび A-Studio 笑福亭鶴瓶 本田翼 吉井和哉 有吉弘行 逸見太郎、太田光代、鈴木正文、西川史子 有吉ジャポン マツコの知らない世界 マツコ・デラックス タカトシの時間ですよ! MC タカアンドトシ 榮倉奈々、上地雄輔、後藤輝基 フットボールアワー 高畑淳子 千原ジュニア 千原兄弟 塚地武雅 ドランクドラゴン 栗田貫一、コージー冨田、コロッケ、関根勤、ダチョウ倶楽部、原口あきまさ、はるな愛、福田彩乃 タカトシの時間ですよ ビビッドレッド・オペレーション 佐倉綾音 村川梨衣 月刊「少年ガンガン」スクウェア・エニックス刊 内山昂輝、豊永利行、沢城みゆき、小山力也、水樹奈々、野島裕史、諏訪部順一 絶園のテンペスト


11. 映画『内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル』予告編 #Uchimura Summers #movie

  • Duration: 63
  • Channel: shortfilms
映画『内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル』予告編 #Uchimura Summers #movie

映画「内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル」予告編 #Uchimura Summers #movie - 内村さまぁ〜ず ジャンル:バラエティ番組 放送時間:隔週月曜12:00更新(約60分) 放送期間:2006年11月1日 - 放送中 放送国:発信・受信 制作局:内村さまぁ〜ず製作委員会 (#65から) 演出:飯山直樹(K-MAX) プロデューサー:杉山剛 佐野弘道 出演者:内村光良(ウッチャンナンチャン) さまぁ〜ず (三村マサカズ・大竹一樹) ゲスト1組 『内村さまぁ〜ず』(うちむらさまぁ〜ず)は、2006年11月1日からインターネット配信されているバラエティ番組。略称は「内さま」。2015年11月9日より最新回は「Amazonプライムビデオ」にて配信されている。過去作品のアーカイブは、ひかりTV、DMM.comおよびDMM.TV、ShowTimeで配信している。また、2009年4月2日からは地上波テレビ局でも放送されている。 - 内村 光良(うちむら てるよし、1964年7月22日 - )は、日本のお笑い芸人、俳優、司会者、映画監督。熊本県人吉市出身。マセキ芸能社所属。 本名:内村 光良 ニックネーム:ウッチャン、テル、チェン 生年月日:1964年7月22日(51歳) 出身地:日本 熊本県人吉市 血液型:AB型 身長:169cm 方言:共通語・熊本弁 最終学歴:横浜放送映画専門学院 出身:お笑いスター誕生 コンビ名:ウッチャンナンチャン 相方:南原清隆 芸風:コント 立ち位置:右(ネタ)、左(司会) 事務所:マセキ芸能社 活動時期:1985年 - 同期:出川哲朗、中山秀征 現在の代表番組:世界の果てまでイッテQ! スクール革命! 内村さまぁ〜ず トリックハンター 痛快TV スカッとジャパン LIFE!〜人生に捧げるコント〜 など 過去の代表番組:内村プロデュース 爆笑レッドシアター THE THREE THEATER ワールド☆レコーズ そうだ旅(どっか)に行こう。 笑神様は突然に…など 作品:映画『ピーナッツ』『ボクたちの交換日記』 他の活動:映画監督 配偶者 :徳永有美 親族:内村宏幸(従兄) 公式サイト:マセキ芸能社によるプロフィール - ウッチャンナンチャン メンバー:内村光良 南原清隆 別名:ウンナン、UN 結成年:1985年 事務所:マセキ芸能社 活動時期:1985年 - 師匠:内海桂子・好江 出身:お笑いスター誕生!! 影響:ビートたけし、笑福亭鶴瓶 出会い:横浜放送映画専門学院 旧コンビ名:おあずけブラザーズ ウッちゃんナンちゃん 芸種:コント ネタ作成者:両者 現在の代表番組:スペシャル番組 ザ・イロモネア 過去の代表番組:オールナイトフジ 夕やけニャンニャン 夢で逢えたら 笑っていいとも! ウッチャンナンチャンのやるならやらねば! ウッチャンナンチャンのウリナリ!! ウンナンのホントコ! ウンナンの気分は上々。 炎のチャレンジャー 笑う犬 教科書にのせたい! 同期:出川哲朗 公式サイト:マセキ芸能社によるプロフィール 受賞歴 1986年 お笑いスター誕生!! 第7回オープントーナメントサバイバルシリーズ 優勝 1988年 第26回ゴールデン・アロー賞 芸能賞新人賞 1990年 平成元年度第6回浅草芸能大賞 新人賞 1992年 第16回日本アカデミー賞 新人俳優賞・話題賞(俳優として) - さまぁ〜ず SUMMERS メンバー:三村マサカズ 大竹一樹 結成年:1988年 事務所:ホリプロ 活動時期:1989年 - 影響:ビートたけし タモリ とんねるず ダウンタウン ウッチャンナンチャン(特に内村光良) 出会い:東海大学付属高輪台高等学校 旧コンビ名:バカルディ 現在の活動状況:テレビ・ライブなど 芸種:コント 漫才 ネタ作成者:大竹一樹 現在の代表番組:レギュラー番組 Qさま!! さまぁ〜ず×さまぁ〜ず モヤモヤさまぁ〜ず2 内村さまぁ〜ず ポンコツ&さまぁ〜ず 世界さまぁ〜リゾート さまぁ〜ずの神ギ問 スペシャル番組 とんねるず×さまぁ〜ずの一文無しジャーニー2×2 過去の代表番組:神さまぁ〜ず→さまぁ〜ず式→ホリさまぁ〜ず→マルさまぁ〜ず キカナイト おもしろ言葉ゲーム OMOJAN リンカーン 笑っていいとも! ネリさまぁ〜ず さまぁ〜ずの世界のすげぇにツイテッタ〜 同期:爆笑問題 テンション 月亭方正など 受賞歴 2003年 ゴールデン・アロー賞芸能賞 2014年 ベストジーニスト協議会選出部門 - 三村 マサカズ 本名:三村 勝和(みむら まさかず) ニックネーム:みむ、三村っち、玉職人 生年月日:1967年6月8日(48歳) 出身地: 日本・東京都墨田区 血液型:A型 身長:166cm 方言:なし(共通語) 最終学歴:東海大学付属高輪台高等学校 出身:ホリプロ グループ名:さまぁ〜ず 相方:大竹一樹 芸風:漫才・コント(ツッコミ) 立ち位置:右 事務所:ホリプロ 活動時期:1988年 - 同期:月亭方正、東貴博、テンション 現在の代表番組:モヤモヤさまぁ〜ず2 さまぁ〜ず×さまぁ〜ず トゥルルさまぁ〜ず 内村さまぁ〜ず 過去の代表番組:金のA様×銀のA様 サンクチュアリ/大人の聖域 サカスさん 配偶者 :既婚 弟子:なし 受賞歴 2003年 ゴールデン・アロー賞芸能賞 - 大竹 一樹 本名:大竹 一樹 ニックネーム:竹ちゃん 生年月日:1967年12月8日(48歳) 出身地:日本・東京都墨田区 血液型:O型 身長:170cm 方言:なし(共通語) 最終学歴:東海大学文学部北欧文学科中退 出身:ホリプロ グループ名:さまぁ〜ず 相方:三村マサカズ 芸風:漫才・コント(ボケ) 立ち位置:左 事務所:ホリプロ 活動時期:1988年 - 同期:月亭方正 東貴博、テンション 現在の代表番組:モヤモヤさまぁ〜ず2 さまぁ〜ず×さまぁ〜ず トゥルルさまぁ〜ず 内村さまぁ〜ず 過去の代表番組:オトナの資格 カイブツ 音楽ば〜か 配偶者 :中村仁美(フジテレビアナウンサー) 弟子:なし 受賞歴 2003年 ゴールデン・アロー賞芸能賞 ----- キャイ〜ン メンバー ウド鈴木 天野ひろゆき 結成年 1991年 事務所 浅井企画 活動時期 1991年 - 旧コンビ名 ランドレース(ウド) コンビ解消(天野) 現在の活動状況 テレビ・ラジオ・ライブなど 芸種 漫才、コントなど ネタ作成者 天野ひろゆき 現在の代表番組 もしもツアーズ 過去の代表番組 100%キャイ〜ン! いまあま・シネマガ ウリナリ!! 特上!天声慎吾 同期 千原兄弟、FUJIWARA、なだぎ武ほか(ウド) くりぃむしちゅー、よゐこ、ナインティナインほか(天野) ----- 天野 ひろゆき 本名 天野 博之(あまの ひろゆき) ニックネーム 天野っち(アマノッチ) 生年月日 1970年3月24日(45歳) 出身地 日本の旗 日本・愛知県岡崎市 血液型 A型 身長 163cm 方言 共通語・三河弁 最終学歴 日本大学国際関係学部卒業 出身 現事務所直入 コンビ名 キャイ〜ン 相方 ウド鈴木 芸風 漫才・コント(ツッコミ) 立ち位置 右 事務所 浅井企画 活動時期 1991年 - 同期 くりぃむしちゅー よゐこ ナインティナイン ほか 現在の代表番組 うまいッ! フックブックロー プレミアの巣窟 過去の代表番組 マンガノゲンバ スカ☆パラ 作品 映画 『B5』 映画 『CAGE』 映画『一億の猫』 他の活動 映画監督、映画評論家、俳優、声優 配偶者  荒井千里 公式サイト 天野ひろゆき オフィシャルブログ ----- 上島 竜兵 本名 上島 龍平(読み同じ) ニックネーム りゅうちゃん 生年月日 1961年1月20日(55歳) 出身地 日本の旗 日本・兵庫県丹波市 血液型 AB型[1] 身長 158cm 方言 共通語 最終学歴 神戸村野工業高等学校 師匠 志村けん 出身 劇団青年座研究所 テアトル・エコー養成所 トリオ名 ダチョウ倶楽部 相方 肥後克広、寺門ジモン 芸風 コント、モノマネ、リアクション芸など 立ち位置 右端 事務所 太田プロダクション 活動時期 1985年 - 同期 ウッチャンナンチャン 中山秀征 など 現在の代表番組 志村座 過去の代表番組 志村けんのだいじょうぶだぁII、志村屋です。、志村劇場など 他の活動 俳優 配偶者  広川ひかる - 安田 和博 本名 安田 和博 ニックネーム ヤッチン 生年月日 1967年11月17日(48歳) 出身地 東京都西多摩郡瑞穂町 血液型 A型 身長 172cm 方言 共通語 最終学歴 東京都立葛西南高校卒業 出身 劇団七曜日 コンビ名 デンジャラス 相方 ノッチ 芸風 漫才、ものまね ほか 立ち位置 右 事務所 太田プロダクション 活動時期 1988年 - 同期 爆笑問題 など 配偶者  既婚(2012年) 公式サイト やすだの戯言(ブログ) - 木本 武宏 本名 木本 武宏 生年月日 1971年5月6日(44歳) 出身地 日本の旗 日本 大阪府 血液型 A型 身長 178cm 方言 関西弁 コンビ名 TKO 相方 木下隆行 芸風 コント 事務所 松竹芸能 ----- ヒロシ 本名 齊藤 健一 (さいとう けんいち) 生年月日 1972年1月23日(44歳) 出身地 日本の旗 日本・熊本県荒尾市 血液型 O型 身長 175cm 方言 共通語、熊本弁 最終学歴 日本の旗 日本 九州産業大学商学部商学科 出身 福岡吉本 コンビ名 ベイビーズ(解散) 相方 友納 一彦 芸風 漫談 事務所 ヒロシ・コーポレーション 活動時期 1995年 - 同期 バカリズム ドロンズ石本 コージー冨田 他の活動 俳優 配偶者  未婚 公式サイト ヒロシの部屋 受賞歴 2004年:『R-1ぐらんぷり』決勝進出 2005年:『R-1ぐらんぷり』6位 2005年:『第1回お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル』優勝


12. 情熱大陸|音楽プロデューサー・前山田健一|ヒャダイン(2012年06月03日)

  • Duration: 1470
  • Channel: tv
情熱大陸|音楽プロデューサー・前山田健一|ヒャダイン(2012年06月03日)

情熱大陸|音楽プロデューサー・前山田健一|ヒャダイン(2012年06月03日) - 前山田 健一 別名 ヒャダイン 出生 1980年7月4日(35歳) 出身地 日本の旗 日本・大阪府 学歴 京都大学総合人間学部卒業 ジャンル J-POP アニメ・声優 アイドル コミックソング 職業 音楽プロデューサー 作詞家 作曲家 編曲家 シンガーソングライター 司会 担当楽器 ボーカル シンセサイザー キーボード 活動期間 2007年 – レーベル Lantis 事務所 ファイブエイス(音楽家として) スターダストプロモーション(歌手・タレントとして) - 現在[編集] musicる TV(2012年1月9日 - MC 、テレビ朝日) 久保みねヒャダこじらせナイト(2013年10月19日 - MC 、フジテレビ) PON!(2014年4月4日 -金曜日レギュラー 、日本テレビ) オトナヘノベル(2015年4月2日 - 、NHK Eテレ) - MC タモリ倶楽部(テレビ朝日) - 不定期出演。 くりぃむクイズ ミラクル9(テレビ朝日) - 不定期出演。 スッキリ!!(日本テレビ) - 木曜日放送の「スッキリ!!商品開発部」のコ-ナーに不定期出演。 ネプリーグ(フジテレビ) - 不定期出演。 ポケモンの家あつまる?(2015年10月4日 - 、テレビ東京系列) 過去[編集] ワンセグ☆ふぁんみ(2012年4月 - 2015年3月MC 、NHKワンセグ2) 久保ヒャダこじらせナイト(2012年12月1日、2013年4月4日・6月1日、フジテレビ) 歴史にドキリ(2013年3月12日 - 、陸奥宗光役、NHK) クイズ逆転階段(2013年5月30日 - 8月8日、テレビ朝日) オトナへのトビラTV(2014年4月 - 2015年3月MC 、NHK Eテレ) 情熱大陸(2012年6月3日、毎日放送) 映画[編集] 烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS(2014年7月19日、東映) - ナイル伯爵 役(声の出演) ドラマ[編集] 奇跡の教室(2014年6月28日、日本テレビ) - 森秀行 役 コント[編集] ウレロ☆未完成少女(2012年9月14日、テレビ東京) -本人役 ワラッチャオ!(NHK BSプレミアム) -ヒャドイン役 不定期出演 ラジオ[編集] ヒャダインのわーきゃーいわれたい(2011年10月5日 - 、超!A&G+) Hyadain Station(2012年7月1日 - 、bay fm) ヒャダインの"ガルポプ!"(2013年10月4日- NHK-FM放送) CM[編集] 東洋水産「マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき」(2013年8月 - 2014年7月)※武田鉄矢、パパイヤ鈴木、赤マルダッシュ☆と共演 Web[編集] フィアット・500X (2015年 日本公式サイト) 10X People -500Xのスタイルを体現する10の生き方- vol.9 Xtreme 冒険 PV[編集] Gero「うどん」(2013年) ゆず「OLA!!」(2015年4月15日発売)[17] - テレビ・ラジオ・映画劇伴[編集] ゴッドタン(テレビ東京系)ヒム子ーズ 「ヒム子ーズのテーマ」(作曲・編曲) 「G.B.H ~グッバイヒム子―ズ~」(作曲・編曲) ワラッチャオ!(NHK BSプレミアム)「ヘンテコダンス」(作曲・編曲)「恋しなキャット」(作曲・編曲)「デンタリズム」(作曲・編曲) 歴史にドキリ (NHK Eテレ)中村獅童 劇中歌(作曲・編曲) テレ玉「テレ玉くんのうた」(作詞・作曲・編曲) 笑っていいとも! グランドフィナーレ感謝の超特大号(フジテレビ系) 最終回CMおよび番組内のBGM[14] ヨルタモリ(フジテレビ系) OP/EDテーマ」(作曲) タモリ(北湯島三郎)「湯島音頭」(作曲) 久保みねヒャダこじらせナイト (フジテレビ系) 高橋真麻「SETSUBU・ん…鬼っぽい」(作曲・編曲)(作詞・久保みねヒャダ) 中村素也&高橋真麻「大型連休に働きたくない君も好きだよ」(作曲・編曲)(作詞・久保みねヒャダ) 能町みね子「焼きたくない夏の2014」 (作曲・編曲)(作詞・久保みねヒャダ) 千葉雄大&柳原可奈子「おれとおまえのHELLO WIN-WIN」(作曲・編曲)(作詞・久保みねヒャダ) こじらせオールスターズ「WE ARE THE ひとり」(作曲・編曲)(作詞・久保みねヒャダ) MAX「毛サバイバル」(作曲・編曲)(作詞・久保みねヒャダ) beポンキッキーズ(BSフジ) 「ロリポップスたいそう のーびのびよーん」(作詞・作曲・編曲) グミベアとガチャピン・ムック「おやつ いいやつ すごいやつ」(作詞・作曲・編曲)「ぼくはグミベア」(日本語詞) ミュ〜コミ+プラス(ニッポン放送) - オープニングテーマ、ジングル The Nutty Radio Show おに魂(FM NACK5) - ジングル EDISON(超!A&G+) - ジングル 海月姫(映画) - 音楽担当 CM[編集] 森永チョコボール CM楽曲担当(キョロちゃんズが歌唱担当) NTT docomo「dアニメストア」CM楽曲担当(中川翔子が歌唱担当) PARCO「パルコアラ」CM楽曲担当 その他[編集] 2008年 石田裕子「Changes」(作詞) 伴都美子「Refrain」(『Van.』収録、作詞) メロン記念日「Give Me Up」(『MEGA MELON』収録、編曲) K「525600min.〜Seasons of Love」(作詞・作曲) 2009年 倖田來未×misono「It's all Love!」(作曲) 東方神起「Share The World」(作曲) 2010年 Tiara 「Don't Stop」(「キミがおしえてくれた事feat.SEAMO」収録、作詞・共作) 大島麻衣 メンドクサイ愛情(作曲・編曲) 愛ってナンダホー(作曲・編曲) 長嶋はるか 「EQUALロマンス」(『不思議☆ユナイト』収録、編曲) エリカ starring 伊瀬茉莉也「Groovin'」(『「会長はメイド様!」Maid Latte Songs!』収録、編曲) 2011年 佐咲紗花「ガッコーガッコーLIFE!」(「Zzz」収録、作詞・作曲・編曲) ちょうちょ 「million of bravery」(作詞・作曲・編曲) 2012年 野宮真貴「ベイビィ・ポータブル・ロック」(「30〜Greatest Self Covers&More!!!〜」収録、編曲) 赤飯「おにゃのこ きねんび」(「EXIT TUNES PRESENTS SEKIHAN the TREASURE」収録、作詞・作曲・編曲) 平野綾「PizzzzzzzA!!!!!!!」(『FRAGMENTS』収録、作詞・作曲・編曲) さよならポニーテール「無気力スイッチ ヒャダインのリリリリ☆リミックス」(「空も飛べるはず」収録、編曲) 平井堅「おねがいジュリー☆ ヒャダインのリリリリ☆リミックス」(「告白」収録、編曲) 寺島拓篤「あいのうた」(『NEW GAME』収録、作曲・編曲) MARiA「We've gotta have a party」(『aMazing MusiQue PaRK』収録、作詞・作曲・編曲) 津田美波・佐々木智代・原嶋あかり「Sing a Song Aloud!」(作詞・作曲・編曲) FTISLAND「TOP SECRET」(作詞) 中川翔子「宇宙でプロポーズ」(作詞・作曲・編曲) Base Ball Bear「ぼくらのfrai awei」(作詞・作曲)共作 バンドじゃないもん!「パヒパヒ」(「バンドじゃないもん!」収録、編曲) nao「神次元!ふぉーちゅん・まてりある」(作曲・編曲) 吉木りさ 「ボカロがライバル☆」(作詞・作曲・編曲) 「世界は教室だけじゃない」(作詞・作曲・編曲) jealkb「瞳・華」(アルバム「V?」収録、作詞・作曲) 2013年 乙女新党「もうそう★こうかんにっき」(作詞) √5「Break it Out!!」(作詞・作曲・編曲) 9nine「3three」(作詞・作曲・編曲) Gero「うどん」(アルバム「One」収録) ピコ「傘」(アルバム「BEST+4」収録、作詞・作曲・編曲) 小松未可子「LISTEN!」(作詞・作曲・編曲) アイドル妖怪カワユシ♥「カワユシ♥アラワル」(作詞・作曲・編曲) 小室哲哉 VS ヒャダイン「22世紀への架け橋」(作詞・作曲・編曲 小室哲哉との共作) 2014年 Fear, and Loathing in Las Vegas「Chase the Light! -ヒャダインのリリリリ☆リミックス」(リミックス作品) バクステ外神田一丁目 「どうせ推されない」(作曲) 「ハリネズミとジェリービー」(作曲) 前島亜美「小さな世界」(MORE! Electronic Disney Music 収録) 水樹奈々「Million Ways=One Destination」(作詞・作曲 伊藤賢治との共作) ケラケラ「MAKE UP」(編曲) 椎名林檎「プラベイト」(編曲、椎名林檎によるセルフカバー作品) 郷ひろみ「99は終わらない」(作詞・作曲・編曲) Gero「吾輩はオス猫である」(作詞・作曲・編曲) D-LITE 「ナルバキスン (Look at me, Gwisun)」(日本語詞) 「テバギヤ (A Big Hit!)」(日本語詞) スフィア 「Ding! Dong! Ding! Dong!」(作詞・作曲・編曲) 緋月ちな「すっぴんでコンビニ」(編曲) ゴスペラーズ「SING!!!!!」(作詞・作曲・編曲) __(アンダーバー)「まじしゃんず☆さまー」(作曲) アナサー男子三人衆 「俺達の、「理不尽(プライド)」」(作詞・作曲・編曲) 流田プロジェクト「ヴァンパイヤ学園☆CHU-WA」(作曲) 小倉唯「thx!!」(作詞) みみめめMIMI「お絵描き」(編曲) @JAM ALLSTARS 2014「夢の砂〜a theme of @JAM 〜」(作詞・作曲・編曲) けみお「若者たち」(編曲) 羽多野渉「I'm a Voice Actor」(作詞・作曲・編曲) 赤マルダッシュ☆「赤マル急上昇ダッシュ!!!!」(作詞・作曲) S☆スパイシー「DUST in STARDUST」(作詞) 赤い公園「絶対的な関係〜ヒャダインのリリリ☆リミックス〜」(Remix) nao「神次元!ふぉーちゅん・まてりある」(作曲・編曲) やなぎなぎ「Burn Out the ENERGY」(作曲・編曲) 虹のコンキスタドール「女の子むてき宣言!」(作詞・作曲・編曲) 2015年 チームしゃちほこ 「「満腹!笛ロマンス」(作曲・編曲)NHKBSプレミアム「番組バカリズム2」のコントで使用されたバカリズム作詞・前山田健一作曲の劇中歌 D-51 「4.9センチ」(作詞・作曲) 超特急「「バッタマン」(作詞・作曲) こんどうようぢ「30th CENTURY BOY」(作曲) Gero「You Can Do It〜夢を追いかけて」(作詞・作曲) MAX「#SELFIE〜ONNNA NOW〜」(作詞・作曲) ABKAI2015市川海老蔵自主公演 幕間BGM担当 @JAM ALLSTARS 2015「夢の砂〜a theme of @JAM 〜」(作詞・作曲・編曲) 流れ星「岐阜ミーチャンス」(作曲・編曲)[15] LinQ「LinQuest〜やがて伝説へ・・・」(作詞・作曲) しょこたん♥さっちゃん(中川翔子と小林幸子のユニット)「無限∞ブランノワール」(作詞・作曲・編曲) 森口博子「星より先に見つけてあげる」(作曲・編曲)


13. 木村拓哉×藤ヶ谷太輔 【PRICELESS制作発表】

  • Duration: 895
  • Channel: shortfilms
木村拓哉×藤ヶ谷太輔 【PRICELESS制作発表】

いいともビストロの新動画とか、他の動画達も見てください!拓ヶ哉情報なるべく全部詰め込んでます! 11/7キスログ↓ 大先輩の木村さんにも、たくさんお世話になっています。 あのね、洋服すげーたくさんいただいたのだぁー☆ ヘビロテさせていただいてます(((o(*゚▽゚*)o))) 食事も2日連続で、連れてっていただきました!! 最高な時間でした! あとね、太輔ってよんでいただいてます!!! 目標の1つだったんです! 木村さんが自然に太輔はぁ~って、俺、話の最中なのに、え?あれ?はて?って、なってしまいましたよ。笑 (略)なにより、木村さんに電話するのが1番緊張しました。笑 【TVぴあPRICELESS】ちなみに、今後二人で何かをやってみたいとかありますか? 藤ヶ谷「一緒に買い物とか行ってみたいです。服とかアクセとかどこで買うのかなって…(汗)。」 木村「それ、ただのファンじゃん!(笑)」 Q.11/13は木村さんの誕生日ですが。 a.もうプレゼントは決めています。洋服なんですけど、僕が好きなブランドのもので、木村さんが私服で着ているのを何度か見掛けたことがあるので。でも木村さんって何でも持ってそうですよね。万が一いらなかったら捨ててくださいって言おうと思ってます。お食事とかもぜひ行ってみたいんですけど…緊張しちゃって味とかわからないですよね、きっと(笑)。 「東スポ」 藤ケ谷が皆からうらやましがられている理由はただ一つ…。木村拓哉から毎回、何かしらのプレゼントをもらっているからだ。 「収録で一緒になる度に、キムタクがくれるそうですよ。メーンは服ですが、その9割が新品だというんです。残りの1割も一度か二度、袖を通したくらいのレベルですからね。サイズ的にもピッタリで、ドラマの収録は非常にハードですが、藤ヶ谷は一番に現場入りしていると聞いています」(前出の事情通) 特筆すべきは服以外のもの。これがスゴイという話だ。 「バックやアクセサリー、時計なんかもくれるというんですよ。藤ヶ谷本人が一番、喜んでいたのがクロムハーツの高価なリングとネックレス。キムタクは〝もうクロムを着けるほど若くない〟と言ってくれたそうです」(同事情通) 10/10  キスマイ Radio 10/11 PRICELESS 記者会見、がんばった大賞(生放送、NG集) 10/12 ワッツ、めざまし、めざにゅ〜、ノンストップ     PRICELESS 制作発表 めざまし めざにゅ〜 がんばった大賞 キムタク ビューティフルライフ ロングバケーション ロンバケ 眠れる森 記者発表 動画 キャプテン ワッツ たいぴー ガヤ プライスレス 月9 拓ヶ哉 サントラ ost 挿入歌 ようつべ youtube 眠れる森 番宣 ラジオ What’s up SMAP! プライド about you good-bye bridge フジテレビ Tomorrow Never Knows 空から降る一億の星 Mr.Children ミスチル RADIO 若者のすべて SMAP キムタク PRICELESS 月9 動画 youtube takuya kimura Space Battleship YAMATO ヤマト Steven Tyler LOVE LIVES 映画 スマスマ 空から降る一億の星 SMAP キムタク キスマイ ドラマ 主題歌 Kis-My-Ft2  ビギナーズ! 野島伸司脚本ドラマ【シニカレ】主演 第2の木村拓哉 木村拓哉 藤ヶ谷太輔 SMAPがんばりますっ!!2011 ビストロSMAP よんぱち カミスン キスマイradio CDTV Mステ POTATO WINK UP Duet オリスタ 東京中日スポーツ ザ・少年倶楽部 中居正広の怪しい噂の集まる図書館 はなまるマーケット・はなまるカフェ 火曜曲SP 木村拓哉 木村拓哉 木村拓哉 木村ライン 20121011 20121012


14. タモリのSuperボキャブラ天国|おとなのボキャ天スペシャル

  • Duration: 2775
  • Channel: tv
タモリのSuperボキャブラ天国|おとなのボキャ天スペシャル

タモリのSuperボキャブラ天国|おとなのボキャ天スペシャル ボキャブラ天国 Shibuya Video Studio.jpg 初期に番組の収録が行われた渋谷ビデオスタジオ (現在は閉鎖) ジャンル お笑い・バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 フジテレビ 企画 宅間秋史・小林義和・大辻健一郎 (3名共にフジテレビ) 演出 菅原正豊(総合演出、ハウフルス) プロデューサー 高浦康江(ハウフルス) ほか 出演者 タモリ ヒロミ 谷村新司 小島奈津子(元フジテレビアナウンサー) 大島渚 ほか - 司会[編集] タモリ 「超-」までと「復活スペシャル」及び「大復活祭スペシャル」の司会を担当。 「大復活祭スペシャル」ではレギュラー放送時代及び新世代芸人キャブラーのボキャブラ作品の評価はしていない。「ニューキャブラーボキャブラバトル」のコーナーのみ出演せず、爆笑問題が司会・進行をしていた。 ヒロミ 「新-」以降のサブ司会を担当。「続!-」以降はメイン司会に昇格。 初代は準レギュラー、「super-」および「超-」ではレギュラーパネリスト。司会就任後も判定を行った。復活スペシャルではパネリスト。 谷村新司 「新-」、「黄金-」、「家族そろって-」のメイン司会を担当。 なお、谷村の楽曲はエンディングテーマ曲では使われなかった。 アシスタント[編集] いずれもフジテレビアナウンサー(小島・荒瀬は当時) 小島奈津子 「家族そろって-」までと「復活スペシャル」及び「大復活祭スペシャル」を担当、「歌う-」のみ荒瀬の代理として出演したことがある。 プリンプリンのうな加藤をかなり嫌っていた。 西山喜久恵 「超-」のみ担当。  「家族そろって-」では「ボキャブラ招待席」の進行を担当。 荒瀬詩織 「続-」、「歌う-」を担当。 加藤綾子 「大復活祭スペシャル」のみ担当。 これとは別に「ボギャル」と呼ばれる女性が毎回2人登場し、チャレンジャーのランキングボードなどを担当した。 主なパネラー[編集] 本記事では数が多いため代表的なパネラーをあげる。 大島渚 「家族そろって-」までのレギュラーで、事実上の審査委員長。「超-」以降は大玉を点けることがほとんど無く、キャブラーに対して期待している故の厳しい目で芸人を評価した。特に、高く評価していた爆笑問題に対しては「おまえら最近たるんどるぞ!」と一喝したこともある。ただしパイレーツには甘く、MANZAI-Cに対しては相当厳しい評価を下していた。1998年9月に放送された最終回スペシャルでは個人的にMANZAI-Cを相当嫌っていたことをカミングアウトしてしまい、後の「続-」ではMANZAI-Cから相当な怒りをぶつけられるが、それでも大島本人は「どうしても好きにはなれない!」と言い返し、彼らを見限った。[10]「大人のボキャ天」が放送されていた時代には、自らが「おっぱい星人」であることを認めていた。 うじきつよし 初代、「super-」の途中までレギュラー出演。作品が面白いと、パネリスト席のテーブルの上に登るなどのリアクションを取った。アディダスの服装で出演する場合が多かった。理知的なネタに大いなる興味を示す。 ヒロミ 上記のとおり後に司会者となる。自らを「おっぱい星人」と自称していた。下ネタ作品が大好きで山口美江に窘められることが多かった。しかし、ホモネタはあまり好まず、一度何度も連続してホモネタが放送された時は「ホモネタばっかじゃねえか!!」と激怒した。「超-」の頃はご指名ダーツの投手を担当。同時期に出演していた番組『ザ・BINGOスター』にて、視聴者の賞品獲得の成否を決めるダーツを投げていたため、『日本一ダーツの上手い芸能人』としての抜擢であった。幹てつやに対してはかなり冷たかった。番組内で子泣き爺をきなこ爺と言ってしまったため、きな粉または子泣き爺ネタのVTRはその両方を絡めるものとなっていた。 早坂好恵 飯島愛 初出演は(番町皿屋敷の)「一枚〜」⇒「飯島愛〜」ネタにTバック姿で登場した作品VTRにて。パネラーとしてはキャブラーたちの姉貴分というスタンスで、率直かつ辛辣なコメントを挟みつつも嫌みのない評価を下していた。特番のパネリストボキャブラで「アラビアンナイト」を「絡みやんないと」と言い換えた作品を発表し、在日サウジアラビア大使館から抗議を受ける。 山田五郎 番組での肩書き及び紹介テロップは「美術評論家 山田五郎教授」。 山口美江 「死」「不幸」などのブラックネタを好み、番組内で「ブラック山口」と呼ばれていた。「北の墓場通りでは〜、青い顔の女が指圧」「パンツまる美江」「美江墨塗っちゃってコマンドー」といったネタでVTR出演した事もあった。スペシャルで自身がネタを作ったときにも、やはりブラックネタが中心であった。一方で下ネタを毛嫌いし、ヒロミに冷ややかな視線を送る事もあった。 赤坂泰彦 トーンを抑えた感じの感想を述べる事もあれば、明るいトーンで評価する事もある。下ネタも好きだが、理知的なネタも好む。実はホモ疑惑のネタを投稿された事がある(近藤真彦の「愚か者よ〜」を「ホモかもよ〜」など)。出演者に「ウラおっぱい星人」と言われた事も。松本ハウスが台頭してきた時期には彼らに無茶な質問を振り、ハウス加賀谷のアドリブの才能を引き出していた。ネタVTRで赤坂見附→「赤坂見っけ」で出演したこともある。 田中義剛 糸井重里 川合俊一 ホモネタに対して反応が良かったことや、自ら投稿したネタもホモネタだったことから、ホモ疑惑が湧く。そのため、彼が出演する週にはホモ絡みのネタ(雑誌「さぶ」から番組では主に「さぶ」がホモの代名詞として用いられ、ホモに関するネタは「さぶネタ」と呼ばれていた。)が採用されていた。この疑惑を逆手に取り、ネタにした作品に出演もした。スペシャルでのネタも自身が出演したホモネタ。また、当時のマネージャーもホモネタで出演した。 清水圭 「super-」から準レギュラー出演、「新-」からはレギュラーとなる。ボキャブラ部分の評価に加え、先輩芸人としてボケやツッコミの技術を評価するコメントが多かった。暴走したキャブラーに対して窘めることもあった。 国分太一(TOKIO) 「新-」「黄金-」時代のレギュラー出演。一般視聴者の感覚に近い素直なコメントが多かった。アイドルでありながら、意外と下ネタに対しても良い反応を示していた。 大仁田厚 かなり厳しい評価が多かった。 そのまんま東 「そのまんま飢餓死」というネタでVTR出演したこともあった。 ガダルカナル・タカ (かぐや姫『神田川』より)「小さなゼッケン、ガダルカナル・タカ」というネタでVTR出演。 鈴木紗理奈 「super-」時代から準レギュラーのような形で出演していた。 城戸真亜子 「100人がボキャブりました」で、非常に苦しい答えを言う事が多かった。(例:お題「ボンベ」→「ボンベ(アンネ)の日記」、お題「師走」→「しわす(聚楽)よぉん」) 大塚範一 デーブ大久保 井上順 薬丸裕英 峰竜太 ラサール石井 保坂尚輝 鈴木史朗 金谷ヒデユキから、ウルトラマンタロウのテーマ曲に乗せて、「笑わないパネラー」や、「パイレーツが登場した途端テンションが上がる」などの表現でネタにされたことがある。 三谷幸喜 林マヤ うつみ宮土理 など他多数 コーナー出演[編集] 「ボキャブラマ」 萬田久子 石坂浩二(ナレーション担当) 投稿ネタVTR出演[編集] ※新撮出演分のみ記載(五十音順) あがた森魚(「3時のあなた→3時のあがた」 「あがた→あ、ガーター」など) アジャ・コング(「アクロンなら毛糸洗いに自信が持てます→アジャ転んだら関東辺りに地震が起きます」「亜細亜大学→アジャ大学」「奥さまは魔女だったのです→奥さまはアジャだったのです」) 天地真理(「天地真理→金縛り」など) アントン・ウィッキー(「Have a nice day!→歯がないっすね~!」など) 石塚英彦(「EZ DO DANCE→石塚」 「出会った恋はこんなにも初心とは思わずにいた→太った人はこんなにも浮くとは思わずにいた」など) 井手らっきょ、ミスターちん(「あなたがいてほしい→ハダカの井手とちん」「善は急げ→全裸急げ(らっきょのみ)」) 江頭2:45(「出会いがしら→ペア江頭」) 蛭子能収(「レディース→えび~す」「ABCDEFG→蛭子がイボ痔」など) 岡本夏生(「岡本夏生→オカマと頭突き」「岡本夏生→おかもち夏生」など) 笠井信輔アナウンサー(自身の投稿作品で「タイム3→体毛剃り~」、当時同じく「タイム3」の司会だった須田哲夫アナとともに出演) キム・ヨンジャ(「ハリー・ポッターと賢者の石→ハリー・ポッターとキム・ヨンジャと仁志」) 小林幸子(「さっちゃんはね→さっちゃん、派手」) 小柳ルミ子、大澄賢也(「お久しぶりね→お刺身ブリね」) 坂田利夫(「青い鳥→アホひとり」「果報は寝て待て→アホゥが寝てまんねん」など) 佐藤蛾次郎(「壊れかけのRadio→壊れかけの蛾次郎」「雪の降る街を→雪を食う蛾次郎」「暮れなずむ街を→クレーンが吊る蛾次郎」など、必ず酔っぱらいの役で出演していた。) 佐藤正宏(「お昼休みはうきうきウォッチング→お尻ヤスリで拭き拭きウォッ血」など) 周富輝(「見てるだけ~→富輝だけ~」) 東海林のり子(「長い髪の少女→長い髪の東海林」) 菅井きん(「菅井きん→菅井菌」「スカイダイビング→菅井ダイビング」「月水金→ゲッ、菅井きん」) 高木ブー(「アップップ→アップのブー」 「サラガブラメチカブラビビデバビデブー→サラダ食ったメシも食ったデブの高木ブー」など) 高田純次(「5時から男→ゴジラから男」) 高松英郎(「柔道一直線→牛丼一丁くれ」など) つのだ☆ひろ(「メリケン粉がな~い」自身の曲「メリージェーン」の歌い出しを自ら歌唱) なぎら健壱(「Getup Getup Getup Getup バーニンラブ→下駄でタップ下駄でタップなぎら~」) 林家こぶ平(「デーモン小暮→デーモンこぶ平」「早足やこぶ平」など) にしきのあきら(「愛してる とても→愛してる トーテムポール」を自ら歌唱) バカルディ(現・さまぁ~ず。「アパレル業界」→「暴れる業界」) パンチョ伊東(「ロケットパンチ→ロケットパンチョ」) 日出郎(「雨は夜更け過ぎに雪へと変るだろう」→「兄は夜更け過ぎに幸恵に変るだろう」) 福井謙二アナウンサー(「ホームイン!→公務員!」) 別所毅彦(「氷の微笑→氷の別所」) 辺見マリ(「てんてんてんまりてんてまり→てんてんてんまり辺見マリ」) 前田吟(「叱ってもらうわマイダーリン→叱ってもらうわ前田吟」) 牧伸二(「だけど信じてる信じてる→だけど信じてる牧伸二似てる」) 松崎しげる(「アイロン」自身の曲「愛のメモリー」の歌い出しを自ら歌唱) マンガ太郎(「ウルトラマンタロウ→ウルトラマンガ太郎」) Mr.オクレ(「そこへ彼 遅れてきた彼→そこへ彼 オクレに似た彼」「3日遅れの便りをのせて→Mr.オクレをタライに乗せて」) 光浦靖子(「燃えろいい女→どうでもいい女」など) 宮尾すすむ(「夜明けのMEW→夜明けの宮尾」) 三宅裕司(「三宅裕司→日焼け裕司→ニヤケ裕司→言い訳裕司」) 宮路年雄(「第3のコース→財産残~す」) ムック(「我は行く→我はムック」「ムンクの叫び→ムックの叫び」「タイタニック→泣いたムック」) もたいまさこ(「もったいないから起きてる→もたいまさこが起きてる」) 柳生博(「矢切の渡し→柳生の渡し」「焼きうどん→柳生丼」「座右の銘→柳生のメェ~」など) 龍虎(「UFO→龍虎」) ルー大柴(「泣かした事もある→落ちたと思ったらルー」) ROLLY(「So you don't have to worry worry→湯豆腐 ハフハフ ローリー ローリー」) 和田アキ子(「まぁだだよ→和~田だよ」)和田勉


15. タモリのSUPERボキャブラ天国|第05回(1994年05月11日)

  • Duration: 2793
  • Channel: tv
タモリのSUPERボキャブラ天国|第05回(1994年05月11日)

タモリのSUPERボキャブラ天国|第05回(1994年05月11日) ボキャブラ天国 Shibuya Video Studio.jpg 初期に番組の収録が行われた渋谷ビデオスタジオ (現在は閉鎖) ジャンル お笑い・バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 フジテレビ 企画 宅間秋史・小林義和・大辻健一郎 (3名共にフジテレビ) 演出 菅原正豊(総合演出、ハウフルス) プロデューサー 高浦康江(ハウフルス) ほか 出演者 タモリ ヒロミ 谷村新司 小島奈津子(元フジテレビアナウンサー) 大島渚 ほか - 司会[編集] タモリ 「超-」までと「復活スペシャル」及び「大復活祭スペシャル」の司会を担当。 「大復活祭スペシャル」ではレギュラー放送時代及び新世代芸人キャブラーのボキャブラ作品の評価はしていない。「ニューキャブラーボキャブラバトル」のコーナーのみ出演せず、爆笑問題が司会・進行をしていた。 ヒロミ 「新-」以降のサブ司会を担当。「続!-」以降はメイン司会に昇格。 初代は準レギュラー、「super-」および「超-」ではレギュラーパネリスト。司会就任後も判定を行った。復活スペシャルではパネリスト。 谷村新司 「新-」、「黄金-」、「家族そろって-」のメイン司会を担当。 なお、谷村の楽曲はエンディングテーマ曲では使われなかった。 アシスタント[編集] いずれもフジテレビアナウンサー(小島・荒瀬は当時) 小島奈津子 「家族そろって-」までと「復活スペシャル」及び「大復活祭スペシャル」を担当、「歌う-」のみ荒瀬の代理として出演したことがある。 プリンプリンのうな加藤をかなり嫌っていた。 西山喜久恵 「超-」のみ担当。  「家族そろって-」では「ボキャブラ招待席」の進行を担当。 荒瀬詩織 「続-」、「歌う-」を担当。 加藤綾子 「大復活祭スペシャル」のみ担当。 これとは別に「ボギャル」と呼ばれる女性が毎回2人登場し、チャレンジャーのランキングボードなどを担当した。 主なパネラー[編集] 本記事では数が多いため代表的なパネラーをあげる。 大島渚 「家族そろって-」までのレギュラーで、事実上の審査委員長。「超-」以降は大玉を点けることがほとんど無く、キャブラーに対して期待している故の厳しい目で芸人を評価した。特に、高く評価していた爆笑問題に対しては「おまえら最近たるんどるぞ!」と一喝したこともある。ただしパイレーツには甘く、MANZAI-Cに対しては相当厳しい評価を下していた。1998年9月に放送された最終回スペシャルでは個人的にMANZAI-Cを相当嫌っていたことをカミングアウトしてしまい、後の「続-」ではMANZAI-Cから相当な怒りをぶつけられるが、それでも大島本人は「どうしても好きにはなれない!」と言い返し、彼らを見限った。[10]「大人のボキャ天」が放送されていた時代には、自らが「おっぱい星人」であることを認めていた。 うじきつよし 初代、「super-」の途中までレギュラー出演。作品が面白いと、パネリスト席のテーブルの上に登るなどのリアクションを取った。アディダスの服装で出演する場合が多かった。理知的なネタに大いなる興味を示す。 ヒロミ 上記のとおり後に司会者となる。自らを「おっぱい星人」と自称していた。下ネタ作品が大好きで山口美江に窘められることが多かった。しかし、ホモネタはあまり好まず、一度何度も連続してホモネタが放送された時は「ホモネタばっかじゃねえか!!」と激怒した。「超-」の頃はご指名ダーツの投手を担当。同時期に出演していた番組『ザ・BINGOスター』にて、視聴者の賞品獲得の成否を決めるダーツを投げていたため、『日本一ダーツの上手い芸能人』としての抜擢であった。幹てつやに対してはかなり冷たかった。番組内で子泣き爺をきなこ爺と言ってしまったため、きな粉または子泣き爺ネタのVTRはその両方を絡めるものとなっていた。 早坂好恵 飯島愛 初出演は(番町皿屋敷の)「一枚〜」⇒「飯島愛〜」ネタにTバック姿で登場した作品VTRにて。パネラーとしてはキャブラーたちの姉貴分というスタンスで、率直かつ辛辣なコメントを挟みつつも嫌みのない評価を下していた。特番のパネリストボキャブラで「アラビアンナイト」を「絡みやんないと」と言い換えた作品を発表し、在日サウジアラビア大使館から抗議を受ける。 山田五郎 番組での肩書き及び紹介テロップは「美術評論家 山田五郎教授」。 山口美江 「死」「不幸」などのブラックネタを好み、番組内で「ブラック山口」と呼ばれていた。「北の墓場通りでは〜、青い顔の女が指圧」「パンツまる美江」「美江墨塗っちゃってコマンドー」といったネタでVTR出演した事もあった。スペシャルで自身がネタを作ったときにも、やはりブラックネタが中心であった。一方で下ネタを毛嫌いし、ヒロミに冷ややかな視線を送る事もあった。 赤坂泰彦 トーンを抑えた感じの感想を述べる事もあれば、明るいトーンで評価する事もある。下ネタも好きだが、理知的なネタも好む。実はホモ疑惑のネタを投稿された事がある(近藤真彦の「愚か者よ〜」を「ホモかもよ〜」など)。出演者に「ウラおっぱい星人」と言われた事も。松本ハウスが台頭してきた時期には彼らに無茶な質問を振り、ハウス加賀谷のアドリブの才能を引き出していた。ネタVTRで赤坂見附→「赤坂見っけ」で出演したこともある。 田中義剛 糸井重里 川合俊一 ホモネタに対して反応が良かったことや、自ら投稿したネタもホモネタだったことから、ホモ疑惑が湧く。そのため、彼が出演する週にはホモ絡みのネタ(雑誌「さぶ」から番組では主に「さぶ」がホモの代名詞として用いられ、ホモに関するネタは「さぶネタ」と呼ばれていた。)が採用されていた。この疑惑を逆手に取り、ネタにした作品に出演もした。スペシャルでのネタも自身が出演したホモネタ。また、当時のマネージャーもホモネタで出演した。 清水圭 「super-」から準レギュラー出演、「新-」からはレギュラーとなる。ボキャブラ部分の評価に加え、先輩芸人としてボケやツッコミの技術を評価するコメントが多かった。暴走したキャブラーに対して窘めることもあった。 国分太一(TOKIO) 「新-」「黄金-」時代のレギュラー出演。一般視聴者の感覚に近い素直なコメントが多かった。アイドルでありながら、意外と下ネタに対しても良い反応を示していた。 大仁田厚 かなり厳しい評価が多かった。 そのまんま東 「そのまんま飢餓死」というネタでVTR出演したこともあった。 ガダルカナル・タカ (かぐや姫『神田川』より)「小さなゼッケン、ガダルカナル・タカ」というネタでVTR出演。 鈴木紗理奈 「super-」時代から準レギュラーのような形で出演していた。 城戸真亜子 「100人がボキャブりました」で、非常に苦しい答えを言う事が多かった。(例:お題「ボンベ」→「ボンベ(アンネ)の日記」、お題「師走」→「しわす(聚楽)よぉん」) 大塚範一 デーブ大久保 井上順 薬丸裕英 峰竜太 ラサール石井 保坂尚輝 鈴木史朗 金谷ヒデユキから、ウルトラマンタロウのテーマ曲に乗せて、「笑わないパネラー」や、「パイレーツが登場した途端テンションが上がる」などの表現でネタにされたことがある。 三谷幸喜 林マヤ うつみ宮土理 など他多数 コーナー出演[編集] 「ボキャブラマ」 萬田久子 石坂浩二(ナレーション担当) 投稿ネタVTR出演[編集] ※新撮出演分のみ記載(五十音順) あがた森魚(「3時のあなた→3時のあがた」 「あがた→あ、ガーター」など) アジャ・コング(「アクロンなら毛糸洗いに自信が持てます→アジャ転んだら関東辺りに地震が起きます」「亜細亜大学→アジャ大学」「奥さまは魔女だったのです→奥さまはアジャだったのです」) 天地真理(「天地真理→金縛り」など) アントン・ウィッキー(「Have a nice day!→歯がないっすね~!」など) 石塚英彦(「EZ DO DANCE→石塚」 「出会った恋はこんなにも初心とは思わずにいた→太った人はこんなにも浮くとは思わずにいた」など) 井手らっきょ、ミスターちん(「あなたがいてほしい→ハダカの井手とちん」「善は急げ→全裸急げ(らっきょのみ)」) 江頭2:45(「出会いがしら→ペア江頭」) 蛭子能収(「レディース→えび~す」「ABCDEFG→蛭子がイボ痔」など) 岡本夏生(「岡本夏生→オカマと頭突き」「岡本夏生→おかもち夏生」など) 笠井信輔アナウンサー(自身の投稿作品で「タイム3→体毛剃り~」、当時同じく「タイム3」の司会だった須田哲夫アナとともに出演) キム・ヨンジャ(「ハリー・ポッターと賢者の石→ハリー・ポッターとキム・ヨンジャと仁志」) 小林幸子(「さっちゃんはね→さっちゃん、派手」) 小柳ルミ子、大澄賢也(「お久しぶりね→お刺身ブリね」) 坂田利夫(「青い鳥→アホひとり」「果報は寝て待て→アホゥが寝てまんねん」など) 佐藤蛾次郎(「壊れかけのRadio→壊れかけの蛾次郎」「雪の降る街を→雪を食う蛾次郎」「暮れなずむ街を→クレーンが吊る蛾次郎」など、必ず酔っぱらいの役で出演していた。) 佐藤正宏(「お昼休みはうきうきウォッチング→お尻ヤスリで拭き拭きウォッ血」など) 周富輝(「見てるだけ~→富輝だけ~」) 東海林のり子(「長い髪の少女→長い髪の東海林」) 菅井きん(「菅井きん→菅井菌」「スカイダイビング→菅井ダイビング」「月水金→ゲッ、菅井きん」) 高木ブー(「アップップ→アップのブー」 「サラガブラメチカブラビビデバビデブー→サラダ食ったメシも食ったデブの高木ブー」など) 高田純次(「5時から男→ゴジラから男」) 高松英郎(「柔道一直線→牛丼一丁くれ」など) つのだ☆ひろ(「メリケン粉がな~い」自身の曲「メリージェーン」の歌い出しを自ら歌唱) なぎら健壱(「Getup Getup Getup Getup バーニンラブ→下駄でタップ下駄でタップなぎら~」) 林家こぶ平(「デーモン小暮→デーモンこぶ平」「早足やこぶ平」など) にしきのあきら(「愛してる とても→愛してる トーテムポール」を自ら歌唱) バカルディ(現・さまぁ~ず。「アパレル業界」→「暴れる業界」) パンチョ伊東(「ロケットパンチ→ロケットパンチョ」) 日出郎(「雨は夜更け過ぎに雪へと変るだろう」→「兄は夜更け過ぎに幸恵に変るだろう」) 福井謙二アナウンサー(「ホームイン!→公務員!」) 別所毅彦(「氷の微笑→氷の別所」) 辺見マリ(「てんてんてんまりてんてまり→てんてんてんまり辺見マリ」) 前田吟(「叱ってもらうわマイダーリン→叱ってもらうわ前田吟」) 牧伸二(「だけど信じてる信じてる→だけど信じてる牧伸二似てる」) 松崎しげる(「アイロン」自身の曲「愛のメモリー」の歌い出しを自ら歌唱) マンガ太郎(「ウルトラマンタロウ→ウルトラマンガ太郎」) Mr.オクレ(「そこへ彼 遅れてきた彼→そこへ彼 オクレに似た彼」「3日遅れの便りをのせて→Mr.オクレをタライに乗せて」) 光浦靖子(「燃えろいい女→どうでもいい女」など) 宮尾すすむ(「夜明けのMEW→夜明けの宮尾」) 三宅裕司(「三宅裕司→日焼け裕司→ニヤケ裕司→言い訳裕司」) 宮路年雄(「第3のコース→財産残~す」) ムック(「我は行く→我はムック」「ムンクの叫び→ムックの叫び」「タイタニック→泣いたムック」) もたいまさこ(「もったいないから起きてる→もたいまさこが起きてる」) 柳生博(「矢切の渡し→柳生の渡し」「焼きうどん→柳生丼」「座右の銘→柳生のメェ~」など) 龍虎(「UFO→龍虎」) ルー大柴(「泣かした事もある→落ちたと思ったらルー」) ROLLY(「So you don't have to worry worry→湯豆腐 ハフハフ ローリー ローリー」) 和田アキ子(「まぁだだよ→和~田だよ」)和田勉


16. 中島哲也監督|CM名作集(サッポロ黒ラベル JR東日本 ドコモdビデオ J-PHONE) 4':03"

  • Duration: 242
  • Channel: tv
中島哲也監督|CM名作集(サッポロ黒ラベル JR東日本 ドコモdビデオ J-PHONE) 4':03

中島哲也監督|CM名作集(サッポロ黒ラベル JR東日本 ドコモdビデオ J-PHONE) 4':03" - CM[編集] フジッコ「漬物百選」 クノール カップスープ サントリー 冷撰洋酒 サントリー モルツ「モルツ球団」 富士フイルム フジカラー写ルンです J-PHONE 日本テレコムJ-PHONE戦略本部全国化第2弾【家庭篇(石川真希、浦田賢一)】【教室篇(香川照之、黒沢優)】(2000年) JRA'99年間キャンペーン NTT東日本 フレッツ 「ガッチャマン」篇 サッポロビール サッポロ生 黒ラベル 「温泉卓球」篇 プロバイダーZERO フジテレビ「きっかけは、フジテレビ。」(2002年) マンダム「GATSBY」(2006年 - ) フジテレビ 27時間テレビ「武器はテレビ。」(2014年) 映画[編集] はの字忘れて(1982年)監督 バカヤロー! 私、怒ってます 第二話 遠くてフラれるなんて(1988年)監督 夏時間の大人たち(1997年)監督 Beautiful Sunday(1998年)監督・脚本 LUCKY STRIKE(2002年)監修 下妻物語(2004年)監督・脚本 嫌われ松子の一生(2006年)監督・脚本 パコと魔法の絵本(2008年)監督・脚本 ララピポ (2009年) 脚本 告白(2010年)監督・脚本 渇き。(2014年)監督・脚本 テレビドラマ[編集] SMAP×SMAP Smap Short Films 「ROLLING BOMBER SPECIAL」(2001年) 世にも奇妙な物語 2001年秋の特別編 「ママ新発売!」(2001年10月4日) 私立探偵 濱マイク 9話「ミスター・ニッポン 〜21世紀の男〜」(2002年) X'smap〜虎とライオンと五人の男〜(2004年12月25日)演出 ビデオ[編集] The Works of Tetsuya Nakashima プロモーションビデオ[編集] 斉藤由貴「少女時代」 松たか子「みんなひとり」 ぼくのなつやすみ3 -北国編- 小さなボクの大草原 「2007年夏限定 特別映像企画 -あの夏に-」 SMAP「そっと きゅっと」 AKB48「Beginner」 乃木坂46「走れ!Bicycle」 主な受賞[編集] ぴあフィルムフェスティバル 入選(『はの字忘れて』) ACC - 金賞(JRA) ACC グランプリ - 特別賞(演出)(サッポロ黒ラベル) ADC - グランプリ(サッポロ黒ラベル) ギャラクシー奨励賞(サッポロ黒ラベル) 第26回ヨコハマ映画祭 - 作品賞・監督賞(『下妻物語』) 第30回日本アカデミー賞 - 優秀監督賞・優秀脚本賞(『嫌われ松子の一生』) 2006年度文化庁芸術選奨 文部科学大臣賞 第32回日本アカデミー賞 - 優秀監督賞(『パコと魔法の絵本』) 第34回日本アカデミー賞 - 最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀脚本賞(『告白』) ファンタスティック国際映画祭 - 最優秀脚本賞(『渇き。』) - なかしま てつや 中島 哲也 生年月日 1959年9月2日(56歳) 出生地 日本の旗 福岡県 職業 映画監督 ジャンル 映画 主な作品 映画 『下妻物語』 『嫌われ松子の一生』 『パコと魔法の絵本』 『告白』 『渇き。』 - 福岡県立筑紫高等学校、明治大学卒業。1982年、大学在学中は、騒動舎に属し制作した『はの字忘れて』がぴあフィルムフェスティバルで入選。 大学卒業後、CM制作会社の日本天然色映画に所属。CMデビュー作のフジッコ漬物百選では、山口美江の「しばづけ食べたい」のセリフが話題になる。以後、サッポロ黒ラベル「温泉卓球」篇など多数のヒットCMを世に送り出しCM界の巨匠として知られるようになる。 1987年からフリーとなり、1988年に『バカヤロー! 私、怒ってます 第二話 遠くてフラれるなんて』で劇場映画監督デビューした。映画監督としては2004年の『下妻物語』から注目されるようになり、その後もヒット作・話題作を作り続けている。 2010年の『告白』では日本アカデミー賞最優秀監督賞と最優秀脚本賞を受賞。『告白』は第83回アカデミー賞外国語映画賞の第1次選考9作品に残ったが、最終ノミネート5作品には選ばれなかった。 作品の特徴[編集] スローモーションやCGなどの様々な撮影技術を使ったスタイリッシュな映像美を得意とする。 音楽に合わせてストーリー展開するMVのような演出を使うことが多い。 無分別な行動をする子供が、多く登場する。 暴力的なシーンなどにおいて対位法を使うことが多い。 空のみを写すカットを入れることが多い。 写真のフラッシュを連発する映像を入れることが多い。 ゴスロリ、ヤンキー、アダルトビデオなど日本特有のサブカルチャーがよく登場する。 下妻物語や 渇き。では、実写の中にアニメーションを挿入している。 AKB48や でんぱ組.inc などのアイドルソングを 使うことが多い。 エピソード[編集] 「プロの役者さんをほめるのは逆に失礼」という信念を持っており、『嫌われ松子の一生』に主演した中谷美紀は、著書で「出演者に厳しい」と、エピソードを披露している。他にも「(泳げないから)プールの深さはどれぐらいですか?」と質問した松たか子に対して「内容のことはともかく、プールの深さしか聞かないのかお前は?」と落胆したり、アヤカ・ウィルソンに逆に現場での態度を説教されるといったエピソードがある。 また「集団でのモノ作りが苦手」「熱気のある現場は嫌い」「重く辛い、胃が痛くなる空気の仕事が好き」であると語り、スタッフが撮影中に笑っている時には「集中力が無い」と注意し、長年一緒に仕事をしているスタッフたちとも仕事以外の話はせず、彼らの私生活も全く知らないという。 AKB48の『Beginner』のプロモーションビデオを監督した際には「ゲームの世界に没頭する若者への警鐘」「痛みを通して生の意味を問う」などのメッセージを込めた作品として仕上げたものの、登場するメンバーが残虐な加害を受ける表現があるため、初公開されたイベントにおいては上映時に目をつぶるファンも多く、また、若年層ファンへの悪影響の懸念があり、シングルに付属されたプロモーションビデオはダンスシーンとメイキング映像で再編集された内容(DVDバージョン)となった[1]。オリジナルについてはレコチョクのみで配信されたが、のちに発売されたミュージッククリップ集にも収録されることとなった[2]。


17. ビートたけしのダルマ登場!『劇場版 MOZU』予告編+メイキング映像

  • Duration: 293
  • Channel: shortfilms
ビートたけしのダルマ登場!『劇場版 MOZU』予告編+メイキング映像

ビートたけしのダルマ登場!『劇場版 MOZU』予告編+メイキング映像 - 劇場版MOZU 監督 羽住英一郎 脚本 仁志光佑 原作 逢坂剛 出演者 西島秀俊 香川照之 真木よう子 池松壮亮 伊藤淳史 杉咲花 阿部力 伊勢谷友介 松坂桃李 長谷川博己 小日向文世 ビートたけし 音楽 菅野祐悟 製作会社 『劇場版MOZU』製作委員会 配給 東宝 公開 日本の旗 2015年11月7日 製作国 日本の旗 日本 言語 日本語 - 『劇場版 MOZU』のタイトルで2015年に公開の予定[20]。TBSテレビでのSeason2放送終了直後に発表された。 2015年11月7日公開予定。ドラマでシーズン1,2を通して出演したレギュラー陣に加え、「ダルマ」役でビートたけしが登場する他、松坂桃李、伊勢谷友介などがゲスト出演している。撮影は3月下旬頃に都内でクランク・インし、4月上旬頃からは約1か月にわたりフィリピンでロケが行われ、クランク・アップは5月下旬頃を予定している[21][22][23][24][25][26][27][28][29][30]。 あらすじ(映画)[編集] 公安部エースの倉木は妻の死の真相に辿り着き気力を失い、捜査一課の大杉も警察への不信感を強め退官し探偵事務所を開いていた。そんな中、倉木が妻の死の真相に辿り着いてから半年が経ったある日、とあるテロ集団による高層ビル大規模強盗・脅迫事件とペナム大使館襲撃事件が同時に発生し、倉木と大杉はかつて共に捜査をしていた明星と共に事件に巻き込まれ、この事件を捜査して行く事になる。捜査を進めるうちに、この事件には「ダルマ」が大きく関わっている事が分かり、架空の国「ペナム」を舞台に「ダルマ」の正体を追って行く。 キャスト(映画)[編集] ダルマ 演 - ビートたけし 何らかの形で影から事件を操っている謎の人物。「日本事件史の闇」とも言われており、事件の裏でとある犯罪計画を企てている。 権藤 演 - 松坂桃李 残虐非道な暗殺専門の殺し屋で、テロ集団に於いては犯罪実行部隊を率いるリーダー的な存在。テロ事件の実行者。大杉の娘を誘拐する[31]。 高柳 演 - 伊勢谷友介 冷静沈着に犯罪計画を立案する犯罪プランナーで、テロ集団に於いてはブレイン的な存在。テロ事件の実行者。 - MOZU ジャンル 刑事ドラマ 放送国 日本の旗 日本 制作局 TBS WOWOW 監督 羽住英一郎 原作 逢坂剛 『百舌の叫ぶ夜』『幻の翼』 脚本 仁志光佑 出演者 西島秀俊 香川照之 真木よう子 池松壮亮 伊藤淳史 長谷川博己 石田ゆり子 小日向文世 Season1〜百舌の叫ぶ夜〜 放送時間 木曜21:00 - 21:54(54分) 放送期間 2014年4月10日 - 6月12日(10回) プロデューサー 渡辺信也(TBS) 井上衛(WOWOW) 森井輝(ROBOT) 出演者 有村架純 生瀬勝久 吉田鋼太郎 外部リンク 公式サイト Season2〜幻の翼〜 (WOWOW) 放送時間 日曜22:00 - 22:54(54分) 放送期間 2014年6月22日 - 7月20日(5回) - 全Season共通[編集] キャスト[編集] 主要人物[編集] 倉木 尚武(くらき なおたけ) 演 - 西島秀俊 警視庁公安部特務第一課捜査官。階級は警部。1975年7月20日生まれ。警察庁警備局警備企画課のゼロ出身で、「公安のエース」と呼ばれている。爆弾テロによって妻の千尋を失い、彼女の死の真相を求めて捜査を行っていく。常に冷静な性格であるが、千尋の死に執着するあまり捜査のためには強引な手法も辞さない一面を持つ。禁煙中であったが妻の千尋を亡くしてからは喫煙を再開する様になり、現時点ではヘビースモーカーとなっている[注 3]。 大杉 良太(おおすぎ りょうた) 演 - 香川照之 警視庁刑事部捜査一課捜査官。階級は警部補。現場からの叩き上げで、直情径行型の熱血漢。倉木には及ばないものの、高い格闘能力を持つ。刑事部を無視して捜査を行う倉木たちを苦々しく思っていたが、爆弾テロの真相を迫っていくうちに仲間意識が芽生えていく。倉木と同様にヘビースモーカーであり、禁煙場所でも勝手に喫煙する程である[注 4]。 明星 美希(あけぼし みき) 演 - 真木よう子 警視庁公安部公安第二課捜査官。階級は巡査部長。非喫煙者で、女性ながらも高い格闘能力の持ち主。爆弾テロが発生した際に現場付近におり、のちに津城の指示で倉木や大杉に情報を流す。父も元公安捜査官で高校生時代に行方不明になり現在も所在が分からない。大杉とは対照的に冷静に物事を捉えて行動し、口数も少なく無愛想である。しかし姪達には明るく優しい伯母として接し、爆弾テロ直後には身を挺してみゆきを守るなど、決して冷酷な人間ではない。夢の中で“だるま”を目撃している。 協力者[編集] 津城 俊輔(つき しゅんすけ) 演 - 小日向文世 警察の内部調査を担当する警察庁警務局の特別監察官。階級は警視正。内部処理に成功した数は過去最多と言われており、大杉の口から事件調査への介入を知った若松は動揺し、東ですら警戒の色を見せた。あくまでも秩序の維持を目的としており、真相のみを追求する倉木や不正の公開を求める大杉には、情報を小出しにしながらも完全な同調はしていない。また美希の父が行方不明になった件についても、何らかの情報を得ている節がある。射撃に優れている。 鳴宮 啓介(なるみや けいすけ) 演 - 伊藤淳史 警視庁台東警察署入谷交番に勤務する警察官。階級は巡査長。警察内外の情報とコンピューターの知識に通じており、大杉の協力者として活動している。好物はドーナッツ。非喫煙者で潔癖症でもあり、勤務先である交番内の全面禁煙化、および一部スペースの土足厳禁を徹底しているが、大杉にはたいてい無視されている。美希同様、夢の中で“だるま”を目撃している。 刑事部捜査第一課[編集] 加藤 演 - 平山祐介 向井 演 - 五刀剛 陰謀関係者[編集] 新谷 和彦(しんがい かずひこ) 演 - 池松壮亮(少年期:佐藤瑠生亮) 宏美の一卵性双生児の兄。アテナセキュリティから殺人の依頼を請負っていた。過去のある出来事による深いトラウマを抱えており、宏美のために陰となり日向となって生き続けてきた。赤井によって能登半島の崖から突き落とされて死亡したと思われていたが、グルジブ共和国のテロリストグループ「アルハド」の一員になり、弟の死の真相を知るために武装工作員として日本へ上陸する。 新谷 宏美(しんがい ひろみ) 演 - 池松壮亮(少年期:佐藤瑠生亮) 百舌と名乗るプロの殺し屋。和彦の一卵性双生児の弟。唇の左下にホクロがあるのが特徴。幼少時より強い殺人衝動を抱えており、それが昂ぶった時は自分の手を噛んで抑えている。常人離れした身体能力を持ち、主に「アイスピックや千枚通し等の有尖無刃器を用いて、運動神経の束が通っている頸椎を刺して殺す」という方法で殺人を行う。物語の冒頭で記憶喪失の状態で発見され、公安及び警察関係者、雇い主のアテナセキュリティから追われることになる。 森原 健吾(もりはら けんご) 演 - 瑳川哲朗 内閣官房長官。現在の警察組織を解体し、新たに公安省設立を目論む。倉木の妻・千尋が参加した極秘計画のグラークα作戦にも関わっている。 Season2では、何者かが車に仕掛けた爆弾により爆殺される。 東 和夫(ひがし かずお) 演 - 長谷川博己 アテナセキュリティシニアアドバイザー。元公安部捜査官。1975年8月20日生まれ。殺人などの犯罪を請け負い実行する裏の顔を持つ。常に冷静な性格だが、終盤ではより狂気的な性格が前面に押し出されており、人を喰ったような言動が目立つ。倉木や和彦には「イカれている」と評されているが、本人はそれを「最高の褒め言葉」として受け取っている。 華奢な体躯ながら襲いかかってきた宏美を一瞬で返り討ちにするほどの実力の持ち主。また、射撃能力と運転テクニックにも長けている。 倉木家[編集] 倉木 千尋(くらき ちひろ) 演 - 石田ゆり子 倉木の妻。元警視庁公安部捜査官で階級は警部補。警視庁公安部の極秘作戦・グラークα作戦に参加していた。都心で起きた爆弾事件で死亡し、夢の中で“だるま”を目撃していたとされる。 倉木 雫(くらき しずく) 演 - 小泉彩 尚武・千尋の娘。自宅の浴室で溺死し、その傍らには母親の千尋が居たが、その死の真相は不明。母・千尋と同様に夢の中で“だるま”を目撃していたとされる。 大杉家[編集] 大杉 恵子 演 - 堀内敬子 大杉の妻。夫と会えば諍いが絶えず、娘の心情を考え現在夫とは別居し暮らしている。 大杉 めぐみ 演 - 杉咲花 大杉の娘。2年前自分の訴えに耳を貸さず、明らかに無実な親友の母を強引な取り調べで自殺に追いやった父との間に心の溝が出来てしまった。 明星家[編集] 明星 香織(あけぼし かおり) 演 - 音月桂 美希の妹。獣医。 明星 胡桃 演 - 篠川桃音 明星 杏珠 演 - 平澤宏々路 上記2名は香織の娘たち。 その他[編集] 寺門 守 演 - 品川徹 新谷兄弟が当時通学していた北九州市立琴原小学校の用務員。 スタッフ[編集] 原作 - 逢坂剛『百舌の叫ぶ夜』『幻の翼』(集英社文庫刊) 脚本 - 仁志光佑 音楽 - 菅野祐悟 監督 - 羽住英一郎 監督補 - 川村直紀 助監督 - 片桐健滋


18. 井野碩哉のアルバム

  • Duration: 208
  • Channel: news
井野碩哉のアルバム

11.1.21 井野碩哉と私 1960年(私が生まれた年)、アメリカとの軍事同盟=安保に反対する33万人の市民が国会を取り巻いた映像などを見るたび、心情的には私も取り巻く側にいるのだが、取り巻かれた国会の中にうちのじいさんと岸信介とガードマンしかいなかったという話は知らなかった。爺さんの自伝によれば、226事件を想起し、死を覚悟したそうだ。 じいさんと岸さんが無二の親友同士というのはよく聞かされていた。死に際、じいさんは岸さんの手を握りしめたという。私もじいさんの誕生日の席で、このA級戦犯(と、つい左翼的に?お呼びしてしまうが)と握手したことがある。今や歴史上の人物だ。 じいさんも東條英機内閣の閣僚だったため、戦争責任を問われ、処刑されることを覚悟していた。自伝には、米軍に拉致された日に家族と「最後の別れ」をしたことが淡々と語られている。胸に迫るものがあるが、ウィキペディアには、賀屋興宣とうちのじいさんが拘置所で囲碁を楽しんでいたエピソードも紹介されており、大物だったんだなーと思う。農林大臣というポストが幸いしたのか(農林大臣の立場から、「米がもたない‥」と戦争に消極的発言をしたというあくまでも身内の証言もある)、じいさんは戦犯にならなかった。監禁生活は一年に及んだが(横浜刑務所→大森の俘虜収容所→巣鴨拘置所)、釈放された。 自分のじいさんとは言え、知らないことばかりだ。自伝を残してくれたことに感謝している。日本橋の兜町で産声を上げたとか、へぇと思う。金融市場のど真ん中じゃん!当時(明治24年)は下町情緒も残っていたらしいが。井野家は元々三重の酒蔵だったというのも目を引く。今でも残っているのだろうか?じいさんの両親がそこを飛び出したあたりから、自伝は始まっている。 私にとってはただのじいさんと言いたいところだが、幼い頃から雲の上の存在だった。国会の質疑で女性問題を追及され毅然とした態度で答えたとか、新宿紀伊國屋書店の創業者田辺茂一と女をとりあったとか、長男(井野隆一)が共産党に入党し、やめてくれと土下座したとか、酒好きで甘いものにも目がなかったとか(父はそれを味音痴とバカにした)、子供心にもそれらのエピソードを微笑ましく頼もしく聞いたが。三重の亀山にお国入りした際には、幼い私も同行し、地元の新聞の一面に一緒に載ったらしいがよく覚えていない。また私が小学校の頃運動会をボイコットし、じいさんがただオロオロして、あんなじいさんを初めて見たと母は言っているが、幽かにしか覚えていない。 私自身の思い出らしい思い出と言えば、大学浪人時代にじいさんの家の離れに一年間居候させてもらい、最晩年のじいさんと毎日夕食をともにしたことくらいだ。当時じいさんは86、7だったとは言え、十代の私にはまだまだ威厳がありすぎで、面と向かうと汗がやたら吹き出た。「暑いのか?」と聞かれたこともある。まあでもほとんど無言の食事だった。「天皇陛下の夢を見た」と言ってご機嫌な日もあったが。今だったら色々なことが聞けるのに!ただテレビが常に爆音状態で(耳が遠かったから)、会話どころではなかった。横には、世間的には「お妾さん」の実質的奥様Jさんがいらした。 うちのばあさんはどこだったかと言うと、精神病棟でベッドに縛られていた。むしろ私はばあさんとの思い出のほうが豊富だ。幼い頃、とても可愛がられたので。人と会うたび、私の肌のきめ細やかさを自慢した。男の子としては複雑だった。母には、よくばあさんの操縦法を聞かれた。勿論、ばあさんが私の言うことを聞くのは私が孫だからだ。既にボケが少し進行していたばあさんを小学生の私はよくからかった。それがばあさんのツボにはまったようだ。ばあさんの葬式の日、喪主の挨拶で私は母と私たち兄弟以外誰もばあさんを見舞わなかったと親戚をなじった覚えがある。 じいさんは死後の配慮もした人だから、Jさんはきっとどこかで不自由なく暮らしたのだろう。ただ、じいさんの葬式でお焼香の長い列の最後にJさんがいるのを見つけ、今し方まで身近で献身的にふるまう姿が目に焼き付いている私としては、何とも言えない気分になった。後に戸籍制度に疑問を持つ最初のきっかけだったかも知れない。10年近く前、迫川と地下鉄に乗っていたら、Jさんをお見かけし、声をかけると涙を流して喜んで下さった。Jさんは昨年、百いくつかでお亡くなりになったと風の便りで聞いた。 じいさんの家の階段を上ると(このお屋敷は今はもうない。ただ夢には細部まではっきり出てくる)、正面に中村彝の描いたヒーじいさんの肖像画とヒーばあさんの肖像画が並んで掛かっていた。頼まれて描いたものだろうし、当時は誰の作品とも思わなかった。「エロシェンコ像」で衝撃を受けるまでは。ムービーでは、その肖像画もご覧いただける。新宿中村屋の裏の2階にまだ「一介の貧乏画家」として暮らしていた彝は(中村屋のご主人夫妻は多くの芸術家を支援した)、じいさんのお兄さんと仲がよく、その関係で絵を描いてもらったらしい。じいさんは一週間自分の父親の写真を持参し、彝はじいさんの顔と写真を見比べながらヒーじいさんの肖像画を描いた。またヒーばあさんの肖像画は、モデル自ら2週間通って完成した。 新宿ステーションビル(現ルミネエスト)は、うちのじいさんと幼なじみの浜野一郎(茂)が2人でつくった日本最初のショッピングモール駅ビルだ。じいさんは初代社長になった。自伝に、駅ビルの3原則があげられている。 一、地元の中小企業を圧迫しない。 二、駅ビルを利権の対象としない。 三、公共性を尊重する。 今でも守られてほしい理念である。 (井野朋也)


19. 情熱大陸|歌舞伎役者・尾上松也(2014年7月20日)

  • Duration: 1495
  • Channel: tv
情熱大陸|歌舞伎役者・尾上松也(2014年7月20日)

情熱大陸|歌舞伎役者・尾上松也(2014年7月20日) - にだいめ おのえまつや 二代目 尾上松也 Nidaimeonoematsuya-asakusa-dec2014.jpg 2014年12月 屋号 音羽屋 定紋 抱き若松 生年月日 1985年1月30日(31歳) 本名 井上 龍一 襲名歴 1.二代目尾上松也 出身地 東京都中央区 父 六代目尾上松助 - 二代目尾上松也(にだいめ おのえ まつや、1985年1月30日 - )は歌舞伎俳優。屋号は音羽屋、紋は抱き若松。本名は井上 龍一(いのうえ りゅういち)。父は六代目尾上松助、叔父は大谷桂三(初代尾上松也)。松竹エンタテインメント所属。身長178cm。 - 歌舞伎(主なもの)[編集] 「伽羅先代萩」の 足利鶴千代(1990年5月初舞台)、一子千松(1991年、1993年) 「源平布引滝」の 伜太郎吉(1990年9月、1993年1月 国立劇場特別賞) 「重の井子別れ」の 自然生の三吉 実は 与作子与之助(1990年12月、1992年4月、9月) 「盛綱陣屋」の 高綱一子小四郎(1991年10月 国立劇場特別賞、1994年、1997年) 「仮名手本忠臣蔵」の 大星力弥(2001年3月) 「人情噺文七元結」の 長兵衛娘お久(2001年7月、2002年2月) 「傾城反魂香」の土佐修理之助(2001年10月、2011年11月) 「弁天娘女男白浪」の 伜宗之助(2003年1月、2004年7月)、赤星十三郎(2004年10月、2006年11月) 「児雷也豪傑譚話」の 娘お辰(2004年4月、2005年3月、11月) 「磯異人館」の集成館警固役 岡野周三郎(2007年8月) 「双蝶々曲輪日記」の 山崎屋与五郎/放駒長吉(2008年4月) 「夏祭浪花鑑」の 一寸徳兵衛(2008年4月)、五島磯之丞(2011年3月) 「源平布引滝」の 御台葵御前(2008年9月) 「三人吉三」の 手代十三郎(2009年11月) 「連獅子」の 仔獅子(2010年3月) 親獅子は中村獅童 「葛の葉」の 安部保名(2011年12月、2015年4月) 「仮名手本忠臣蔵」の 顔世御前(2012年4月) 「寿曽我対面」の 曽我五郎時政(2013年1月) 「極付幡随長兵衛」の 出尻清兵衛(2013年1月) 「隅田川花御所染」の 猿島惣太 実は 粟津七郎(2013年3月) 「太刀盗人」の すっぱの九郎兵衛(2013年5月) 「権三と助十」の 駕籠舁助十(2013年11月) 「吹雪峠」の 助蔵(2014年3月) 「菅原伝授手習鑑」の 舎人桜丸、武部源蔵(2014年4月) コクーン歌舞伎「三人吉三」の お坊吉三(2014年6月) 「仮名手本忠臣蔵 5・6段目」の 早野勘平(2015年1月 浅草公会堂) 「鳴神」の 鳴神上人(2015年3月 南座)  「弁天娘女男の白浪」の 弁天小僧菊之助(2015年3月 南座) 「新作歌舞伎 あらしのよるに」の ヤギめい(2015年9月 南座)  「音羽嶽だんまり」の 音羽夜叉五郎(2015年10月 歌舞伎座) 「本朝廿四孝」の 武田勝頼(2015年12月 歌舞伎座) 「重戀雪関扉」の 良峯少将宗貞(2015年12月 歌舞伎座) 「妹背山婦女庭訓」の烏帽子折求女 実は 藤原淡海(2015年12月 歌舞伎座) 「与話情浮名横櫛 源氏店の場」の切られ与三郎(2016年1月 浅草公会堂) 「義経千本桜 川連法眼館の場」の佐藤忠信・忠信実は源九郎狐(2016年1月 浅草公会堂) 自主公演[編集] 2009年11月28日「挑む 若き歌舞伎役者の舞」前進座劇場 (松の羽衣、太刀盗人) 2010年11月29日「挑む 歌舞伎役者の華麗な舞」玉川区民会館 (鶴亀、二人椀久、棒しばり) 2011年8月20日・21日「挑む 歌舞伎役者の粋と意気」前進座劇場(子宝三番叟、三社祭、与話情浮名横櫛-源氏店-) 2012年8月6日・7日「挑む ~外伝~」セルリアンタワー能楽堂(翁千歳三番叟、狂言 樋の梅、素襖落) 2013年8月22日・23日「挑む 傾く者の繋ぐ技量」日本橋公会堂(助六、三人吉三巴白浪-大川端庚申塚の場-、身替座禅) 2014年8月13日〜15日「挑む 熱き役者の新たな軌跡」日本橋公会堂(双蝶々曲輪日記-引窓-、お祭り) 2015年8月8日「挑む 更なる幕へ勇みし気迫(こころ)」神奈川芸術劇場(操り三番叟、二人椀久、二人袴) ラジオ[編集] 邦楽ジョッキー(2008年4月 - 2011年3月、NHK-FM) - 10代目パーソナリティ 尾上松也のオールナイトニッポンGOLD (2015年12月11日、ニッポン放送) - ゲスト坂東巳之助、坂東新悟、中村米吉、中村隼人 映画[編集] シベリア超特急2 - 少年 役 2001年 源氏物語 千年の謎 - 頭中将 役 2011年  NEWシネマ歌舞伎第22弾 三人吉三 - お坊吉三 役 2015年6月 テレビドラマ[編集] NHK大河ドラマ 八代将軍吉宗(1995年) - 源六(徳川吉宗の少年期)役 葵 徳川三代(2000年) - 片桐元包役 天地人(2009年) - 前田利長役 嫌われ松子の一生(2006年10月 - 12月、TBS) - 川尻紀夫役 おシャシャのシャン! (2008年1月10日、NHK総合) - 坂本亀志郎役 新春ワイド時代劇寧々〜おんな太閤記(2009年、テレビ東京) - 小早川秀秋役 ぴんとこな(2013年8月8日、TBS) - バーテンダー役 ウロボロス〜この愛こそ、正義。(2015年1月23日、TBS) - 神谷真樹役 テレビ東京開局50周年特別企画 永遠の0(2015年2月11日・14日・15日、テレビ東京) - 景浦介山役[9] ドラマスペシャル「名探偵キャサリン」(2015年9月5日、テレビ朝日) - 西川和彦役 大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語 第2話「私のカレは幸村様」(2016年1月19日、関西テレビ) - 正人 / 真田幸村 役(二役)[10] バラエティ・教養[編集] 心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU(日本テレビ、2010年4月 - 2012年3月) - 準レギュラー 知られざる物語 京都1200年の旅(BS朝日、2012年4月 - 2014年9月) 旅人 ボクらの時代(フジテレビ、2014年5月4日) - 尾上松也×中村七之助×三宅右矩 SMAP×SMAP(フジテレビ、2014年5月26日)中村勘九郎・七之助と さんまのまんま(フジテレビ、2014年10月5日) 徹子の部屋 (テレビ朝日、2014年10月28日) メレンゲの気持ち(日本テレビ、2014年11月 - ) - MCメンバー 極上空間(BS朝日、2014年11月22日) - 二代目 坂東巳之助と共演 ウチくる!?(フジテレビ、2014年12月7日) 第65回NHK紅白歌合戦(NHK総合、 2014年12月31日)- ゲスト審査員 チマタの噺(テレビ東京、2015年2月10日)- ゲスト A-Studio(TBSテレビ、2015年6月19日)-ゲスト 爆笑!ファクトリーハウス 笑けずり(NHK BSプレミアム、2015年8月14日 - 9月25日) - メインパーソナリティー SMAP×SMAP(フジテレビ、2015年8月31日)中村獅童と 尾上松也の古地図で謎解き! にっぽん探究 (BS11、2015年10月 - ) ナビゲーター役[11] 徹子の部屋 (テレビ朝日、2015年11月12日 2回目) ドキュメンタリー[編集] 7年ごとの成長記録シリーズ (1992年 - 、NHK総合) - 7年毎に成長記録を放送される13人のうちの一人として7歳時から出演。 情熱大陸 (2014年7月20日、毎日放送)[12] ザ・ノンフィクション イケメン花ざかり どうぞ ごひいきに (2015年1月18日、フジテレビ) 舞台[編集] アンタッチャブル(2011年5月、シアター1010、中日劇場、森ノ宮ピロティホール) ボクの四谷怪談(2012年9 - 10月、Bunkamuraシアターコクーン、森ノ宮ピロティホール) ロミオ&ジュリエット(2013年9 - 10月、東急シアターオーブ、梅田芸術劇場) - ベンヴォーリオ 役 スリル・ミー(2014年11月、天王洲銀河劇場) - 私 役 新春言の葉コンサート「竜馬がゆく」 (2015年1月27日、名鉄ホール)  エリザベート(2015年6 - 8月、帝国劇場) - ルイジ・ルキーニ役 ミュージカル 狸御殿(2016年8月、新橋演舞場) - 主演・狸吉郎 役 CM[編集] オンワード樫山「五大陸」(2013年・2014年・2015年) 武田薬品工業「ベンザブロックLプラス」(2015年) イオン/イオングループ「イオンの恵方巻[いわれ篇]」(2016年) 受賞[編集] 国立劇場特別賞(1991年) - 盛綱陣屋高綱 一子小四郎役にて受賞 国立劇場特別賞(1993年) - 源平布引滝 倅太郎吉役にて受賞 歌舞伎座賞(1993年) - 実録先代萩 一子千代松役にて受賞 国立劇場特別賞(1996年) - 妹背山婦女庭訓 倅三作役にて受賞  第11回日本映画批評家大賞(2001年) - 「シベリア超特急2」で新人賞 ネイルクイーン2014(2014年) - メンズ部門 - 略歴[編集] 1990年(平成2年)5月、5歳のとき、歌舞伎座で父・松助の襲名披露に併せ、二代目尾上松也として『伽羅先代萩』の鶴千代役で初舞台。父・松助の襲名披露記者会見の前日に、当時の松竹会長の「息子はいくつになった?出しちゃえ。」という鶴の一声で初舞台が決まった[2][3]。 以後、名子役だった父・松助の血を受け継ぎ、数々の子役で多くの賞を受ける。 十代後半から二十代前半は、「弁天娘女男白浪」の伜宗之助などの若衆役や、「人情噺文七元結」の長兵衛娘お七、「児雷也豪傑譚話」成金コギャルお辰などの女形を中心に、父・松助が所属する、七代目尾上菊五郎率いる菊五郎劇団で活動してきた。 2005年(平成17年)12月、20歳のとき、父・松助が死去した。父の弟子であった3人には「何もできないから他の方に弟子入りし直してくれて構わない」と話したが、全員がこのまま松也の弟子となると言ってくれたという。「父親から受け継いだ一番の財産が、この3人の弟子であると考えている」と発言している[2]。 父の死去後、「これまでのようにゆったりと過ごしているわけにはいかない」と、市川猿之助 (4代目)(=当時は亀治郎)の自主公演出演をきっかけに、自らも2009年から自主公演『挑む』を年1回のペースで継続して主催している。 二十代後半からは、「寿曽我対面」の曽我五郎時政、「隅田川花御所染」の猿島惣太、「菅原伝授手習鑑」の舎人桜丸、武部源蔵など立役を中心に活躍。 2014年は、端正な容姿と涼やかなよく通る声を活かし、一気に開花する年となった。6月にはコクーン歌舞伎にて「三人吉三」のお坊吉三に抜擢され、連日立ち見が出るほどの大成功を納めた。(和尚吉三 中村勘九郎、お嬢吉三 中村七之助) 以降バラエティー番組にも多数出演し、知名度も大きく上がった。12月にはNHK紅白歌合戦のゲスト審査員を務めた。 2015年1月の新春浅草歌舞伎では、中心となる花形全員が20歳代という一気に世代交代した中で、リーダー役を務め、「仮名手本忠臣蔵5.6段目」の早野勘平などを演じた。課題はあるが、実年齢に近い、絵になる勘平との評価を得た。[4] 3月には京都南座で、1月の新春浅草歌舞伎とほぼ同じ若いメンバーで1か月の公演がなされ、松也は「鳴神」の鳴神上人、「弁天娘女男白浪」の弁天小僧菊之助などを演じた。また、9月には、新作歌舞伎「あらしのよるに」で、前月まで演じていたミュージカル「エリザベート」のルキーニ役とは180度異なる ヤギめい役を演じ(座頭はガブ役の中村獅童)


20. (お宝|ちょっとH) 綾瀬はるか、デビューしたての16才。小さいビキニで・・・(2000年|BSフジ・Hyper V.I.P. )

  • Duration: 204
  • Channel: tv
(お宝|ちょっとH) 綾瀬はるか、デビューしたての16才。小さいビキニで・・・(2000年|BSフジ・Hyper V.I.P. )

(お宝)綾瀬はるか、デビューしたての16才。小さいビキニで、ちょっとH(2000年|BSフジ・Hyper V.I.P. ) - あやせ はるか 綾瀬 はるか 2015年、第68回カンヌ国際映画祭にて 生年月日:1985年3月24日(31歳) 出生地:日本の旗 日本 広島県広島市 身長:165 cm 血液型:B型 職業:女優・歌手 ジャンル:テレビドラマ、映画、CM 活動期間:2000年 - 活動内容:2000年・ホリプロタレントスカウトキャラバン審査員特別賞受賞し、デビュー 事務所:ホリプロ 公式サイト:ホリプロ 主な作品 テレビドラマ 『世界の中心で、愛をさけぶ』 『白夜行』 『ホタルノヒカリ』 『JIN-仁-』 『八重の桜』 映画 『僕の彼女はサイボーグ』 『ICHI』 『ハッピーフライト』 『おっぱいバレー』 『海街diary』 - テレビドラマ 放送:タイトル:役名:放送局 2001年:金田一少年の事件簿:二ノ宮朋子:日本テレビ 2002年:文化庁芸術祭参加作品『風の盆から』:杉村亜季:NHK 2003年:僕の生きる道:杉田めぐみ:関西テレビ 2003年:ほんとにあった怖い話 春の恐怖ミステリー『闇からの電話』:小野瀬美咲:フジテレビ 2003年:ブラックジャックによろしく:椿理沙子:TBS 2003年:男湯 〜ゴボイジャーショーの巻〜:松浦美奈:フジテレビ 2003年:幸福の王子:光石繭:日本テレビ 2003年:太閤記 サルと呼ばれた男:志乃:フジテレビ 2004年:それは、突然、嵐のように…:牧野佐保:TBS 2004年:P&Gパンテーンドラマスペシャル『冬空に月は輝く』:今宮華子:フジテレビ 2004年:ほんとにあった怖い話『横断歩道奇譚』:中村千里:フジテレビ 2004年:極限推理コロシアム:篠崎亜美:読売テレビ 2004年:世界の中心で、愛をさけぶ:廣瀬亜紀:TBS 2005年:あいくるしい:真柴みちる:TBS 2005年:赤いシリーズ2005『赤い運命』:島崎直子:TBS 2006年:里見八犬伝:浜路:TBS 2006年1月 - 3月:白夜行:唐沢雪穂:TBS 2006年7月3日:HERO特別編:泉谷りり子:フジテレビ 2006年10月 - 12月:たったひとつの恋:月丘菜緒:日本テレビ 2007年7月 - 9月:ホタルノヒカリ:雨宮蛍:日本テレビ 2008年1月 - 3月:鹿男あをによし:藤原道子:フジテレビ 2008年4月:ROOKIES:御子柴響子:TBS 2009年:黒部の太陽:滝山幸江:フジテレビ 2009年5月 - 7月:MR.BRAIN:由里和音:TBS 2009年8月:ほんとにあった怖い話『怨みの代償』:篠崎まゆみ:フジテレビ 2009年10月 - 12月:JIN-仁-:橘咲:TBS 2010年7月 - 9月:ホタルノヒカリ2:雨宮蛍:日本テレビ 2011年4月 - 6月:JIN-仁- 完結編:橘咲:TBS 2011年10月 - 12月:南極大陸:高岡美:TBS 2013年1月 - 12月:大河ドラマ・八重の桜:新島八重:NHK 2014年10月 - 12月:きょうは会社休みます。:青石花笑:日本テレビ 2016年1月 - 3月:わたしを離さないで:保科恭子:TBS 2016年3月 - 2018年予定:放送90年 大河ファンタジー『精霊の守り人』バルサ NHK 映画 公開:タイトル:役名:配給会社 2002年:Jam Films『JUSTICE』:女子高生星さん:ショウゲート 2004年:雨鱒の川:高倉小百合:ミコット&バサラ 2004年:Mr.インクレディブル:バイオレット:ウォルト・ディズニー・スタジオ 2005年:Jam Films S『NEW HORIZON』:サヨコ:ファントム・フィルム 2005年:戦国自衛隊1549:濃姫:東宝 2006年1月27日:たべるきしない:ナオ:ビクターエンタテインメント 2007年:HERO:泉谷りり子:東宝 2008年:僕の彼女はサイボーグ:彼女:ギャガ 2008年:ザ・マジックアワー:鹿間夏子:東宝 2008年:ICHI:市:ワーナー・ブラザース映画 2008年:ハッピーフライト:斉藤悦子:東宝 2009年:おっぱいバレー:寺島美香子:ワーナー・ブラザース映画、東映 2009年:ROOKIES-卒業-:御子柴響子:東宝 2009年:ホッタラケの島 〜遥と魔法の鏡〜:遙 ※声の出演:東宝 2010年:インシテミル 7日間のデス・ゲーム:須和名祥子:ワーナー・ブラザース映画 2011年:プリンセス トヨトミ:鳥居忠子:東宝 2012年:映画 ホタルノヒカリ:雨宮蛍:東宝 2012年8月25日:あなたへ:濱崎奈緒子:東宝 2012年9月1日:ひみつのアッコちゃん:アッコ:松竹 2013年:リアル〜完全なる首長竜の日〜:和淳美:東宝 2014年:万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-:凜田莉子:東宝 2015年6月13日:海街diary:香田幸:東宝 / ギャガ 2015年10月24日:ギャラクシー街道:ノエ:東宝 2016年6月4日公開予定:高台家の人々:平野木絵[28] 2016年12月10日公開予定:海賊とよばれた男:国岡ユキ[29] ドキュメンタリー番組 TBSテレビ放送50周年〜戦後60年特別企画〜「ヒロシマ」(2005年8月5日、TBS) NEWS23X特別企画「綾瀬はるかがたどる戦争の記憶〜65年目の証言〜」(2010年5月10日以降、毎月数回定期的に放送、TBS) 青春の言葉 風街の歌〜No.1ヒットメーカー 作詞家 松本隆の40年〜(2010年5月26日、NHK) NEWS23Xスペシャル「綾瀬はるか戦争を聞く〜真珠湾に散った恋〜」(2010年12月12日、TBS) 輝く女(2012年12月2日(前編)・2012年12月9日(後編)、NHK-BSプレミアム) ただいま、東北(2012年12月 - 2013年秋、NHK)[30] NEWS23 綾瀬はるか「戦争」を聞く 原爆直後に生まれた命(2013年8月6日 - 8月8日、TBS) 明日へ1min. 綾瀬はるかの"ふくしまに恋して"(2014年4月30日 - 、NHK)[31] NEWS23 綾瀬はるか「戦争」を聞く #16 - #18 (2014年8月6日・8月7日・8月13日、TBS) TBSテレビ60周年特別企画「ものづくり日本の奇跡」(2015年3月23日 - 3月26日、3月28日、TBS) - MC[32] 戦後70年特別番組「いしぶみ〜忘れない。あなたたちのことを〜」(2015年8月1日、広島テレビ制作、日本テレビ系列) - 朗読 千の証言スペシャル 私の街も戦場だった2「家族と戦争」(2015年8月15日、TBS) - 司会 音楽番組 第47回 輝く!日本レコード大賞(2005年12月31日、TBS) - 司会 第64回NHK紅白歌合戦(2013年12月31日、NHK) - 紅組司会 第66回NHK紅白歌合戦(2015年12月31日、NHK) - 紅組司会 バラエティ番組 品庄内閣(2001年 - 2002年、TBS) - レギュラー出演 コスモ★エンジェル(2002年、東海テレビ) -レギュラー出演、ハルカ 役