free Hardcore Gangbang hd Porn Videos

1. #ビートたけしのTVタックル|「薬物依存SP」厚切りジェイソンほか(2015年12月14日)

  • Duration: 2779
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル|「薬物依存SP」厚切りジェイソンほか(2015年12月14日)

ビートたけしのTVタックル|薬物依存SP ゲスト:厚切りジェイソンほか(2015年12月14日) - ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員) たけし(総裁)、阿川(副総裁)、大竹、浜田(幸)(後者2人党員)の4人は番組内での架空政党「悪党党[4]」を結成していたが、浜田が降板してからは「悪党党」の表現をしなくなった。(浜田は降板後2012年に逝去) - 関口宏(初代メイン司会、1989年7月3日 - 1990年3月26日) 高畑淳子(大竹まことの代理出演、2010年5月17日放送分) 進行[編集] 亜蘭知子(1989年7月 - 8月) 神津カンナ(1989年8月 - 1991年3月) 竹下景子(1990年4月、1990年10月、1991年4月 - 1993年3月) 星野知子(1990年5月 - 6月) 檀ふみ(1990年6月 - 8月、1990年10月 - 1992年1月) 中井貴惠(1990年8月 - 9月) 東ちづる(1992年1月 - 1998年2月)


2. ビートたけしのTVタックル|「薬物依存SP」厚切りジェイソンほか(2015年12月14日)

  • Duration: 2779
  • Channel: tv
ビートたけしのTVタックル|「薬物依存SP」厚切りジェイソンほか(2015年12月14日)

ビートたけしのTVタックル|「薬物依存SP」厚切りジェイソンほか(2015年12月14日)


3. ビートたけしのTVタックル 151214 薬物 アルコール依存症SP 更生施設

  • Duration: 2796
  • Channel: news
ビートたけしのTVタックル 151214 薬物 アルコール依存症SP 更生施設

ビートたけしのTVタックル 151214 薬物 アルコール依存症SP 更生施設



5. 厚切りジェイソン|徹子の部屋 ※未公開 新ネタ有り(2015年12月01日)

  • Duration: 1425
  • Channel: tv
厚切りジェイソン|徹子の部屋 ※未公開 新ネタ有り(2015年12月01日)

厚切りジェイソン|徹子の部屋(2015年12月01日) - 厚切りジェイソン 本名 ジェイソン・デイヴィッド・ダニエルソン(Jason David Danielson) 生年月日 1986年4月9日(29歳) 出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国・ミシガン州[1] 身長 186cm 方言 日本語・英語 最終学歴 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校[1] 出身 ワタナベコメディスクール19期生 芸風 漫談 事務所 ワタナベエンターテインメント 活動時期 2014年 - 同期 小杉まりも、きしみつ製麺所、杉山拓朗、地下鉄のサジ 他 他の活動 会社役員 配偶者 既婚 - 厚切りジェイソン(あつぎりジェイソン、1986年4月9日 - )は、アメリカ合衆国出身の在日IT企業役員で、ワタナベエンターテインメント所属のお笑いタレント。本名、ジェイソン・デイヴィッド・ダニエルソン(Jason David Danielson)[2]。 - 略歴・人物[編集] アメリカ・ミシガン州出身。身長186cm。両親(父はエンジニア)と18か月年上の姉が居る[3]。17歳の時に飛び級入学によりミシガン州立大学に入学。その後イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の大学院に入学、卒業した[1]。 2005年に来日し、1年間日本に滞在、旭化成でアメリカ英語対応の音声認識ソフトの開発・研究に従事。この時に視た『エンタの神様』(日本テレビ系)の面白さにはまり、「日本語の勉強のため」として多くのお笑い番組などで多くの芸人のネタを視る[4]。なお、お笑い番組だけでなくテレビドラマもよく視ており、好きな作品として『銭ゲバ』、『池袋ウエストゲートパーク』、『タイガー&ドラゴン』を挙げている[5]。 その後アメリカに帰国するも、再び日本に来て、お笑い芸人をやりたい思いが強くなったが、芸人をやるという理由ではなかなかビザが下りないと悩んでいた所に、当時ジェイソンが住んでいたシカゴのIT関連企業が日本に進出して日本法人を設立すると聞き、これに参加して2011年に再来日、以後現在に至るまで日本在住[4]。「厚切り」の芸名は在住する厚木市が由来となっている[6]。 ある日にザブングルの営業を観に行った時に、観客の中で力が強そうな人を選び腕相撲で対戦させるという企画でジェイソンは加藤歩にステージに上げられ、加藤と対戦(この結果はジェイソンの勝ち)。この時から加藤との交流が始まり、会社を辞めなくても芸人を目指せるとして加藤にワタナベコメディスクールの土日コースを勧められ、2013年10月に19期生としてワタナベコメディスクール入学[4]。同スクール卒業後の2014年9月にワタナベエンターテインメント所属となりデビュー。芸名は神奈川県厚木市在住であることと胸板が厚いことで「厚切り」、これに本名のジェイソンを合わせた[1]。 2014年12月29日放送の『速報!有吉のお笑い大統領選挙』(テレビ朝日)に出演し、ベッキーが絶賛したことをきっかけに、知る人ぞ知るような存在になっていったという[4]。2015年2月10日に決勝戦が行われたR-1ぐらんぷり2015で決勝進出。R-1ぐらんぷりで日本人以外の外国人の決勝進出は初であり、芸歴最短記録(当時芸歴4か月)も更新した[7]。 2008年に日本語能力試験2級(現N2レベル相当)、2009年には同試験1級(現N1レベル相当)を取得。 現在も日本語の勉強のため、漢字の書き取りは欠かさず行っている[4]。また、日本史の勉強も行っているという[8]。ネタの多くは、その書き取りなどの勉強から生じる素朴な疑問を元に作っている[4]。また、同じく漢字のネタ(人文字)を持つTIMのゴルゴ松本によくネタ見せしてアドバイスをもらっているという[9]。 現在、ITベンチャー企業「テラスカイ」の会社役員・グローバルアライアンス部長も務めており(同社株を1万株超持つ株主でもある)[2]、社業とお笑い芸人とを両立させた活動を行っているが、芸人の仕事のために会社については半休を取ったり、取締役会を途中で抜けたりもしているという[4]。 既婚者であり、妻は2005年の来日時に知り合った日本人(2007年、アメリカで挙式)。娘が2人居る[1]。扶養家族が居る現状から会社役員の方も辞められないという[4]。 タレント活動で得る収入のほか、会社での役員報酬、シカゴに所有しているマンションの家賃収入もあるという[10]。 芸風[編集] 「漢字はムズかしい!」 - 日本の漢字についてジェイソン自身が疑問に思うこと 「一」「二」「三」と横棒続きなのに次がいきなり「四」と法則が変わる[11]。 点をつけると元の漢字とまったく違う意味の漢字になってしまう(「大」に点をつけると「太」「犬」に変化する)[11]。 特定の漢字の部首に注目し、その部首が付く漢字のネタを連続して披露する(例:全て「女」が付く漢字の場合、「始」など)[11]。 キレ気味に絶叫しながら「憂鬱」と書き、「覚えるだけで十分憂鬱になるよ!」と訴える。そして「もうこれ以上漢字を覚えるのは、諦めます。以上!!」という言葉で終了[11]。 「日本の誇り」 - 日本の文化について疑問に思うこと 鯉のぼりは一番下から「子供、母、父」の順番で並んでいる、なら一番上は祖父になると思う→何故一番上は吹流しを付けているのか 日本人は神社の参拝を非常に丁寧に行うのに、神様が乗った神輿を乱暴に担ぐのは何故か 気象衛星ひまわりによるハイレベルの天気予報の技術があるのに、晴れて欲しい時にてるてる坊主に頼るのは変 ことわざについて疑問に思うこと 腐っても鯛→普通に考えたら食中毒を起こすだろう 七転び八起き→7回転んだら7回起き上がるのが普通である、8回目は余計だ 蛙の子は蛙→カエルの子供はオタマジャクシだろう 負けるが勝ち→負けてるんだから勝ちじゃないだろう、矛盾している 熟語について疑問に思うこと 「人間」→ヒトそのものを表すのに「人の間」とはどういう意味か 「着服」→「服を着る」と書くのに悪いこととして扱われるのはどういうことか、服を着ないほうが犯罪だろう 「必死」→必ず死ぬならものごとをやる意味が無いだろう これらのネタをホワイトボードや画用紙などに書いて披露し、その度に「Why Japanese people!?(なぜなんだ日本人!?)」などと絶叫しながらツッコミを入れる[7][4]。なお、ネタは通勤途中の電車の中でよく作っているという[9]。 出演[編集] テレビ[編集] 所さんのニッポンの出番!(TBS) - 「ニッポン探求部」のメンバーとして不定期出演 ナマイキ!あらびき団(TBSオンデマンド) - 「第二回あら-1グランプリ」ファイナリスト 速報!有吉のお笑い大統領選挙(テレビ朝日、2014年12月29日・2015年4月26日) グッド!モーニング(テレビ朝日、2015年1月28日) FNNスーパーニュース(フジテレビ、2015年2月4日) - 『芸能通やく』コーナーに出演 めざましテレビ(フジテレビ、2015年2月4日) 朝生ワイド す・またん!(読売テレビ、2015年2月6日) R-1ぐらんぷり2015 決勝戦(関西テレビ・フジテレビ、2015年2月10日) お願い!ランキング(テレビ朝日、2015年2月10日) 世界HOTジャーナル(フジテレビ、2014年2月14日) メレンゲの気持ち(日本テレビ、2014年2月21日) サンデージャポン(TBS、2014年2月22日) 笑神様は突然に…(日本テレビ、2014年2月27日ほか) 時間がある人しか出れないTV(TBS、2015年3月2日、3月9日) 芸人報道(日本テレビ、2015年3月2日深夜) チャンネル生回転TV Allザップ!(BSスカパー!、2015年3月4日) 櫻井有吉アブナイ夜会(TBS、2014年3月5日) ネプ&イモトの世界番付(日本テレビ、2015年3月6日他、不定期出演) ウチくる!?(フジテレビ、2015年3月8日) PON!(日本テレビ、2015年3月30日 - ) - 月曜日「突撃PON!」担当 めちゃ×2イケてるッ!(フジテレビ、2015年4月4日) 有吉の壁(日本テレビ、2015年4月7日) 笑点(日本テレビ、2015年4月19日) YOUは何しに日本へ?(テレビ東京、2015年5月25日) しゃべくり007(日本テレビ、2015年6月1日) VS嵐(フジテレビ、2015年11月12日) 徹子の部屋(テレビ朝日、2015年12月1日) ドラマ[編集] デスノート 第6話(日本テレビ、2015年8月9日)- Jason Walterson 役[12] ラジオ[編集] 辛坊治郎ズーム そこまで言うか! (ニッポン放送) - 2015年7月18日 ラジオビバリー昼ズ (ニッポン放送) - 2015年8月19日 CM[編集] 日清食品「日清焼そばU.F.O.」(2015年) ※ Web動画配信のみ [13] ロッテ「のど飴」(2015年) - 佐々木希と共演 [14] - ^ a b c d e “芸歴5カ月!史上初の外国人!厚切りジェイソン、R-1決勝進出(3/3)”. サンケイスポーツ (2013年2月3日). 2015年2月3日閲覧。 ^ a b “二刀流芸人「厚切りジェイソン」、約1億円の資産家に 勤務会社が東証マザーズに上場、株価暴騰”. Jcastニュース (2015年5月1日). 2015年5月2日閲覧。 ^ 『日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy』p.81(エピソードコラム)より。 ^ a b c d e f g h i “芸歴4ヵ月で「R-1ぐらんぷり」決勝進出!厚切りジェイソンにインタビュー”. Yahoo! JAPAN (2013年2月2日). 2015年2月3日閲覧。 ^ 『日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy』p.129(エピソードコラム)より。 ^ “「R-1」直前インタビュー【厚切りジェイソン】”. WalkerPlus(ザテレビジョン) (2015年2月7日). 2015年7月15日閲覧。 ^ a b “芸歴5カ月!史上初の外国人!厚切りジェイソン、R-1決勝進出(2/3)”. サンケイスポーツ (2013年2月3日). 2015年2月3日閲覧。 ^ 公式プロフィールより。 ^ a b “「ネタ作りは通勤電車の中」厚切りジェイソンR-1決勝への思い”. お笑いナタリー (2015年2月7日). 2015年2月8日閲覧。 ^ “厚切りジェイソン、収入は芸人の数千倍! シカゴのマンションで家賃収入も”. マイナビニュース (2015年3月3日). 2015年3月4日閲覧。 ^ a b c d “芸歴2ヶ月のお笑い芸人「厚切りジェイソン」が面白すぎるとネット称賛”. GMO「Yomerumo」 (2014年12月30日). 2015年7月15日閲覧。 ^ “厚切りジェイソン 「デスノート」”. デイリースポーツ online (2015年8月7日). 2015年8月7日閲覧。 ^ “厚切りジェイソン、焼きそば食べて絶叫「Umai!」”. ORICON (2015年8月19日). 2015年8月19日閲覧。 ^ “『うがい、手洗い、ロッテのど飴』CM情報”. ロッテのど飴公式サイト (2015年11月17日). 2015年11月18日閲覧。


6. NHKサイエンスZERO(ナビゲーター:#南沢奈央)|さかなクンが発見した「”絶滅魚”クニマス 知られざる生態に迫れ!」(2012年07月01日)

  • Duration: 1797
  • Channel: tv
NHKサイエンスZERO(ナビゲーター:#南沢奈央)|さかなクンが発見した「”絶滅魚”クニマス 知られざる生態に迫れ!」(2012年07月01日)

NHKサイエンスZERO(ナビゲーター:南沢奈央)|さかなクンが発見した「”絶滅魚”クニマス 知られざる生態に迫れ!」(2012年07月01日) 2010年、山梨県の西湖にて生存個体が発見された。きっかけは、京都大学の中坊徹次がタレント・イラストレーターで東京海洋大学客員准教授の『さかなクン』にクニマスのイラスト執筆を依頼したことであった。さかなクンはイラストの参考のために日本全国から近縁種の「ヒメマス」を取り寄せた。このとき、西湖から届いたものの中にクニマスに似た特徴をもつ個体があったため、さかなクンは中坊に「クニマスではないか」としてこの個体を見せ、中坊の研究グループは解剖や遺伝子解析を行なった。その結果、西湖の個体はクニマスであることが判明したとし、根拠となる学術論文の出版を待たずして、12月15日にマスコミを通して公式に発表された。1935年、田沢湖から西湖に送られたクニマスの受精卵10万個を孵化後放流したものが、繁殖を繰り返して現在に至ったと考えられている。 - みなみさわ なお 南沢 奈央 生年月日 1990年6月15日(25歳) 出生地 日本の旗 日本・埼玉県 身長 164cm 血液型 O型 職業 女優、司会者 ジャンル 映画・テレビドラマなど 活動期間 2006年 - 事務所 スウィートパワー 公式サイト Nao's way 主な作品 テレビドラマ 『恋する日曜日 ニュータイプ』 『赤い糸』 『栞と紙魚子の怪奇事件簿』 映画 『象の背中』 『赤い糸』 - クニマス(国鱒、学名:Oncorhynchus nerka kawamurae)は、サケ目サケ科に属する淡水魚。別名をキノシリマス、キノスリマス、ウキキノウオ。産卵の終わったものをホッチャレ鱒、死んで湖面に浮き上がったものを浮魚(うきよ)という。 かつて秋田県の田沢湖にのみ生息した固有種だったが、田沢湖の個体群は1940年頃に絶滅し、液浸標本17体(アメリカ合衆国に3体、日本に14体)のみが知られていた。このため環境省のレッドリストでは1991年、1999年、2007年の各版で「絶滅」と評価されていたが、2010年に京都大学研究チームの調査により、山梨県の西湖で現存個体群の生息が確認され、野生絶滅に指定変更された。 概要 分類 1925年に、アメリカ合衆国の魚類学者デイビッド・スター・ジョーダンとエルネスト・アレグサンダー・マクレガーによりジョーダン&ハッブスの論文内で "sp. nov" (新種)として発表されたが、記載文中にはベニザケの陸封型("land-locked derivative of O. nerka") と記されている。しかし同じくベニザケの陸封型とされるヒメマスとの交雑が生じていないことや、周年産卵する点などから独立種 (Oncorhynchus kawamurae) とする意見もある。ただし、周年産卵するというのは実際に確認されたものでなく伝承である。西湖のクニマスは春に産卵しているものと見られている。 分布 かつては秋田県の田沢湖のみに生息していたが、1940年頃に田沢湖の水質が激変したために絶滅したとされた。しかしその約70年後の2010年に、富士五湖の一つ、西湖で生息していることが確認された(詳細は田沢湖での「絶滅」および西湖での「再発見」の項を参照)。なお原記載におけるタイプ産地の表記は "Lake Toyama in the mountainous western part of Ugo in the northwestern part of Hondo" (本土西北部、羽後の西部山岳地方のトヤマ湖)となっている。 形態 体は全体的に灰色、もしくは黒色で下腹部は淡い。幼魚は9個前後の斑紋模様(パーマーク)を有する。全長は30 - 40センチ・メートル。皮膚は厚く、粘液が多い。ベニザケの陸封型であるヒメマスと比べて瞳孔と鼻孔が大きく、体表や鰭には明瞭な黒斑がない。成熟した雄でも「鼻曲がり」にはならない。幽門垂の数は46 - 59と(サクラマスと同程度。ヒメマスは67 - 94、ベニザケは80 - 117)著しく少ない。しかし鰓耙(さいは)数は31 - 43と、ヒメマス(27 - 40)と比較してやや多い。また、胸・腹・尻鰭が長く、鰭の後縁は黒くなる。肉はほぼ白色で、卵は黄色と記録されている。 生態 5か月の稚魚。山梨県立富士湧水の里水族館にて。 生物学的な生態は不明点が多いが、伝承等によると普段は田沢湖の水深100 - 300メートル付近の深部に生息し、岩に付着した藻類やプランクトンを餌としていたと考えられている。産卵は、1 - 3月を盛期に水深40 - 50メートルの浅い所で行われていたのではないかと報告されている。 昭和期の記録では「遊泳甚だ活潑(活発)ならず」との記録があり、泳ぎはさほど早くない。実際に「再発見」後には水底でゆっくりと泳ぎ、さらに湖の底に留まり、休憩する姿も観察されている。これは、元来の生息地である田沢湖においてクニマスの生存を脅かす肉食魚等の天敵が棲息しなかったことと、西湖においてはブラックバス等の肉食魚との生息領域が重ならなかったことが原因として考えられている。 田沢湖での「絶滅」 1940年、電力供給増加のために田沢湖の湖水を利用した水力発電所(生保内発電所)が建設された。田沢湖から流出する湖水を賄うため、1940年1月20日から玉川の水を導入したが、玉川毒水と呼ばれる塩酸を含む強酸性の水が大量に流入したため、1948年の調査では表層付近の pHが4.8前後と急速に酸性化し、同年にはクニマスの捕獲数はゼロになり絶滅が確認された。現在ならば環境問題として大きく取り上げられるところであるが、当時は国家を挙げての戦時体制の真っ只中であり、この固有種の存在などが顧みられることはまったくなかった。また、1965年の水質調査でも、湖の全域でpH 4.5程度であった。 しかし、それ以前に人工孵化の実験をするため、1935年に本栖湖、西湖、他にも琵琶湖や、詳しい場所は不明だが長野県、山梨県、富山県に発眼卵を送ったという記録があったため、田沢湖町観光協会では1995年11月に100万円、1997年4月から1998年12月まで500万円の懸賞金を懸けてクニマスを捜し、全国から14尾が寄せられたが、鑑定の結果いずれも「クニマス」とは認定されず、発見には至らなかった。 田沢湖での絶滅の根本的な原因は強酸性水の流入であるが、浮上稚魚期のヒメマスはサケ科魚類の中でも酸性の水に極めて弱い特性を持っているとされている。 田沢湖での「絶滅」以後も、田沢湖産クニマスは京都大学には大正時代に京大教授・川村多実ニによって採取された9個体が存在し、京都大学旧大津臨湖実験所に保管され、現在は京都大学総合博物館に所蔵されている。ほか、国内に14個体、アメリカに3個体が現存する。DNAによる復活も期待されて分析を行ったが、ホルマリンによりDNAそのものが切断されていることが判明し、復活は絶望視されていた。 西湖におけるクニマス 1930年代 発眼卵が移入された。明かな記録が残るのは、1935年10万粒。 1995年 田沢湖町観光協会による「クニマス探しキャンペーン」で探索されたが、再発見に至らず。 2010年3月6日 捕獲個体が京都大学の中坊徹次に送られ、後述の再発見に至る。 2011年9月から2012年3月 山梨県水産技術センターによる生息調査[14]と孵化および養殖試験が行われ、2015年も継続中。 再発見 西湖の漁師には、この発見以前から「クロマス」と呼ばれて存在自体は知られていたが、「ヒメマスの黒い変種」程度にしか認識されていなかった。このため、西湖周辺では普通に漁獲されていたほか、一般の釣り客も10尾に1尾程度の割合で比較的簡単に釣り上げており、2010年以前にも「西湖でクニマスを釣り上げた」と再発見説を唱える者がいたという。産卵を前にして黒くなったヒメマスは不味であるとされることから、「クロマス」は釣れてもリリースされることが多かったというが、当然ながら「クロマス」を食する者もおり、伝承どおり、塩焼きにしてもフライにしても美味であったと語られている 「クロマス」の正体がクニマスであるとの知らせを受けた西湖漁業協同組合は、クニマス繁殖域の禁漁区指定など、保護対策を検討しており、2011年3月20日の漁解禁より、クニマスが生息している可能性の高い湖北岸の約1万平方メートルを新たに自主禁漁区域に設定する方針を固めた。また、クニマスの生息確認の知らせを受けた秋田県の仙北市と田沢湖観光協会は、国や県と協力して田沢湖の水質改善を進めるなど、将来的にクニマスを田沢湖に戻すことを前提とした諸活動を計画している。 2010年12月15日のクニマスが再発見されたと言うニュースから2日後の12月17日、秋田県は仙北市と共同で「クニマス里帰りプロジェクト」を発足させることを決定、12月21日から正式に活動を開始した。しかし、田沢湖の水は依然として強い酸性値が残っており、クニマスを田沢湖に戻すには程遠い状況であるため、当面はクニマスの生態調査に力を注ぐと同時に、県内の他の場所でもクニマスを養殖出来ないか、山梨県とも協力しながら検討を続けていく方針という。 2011年3月5日には「クニマス里帰りプロジェクト」の一環として、さかなクンの講演会が開かれた。この講演のなかでさかなクンは、クニマスは従来ベニザケの亜種と考えられてきたが一年を通じて産卵期があるなど、独立した種である可能性が高いことを説明した。 2012年2月には中坊らと同行したNHK取材班が産卵の様子の撮影に成功。伝承通り冬季に産卵することが証明された。生きたクニマスのカラー映像の撮影成功は初。撮影時にカメラを全く警戒する様子がなく、また深い場所で低い水温の砂利地帯という環境から、天敵の居ない環境がクニマスが生き延びた要因である見方が強まった。 2013年2月1日に環境省が発表したレッドリストで、「野生絶滅」の判定基準を変更するとともに、本種を「絶滅」から「野生絶滅」に変更された。絶滅種とされた魚類の指定見直しは初めてである。 生息数と生態 山梨県水産技術センターでは継続的に生息調査をおこなっている。 2012年の報告 西湖のクニマスの個体数は、2012年10月に釣り上げたヒメマスとクニマス(1歳までの個体を除く)を調べたところ、全体の7.14%がクニマスだったことから、約7500匹の生息を推定。 2015年3月の報告 釣り客が釣った数や遺伝子解析の結果から5000 - 7500匹。 2014年時点で明らかになった内容は、 産卵期 11月から2月、周年産卵はしていない。 産卵場所 水深30mから40m の湧水がある砂礫質の湖底。流入河川には遡上しない。 産卵場所の水温 4 - 5℃ 孵化までの日数、約75日(受精後積算600℃)、浮上までの日数 +35日(受精後積算900℃) 名前の由来 クニマス(国鱒)の語源について、江戸時代に秋田藩主・佐竹義和が田沢湖を訪れた際にクニマスを食べ、お国特産の鱒ということから国鱒と名付けられたといわれていたが、角館佐竹家(佐竹北家)の記録である佐竹北家日記に、義和の生誕よりも以前から国鱒との表記が見つかっている。原記載には" Kunimasu = Local Salmon "と記されている。 地元での名称とされるキノシリマス(木の尻鱒)の語源は、辰子伝説の一つで、木の尻(木の端っこ、木の端材の意味。この逸話の場合は松明)を田沢湖に投げたところ魚の姿になったという伝承から名付けられた。


7. うる星やつら OP5|Rock The Planet(1985)

  • Duration: 87
  • Channel: tv
うる星やつら OP5|Rock The Planet(1985)

うる星やつら OP5|Rock The Planet(1985) - うる星やつら ジャンル SF・恋愛・ギャグ・少年漫画 漫画 作者 高橋留美子 出版社 小学館 掲載誌 週刊少年サンデー レーベル 少年サンデーコミックス (SSC) 少年サンデーコミックスワイド版 (SSCW) 小学館文庫 (SB) 発表期間 1978年39号 - 1987年8号 巻数 全34巻 (SSC) 全15巻 (SSCW) 全18巻 (SB) 話数 全366話 - うる星やつら(うるせいやつら)は、高橋留美子の漫画。第26回(1980年度)小学館漫画賞少年少女部門受賞作。「うる星」とも[1]。本項では原作である漫画作品と、これに関連する作品全般について述べる。 浮気者の諸星あたると、彼を愛する一途な宇宙人・ラムを中心に架空の町、友引町や宇宙や異次元などを舞台にしたラブコメディタッチのギャグ漫画。 その内容の斬新さと魅力的なキャラクターは1980年代のみならず以降の漫画界とアニメ界に衝撃を与え、当時の若者たちの圧倒的支持を受けて一大ブームを引き起こし、若者文化にも影響を与えた。 高橋留美子の初期代表作で、後年に本作と『めぞん一刻』を(自身の)20代の漫画で自分の青春と語っている。 - うる星やつら メディア展開 アニメ |夢の仕掛人 因幡くん登場! 映画 オンリー・ユー | ビューティフル・ドリーマー | リメンバー・マイ・ラブ | ラム・ザ・フォーエバー | 完結篇 | いつだってマイ・ダーリン コンピュータゲーム ラムのウエデイングベル | STAY WITH YOU | ディア マイ フレンズ パチンコ・パチスロ CRうる星やつら | パチスロうる星やつら | パチスロうる星やつら2 登場人物 登場人物一覧 | 諸星あたる | ラム | 面堂終太郎 | 三宅しのぶ | 藤波竜之介 主題歌 ラムのラブソング | 星空サイクリング | 愛はブーメラン その他 高橋留美子 | 勝手なやつら | 押井守 | やまざきかずお | ゲームアーツ | 週刊少年サンデー | 小学館 | フジテレビ | キティ・フィルム | ぴえろ | CX水曜19時台アニメ | サントリー(リゲイン エナジードリンク / すみれ)  - 高橋留美子 連載作品 うる星やつら - めぞん一刻 - らんま1/2 - 1ポンドの福音 - 犬夜叉 - 境界のRINNE シリーズ作品 人魚シリーズ - 高橋留美子劇場 短期連載・読切 勝手なやつら - 腹はらホール - がんばり末世 - 黄金の貧乏神 - ダストスパート!! - ザ・超女 - 笑え! ヘルプマン - 戦国生徒会 - 笑う標的 - 炎トリッパー キャラクターデザイン 十五少年漂流記 - クラッシャージョウ(劇場版)(スペシャル・デザイン) - ウルフガイ(OVA)(ノンクレジット) - 機動新撰組 萌えよ剣 アシスタント 中野まき子 - さいとう邦子 - ちばこなみ - 上条明峰 関連テンプレート うる星やつら‎ - めぞん一刻 - らんま1/2‎ - 犬夜叉‎ 関連項目 小学館 - うる星やつら 大泉アニメゲートに設置されている「ねりまアニメ年表」の一コマ。 ジャンル SF・恋愛・ギャグ アニメ 原作 高橋留美子 監督 押井守→やまざきかずお (チーフディレクター) シリーズ構成 山本優、荘久一、伊藤和典、 菅良幸、柳川茂 キャラクターデザイン 高田明美 音楽 風戸慎介、安西史孝、西村コージ、 星勝、ミッキー吉野 アニメーション制作 スタジオぴえろ→ディーン 製作 フジテレビ キティ・フィルム 放送局 フジテレビ系列 放送期間 1981年10月14日 - 1986年3月19日 話数 195回 + スペシャル、全218話 テンプレート - ノート プロジェクト アニメ ポータル アニメ - キャスト[編集] 詳細は「うる星やつらの登場人物」を参照 ラム - 平野文 諸星あたる - 古川登志夫 面堂終太郎 - 神谷明 三宅しのぶ - 島津冴子 テン - 杉山佳寿子 サクラ - 鷲尾真知子 お雪 - 小原乃梨子 弁天 - 三田ゆう子 ラン - 井上瑤→小宮和枝 レイ - 玄田哲章 藤波竜之介 - 田中真弓 竜之介の父 - 安西正弘[9] 温泉先生 - 池水通洋 ラムの父 - 沢りつお ラムの母 - 山田礼子 あたるの父 - 緒方賢一 あたるの母 - 佐久間夏生 メガネ - 千葉繁 パーマ - 村山明 カクガリ - 野村信次 チビ - 二又一成 校長先生 - 西村知道 コタツネコ - 西村朋紘 錯乱坊 - 永井一郎 半魚人 - 安宅誠 スタッフ[編集] 原作 - 高橋留美子 企画 - 落合茂一 プロデューサー - 布川ゆうじ、井上尭一、久保真、稲毛正隆、長谷川優、菊池優 チーフディレクター - 押井守(1話 - 129話)→やまざきかずお(130話以降) アシスタントディレクター - 西村純二(130話 - 172話)→鈴木行(173話以降) 音楽 - 風戸慎介、安西史孝、西村コージ、星勝、ミッキー吉野 キャラクターデザイン - 高田明美 シリーズ構成 - 山本優、荘久一、伊藤和典、菅良幸、柳川茂 オープニングエンディングアニメーション - 南家こうじ、あかばんてん、堀口忠彦、森山ゆうじ、西島克彦、阿部司 タイトルデザイン - 杉澤英樹、牧正宏、安食光弘、高橋恵子、沢内順美 美術監督 - 中村光毅、今村立夫→新井寅雄 撮影監督 - 小山信夫→清水洋一 音響監督 - 斯波重治 演出助手 - 保原剛仁 文芸制作 - 伊藤和典 作画協力 - マジックバス、亜細亜堂 原画 - スタジオドウタク、アニメR、スタジオ三四郎、ビーボォー、スタジオ・リバティー、ひまわり、アニメロマン、じゃんぐるじむ、リバティー、SUラオホ、グループどんぐり、ビックバン 動画 - わぁぷ、DO BEE!、進藤プロ、AGU、スタジオムサシ、スタジオコア、スタジオZ5、スタジオどんぐり、G・N・C、草間あーと 動画検査 - 三枝直、宮田輝子、前島健一、関口重晴 動画チェック - 鈴木まりこ、森中正春、佐藤美代子、佐藤嘉子、藤沢さち子、吉野八重子、青木康直、あかまやえこ、大野恵子、遊佐和重、阿部毅彦、露木進、児玉やえこ、門脇孝一、小山昌弘、中川早苗、新木寿子、永井毅、三枝直、竹之内節子、福島竜朗、宮下力、関口重晴、薬師丸進、西村幸男、横溝達男、宮田輝子、前島健一 背景 - 小林プロダクション、アトリエローク、マジックハウス、デザインオフィスメカマン、ムクオスタジオ、スタジオアルファー、スタジオコスモス、プロダクション・アイ、スタジオWHO 仕上 - 虫プロダクション、土田プロダクション、京都アニメーション、マキ・プロ、アートキャッツ、遊民社、スタジオ九魔、イージーワールド、グループマサ、シマスタジオ、スタジオキリー、ケイコ&ナオミ、スタジオマック、スタジオ2001、ケントハウス、スタジオシティ、大阪アニメワールド、STUDIO・OZ、鈴木動画企画、スタジオNOA、スタジオトムキャット、ジャスト 仕上協力 - アートキャッツ、DO BEE!、はだしぷろ、AIC、大阪アニメワールド、きのプロダクション、スタジオシュフト、スタジオラック 仕上検査 - スタジオユニコーン 色指定 - 遠藤泰生、佐藤久美子、中峰みどり、廣井勝夫、黒川恵、勝沼まどか、石黒ちえこ、阿部ゆかり、内田千代子、青木利栄、内田聡、吉田恵美、野呂聖子、吉村修 特殊効果 - 阿部郷、斉藤丈史、吉野記通、寺岡伸治、徳田聡、マリックス セル検査 - 清水理智子、萩原穂美、白男川由美 撮影 - スタジオぎゃろっぷ、スタジオコスモス、ティ・ニシムラ、イマジネーション 編集 - 森田編集室、森田清次、坂本雅紀、小松みどり、川瀬みどり、宮内季美子、河野淳子 録音 - ニュージャパンスタジオ 調整 - 桑原邦男 効果 - 依田安文 現像 - 東京現像所 メカ設定 - 佐藤正浩 制作担当 - 久保真 制作進行 - 喜多川洋一、坂口健次、林善宏、山内拓司 他 設定担当 - 矢吹郁子 設定進行 - 深草礼子、伯原深幸 制作デスク - 久保真、山内拓司、保原剛仁 プロダクションマネージャー - 松本堯一、光森裕子 コーディネーター - 加藤裕子(フジテレビ)、松下洋子(キティフィルム) フジテレビプロデューサー - 岡正 アニメーション制作 - スタジオぴえろ→ディーン 制作協力 - 土田プロダクション、スタジオユニコーン、アートキャッツ、アクト、スタジオジャンク、ディーン 制作 - フジテレビ、キティフィルム(放送初期はキティ・エンタープライズ) 主題歌[編集] 初代オープニング曲「ラムのラブソング」は初回から約2年間続いた。『アニメージュ』誌主催の『第4回アニメ・グランプリ』音楽部門では、2位の「愛の金字塔」(『六神合体ゴッドマーズ』のエンディング曲)を1票差で抑えて1位を獲得しているほか、様々な歌手にカバーされている。2曲目の「Dancing Star」以降は当時のテレビアニメとしては珍しく、主題歌を半年に1度という早い周期で変えている。また、シリーズ前半(押井時代)には、ほとんどの曲で原曲の速度をあげて使用している。そのため、原曲と聞き比べると甲高い声になっている。 オープニングテーマ[編集] ラムのラブソング(第1回(1981年10月14日) - 第77回(1983年7月20日)) 作詞 - 伊藤アキラ、小林泉美 / 作曲・編曲 - 小林泉美 / 歌 - 松谷祐子 DANCING STAR(第78回(1983年7月27日) - 第106回(1984年3月28日)) 作詞 - 伊藤アキラ / 作曲・編曲・歌 - 小林泉美 原曲は「CRESCENT PIERCE」(小林泉美のアルバム『トロピカーナ』収録) パジャマ・じゃまだ!(第107回(1984年4月11日) - 第127回(1984年9月26日)) 作詞 - 康珍化 / 作曲 - 林哲司 / 編曲 - 椎名和夫 / 歌 - 成清加奈子 CHANCE ON LOVE(第128回(1984年10月17日) - 第149回(1985年3月27日)) 作詞 - CINDY、宮原芽映 / 作曲 - 小田裕一郎 / 編曲 - 星勝 / 歌 - CINDY ROCK THE PLANET(第150回(1985年4月3日) - 第165回(1985年7月17日)) 作詞 - Ralph McCanthy、松井五郎 / 作曲 - タケカワユキヒデ / 編曲 - 椎名和夫 / 歌 - ステファニー 作曲者のタケカワによるセルフカバーもある。 ステファニーが歌う「rock the planet(for everyone)」という全編英語詞による別バージョンも存在し、こちらはアルバム『HIDEAWAY』に収録されている。このアルバムは2012年10月24日にリマスター版が発売された。 殿方ごめん遊ばせ(第166回(1985年7月24日) - 第195回(1986年3月19日)) 作詞 - 阿木燿子 / 作曲 - 和泉常寛 / 編曲 - 水谷公生 / 歌 - 南翔子 エンディングテーマ[編集] 宇宙は大ヘンだ!(第1回(1981年10月14日) - SP(春だ、とびだせ!うる星やつらスペシャル)(1982年4月2日)) 作詞 - 伊藤アキラ / 作曲・編曲 - 小林泉美 / 歌 - 松谷祐子 195回では本編ラストの挿入歌として使用された。 ゲームボーイソフト『うる星やつら ミス友引を探せ!』(1992年7月3日発売、やのまん)のタイトルBGMとして使われている。 心細いな(第22回(1982年4月7日) - 第43回(1982年9月22日)) 作詞 - 地恵子・シュレイダー / 作曲


8. ビートたけしのTVタックル 151207

  • Duration: 2733
  • Channel: fun
ビートたけしのTVタックル 151207

内容:アルコール・薬物依存者が集団生活する回復施設・館山ダルクに厚切りジェイソンが泊まって調査! 出演:ビートたけし、阿川佐和子、大竹まこと、江口ともみ、バカリズム、はあちゅう、十枝晃太郎、厚切りジェイソン


9. 脱法ハーブ その危険性

  • Duration: 1552
  • Channel: news
脱法ハーブ その危険性

<危険性増す 脱法ハーブ> 強い作用を引き起こすという脱法ハーブ。街で売られているものを集め、専門家に分析を依頼しました。成分を抽出し、含まれている物質を特定します。これまで多く出回っているのは、大麻に含まれる成分に似た、合成カンナビノイドと呼ばれる物質。幻覚などを引き起こすとされています。 ところが今回、これまでに見られなかった物質が検出されました。αーPVPと呼ばれる、まだ規制されていない新しい物質でした。体にはどのような影響があるのか。 マウスに投与して調べました。実験を始めて10分。何も投与しないマウスが落ち着いているのに対して、αーPVPを与えたマウスは止まることなく動き続けています。 2時間の運動量を調べると、通常のマウスの実に30倍。従来の脱法ハーブと違って、高い興奮状態が続くことが分かりました。 構造を調べてみると、αーPVPは覚醒剤と非常によく似た物質であることが分かりました。さらにマウスの脳細胞に投与したところ、多くが死滅。高い毒性も確認されました。 国立精神・神経医療研究センター 舩田さん「これはもう、すでに覚醒剤を乱用している、その状況とほとんど変わらない。覚醒剤同様の薬物依存を始め、非常に重篤な健康被害が発生する危険性があるという事です」粉末状の化学物質は、インターネットで海外から購入していました。仕入れの際、欠かさずチェックするのが国が販売を禁止している薬物の一覧。すでに規制された、こうした薬物を避けて購入しているといいます。海外では日本の規制の網にかからない、新しい化学物質が次々と売り出されています。 例えば、AM2201と呼ばれる物質。人体に危険を及ぼすおそれがあるとして去年、日本では販売などが禁止されました。ところが、すぐに構造の一部を変えた新しい物質が海外のサイトに登場。規制をかいくぐる物質が次々と生み出されているのです。 <なぜ急増 脱法ハーブ> VTRに登場した業者の男性なんですが、一見、私の第一印象ですと、ごく普通の中年の男性という感じがしました。これまでも違法薬物、覚醒剤などの違法薬物の製造に関わったことはないと言うんです。 2年ほど前から脱法ハーブの製造に関わったということで、今は関東地方の販売店に卸していて、多額の売り上げがあるということなんです。覚醒剤などの違法薬物は、主に暴力団の関係者などが扱っていたんですけれども、脱法ハーブの原料となる化学物質はインターネットで買えるため、一般の人がビジネス感覚で関わってしまうという現実に驚きました。 急にまん延したという理由はよく分かっていないんですけれども、日本では数年前から都市部を中心に販売されていまして、去年の秋頃から急速に全国に拡大しました。日本より先に海外では、大麻の代わりになるものとして乱用が広がっていたんです。その脱法ハーブを製造するために化学物質を大量に作るようになりました。こうした化学物質が、インターネットなどで簡単に購入できるということで、国内に大量に流れ込んでいるというふうにみられます。 ●脱法ハーブ 高まる危険性 舩田さん:脱法ハーブに含まれております成分につきましては、現在まで合成カンナビノイドという大麻に類似した成分が検出されてまいりました。ところが今回、αーPVPという成分が検出されました。この成分は、非常に覚醒剤に類似した効果を示す、こういった特性を持っています。したがいまして、そういった成分を含んだもの、これを乱用するということは、薬物依存に陥る危険性、これが極めて高いということが分かってきたわけです。 特にαーPVPと類似した成分におきましては、死亡事例、さらには服用に基づく傷害事件、こういったものが諸外国では報告されておりまして、その危険性が指摘されているというものです。 ●新しい薬物の出てくる可能性は 舩田さん:現在のところ、全くその効果が確定されていない、そういったものが当然、混入してくる危険性があるということ、すなわち毒物、こういったものが混入してくる危険性が否定できない、そういった状況です。 (強いもの、新しいものを作り出すわけには)販売する側の意図といたしまして、その化学成分は乱用させるということを1つの目的にしております。すなわち、その使用を繰り返し行えるような、そういった成分に着目して出してきていると、そういった状況があると思います。 ●危険性の認識は 気軽に始める若者が多く、危険性というのは認識していないというふうに感じました。私たちが取材した若者は、たばこのように友達から勧められて断り切れなかったですとか。あとは覚醒剤のように依存性は強くないというふうに勧められて始めたというふうに話していました。その一方で、健康被害も相次いでいるんです。今年に入って、都内で脱法ハーブを吸って病院に運ばれた人がおよそ100人に上ります。医療関係者によりますと、覚醒剤などの違法薬物は、これまでも治療の経験があって、対処の方法というのがある程度、分かるということなんですけれども、脱法ハーブの場合、どんな有害成分が入っているのか、よく分からない、そのために治療もどのようにやったらいいのか分からないというふうに話していました。これは実に深刻な問題だと思います。 「これ言っちゃいけないかもしれないんですけど、今はすごい数が増えちゃって、商品数ももすごい数になってるんです。もう追いつけないですね、はっきり言って」 脱法ハーブの成分分析には、1か月以上かかることもあります。よく似た構造の化学物質が多いため、特定することが難しいからです。 <脱法ハーブ どう規制するか> 今月、東京・渋谷で脱法ハーブ店の経営者が逮捕されました。脱法ハーブの販売だけでは違法行為には当たりません。 今回は、扱っていたものの一部に販売が禁止されている指定薬物が含まれていたため摘発されたのです。しかし、指定薬物の種類は限られているため、取り締まりは難しいのが現状です。脱法ハーブの広がりを食い止めるには指定薬物の種類を増やす必要があります。 そのための調査を国と連携して行っている東京都です。脱法ハーブ店のホームページを調べて、新しいものが出ていないかチェックします。新しい脱法ハーブを見つけると、店に出向いて買い上げます。化学物質の分析をするためです。 特定できても、すぐに指定薬物に加えられるわけではありません。海外の文献の調査や実験を繰り返し、人体への影響を調べなければなりません。さらに厚生労働省との審議会が有害なおそれがあると判断して、初めて指定薬物になります。しかし、この審議会は年に1、2回しか開かれません。こうした指定の方法をどう考えているのか。厚生労働省に聞きました。 規制が追いつかない中で、脱法ハーブの依存患者は増えています。重度の薬物依存患者を受け入れているこの病院。去年までは、ほとんどいなかった脱法ハーブの患者が今、1割を超えています。 「幻覚や妄想や意識障害があるようなわけも分からず興奮して、激しい攻撃性を示すような方々があります。危ないけれども検挙できないっていうような、とんでもないことが今起こっているというふうに思います」