free Hardcore Gangbang hd Porn Videos

1. ビートたけしのTVタックル|小池都知事VS反対勢力が全面戦争!?東京の重大局面をどうのりきるSP(2016年9月18日)

  • Duration: 2967
  • Channel: tv
ビートたけしのTVタックル|小池都知事VS反対勢力が全面戦争!?東京の重大局面をどうのりきるSP(2016年9月18日)

ビートたけしのTVタックル|小池都知事VS反対勢力が全面戦争!?東京の重大局面をどうのりきるSP(2016年9月18日)


2. ビートたけしのTVタックル|小池都知事VS反対勢力が全面戦争!?東京の重大局面をどうのりきるSP(2016年9月18日)

  • Duration: 2967
  • Channel: tv
ビートたけしのTVタックル|小池都知事VS反対勢力が全面戦争!?東京の重大局面をどうのりきるSP(2016年9月18日)

ビートたけしのTVタックル|小池都知事VS反対勢力が全面戦争!?東京の重大局面をとうのりきるSP(2016年9月18日) - ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員) たけし(総裁)、阿川(副総裁)、大竹、浜田(幸)(後者2人党員)の4人は番組内での架空政党「悪党党[4]」を結成していたが、浜田が降板してからは「悪党党」の表現をしなくなった。(浜田は降板後2012年に逝去) - 関口宏(初代メイン司会、1989年7月3日 - 1990年3月26日) 高畑淳子(大竹まことの代理出演、2010年5月17日放送分) 進行[編集] 亜蘭知子(1989年7月 - 8月) 神津カンナ(1989年8月 - 1991年3月) 竹下景子(1990年4月、1990年10月、1991年4月 - 1993年3月) 星野知子(1990年5月 - 6月) 檀ふみ(1990年6月 - 8月、1990年10月 - 1992年1月) 中井貴惠(1990年8月 - 9月) 東ちづる(1992年1月



4. #ビートたけしのTVタックル(2016年12月4日)|安心して老いられない!?高齢者を襲う大問題|知らないとアブナイ!医療と介護のヒミツSP

  • Duration: 3582
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル(2016年12月4日)|安心して老いられない!?高齢者を襲う大問題|知らないとアブナイ!医療と介護のヒミツSP

#ビートたけしのTVタックル(2016年12月4日)|安心して老いられない!?高齢者を襲う大問題|知らないとアブナイ!医療と介護のヒミツSP ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員)


5. #ビートたけしのTVタックル(2016年11月13日)|臨時国会で大人気!?稲田防衛大臣"日中関係"などの難題ど~しますかSP

  • Duration: 2879
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル(2016年11月13日)|臨時国会で大人気!?稲田防衛大臣

-臨時国会で大人気!?稲田防衛大臣"日中関係"などの難題ど~しますかSP(2016年11月13日) - ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員)


6. 【#ビートたけしのTVタックル(2016年10月16日)】「核・ミサイルに厳戒態勢!緊迫する北朝鮮情勢」カギを握る中国・ロシアの本音はコレだSP

  • Duration: 2886
  • Channel: tv
【#ビートたけしのTVタックル(2016年10月16日)】「核・ミサイルに厳戒態勢!緊迫する北朝鮮情勢」カギを握る中国・ロシアの本音はコレだSP

【ビートたけしのTVタックル(2016年10月16日)】「核・ミサイルに厳戒態勢!緊迫する北朝鮮情勢」カギを握る中国・ロシアの本音はコレだSP http://www.dailymotion.com/video/x4ya411 - ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員)


7. #ビートたけしのTVタックル(2016年12月11日)|4日後に迫る!プーチン大統領来日迎え撃つ安倍首相の秘策はコレだSP

  • Duration: 2868
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル(2016年12月11日)|4日後に迫る!プーチン大統領来日迎え撃つ安倍首相の秘策はコレだSP

#ビートたけしのTVタックル(2016年12月11日)|4日後に迫る!プーチン大統領来日迎え撃つ安倍首相の秘策はコレだSP - ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員) -


8. #ビートたけしのTVタックル(2016年11月27日)|全国で問題・・・首都東京でも大問題|道路陥没&空き家問題ど~しますかSP

  • Duration: 2893
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル(2016年11月27日)|全国で問題・・・首都東京でも大問題|道路陥没&空き家問題ど~しますかSP

#ビートたけしのTVタックル(2016年11月27日)|全国で問題・・・首都東京でも大問題|道路陥没&空き家問題ど~しますかSP ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員)


9. #ビートたけしのTVタックル|悪質客引きSP(2016年1月4日)

  • Duration: 2790
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル|悪質客引きSP(2016年1月4日)

ビートたけしのTVタックル|悪質客引きSP(2016年1月4日) - ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員) たけし(総裁)、阿川(副総裁)、大竹、浜田(幸)(後者2人党員)の4人は番組内での架空政党「悪党党[4]」を結成していたが、浜田が降板してからは「悪党党」の表現をしなくなった。(浜田は降板後2012年に逝去) - 関口宏(初代メイン司会、1989年7月3日 - 1990年3月26日) 高畑淳子(大竹まことの代理出演、2010年5月17日放送分) 進行[編集] 亜蘭知子(1989年7月 - 8月) 神津カンナ(1989年8月 - 1991年3月) 竹下景子(1990年4月、1990年10月、1991年4月 - 1993年3月) 星野知子(1990年5月 - 6月) 檀ふみ(1990年6月 - 8月、1990年10月 - 1992年1月) 中井貴惠(1990年8月 - 9月) 東ちづる(1992年1月 - 1998年2月)


10. #ビートたけしのTVタックル(2016年11月20日)|"暴言王"トランプ氏が米大統領に!性格と胸の内は?どう付き合うニッポンSP

  • Duration: 2869
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル(2016年11月20日)|

#ビートたけしのTVタックル|"暴言王"トランプ氏が米大統領に!性格と胸の内は?どう付き合うニッポンSP ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員)


11. 「ラストシーン」

  • Duration: 3444
  • Channel: tv
「ラストシーン」

- #ビートたけしのTVタックル(2016年12月4日)|安心して老いられない!?高齢者を襲う大問題|知らないとアブナイ!医療と介護のヒミツSP ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員)


12. ビートたけしのTVタックル(2016年10月30日)|命の砦 医療の現場が危ない?看護師&医師が実態を激白SP

  • Duration: 2861
  • Channel: tv
ビートたけしのTVタックル(2016年10月30日)|命の砦 医療の現場が危ない?看護師&医師が実態を激白SP

ビートたけしのTVタックル(2016年10月30日)|命の砦 医療の現場が危ない?看護師&医師が実態を激白SP ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員)


13. #ビートたけしのTVタックル|「薬物依存SP」厚切りジェイソンほか(2015年12月14日)

  • Duration: 2779
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル|「薬物依存SP」厚切りジェイソンほか(2015年12月14日)

ビートたけしのTVタックル|薬物依存SP ゲスト:厚切りジェイソンほか(2015年12月14日) - ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員) たけし(総裁)、阿川(副総裁)、大竹、浜田(幸)(後者2人党員)の4人は番組内での架空政党「悪党党[4]」を結成していたが、浜田が降板してからは「悪党党」の表現をしなくなった。(浜田は降板後2012年に逝去) - 関口宏(初代メイン司会、1989年7月3日 - 1990年3月26日) 高畑淳子(大竹まことの代理出演、2010年5月17日放送分) 進行[編集] 亜蘭知子(1989年7月 - 8月) 神津カンナ(1989年8月 - 1991年3月) 竹下景子(1990年4月、1990年10月、1991年4月 - 1993年3月) 星野知子(1990年5月 - 6月) 檀ふみ(1990年6月 - 8月、1990年10月 - 1992年1月) 中井貴惠(1990年8月 - 9月) 東ちづる(1992年1月 - 1998年2月)


14. 「ラストシーン」

  • Duration: 2782
  • Channel: tv
「ラストシーン」

#ビートたけしのTVタックル(2016年11月27日)|全国で問題・・・首都東京でも大問題|道路陥没&空き家問題ど~しますかSP ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員


15. #ビートたけしのTVタックル(2016年10月23日)|吹き荒れる小池旋風で ど~なる既定路線!?五輪招致問題で"大浪費"の実態教えますSP

  • Duration: 2841
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル(2016年10月23日)|吹き荒れる小池旋風で ど~なる既定路線!?五輪招致問題で

ビートたけしのTVタックル|吹き荒れる小池旋風で ど~なる既定路線!?五輪招致問題で"大浪費"の実態教えますSP ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員)


16. #加計学園問題(国会中継)|これが真実だ!これでスッキリ「加計問題」!!! #青山繁晴(自民党参議院議員)と#加戸守行(前愛媛県知事)が #前川(前事務次官)をフルボッコ!!!

  • Duration: 2505
  • Channel: news
#加計学園問題(国会中継)|これが真実だ!これでスッキリ「加計問題」!!! #青山繁晴(自民党参議院議員)と#加戸守行(前愛媛県知事)が #前川(前事務次官)をフルボッコ!!!

#加計学園問題(国会中継)|これが真実だ!すべての辻褄が合った!!! #青山繁晴(自民党参議院議員)と#加戸守行(前愛媛県知事)が #前川(前事務次官)をフルボッコ!!! 2017年1月、前文部科学省事務次官の前川喜平は文科省の天下り斡旋問題のため引責辞任していた[6]。 内閣府は岩盤規制改革を進めており、従前から前川が率いる文部科学省と対立していた[7]。内閣府と文部科学省[1]、政府与野党[2]、自治体[8]、獣医学会[9]およびメディアの攻防[3][4][5]が報じられた。 獣医学部設置の経過 1984年(昭和59年)以降、既存の16大学以外が獣医学部を新設することを認めず、文部科学省が定員を規制した[8]。2007年から今治市は15回にわたって獣医学部の新設を求めたが[8]、文科省は獣医学部の新設を認めなかった[7]。2013年、国家戦略特別区域が安倍政権の下で制度化される。2015年6月、内閣府が「全国的見地」で獣医学部新設を募集し[8]、2016年1月、今治市が国家戦略特別区域の指定を受ける[8]。10月7日、政府ヒアリングに対し、京都府と京都産業大学が獣医学部設置構想を訴えたが[10][11]、11月9日、国家戦略特区諮問会議が、獣医師系学部が存在しない地域に、獣医学部の新設を可能とする法改正の実施を決定[12][8]。文部科学省は「既存の大学・学部では対応が困難な獣医師養成の構想が具体化」などの修正を求めたが却下されたとしている[2]。2017年1月4日、内閣府が今治市で2018年4月に獣医学部を開設可能な1校を募集し[8]、1月20日、事業者を加計学園に決定[8][13]。加計学園は3月31日に文部科学省に設置認可を申請した[14]。2018年4月に開学予定であり、52年ぶりの獣医学部新設大学となる予定[15]。 報道の経過 5月17日、朝日新聞が「総理のご意向」等と記された文部科学省の文書の存在を報道[4]。内閣官房長官の菅義偉は「全く、怪文書みたいな文書じゃないか。出どころも明確になっていない」述べた[16]。 5月19日、5月22日、文科省内の共有フォルダを調査、文部科学大臣の松野博一が文書の存在を確認できなかったとし、追加調査を行わない方針を示した[17][18]。 5月22日、読売新聞が「前川前次官 出会い系バー通い 文科省在職中、平日夜」との見出しで告発者である前川喜平が文科省の在籍中に新宿歌舞伎町の「出会い系バーへ頻繁に通っていたことを報道[3]。 5月23日、東京新聞は2016年11月9日の国家戦略特別区域諮問会議(議長:安倍晋三)は獣医学部設置の地理的条件の「獣医師系養成大学等の存在しない地域」との素案に「広域的に」と「限り」を加え、文部科学省の「既存の大学・学部では対応が困難な獣医師養成の構想が具体化」という修正案は通らなかったと報じた[2] 5月25日、前文部科学省事務次官の前川喜平が記者会見を行い、「あったことをなかったことにはできない」とし、「平成30年4月開学を大前提に逆算して、最短のスケジュールを作成し、共有していただきたい。これは官邸の最高レベルが言っていること」「総理のご意向だと聞いている」とされる文書の存在について「獣医学部の新設について、自分が昨年秋に、担当の専門教育課から説明を受けた際、示された」と証言、2016年9月28日の打ち合わせで「『獣医学部新設に係る内閣府からの伝達事項』との文書を示されたと記憶している」と述べた。これらの文言に対し「誰だって気にする。圧力を感じなかったといえば、うそになる」と述べ、最高レベルとは「トップは総理、次なら官房長官、2人のことかなと思った」と語った。「内閣府の言い分は『トップダウンで決めるから文科省は心配するな』ということだと受け止めた」「踏むべきステップを踏めず、筋を通せなかった。『こんなことは認められない』と私が内閣府に対して強く主張して筋を通すべきだった。反省している」と述懐した。「あったことをなかったことにはできない」「在籍中に共有していた文書で確実に存在していた」「具体的な将来需要が示されず、文科省として負いかねる責任を負わされた。官邸、内閣府、官房など中枢からの要請に逆らえない状況がある」と述べ、証人喚問があれば応じる意向を示した[6][19][20][21][22]。 6月2日、民進党の加計学園疑惑調査チームは内閣府が文科省に対して「官邸の最高レベルが言っていること」と圧力を仄めかしたメール文書と添付ファイルの写しを公開した。メールをやり取りしたのは文科省専門教育課の職員と、内閣府の行政改革推進室の管理係長とされており、「280926藤原内閣府審議官との打合」との名前で添付されたファイルの文面に官邸の圧力が掛けたと示唆される、一文が発見された[23]。 6月6日、文部科学省現役職員から文書の共有があったとする証言が得られたと朝日新聞が報道[24][25]。 6月13日、参議院農林水産委員会において、文科副大臣の義家弘介は内部告発者について国家公務員法(守秘義務)違反になる可能性があると述べた[26]。 6月14日、追加調査を行わないとしてきた内閣府が内部調査を行うと発表した[27]。6月15日、文部科学大臣の松野博一は「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向だ」などと記され、民進党が調査を求めていた19の文書について、文部科学省の専門教育課のコンピューター内の共有フォルダ内に、同内容または酷似した内容の文書が14、確認できないものが2とし、3つの文書については「学校法人の利益に関わる内容」として「現時点では存否を含め明らかにできない」と発表、「前回確認できなかった文書の存在が明らかになったことは大変申し訳なく、真摯に受け止めている」と述べた[28][29][30]。 同日、文部科学省は、2016年11月9日の国家戦略特区諮問会議に提出された「国家戦略特区における追加の規制改革事項について(案)」に、「広域的に」と「限り」の文言を付け加えるよう、「指示は藤原審議官いわく、官邸の萩生田副長官からあったようです」とした内閣府から文科省に送信されたメールの存在を公表した[31][32]。萩生田光一は「修正の指示を出したことはなく、文科省が公表したメールの内容は事実に反する」と否定した[33]。 国会 2017年3月13日、参議院予算委員会で福島瑞穂が「首相は理事長と長年の友人だ。政策がゆがめられているのではないか」と質問、安倍晋三は「理事長から頼まれたことはないし、働き掛けていない」「もし働き掛けて決めたならば責任を取る」「特定の名前を出すのは確証がなければ極めて失礼だ」「安倍政権のイメージを落とそう、安倍晋三をおとしめようと質問するのはやめた方がいい」と述べ、「鳥インフルエンザなどの人獣共通感染症が拡大する中、需要が高まっていることから獣医学部設置を特区のメニューとして追加した」と説明、今治市が用地を無償提供したとの一部報道に対し「無償譲渡の例は20年間で25例ある。今治市が決めたことで、私は影響の及ぼしようがない」と述べた[34][35][36]。 5月22日、参議院決算委員会にて、小池晃が「加計学園ありきで特区の決定が行われたことは明らか」と追及、地方創生担当大臣の山本幸三は、「地域を限定することが適当だと私が判断した。加計学園ありきではない」と答弁した[2]。 6月13日、参議院農林水産委員会において、文科副大臣の義家弘介は内部告発者について国家公務員法(守秘義務)違反になる可能性があると述べた[37]。 発言 この記事に雑多な内容を羅列した節があります。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。(2017年6月) 漆原良夫は「忖度を強制、強要する動きがなければしょうがない。役人が勝手に忖度しただけでは法的に全く意味がない」と述べた[38]。 日本獣医師会は、獣医師学部の新設については反対しており、設置基準等に照らした厳密な審査が行われるよう、文部科学省等に要請を行っていく予定である[9]。 民進党の玉木雄一郎は日本獣医師会の総会で「おかしな方向に向かいそうになった際はしっかり止める」と発言した[39]。 安倍晋三は第193回国会を終えた2017年6月19日、加計学園問題について、「対応が二転三転し、国民の政府に対する不信を招いたことは率直に反省しなければならない。信なくば立たずだ」「真摯に説明責任を果たしていく」と述べ、「必ずしも国民的な理解を得ることはできていない」としつつ、「国会の開会、閉会にかかわらず、今後も分かりやすく説明していく努力を積み重ねていく」「印象操作のような議論に対し、つい強い口調で反論してしまう私の姿勢が、結果として政策論争以外の話を盛り上げてしまった。深く反省している」「改革を後退させる発想であり、誠に残念でならない」「人材を積極的に登用し、党でも政府でもしっかりした体制をつくることが必要だ。これからじっくりと考えていきたい」と述べた[40]。 言及 読売新聞は社説で「既得権益を持つ業界の意向を重視しがちな所管省庁と、首相主導で規制改革を進める内閣府の対立は避けがたい」とし、「政府が、加計学園を優遇したとの疑いを否定するには、規制緩和の一連の経緯や、今治市や四国の地域事情などについて、掘り下げた説明を尽くさねばならない」と論じた[41]。 朝日新聞は社説で「問われているのは首相自身と、首相側近で、学園系列大学の名誉客員教授を務める萩生田氏の関与の有無だ。国民が納得できるまで説明を尽くす重い責任があることを、首相は自覚すべきだ。」と論じた[42]。また、「文部科学省の内部告発者は、守秘義務違反に問われる可能性があるのか。公益のための通報者として保護されるべきではないのか。議論が起きている。」とし、「文科省をはじめ政府がなすべきは、告発者の口をふさぐことではなく、異論や批判に耳を傾けることだ」と論じた[43]。 毎日新聞は社説で「文書の存在がはっきりした以上、実際に「総理の意向」があったのか、内閣府側の「そんたく」だったのかが焦点になる。」とし、「国会の場で、前川氏に証言してもらい、真相をはっきりさせなければ、疑問は解決しないだろう。」と論じた[44]。また、読売新聞の前川喜平のスキャンダル報道への批判に対して読売新聞東京本社社会部長原口隆則が「不公正な報道であるかのような批判が出ている。こうした批判は全く当たらない」「一般読者の感覚に照らしても、疑念を生じさせる不適切な行為であることは明らかである」「次官在職中の不適切な行動についての報道は、公共の関心事であり、公益目的にもかなうものだと考える」などと反論する展開は「異様」だと評した[5]。 産経ニュースは、「学園の理事長が安倍首相の友人である個人的関係が学部新設の許認可に影響を与えたとの疑惑を生み、野党の政権追及材料となっている。」と解説している[45]。 日本経済新聞は、獣医学部の新設を阻んできたこと文部科学省の姿勢を批判し[46]、38年ぶりに医学部の新設が認められた千葉県成田市の国際医療福祉大学を引き合いに、岩盤規制こそが問題であると論じた[46]。 NHKは、国家戦略特区の「透明性・公平性」が論点となっているとしている[8]。 時事通信は、「安倍晋三首相への忖度が働いたかどうかが焦点となっている」とし、森友学園への国有地格安売却問題と同じ構図があると評した[38]。 東京新聞は社説で「首相と学園との親密な関係が学部新設に影響しなかったのか、国会が追及するのは当然だ。野党側は首相に「印象操作」などと言われてもひるむことなく、国政の調査という国会の責務を国民の代表


17. 2013年1月20日 大日本アカン警察 中尾彬激怒! 剛力彩芽(秘)事件 アカン飯

  • Duration: 647
  • Channel: news
2013年1月20日 大日本アカン警察 中尾彬激怒! 剛力彩芽(秘)事件 アカン飯

http://www43.tok2.com/home/sakumoenter/save.htm 「動画再生」は上のウェブサイトより 20130120 2013.01.20 2013/01/20 01月20日 20130121 01.21 01/21 01月21日 :00 モーニングバード! 羽鳥慎一と赤江珠緒が、今知っておきたい「世の中のできごと」を、明るく爽やかに伝えます。注目の重大事から、生活を豊かにするアイデアまで、情報満載でお届けします。 iEPG 気になる 55 若大将のゆうゆう散歩[字] 今日は新宿区『中井』をお散歩▽伝統を守る染物の町▽美技!湯のし職人に感動▽ラテアートを初体験!▽室町時代のコンパスを発見!? iEPG 気になる 30 八丁堀の七人3 #9[字][再] 「獄門に笑う女!牢内にすべての謎が」片岡鶴太郎、村上弘明▽八兵衛は、お仙という遊女をお縄にする。やがてお仙は再び遊女稼業をしないということを条件に許される。 iEPG 気になる 25 ワイド!スクランブル 優しさと芯の強さをあわせ持つ、大下容子アナ。取材経験豊富で切れ味鋭い寺崎貴司アナ。2人が充実したニュース&情報を毎日お伝えします。 iEPG 気になる 05 上沼恵美子のおしゃべりクッキング[デ][字] 「鮭のわさびマヨネーズ」 iEPG 気になる 20 徹子の部屋[解][字] ~金婚式も過ぎ孫誕生の喜びを語る~中原ひとみさんが今日のゲストです。 iEPG 気になる 55 東京サイト[字] 東京の魅力や暮らしに役立つ情報をお伝えする番組。26日から東京で開催される国体冬季大会を紹介。フィギュアなど、各競技の見どころを東京の代表選手に聞きました。 iEPG 気になる 59 ANNニュース[字] 正確なニュース・情報をいち早くお伝えするANNニュース!テレビ朝日系列の放送局26局が総力をあげ、緻密な取材にもとづいたニュースを最新機材を駆使して放送します。 iEPG 気になる 04 山村美紗サスペンス 京都花の艶殺人事件[字][再] 「愛人、ホステス、華やかな女達の闘い!謎の文字“O”の秘密…」藤谷美紀、田村亮(他) iEPG 気になる 57 相棒セレクション 相棒2 #8[字][再] 「命の値段」水谷豊、寺脇康文(他)▽大企業・神田グループのトップ、神田喜一が人を殺したと自ら通報してきた。行きずりの男をビール瓶で殴り殺してしまったという。 iEPG 気になる 53 スーパーJチャンネル 視聴者が知りたいニュース・情報を渡辺宜嗣・上山千穂両キャスターがズバリお伝えします!テレビ朝日の系列局26局(ANN)が総力取材!いち早く正確な情報を届けます。 iEPG 気になる 00 お試しかっ!&Qさま!!2時間スペシャル[デ][字] 『お試しかっ!』羽鳥慎一が登場!人気ラーメンチェーン店で「帰れま10」に挑戦! 『Qさま!!』2世インテリ軍団VS雑草インテリ軍団SP第3弾! iEPG 気になる 54 世界の街道をゆく[字] ミャンマー・歓びと祈りの道・民主化の波が押し寄せるミャンマー。ヤンゴンを起点に、かつての王都パガン、湖上寺院のあるインレー湖などを巡る。 iEPG 気になる 00 ビートたけしのTVタックル[字] アベノミクスを(秘)徹底分析!大盤振る舞い&円株V字回復で土地&株バブルが再来? どうなる庶民の給料?成長したらすぐ消費増税? 安倍総理は景気復活の救世主か?否か? iEPG 気になる 54 報道ステーション[デ] きょう何があったか!一日のしめくくりとして欠かせないニュース番組。古舘伊知郎を中心に正解のない時代のニュースを「まじめに」「前向きに」「正直に」お伝えします。 iEPG 気になる 10 世界の車窓から[字] カナダ~ロッキー山脈とメープル街道の旅~ #9176『ナイアガラ・フォールズへ』 曲名♪ 「Ordinary Miracle」 by.Sarah Mclachlan iEPG 気になる 15 ストライクTV[字] 爆笑問題と人気芸能人たちがストライクなトーク&クイズにチャレンジ! こんなヤツは許せない!イライラSP!! 東MAX、北斗晶、サンド、オードリーが登場! iEPG 気になる 15 スマホPOLICE “スマホPOLICE”が芸能人たちが実際に使用しているスマホの中を抜き打ちチェック!!芸能人たちのプライベートを暴露し、最新アプリの機能も徹底紹介していく! iEPG 気になる 20 お願い!ランキング テレビ朝日深夜ベルトで放送中!新感覚のランキングバラエティー! グルメ・旅・音楽・ナイトスポット…あらゆるジャンルのランキングを徹底調査して決定! iEPG 気になる 15 全力坂 この坂を登り切れたら、自分の中の何かが変わる気がする。いや変わるはずだ。坂を全力で駆け上がる女性たちの姿と、話題の商品・エンタメ情報をお届けする深夜番組登場。 iEPG 気になる 21 musicる TV 『音楽』をもっと楽しみたい!それが『musicるTV』話題のゲストアーティストが日常の様々なシチュエーションにハマる楽曲を選曲し、こだわりのプレイリストを提案! iEPG 気になる 51 ショナイの話[字] ひとクセもふたクセもある人物に番組インタビュアーが内緒の話を聞き出す番組。 今週は先週に引き続き、ケンドーコバヤシ×カリスマAV監督とのインタビュー延長戦!! iEPG 気になる 21 よふかしゴーちゃん。 テレ朝マスコット『ゴーちゃん。』が番組・映画・イベントなど最新情報をおとどけ! エクスパンダ星から地球にやってきたゴーちゃん。今夜の注目はなにかな? iEPG 気になる 35 セレクションX セレクションX、New Open!! 今話題のニューアイテムから、プレミアグッズまで スペシャル・プライスでお届けします!! こだわりの逸品をアナタに!! iEPG 気になる 10 テレメンタリー2013 「カクレキリシタンの里 禁教から400年、守り続けたオラショは今」 iEPG 気になる 40 ナイトショッピング ダイエット・美容・ヘアケア・健康・ライフ・キッチン・雑貨・宝飾・電化製品‥日本・米国を始め世界中の逸品を自宅でくつろぎながらショッピング! iEPG 気になる 10 特選いいものさがし いいものを厳選して紹介する「特撰いいものさがし」! 人気を集めた“逸品”のみを特選!これらの“逸品”を視聴者の皆様もお取り寄せできるショッピング番組です。 iEPG 気になる 55 やじうまテレビ!~マルごと生活情報局~[デ] 朝一番に知りたい情報をわかりやすく!政治、経済からスポーツ、エンタメまでの豊富な話題を独自の目線で。パワーアップした個性派コメンテーター陣の苦言提言にも注目。 iEPG 気になる 00 モーニングバード! 羽鳥慎一と赤江珠緒が、今知っておきたい「世の中のでき


18. ビートたけしのTVタックル|2015年業界ビッグニュース!(2015年12月21日)

  • Duration: 2789
  • Channel: tv
ビートたけしのTVタックル|2015年業界ビッグニュース!(2015年12月21日)

ビートたけしのTVタックル|2015年業界ビッグニュース!(2015年12月21日) - ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員) たけし(総裁)、阿川(副総裁)、大竹、浜田(幸)(後者2人党員)の4人は番組内での架空政党「悪党党[4]」を結成していたが、浜田が降板してからは「悪党党」の表現をしなくなった。(浜田は降板後2012年に逝去) - 関口宏(初代メイン司会、1989年7月3日 - 1990年3月26日) 高畑淳子(大竹まことの代理出演、2010年5月17日放送分) 進行[編集] 亜蘭知子(1989年7月 - 8月) 神津カンナ(1989年8月 - 1991年3月) 竹下景子(1990年4月、1990年10月、1991年4月 - 1993年3月) 星野知子(1990年5月 - 6月) 檀ふみ(1990年6月 - 8月、1990年10月 - 1992年1月) 中井貴惠(1990年8月 - 9月) 東ちづる(1992年1月 - 1998年2月)


19. #ビートたけしのTVタックル|都庁の無責任体質に不信感増大 地下空間に汚染水!?ど~なってんだ豊洲問題

  • Duration: 2941
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル|都庁の無責任体質に不信感増大 地下空間に汚染水!?ど~なってんだ豊洲問題

ビートたけしのTVタックル|都庁の無責任体質に不信感増大 地下空間に汚染水!?ど~なってんだ豊洲問題 ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員)


20. 情熱大陸|AKB48・女優-大島優子(2013年10月20日)

  • Duration: 1470
  • Channel: tv
情熱大陸|AKB48・女優-大島優子(2013年10月20日)

情熱大陸|AKB48・女優-大島優子(2013年10月20日) - 2013年10月20日放送 大島優子 AKB48・女優 「私には才能がない…」ポツリと漏らした一言。仲間たちが次々と卒業していくなか、大島優子はどこへゆく? 取材を始めたのは、6月に行われたAKB選抜総選挙の直前。後輩の指原莉乃に敗れ2位となった彼女は、その時の思いをこう語った。「申し訳ないくらい全然悔しくなかった…」本当だろうか? だとしたら彼女は、いま何を目指しているのか…  男性だけでなく女性にも広くファンを持ち、徹底した仕事ぶりが器用で完璧主義な印象を抱かせる大島優子。どのメンバーよりも長い行列ができる握手会では、一人一人に応じてかける言葉や表情を変え、ファンを楽しませる。徹底した仕事ぶりは、想像していたアイドルのイメージとは違い、ワーカホリックとも呼べるほどだ。 アイドルとしてはトップの座を獲得したものの、女優としてはまだまだ未知数。6月の総選挙から5ヶ月弱、番組では、アイドル業と女優業の舞台裏に密着した。 AKBの劇場公演はもちろん、プロモーションビデオの撮影や、夏のドームツアー、そしてこの秋から始まるドラマ「安堂ロイド」の撮影現場。そこには、女優として自分の居場所を獲得しようともがく彼女の姿があった。さらに、滅多にない休みの日、友達と過ごすプライベートにも同行する。 AKBの初期メンバーの多くが卒業を果たし、アイドルの世代交代が語られる中、今後の動向が気になる、今年25歳の大島優子。芸歴17年の彼女は、自分の今に何を思い、どんな未来を描いているのだろうか。 プロフィール 大島優子 大島優子1988年10月17日生まれ。栃木県出身。 7歳で子役デビュー。17歳のときにAKB48のオーディションに合格、第二期のメンバーとなる。AKB48シングル選抜総選挙にてこれまで2回、一位に輝く。ライブ活動に加え、ドラマや映画でも女優として活躍している。最新作は劇場版「SPEC ~結~」。 担当スタッフ 演出:前田亜紀 構成:田代裕 ナレーター:窪田等 撮影:水上智重子・高橋秀典・池村泰貴 音効:早船麻季 編集:宮島亜紀 制作協力:ネツゲン プロデューサー:福岡元啓・大島新 - おおしま ゆうこ 大島 優子 大島 優子 ヤマハ・トリシティ発表会にて(2014年) 本名 大島 優子 生年月日 1988年10月17日(26歳) 出生地 日本の旗 日本・栃木県下都賀郡壬生町 身長 152 cm[1][注 1] 血液型 B型 職業 女優 ジャンル テレビドラマ、映画、バラエティ 活動期間 1996年 - 活動内容 元子役 元Doll's Voxメンバー 元AKB48メンバー(元チームK) AKBアイドリング!!! チームドラゴン from AKB48 Not yet 事務所 太田プロダクション 公式サイト 大島優子Official club site 太田プロダクション公式プロフィール 主な作品 テレビドラマ 『弁護士 一之瀬凛子』 『マジすか学園』 『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』 映画 『闇金ウシジマくん』 『紙の月』 - バラエティ[編集] 過去に出演した番組 AKB1じ59ふん!(2008年1月24日 - 3月27日、日本テレビ) AKB0じ59ふん!(2008年4月7日 - 4月28日・6月2日 - 9月29日、日本テレビ) AKB48ネ申テレビ(ファミリー劇場) Season1(2008年9月28日 - 10月12日) Season2(2009年7月10日・7月17日・8月14日 - 9月18日) Season3(2009年10月9日・10月16日・11月6日 - 11月27日) スペシャル2009(2009年12月28日) Season4(2010年7月18日・7月25日・9月5日・9月12日) Season5(2010年12月5日 - 12月19日) スペシャル〜プロジェクトAKB in マカオ〜(2010年12月26日) Season6(2011年5月29日・6月5日) スペシャル〜新しい自分にアニョハセヨ韓国海兵隊〜(2011年7月17日) スペシャル〜ニュージーランドで見た幻の宇宙〜(2012年6月10日) Season13(2013年10月6日・10月27日) Season14(2014年2月16日・2月23日・3月16日) AKBINGO!(2008年10月1日 - 不定期出演、日本テレビ) 週刊AKB(2009年7月10日 - 2012年11月30日・不定期出演、テレビ東京) なるほど!ハイスクール(2010年5月30日・10月9日・2011年4月21日 - 2012年3月8日、日本テレビ) AKB-級グルメスタジアム(2010年6月27日・8月15日、食と旅のフーディーズTV) AKBと××!(2010年7月13日 - 不定期出演、読売テレビ) 世界で誰も見たことがない対決SHOW ほこ×たて(2011年5月2日 - 2013年10月20日、フジテレビ) - レギュラー[注 7] AKB48コント「びみょ〜」(2011年9月29日 - 10月13日・10月27日・11月3日・2012年2月2日 - 2月16日、ひかりTV) ヨンパラ FUTUREゲームバトル(2011年10月9日 - 2012年3月25日、TBS) 有吉AKB共和国(2012年2月16日 - 不定期出演、TBS) びみょ〜な扉 AKB48のガチチャレ(2012年7月6日、ひかりTV) メ〜テレ開局50周年記念特別番組「子どもが憧れの有名人に本気インタビュー!」(2012年9月30日、名古屋テレビ) HaKaTa百貨店(2012年11月4日、日本テレビ) AKB子兎道場(2012年12月7日 - 不定期出演、テレビ東京) AKB48コント「何もそこまで…」(2013年7月26日 - 2014年2月21日、ひかりTV) AKB48 SHOW!(2013年10月5日 - 、BSプレミアム) ウーマン・オン・ザ・プラネット(2014年4月5日 - 2015年3月28日、日本テレビ) - MC ドキュメンタリー[編集] 池上彰の戦争を考えるSP 〜戦争はなぜ始まり、どう終わるのか〜(2010年8月15日、テレビ東京) アスリートの魂「世界一のサイドバックに サッカー 長友佑都」(2011年5月9日、NHK総合) - ナレーション 情熱大陸(MBS) 【大島優子▽AKB48が心配です…】(2013年10月20日) 【800回記念スペシャル▽ぼくらは、1988年生まれ】(2014年5月4日・11日) イタリア ミラノ 美をめぐるものがたり〜麗しの邸宅美術館×ルネサンスの“横顔美人”〜(2014年4月18日(TBS)、2014年4月27日(BS-TBS)) - スペシャルナビゲーター[63] スポーツ[編集] フジテレビ系列「FIFAワールドカップ ブラジル 2014」(2014年、フジテレビ) - スペシャルサポーター[64] ラジオ[編集] AKB48 明日までもうちょっと。(2007年10月1日 - 2012年3月26日・不定期、文化放送) AKB48 今夜は帰らない…(2008年4月5日 - 11月22日、CBCラジオ) AKB48のオールナイトニッポン(2010年4月16日 - 不定期、ニッポン放送) リッスン? 〜Live 4 Life〜(2010年12月度・2011年1月3日・8月21日・2013年1月1日、文化放送) - 火曜パーソナリティ オリジナルビデオ[編集] HARD BOILED ハードボイルド(1997年9月5日、マグザム) - 桐生りえ 役 炎(2000年6月10日、マグザム) - 若田部優子 役 ICE(2007年5月25日・7月25日・9月25日、イーネット・フロンティア) - リンネ 役 ミュージックビデオ[編集] 大堀めしべ「甘い股関節」(2008年) - キャバクラ嬢 役 中谷満男「浪花刑事ブルース」(2009年、監督:木村祐一) - スナック嬢 役 CM[編集] イトーヨーカ堂(1998年) - 企業CM マテルジャパン バービー人形(1998年) 日本航空 JAL STORYで行くマジカルファンタジーツアー(1998年) バースデー割引(2003年) ハウス食品 「バーモントカレー」(1999年) ソニー・コンピュータエンタテインメント 「トンバ・ザ・ワイルドアドベンチャー」(1999年) ケンタッキーフライドチキン(2000年) メディアファクトリー 「ポケモンカード★neo」(2000年) カネボウ 総合生活消費財企業編(2002年) 丸美屋食品工業 ふりかけ・素材探求(2003年) 石屋製菓 「白い恋人 2004年夏編」(2004年) 警察庁 非行防止運動・薬物乱用防止(2005年) ベネッセコーポレーション 「進研ゼミ高校講座」(2006年) 東京都 TOKYO体操(2008年10月 - 2009年8月) 財務省・東日本大震災個人向け復興国債(2012年冬季)[65] 花王 「エッセンシャルダメージケア」(2012年8月 - 2013年2月) 外為オンライン 「FXをはじめること=新しい自分がはじまること」(2012年12月1日 - )[66] 総務省統計局 「平成25年住宅・土地統計調査」(2013年9月 - 10月) ヤマハ発動機 「TRICITY MW125」(2014年) - CM出演の企画としてAT限定小型自動二輪車免許取得に挑戦 チョーヤ梅酒 「さらりとした梅酒・誕生篇」(2014年) メガネトップ「ALOOK」(2014年) 第一三共ヘルスケア 「ミノン」洗浄シリーズ(2014年) コロプラ 「白猫プロジェクト」(2014年8月1日 - ) 「合体RPG 魔女のニーナとツチクレの戦士」(2014年8月27日 - ) 企業CM「ホワイトボード編」(2014年11月6日 - ) カンロ「ピュレグミ」(2015年4月 - )[67] ネット配信[編集] Yahoo ライブトーク(2008年1月8日、Yahoo! JAPAN) イベント[編集] AKB48 チームK大島優子香港来港記念イベント ミニライブ&握手会(2011年2月26日、香港・西九龍中心イベントホール) ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション - 展覧会ナビゲーター(音声ガイド)[68][69] ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション 東京展(2014年4月4日 - 5月25日、Bunkamuraザ・ミュージアム) ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション 大阪展(2014年5月31日 - 7月21日、あべのハルカス美術館) 舞台[編集] No.9 -不滅の旋律- (2015年10月10日 - 25日、東京・赤坂ACTシアター) - マリア 役[70][71] 美幸-アンコンディショナルラブ-(2016年5月 - 、本多劇場 他) - 美幸 役[72] 書籍[編集] 写真集[編集] Charm: 大島優子・田島穂奈美写真集(2001年7月10日、心交社、撮影:荒木秀明)ISBN 9784883026289 かがやくきもち(2003年10月18日、ぶんか社、撮影:河野英喜)ISBN 9784821125760 デジタル写真集 かがやくきもち(2003年11月30日、ぶんか社) ゆうらりゆうこ(2008年12月19日、竹書房、撮影:関めぐみ)ISBN 9784812436936 優子のありえない日常(2009年10月17日、ワニブックス、撮影:中山雅文)ISBN 9784847042089