free Hardcore Gangbang hd Porn Videos

1. NHK爆問学問|爆笑問題のニッポンの教養 -愛の政治学入門 政治学 姜尚中-(2008年09月30日)

  • Duration: 1741
  • Channel: tv
NHK爆問学問|爆笑問題のニッポンの教養 -愛の政治学入門 政治学 姜尚中-(2008年09月30日)

NHK爆問学問|爆笑問題のニッポンの教養 -愛の政治学入門 政治学 姜尚中-(2008年09月30日)


2. NHK爆問学問|爆笑問題のニッポンの教養 -愛の政治学入門 政治学 姜尚中-(2008年09月30日)

  • Duration: 1741
  • Channel: tv
NHK爆問学問|爆笑問題のニッポンの教養 -愛の政治学入門 政治学 姜尚中-(2008年09月30日)

NHK爆問学問|爆笑問題のニッポンの教養 -愛の政治学入門 政治学 姜尚中-(2008年09月30日) - 爆笑問題のニッポンの教養 (爆問学問) ジャンル 教養番組 バラエティ番組 制作局 NHK プロデューサー 丸山俊一、斉藤圭介 (共に制作統括) 出演者 爆笑問題 (太田光・田中裕二) ほか 音声 ステレオ放送[1] 字幕 文字多重放送 オープニング 菊地成孔「教養の闘い」 - 『爆笑問題のニッポンの教養』(ばくしょうもんだいのニッポンのきょうよう)は、NHK総合テレビジョンで放送されていた「教養」をテーマとしたバラエティ番組である。爆笑問題の冠番組である。キャッチコピーは「爆問学問(ばくもんがくもん)」。 新聞などのテレビ欄では略タイトルとして「爆問学問」と表記される場合がある。 - 概要[編集] 漫才コンビ爆笑問題がゲストのもとへ出向き、実験やレクチャーなどを交え、ゲストの専門分野とその本質についてトークを繰り広げる。 2006年5月26日(日付上は27日)に『爆笑問題×東大 東大の教養』を45分番組として放送したのがこの番組の始まりである。同年7月には『ETV特集』にて90分の「決定版」を放送。爆笑問題が東京大学教養学部から招待を受け、教授陣と「教養とは何か」について論じ合った。これを基にしたレギュラー番組の放送が決まった。 2007年9月にレギュラー化最初の4回分をまとめた単行本が発売。10月には5・6回分をまとめた単行本も発売され、その後も刊行されている。また「東大の教養」と各大学のスペシャルをまとめた本も2011年に発売された。 2009年1月のNHK BS-hiの月刊くくり特集がカルチャーであったので、この番組もBS-hiで過去のより抜きが40回分放送された。BS-hiでのレギュラー放送はないので再放送とは記載されなかった。 2010年2月2日放送分で放送回数100回目を迎えた。このFile100は通常枠以外に、2010年2月26日(日付上は27日)に時間枠拡大完全版が放送された。当初は、放送時間を25:10 - 25:53で放送すると予告とされていたが、国会中継録画が編成されたため、25:47 - 26:30(福岡は25:57 - 26:40)での放送となった。 2012年2月23日で終了し、同4月度の改編から続編「探検バクモン」(引き続き爆笑問題司会)が始まった。 番組構成[編集] 太田光が専門家に対して疑問を呈して議論を持ちかけ、田中裕二は太田をなだめつつ聞き役に徹することが多い。太田が苦手な話題に一歩引いた時は田中が積極的な聞き役に回る姿が見られる。 科学的な解釈が展開する理工学・理化学の分野では、太田は積極的な議論は行わず、聞き役に回ることが多い。太田は「(僕らは)ホストというよりゲストという意識」と語っている[2]。 当番組には台本がなく、他のバラエティ番組に見られるコーナーごとの仕切りやクイズが入る間隔も存在しない完全フリートークな展開で進行する[2]。 ゲスト出演者は主に大学人や研究所に勤務する研究者であるが学術分野外の人物を取り上げることもある。File084では漫画家の浦沢直樹、File100では番組を振り返る内容だったため当番組のファンであり爆笑問題との親交深いタレントの伊集院光、File113では劇作家の野田秀樹、File114では棋士の羽生善治が登場している。 遠方であっても爆笑問題の2人がゲスト出演者の研究室や自宅(研究室を持たない名誉教授)を訪問するが、海外在住の研究者や海外の文化論を取り扱う研究者などは関係組織や関係施設、料理店などがロケ場所として使用される。 コールドオープンは、爆笑問題の2人がゲスト出演者の待つ場所まで歩いて行くシーンが流れる。長回しで撮られており、太田が「この番組OP[3]のストローク長いな〜」と文句を言っている姿が描写される。太田がデジタルカメラを持参し専門家の表情や資料などを撮影している姿も見られる。これについて田中は「NHKの人も、すごくは困らないけど、ちょっと困っていると思います」、「僕らはスタジオ収録が多くてロケはあまりない。この番組はロケ主体で普段ほとんど外に出ない太田が開放感相まって勝手にやっているみたいです。」と語っている[2]。 オープニング映像は、2008年4月1日からナレーションが日本語からフランス語(日本語字幕付)に変更。2009年3月31日以降のものは、爆笑問題の二人がフィールドホッケーのスティックを使って、ボールをアクロバットに壁打ちするものに一新された(ナレーションはなくなった)。2010年3月30日以降は壁打ちする姿そのままにCGのみ変更。オープニング音楽やBGMなどをミュージシャンの菊地成孔が手がけている[4]。 番組のナレーションは音声合成を使っており、File011では実際にパソコンを使ってナレーションをしているところが放送された。2008年4月1日からのナレーターは園部啓一、2009年3月31日からは勝生真沙子、2010年3月30日からは小山力也、2011年4月からは井上喜久子である。2010年3月30日より、地上デジタル放送、BSデジタル放送の副音声(ステレオ2音声)で解説放送を開始、ナレーターは佐久田修。 番組要所にその日のお題に対して、素朴な疑問や感想を口にする猿や猫を登場させている。時にはお題の対象生物であったり、無生物であったりもする。画面隅にいる番組キャラクターは「問」を模している。公式サイトにはパイロット版からのマスコット「サルのつぶやき」という動画配信コーナー(動画に爆笑問題は登場せず、内容の解説中心)もある。 次回予告で放送されたVTRが本放送ではカットされて日の目を見ないままのことがある。 また、レギュラー放送とは別の「東大の教養」同様の手法で大学そのものをテーマにした大学スペシャルや、複数のゲストを招く特別版も放送。大学スペシャルでは大学内の講義室に観客を招き入れて収録を行う。東京芸術大学では大学内の広場で収録し、学生の悩みに太田が真摯に向き合った様子も放送した。 放送時間[編集] 2007年9月まで 金曜日・23:00 - 23:29 「プレミアム10」と同居する形で、ニッポンの教養は隔週で放送。 2007年10月から 火曜日・23:00 - 23:29 「サラリーマンNEOシーズン2」終了後の後番組として枠移動するとともに、毎週放送に切り替え。 再放送:火曜日・8:30 - 8:59(BS2) 2008年4月から 火曜日・23:00 - 23:29 再放送:月曜日・15:15 - 15:44、火曜日・8:30 - 8:59(BS2) 月曜の再放送は休止の場合あり。 2009年4月から 火曜日・23:00 - 23:29 再放送:月曜日・15:15 - 15:44、火曜日・26:30 - 26:59(BS2) 月曜の再放送は休止の場合あり。水曜のBS2は前週火曜の再放送。 2010年4月から 火曜日・22:55 - 23:24 再放送:月曜日・16:05 - 16:34、火曜日・16:00 - 16:29(BS2) いずれも休止の場合あり。 2011年4月から 木曜日・22:55 - 23:24 再放送:月曜日・25:30 - 25:59 放送履歴[編集] [表示]放送回 放送日 サブタイトル 訪問教授(専攻学) 注釈[編集] [ヘルプ] ^ 地上デジタル・衛星デジタルはステレオ2による解説放送入り。 ^ a b c 2007年11月号「日経エンタテインメント! 秋のテレビは男祭り!曜日別でみる秋の新番組」のインタビューより。 ^ オープニング。 ^ ナタリー (2007年3月29日). “菊地成孔 爆笑問題の新番組に音楽書き下ろし”. 2008年10月4日閲覧。 外部リンク[編集] 爆問学問(爆笑問題のニッポンの教養) - ウェイバックマシン(2012年4月4日アーカイブ分) - 番組公式サイト 制作者と視聴者の架け橋テレビコ - 番組メイキング 爆笑問題のニッポンの教養 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス - メンバー 太田光 - 田中裕二 現在の出演番組 サンデージャポン - 空飛ぶ!爆チュー問題 - Eテレ2355 - 爆報! THE フライデー - 探検バクモン - 世界の日本人妻は見た! - お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺 - 世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団 単発・不定期番組 初詣!爆笑ヒットパレード - 初笑い東西寄席 - 爆笑問題のドッキリ パニックフェイス王 - 爆笑問題×さまぁ〜ず ザ・クレイジートーク - 芸能人雑学王最強No.1決定戦 - 爆笑問題の検索ちゃん 芸人ちゃんネタ祭り - 爆笑問題&ブラマヨのニュースの金庫番 - 史上最大のバンドウォーズ!斬新!アレンジの王様 - 世界を揺るがせた100人の女たち - 爆笑問題プレゼンツ・世界のゴールデンタイム!!超人気番組大集合スペシャル! ラジオ番組 爆笑問題カーボーイ - 爆笑問題の日曜サンデー(TBSラジオ珍プレー好プレー大賞) 過去の出演番組 爆笑問題の爆乳モンスター - はばたけ!ペンギン - ハッピーボーイズ! - ハッピーボーイズアワー爆笑おすピー問題! - 爆笑おすピー大問題!! - ボキャブラ天国 - メガロックショー - タモリ倶楽部 - 世界ゴッタ煮偉人伝 - あっぱれ!日本一 - うまなりクン - ポップジャム - 号外!!爆笑大問題 - 爆笑問題の開け!記憶の扉 - 大爆笑問題 - 対爆笑問題 - クイズ!爆笑難問題 - クイズ!爆笑難問題2 - 爆笑問題の三者面談 - 不思議どっとテレビ。これマジ!? - パンドラの秘宝〜クセになる世界TVウォッチ! - 世界超密着TV!ワレワレハ地球人ダ!! - 大好き!東京ゲスト10 - 国民クイズ常識の時間 - 摩訶!ジョーシキの穴 - 決定!これが日本のベスト100全国一斉○○テスト - スパスパ人間学! - 爆笑問題☆伝説の天才 - 爆笑問題のバク天! - ザ・ジャッジ! 〜得する法律ファイル - ザ・ジャッジEX - ポンキッキーズ - 爆笑問題のススメ - スタ☆メン - 笑いがいちばん - 近未来×予測テレビ ジキル&ハイド - 爆笑問題の検索ちゃん - SUPER SURPRISE - キズナ食堂 - 太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。 - 爆!爆!爆笑問題 - 爆問パニックフェイス!・爆問パワフルフェイス! - 爆笑問題の大変よくできました! - 最強運芸能人決定戦。 - 今すぐ使える豆知識 クイズ雑学王 - たけしの日本教育白書 - 笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャル - 爆笑問題のニッポンの教養 - サカスさん(田中のみ)- 1億分の1の男 - 爆笑問題&日本国民のセンセイ教えて下さい! - ON THEATER 爆笑探偵団 - 爆笑問題の楽しい地球 - なるほど!ザ・ワールド - 爆笑学園ナセバナ〜ル! - 侃侃諤諤(太田のみ) - 笑っていいとも!特大号 - ストライクTV - 笑っていいとも!増刊号 - 森田一義アワー 笑っていいとも! - KYOKUGEN2012 - KYOKUGEN2013 - KYOKUGEN2014 - KYOKUGEN2015(年またぎスポーツ祭り) - 関根&優香の笑うお正月 - 全国おもしろニュースグランプリ - 言いにくいことをハッキリ言うTV - お願い!ランキングGOLD(眠れる才能テスト) 関連項目 お笑い第三世代 - タイタン - 太田プロダクション - 文部科学大臣賞-爆チュー問題 関連人物 太田光代 - 渡辺正行


3. #加計学園問題(国会中継)|これが真実だ!これでスッキリ「加計問題」!!! #青山繁晴(自民党参議院議員)と#加戸守行(前愛媛県知事)が #前川(前事務次官)をフルボッコ!!!

  • Duration: 2505
  • Channel: news
#加計学園問題(国会中継)|これが真実だ!これでスッキリ「加計問題」!!! #青山繁晴(自民党参議院議員)と#加戸守行(前愛媛県知事)が #前川(前事務次官)をフルボッコ!!!

#加計学園問題(国会中継)|これが真実だ!すべての辻褄が合った!!! #青山繁晴(自民党参議院議員)と#加戸守行(前愛媛県知事)が #前川(前事務次官)をフルボッコ!!! 2017年1月、前文部科学省事務次官の前川喜平は文科省の天下り斡旋問題のため引責辞任していた[6]。 内閣府は岩盤規制改革を進めており、従前から前川が率いる文部科学省と対立していた[7]。内閣府と文部科学省[1]、政府与野党[2]、自治体[8]、獣医学会[9]およびメディアの攻防[3][4][5]が報じられた。 獣医学部設置の経過 1984年(昭和59年)以降、既存の16大学以外が獣医学部を新設することを認めず、文部科学省が定員を規制した[8]。2007年から今治市は15回にわたって獣医学部の新設を求めたが[8]、文科省は獣医学部の新設を認めなかった[7]。2013年、国家戦略特別区域が安倍政権の下で制度化される。2015年6月、内閣府が「全国的見地」で獣医学部新設を募集し[8]、2016年1月、今治市が国家戦略特別区域の指定を受ける[8]。10月7日、政府ヒアリングに対し、京都府と京都産業大学が獣医学部設置構想を訴えたが[10][11]、11月9日、国家戦略特区諮問会議が、獣医師系学部が存在しない地域に、獣医学部の新設を可能とする法改正の実施を決定[12][8]。文部科学省は「既存の大学・学部では対応が困難な獣医師養成の構想が具体化」などの修正を求めたが却下されたとしている[2]。2017年1月4日、内閣府が今治市で2018年4月に獣医学部を開設可能な1校を募集し[8]、1月20日、事業者を加計学園に決定[8][13]。加計学園は3月31日に文部科学省に設置認可を申請した[14]。2018年4月に開学予定であり、52年ぶりの獣医学部新設大学となる予定[15]。 報道の経過 5月17日、朝日新聞が「総理のご意向」等と記された文部科学省の文書の存在を報道[4]。内閣官房長官の菅義偉は「全く、怪文書みたいな文書じゃないか。出どころも明確になっていない」述べた[16]。 5月19日、5月22日、文科省内の共有フォルダを調査、文部科学大臣の松野博一が文書の存在を確認できなかったとし、追加調査を行わない方針を示した[17][18]。 5月22日、読売新聞が「前川前次官 出会い系バー通い 文科省在職中、平日夜」との見出しで告発者である前川喜平が文科省の在籍中に新宿歌舞伎町の「出会い系バーへ頻繁に通っていたことを報道[3]。 5月23日、東京新聞は2016年11月9日の国家戦略特別区域諮問会議(議長:安倍晋三)は獣医学部設置の地理的条件の「獣医師系養成大学等の存在しない地域」との素案に「広域的に」と「限り」を加え、文部科学省の「既存の大学・学部では対応が困難な獣医師養成の構想が具体化」という修正案は通らなかったと報じた[2] 5月25日、前文部科学省事務次官の前川喜平が記者会見を行い、「あったことをなかったことにはできない」とし、「平成30年4月開学を大前提に逆算して、最短のスケジュールを作成し、共有していただきたい。これは官邸の最高レベルが言っていること」「総理のご意向だと聞いている」とされる文書の存在について「獣医学部の新設について、自分が昨年秋に、担当の専門教育課から説明を受けた際、示された」と証言、2016年9月28日の打ち合わせで「『獣医学部新設に係る内閣府からの伝達事項』との文書を示されたと記憶している」と述べた。これらの文言に対し「誰だって気にする。圧力を感じなかったといえば、うそになる」と述べ、最高レベルとは「トップは総理、次なら官房長官、2人のことかなと思った」と語った。「内閣府の言い分は『トップダウンで決めるから文科省は心配するな』ということだと受け止めた」「踏むべきステップを踏めず、筋を通せなかった。『こんなことは認められない』と私が内閣府に対して強く主張して筋を通すべきだった。反省している」と述懐した。「あったことをなかったことにはできない」「在籍中に共有していた文書で確実に存在していた」「具体的な将来需要が示されず、文科省として負いかねる責任を負わされた。官邸、内閣府、官房など中枢からの要請に逆らえない状況がある」と述べ、証人喚問があれば応じる意向を示した[6][19][20][21][22]。 6月2日、民進党の加計学園疑惑調査チームは内閣府が文科省に対して「官邸の最高レベルが言っていること」と圧力を仄めかしたメール文書と添付ファイルの写しを公開した。メールをやり取りしたのは文科省専門教育課の職員と、内閣府の行政改革推進室の管理係長とされており、「280926藤原内閣府審議官との打合」との名前で添付されたファイルの文面に官邸の圧力が掛けたと示唆される、一文が発見された[23]。 6月6日、文部科学省現役職員から文書の共有があったとする証言が得られたと朝日新聞が報道[24][25]。 6月13日、参議院農林水産委員会において、文科副大臣の義家弘介は内部告発者について国家公務員法(守秘義務)違反になる可能性があると述べた[26]。 6月14日、追加調査を行わないとしてきた内閣府が内部調査を行うと発表した[27]。6月15日、文部科学大臣の松野博一は「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向だ」などと記され、民進党が調査を求めていた19の文書について、文部科学省の専門教育課のコンピューター内の共有フォルダ内に、同内容または酷似した内容の文書が14、確認できないものが2とし、3つの文書については「学校法人の利益に関わる内容」として「現時点では存否を含め明らかにできない」と発表、「前回確認できなかった文書の存在が明らかになったことは大変申し訳なく、真摯に受け止めている」と述べた[28][29][30]。 同日、文部科学省は、2016年11月9日の国家戦略特区諮問会議に提出された「国家戦略特区における追加の規制改革事項について(案)」に、「広域的に」と「限り」の文言を付け加えるよう、「指示は藤原審議官いわく、官邸の萩生田副長官からあったようです」とした内閣府から文科省に送信されたメールの存在を公表した[31][32]。萩生田光一は「修正の指示を出したことはなく、文科省が公表したメールの内容は事実に反する」と否定した[33]。 国会 2017年3月13日、参議院予算委員会で福島瑞穂が「首相は理事長と長年の友人だ。政策がゆがめられているのではないか」と質問、安倍晋三は「理事長から頼まれたことはないし、働き掛けていない」「もし働き掛けて決めたならば責任を取る」「特定の名前を出すのは確証がなければ極めて失礼だ」「安倍政権のイメージを落とそう、安倍晋三をおとしめようと質問するのはやめた方がいい」と述べ、「鳥インフルエンザなどの人獣共通感染症が拡大する中、需要が高まっていることから獣医学部設置を特区のメニューとして追加した」と説明、今治市が用地を無償提供したとの一部報道に対し「無償譲渡の例は20年間で25例ある。今治市が決めたことで、私は影響の及ぼしようがない」と述べた[34][35][36]。 5月22日、参議院決算委員会にて、小池晃が「加計学園ありきで特区の決定が行われたことは明らか」と追及、地方創生担当大臣の山本幸三は、「地域を限定することが適当だと私が判断した。加計学園ありきではない」と答弁した[2]。 6月13日、参議院農林水産委員会において、文科副大臣の義家弘介は内部告発者について国家公務員法(守秘義務)違反になる可能性があると述べた[37]。 発言 この記事に雑多な内容を羅列した節があります。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。(2017年6月) 漆原良夫は「忖度を強制、強要する動きがなければしょうがない。役人が勝手に忖度しただけでは法的に全く意味がない」と述べた[38]。 日本獣医師会は、獣医師学部の新設については反対しており、設置基準等に照らした厳密な審査が行われるよう、文部科学省等に要請を行っていく予定である[9]。 民進党の玉木雄一郎は日本獣医師会の総会で「おかしな方向に向かいそうになった際はしっかり止める」と発言した[39]。 安倍晋三は第193回国会を終えた2017年6月19日、加計学園問題について、「対応が二転三転し、国民の政府に対する不信を招いたことは率直に反省しなければならない。信なくば立たずだ」「真摯に説明責任を果たしていく」と述べ、「必ずしも国民的な理解を得ることはできていない」としつつ、「国会の開会、閉会にかかわらず、今後も分かりやすく説明していく努力を積み重ねていく」「印象操作のような議論に対し、つい強い口調で反論してしまう私の姿勢が、結果として政策論争以外の話を盛り上げてしまった。深く反省している」「改革を後退させる発想であり、誠に残念でならない」「人材を積極的に登用し、党でも政府でもしっかりした体制をつくることが必要だ。これからじっくりと考えていきたい」と述べた[40]。 言及 読売新聞は社説で「既得権益を持つ業界の意向を重視しがちな所管省庁と、首相主導で規制改革を進める内閣府の対立は避けがたい」とし、「政府が、加計学園を優遇したとの疑いを否定するには、規制緩和の一連の経緯や、今治市や四国の地域事情などについて、掘り下げた説明を尽くさねばならない」と論じた[41]。 朝日新聞は社説で「問われているのは首相自身と、首相側近で、学園系列大学の名誉客員教授を務める萩生田氏の関与の有無だ。国民が納得できるまで説明を尽くす重い責任があることを、首相は自覚すべきだ。」と論じた[42]。また、「文部科学省の内部告発者は、守秘義務違反に問われる可能性があるのか。公益のための通報者として保護されるべきではないのか。議論が起きている。」とし、「文科省をはじめ政府がなすべきは、告発者の口をふさぐことではなく、異論や批判に耳を傾けることだ」と論じた[43]。 毎日新聞は社説で「文書の存在がはっきりした以上、実際に「総理の意向」があったのか、内閣府側の「そんたく」だったのかが焦点になる。」とし、「国会の場で、前川氏に証言してもらい、真相をはっきりさせなければ、疑問は解決しないだろう。」と論じた[44]。また、読売新聞の前川喜平のスキャンダル報道への批判に対して読売新聞東京本社社会部長原口隆則が「不公正な報道であるかのような批判が出ている。こうした批判は全く当たらない」「一般読者の感覚に照らしても、疑念を生じさせる不適切な行為であることは明らかである」「次官在職中の不適切な行動についての報道は、公共の関心事であり、公益目的にもかなうものだと考える」などと反論する展開は「異様」だと評した[5]。 産経ニュースは、「学園の理事長が安倍首相の友人である個人的関係が学部新設の許認可に影響を与えたとの疑惑を生み、野党の政権追及材料となっている。」と解説している[45]。 日本経済新聞は、獣医学部の新設を阻んできたこと文部科学省の姿勢を批判し[46]、38年ぶりに医学部の新設が認められた千葉県成田市の国際医療福祉大学を引き合いに、岩盤規制こそが問題であると論じた[46]。 NHKは、国家戦略特区の「透明性・公平性」が論点となっているとしている[8]。 時事通信は、「安倍晋三首相への忖度が働いたかどうかが焦点となっている」とし、森友学園への国有地格安売却問題と同じ構図があると評した[38]。 東京新聞は社説で「首相と学園との親密な関係が学部新設に影響しなかったのか、国会が追及するのは当然だ。野党側は首相に「印象操作」などと言われてもひるむことなく、国政の調査という国会の責務を国民の代表


4. #NHKスペシャル|「#発達障害 ~解明される未知の世界~」(2017年5月21日)

  • Duration: 3540
  • Channel: tv
#NHKスペシャル|「#発達障害 ~解明される未知の世界~」(2017年5月21日)

#NHKスペシャル|「発達障害~解明される未知の世界~」(2017年5月21日) - 発達障害(はったつしょうがい、英: Developmental disability、DD)は、肉体的・精神的な不全をもたらす慢性的症状らの様々なグループ(障害者の分類)である[1]。発達障害はその個人の生活において様々な困難をもたらし、特に言語、移動、学習、セルフヘルプ、自立生活などでハンディとなるとされる[1]。発達障害は子どもの発育期に発見されることが多く、その人の一生にわたって継続する障害である[2]。 最も一般的な発達障害には以下が挙げられる。 広汎性発達障害 (PDD) 注意欠陥・多動性障害 (ADHD) 学習障害 (LD) 自閉症スペクトラム 原因については多くは不明である。複数の要素が関係し、遺伝的、胎児期の保健状態、出生時の環境、感染症、環境要因などが挙げられている[2]。原因は多々あるが、たとえば以下が挙げられる[3]。 日本政府は「発達障害は、脳機能の発達が関係する生まれつきの障害です。」と定義している。 CDCは「発達障害は、発達期間中いつでも開始し、通常、人の生涯を通じて続きます。」(Developmental disabilities begin anytime during the developmental period and usually last throughout a person’s lifetime.)と定義している。 児童虐待が脳に器質的損傷を与える事が近年多数報告されている。挑戦的行動をする者のほとんどが児童虐待の被害者である。 胎児期のサイトメガロウイルス、HSV、ジカ熱等の一部のウイルスの感染が脳の萎縮に繋がる事が報告されている。 妊娠中に特定の薬剤(バルプロ酸ナトリウム、抗うつ薬、SSRI)を使用したことと、子孫の自閉症スペクトラム発症リスクに有意な関連が示されている。同一疾患に対する他の薬剤と有意差があることから、原疾患によるリスク上昇ではない[6][7][8][9][10][11][12]。また、未承認医薬品であるにきび治療薬のイソトレチノイン[13]を子宮内曝露した子供の30〜60%が神経認知障害であったとの報告がある[14]。イソトレチノインが神経回路形成に与える影響は解明されていない。先にテトラサイクリン系を長期使用することが多い。 挑戦的行動[ソースを編集] 詳細は「挑戦的行動」を参照 発達障害者の一部は挑戦的行動(Challenging behavior)という習慣を抱えており、これは本人または周囲の身体的安全を危険に晒したり、一般的なコミュニティ施設の利用について喫緊に制限・拒否されるほどの強度・頻度・期間がある、文化的に非常識な行動」と定義されている[15]。 発達障害者が行う挑戦的行動の原因には、次のような多々の要素がある。 生物学的 - 痛み、薬、感覚刺激の欲求 社会的 - 退屈、社会的関係の模索、何かのコントロール必要性、コミュニティ規範についての知識欠如、スタッフやサービス係の無反応に対して 環境的 - ノイズや光などの身体的要因、欲するモノや活動に対してのアクセス獲得 心理的 - 疎外感、孤独感、切り捨て感、レッテル、ディスエンパワーメント、人々の負の期待 挑戦的行動は、多くの時間をかけて学習と報酬によって獲得されたものであり、同じ目的を達成するための新たな行動を教えれば、その行動を改善させることができる可能性は高い。発達障碍者の挑戦的行動は、多くの場合、何か他の精神的問題が原因のことがある[16]。 一般的には、行動的介入や応用行動分析などの技法により、特定の挑戦的行動を減らすことに効果があると知られている[17]。近年では、行動文脈分析による発達パスモデルの開発が、挑戦的行動の予防について効果があると言われている[18]。 分類[ソースを編集] Question book-4.svg この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年11月) 精神医学で主に使われている国際的な診断基準は2種類あり、 WHOによる国際疾病分類であるICD-10 第5章:精神と行動の障害では、 F80-F89 心理的発達の障害 F90-F98 小児期および青年期に通常発症する行動および情緒の障害 の一部が相当し、米国精神医学会によるDSM-5では、 神経発達症群(Neurodevelopmental disorder) の一部が相当する。このようにICD-5とDSM-5では分類体系が一致していない[19]。 知能検査(ウェクスラー成人知能検査)で言語性IQと動作性IQの開きが激しい場合は、発達障害を疑ったり、当人へ特別な支援が必要とされている。 日本での分類[ソースを編集] 厚生労働省はICD-10,DSM-IVのいずれかに含まれるもの全てを発達障害と定義している[20]。そして、これは先天的もしくは、幼児期に疾患や外傷の後遺症により、発達に影響を及ぼしているものを指す。対して機能不全家族で育った児童が発達障害児と同様の行動パターンを見せる事がよくあるが、保護者から不良な養育を受けたことが理由の心理的な環境要因や教育が原因となったものは含めない。また、ある程度成長し、正常に発達したあとに、疾患・外傷により生じた後天的な脳の障害は発達障害とは呼ばれず、高次機能障害などと区別される。 日本の発達障害者支援法によれば、「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの」が発達障害とされる。具体的には通知文が別途出ている。この通知文を以って日本において発達障害者支援法に含まれている障害を定義している。『厚生労働省・文部科学省連名事務次官通知 17文科初第16号厚生労働省発障第0401008号』- 『法の対象となる障害は、脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するもののうち、ICD-10(疾病及び関連保健問題の国際統計分類)における「心理的発達の障害(F80-F89)」及び「小児<児童>期及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害(F90-F98)」に含まれる障害であること。』吃音とトゥレット症候群が発達障害であるとしている通知文である。 1980年代以降、知的障害のない発達障害が社会に認知されるようになった。知的障害が含まれる発達障害は法律上は知的障害扱いであるため、単に発達障害という場合は特に知的障害のないものを指すことがある。このうち、学習障害 (LD)、注意欠陥・多動性障害 (ADHD)、高機能広汎性発達障害(高機能PDD)の3つについては、日本において「軽度発達障害」と称されてきた。この「軽度」とは「精神遅滞に該当しない」という意味だが、発達障害が軽度であると誤解を招いたため、現在では便宜的に「(軽度)発達障害」として分類することがある。なお、高機能広汎性発達障害(高機能PDD)や高機能自閉症という名称も存在するが、これらも知能が精神遅滞に該当しないという意味の「高機能」である。また、高機能自閉症の診断基準は明確ではなく、臨床においてはアスペルガー症候群と厳密に区別する必要は無いとされている[21] 明確な判断は、精神科を標榜する精神科医の間でも大学でこの分野を学んでいないなどの理由で困難とされている。各都道府県や政令指定都市が設置する、発達相談支援施設で、生育歴などがわかる客観的な資料や、認知機能試験(IQ検査、心理検査等を含む)などを行って、複数人の相談員や心理判定員などが見立てとなる判断材料を出す形で、数少ない専門医師が判断し、どのような治療が必要か、SSTが必要かなどの材料を精神科医に提供する、というケースが多い。 環境変化に弱く、環境への適応も苦手とされる。日本精神神経学会は、「極論だが、発達障害のある子ども達は『日常的に災害のような事態』を経験しているようにも思える」という見解を出している[22]。 軽度発達障害[ソースを編集] 2000年頃からの日本において、「軽度発達障害」という概念が、「精神遅滞」「身体障害」を伴わない発達障害として杉山登志郎により提唱された [23]。これは高機能広汎性発達障害(高機能PDD、アスペルガー症候群や高機能自閉症などを指す)、LD、ADHD等、知的障害を伴わない(すなわち総合的なIQが正常範囲内)疾患概念を指して使われる[24](ただし、ADHDについては、別途知的障害を併発するケースがある)。ここでいう「高機能」という語も、「軽度」という言葉同様、知的障害のないという意味でつかわれている。「軽度」と呼称される根拠は、「知能が比較的高い」ためである[24]。 厚生労働省はこの用語について、「世界保健機構 (WHO) のICD-10分類に存在しない」、「アメリカ精神医学会のDSM-VIに存在しない」ことを指摘し、「誰がどのような意図で使い始めたのか分からないまま広がった用語である」として注意を促している[25]。また、その語感から、「障害の程度が軽度である」と誤解されがちだが、上述の理由から、必ずしも障害自体が軽度とは限らない[* 1]。文部科学省[26]も2007年、「『軽度発達障害』の表記は、その意味する範囲が必ずしも明確ではないこと等の理由から、今後は原則として使用しないと発表している[27]。ただし、専門家の間等では、便宜上「(軽度)発達障害」として、かつて呼ばれていたものをカテゴライズする意味で、かっこ付して紹介されるケースは現在でもある。 「軽度」と言われるが、罹患者の抱える問題は決して軽くはなく、早期の理解と適切な支援が望ましいとされる[28]。理解、発見が遅れた場合、いじめ、不登校、非行など二次的な症状を発生させることがある[28]。また、知能自体は障害のない人と同等程度であることも多いため、障害が理解、発見されないまま「障害はない」「(障害が元で出来ないことを)出来るのにやらない」などという見解を周囲の人間から持たれることも少なくないのが現状である。 人口[ソースを編集] 米国[ソースを編集] アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、3-17歳児童の約17%について発達障害があり、ADHD、自閉症スペクトラム、脳性麻痺、難聴、知的障害、学習障害、視力障害、およびその他の発育不全などを1つ以上抱えているとしている[2]。 たとえば難聴乳児の25%は、胎児期のサイトメガロウイルス感染によるものである[2]。 CDCの1997–2008年の研究によれば、発達障害の有病率は13.87%、うち学習障害 7.66%、ADHD 6.69%、その他の発達不全 3.65%、自閉症 0.47%であった[29]。 日本[ソースを編集] 2002年、文部科学省が調査したデータによれば、知能発達に遅れはないが、日常の学習や行動において、特別な配慮が必要とされる、「発達障害などの」児童が6.3%いることが判明した[30]。2006年に名古屋市西部地域医療センター調査した結果によれば、当該地域に居住する6歳から8歳までの児童13558名の内、2.07%を占める281名が広汎性発達障害(PDD)の診断を受けた[30]。その内、知能指数が71以上の「高機能自閉症」は177名であった


5. 橋下徹大阪市長|「朝日新聞は出てってください!」(日本維新の会 党大会 2014.2.1)

  • Duration: 1908
  • Channel: tv
橋下徹大阪市長|「朝日新聞は出てってください!」(日本維新の会 党大会 2014.2.1)

橋下徹大阪市長|「朝日新聞は出てってください!」(日本維新の会 党大会 2014.2.1) - 日本の政治家 橋下 徹 はしもと とおる Toru Hashimoto Ishin IMG 5731 20130713.JPG 街頭演説をする橋下 生年月日 1969年6月29日(46歳)[1] 出生地 日本の旗 日本 東京都渋谷区[2] 出身校 早稲田大学政治経済学部経済学科[3] 前職 政治家 所属政党 (無所属→) (大阪維新の会→) (日本維新の会/大阪維新の会→) (維新の党/大阪維新の会→) (大阪維新の会→) おおさか維新の会/大阪維新の会 公式サイト 弁護士法人橋下綜合法律事務所 大阪府の旗 第52代 大阪府知事 当選回数 1回 在任期間 2008年2月6日 - 2011年10月31日 Flag of Osaka City.svg 第19代 大阪市長 - 橋下 徹(はしもと[注釈 1] とおる、1969年(昭和44年)6月29日[1] - )は、日本のタレント、弁護士(大阪弁護士会所属 登録番号25196)。 大阪府知事(公選第17代)、大阪市長(第19代)、大阪維新の会代表、おおさか維新の会代表[5]などを歴任した。 - 府知事就任後(報道・ワイドショー番組を除く)出演[編集] テレビ番組[編集] ムハハnoたかじん (関西テレビ) 立候補前まではローテーションで月2回間隔で出演。当選・就任後は2ヶ月に一度のペースで、平松邦夫大阪市長(当時)と共にゲスト出演し、トップ会談が行なわれた[注釈 12]。 府知事選立候補表明前までの出演[編集] テレビ番組[編集] 水野真紀の魔法のレストラン(毎日放送)- レギュラー 六人の悩めるオッサン(関西テレビ) ド短期ツメコミ教育!豪腕!コーチング!!(テレビ東京)- レギュラー 行列のできる法律相談所(日本テレビ)- 元レギュラー 森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ) - 月曜日レギュラー スーパーモーニング(テレビ朝日) - 月曜日レギュラー 情報満載 ひるまで!すっぴん!(読売テレビ)- 火曜日レギュラー ムーブ!(ABCテレビ)- 木曜日レギュラー 2時ワクッ!(関西テレビ)- 隔週火曜日出演 爆笑問題のバク天! (TBS)- 隔週出演 たかじんのそこまで言って委員会(読売テレビ)- 元・準レギュラー スタ☆メン(フジテレビ・関西テレビ)- 準レギュラー あさパラ!(読売テレビ)- 準レギュラー なるトモ!火曜日(読売テレビ)- 準レギュラー サンデージャポン(TBS)- 不定期 太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。(日本テレビ) - 不定期 ワイドABCDE〜す(ABCテレビ) 大笑点(日本テレビ)- 2006年に『行列のできる法律相談所』の出演者として出演。 爆笑!2006年こうなる宣言(関西テレビ) 24時間テレビ 「愛は地球を救う」(日本テレビ) めちゃ²イケてるッ!(フジテレビ) その他多数 ラジオ番組[編集] ズバリ快答!テレフォン身の上相談(TBSラジオなど) その他多数 CM[編集] 大塚製薬 - オロナミンC 著書[編集] 『最後に思わずYESと言わせる最強の交渉術―かけひきで絶対負けない実戦テクニック72』(日本文芸社 2003年6月) ISBN 978-4537251500 『図説 心理戦で絶対負けない交渉術』(上記のリメイク本)(日本文芸社 2005年11月) ISBN 978-4537253290 『橋下徹「まっとう勝負」』(小学館 2006年11月8日) ISBN 978-4093797436 『どうして君は友だちがいないのか (14歳の世渡り術)』(河出書房新社 2007年7月) ISBN 978-4309616445 脚注[編集] 注釈[編集] ^ 本来の読み方は「はしした」だった。橋下の母によれば、「徹が生まれた時点で橋下(はしした)家との因縁(いんねん)を断ち切る意図のもとに「はしもと」と改めた」という[4]。 ^ 7人の子持ちということから子育て関連についてが特に多い。中にはかつて番組で競演した丸山和也弁護士(現・参院議員)とコンビで出演し、講演会のはずがトークショーと化したり、ビンゴ大会の司会を行う場合まであった。 ^ 1997年2月定例府議会、第35号議案「大阪府基金条例一部改正の件」。 ^ 2009年2月定例府議会、第82号議案「大阪府基金条例一部改正の件」。 ^ 2010年2月定例府議会、第73号議案「大阪府基金条例一部改正の件」。 ^ 元神奈川県逗子市長の富野暉一郎・龍谷大学教授「外国の賓客に妻同伴で対応するのはもてなしとしいう側面があるが、公務中に子供を著名人と会わせるのは、公私混同の家族サービスと見られても仕方ない。目くじらを立てるほどの問題ではないかもしれないが、公職にある者としての配慮に欠けた面があったと言わざるを得ない」[189]。 ^ 「この組織に属していたある人物の“名前”を言えば、地元の年配者なら誰もが思い当たる。この“ある人物”は、組織に属しながら、部落解放同盟○○支部書記長や同大阪府連執行委員を務め、何度も逮捕されている」(『平成日本タブー大全2008』104頁) ^ もっとも橋下自身は、実質的な弁護士活動は2010年現在行なっていない。 ^ しかし、その記事の中では自身は産経新聞を熟読しており、雑誌の『正論も定期購読しており、「だいたい産経新聞に賛成だから、購読を続ける」としている。 ^ “東日本大震災からの日本国再興の為には新しい「日本女子力」が必須になる”とし、“「やまとなでしこ」(古き良き日本女性)の結集を図ると共に女性の政治意識高揚、女性議員の支援育成”を目的に東瀬が主導して設立した政策提言団体 ^ 最も若い公選知事は北海道の田中敏文の35歳。2番目は山口県の田中龍夫の36歳。 ^ これがきっかけで公式の場でもトップ会談が組まれ、意見交換が行なわれていた。 出典[編集] ^ a b http://www.hashimoto-toru.com/profile/ ^ a b c d 第1部】口達者のハシゲ(1)転校生が選んだ道 「スネ夫」から「代弁者」に(産経WEST、 2015.9.19 05:00更新 、p1) ^ a b 橋下徹 ^ 『g2』2010年12月、森功「同和と橋下徹」p.32 - 33 ^ 2015/10/02 時事通信 ^ 平成20年1月27日 大阪府知事選結果(大阪府選挙管理委員会) ^ 橋下氏「都構想反対派が市政を進めたらいい」 維新での擁立にこだわらず 次期大阪市長選で 産経2015年5月29日 ^ “【橋下氏離党会見】(1)「僕と松井知事はダブル選に専念する」橋下氏が離党理由を説明(1/2ページ)”. 産経WEST. (2015年8月27日) 2015年8月27日閲覧。 ^ 産経新聞2015年10月2日 ^ おおさか維新 新代表に松井氏 橋下氏は法律政策顧問へ ^ a b c d 橋下徹twitter(2011年10月29日) ^ a b c d e 【橋下徹研究・再録 第1部】口達者のハシゲ(1)転校生が選んだ道 「スネ夫」から「代弁者」に(産経WEST、 2015.9.19 05:00更新 、p2) ^ 高寄昇三 『大阪都構想と橋下政治の検証: 府県集権主義への批判』 公人の友社 2010年 ISBN 4875555687 ^ a b c d ストーリー:橋下氏、野心の源流 破れた革ジャン5万円−−司法修習同期の証言毎日jp ^ 『g2(ジーツー)』(講談社、2010.December、vol.6)森功「同和と橋下徹」p.28 ^ 『週刊文春』(2006年6月15日号) ^ 井上理津子『さいごの色街 飛田』 229頁 ^ http://news.biglobe.ne.jp/list/002/671/%E6%A9%8B%E4%B8%8B%E5%BE%B9.html ^ “【橋下府政ウオッチ】「つぶやきだからほっといて」知事ツイッター登録者8万人”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2011年2月20日). オリジナルの2011年2月23日時点によるアーカイブ。 2013年4月1日閲覧。 ^ “「橋下つぶやき」100万人フォロー…評価様々”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2013年4月1日) 2013年4月1日閲覧。 ^ 維新、民主との全面協力見送り 橋下氏が反対 共同2014年11月13日 ^ 橋下徹 大阪市長 記者会見 logmi2014年11月20日 ^ 橋下氏「僕はうれしくてしょうがない」 安倍首相「都構想、意義ある」発言に感無量 産経2015年1月15日 ^ 橋下氏、民主に三行半 ツイッターで「日本の国にとってよくない政党」 産経新聞 ^ “消費増税凍結法案を提出=橋下氏”. 時事通信社. (2014年10月12日). オリジナルの2014年10月12日時点によるアーカイブ。 2015年1月7日閲覧。 ^ 軽減税率導入に反対=維新・橋下氏 時事通信2014年11月20日 ^ 大阪府 知事記者会見内容 2009年12月25日。 ^ 総務省 地域主権改革に係る総務大臣と総務省顧問とのテレビ会議 議事要旨 2009年10月30日。 ^ 全国知事会 行政改革プロジェクトチーム会議『個別の行政改革テーマについて』2009年11月12日。 ^ 大阪府東京事務所『2010年11月 ニュース&トピックス』。 ^ “橋下・大阪市長が控訴の意向「市民から苦情」”. (2014年12月18日). オリジナルの2014年12月18日時点によるアーカイブ。 2015年1月8日閲覧。 ^ 橋下知事「政治活動の大阪市職員は一族郎党、覚悟しろ」 維新へ“圧力”情報めぐり MSN産経ニュース2010年12月13日 ^ 神戸市の抗議に激怒 普天間移設で 橋下大阪知事 『時事通信』 2009年12月4日。 ^ 橋下知事激怒「本当に神戸市はダメだ」市室長から抗議電話され 『産経新聞』 2009年12月4日。 ^ 米軍基地問題で橋下氏が批判「神戸市は勘違い甚だしい」 『共同通信』 2009年12月4日。 ^ 大阪府議会 臨時会健康福祉常任委員会会議録 2008年7月18日。 ^ a b 第173回国会衆議院安全保障委員会会議録 2009年11月17日。 ^ 大手マスコミ黙殺した橋下発言「普天間関西へ」浮上の舞台裏 『J-CASTニュース』 2009年12月7日。 ^ a b c 大阪府 知事記者会見内容 2009年12月2日 。 ^ 橋下知事「沖縄軽減策、知事会でも議論を」 『読売新聞』 2009年12月17日。 ^ 橋下氏、基地協議を提起 全国知事会 沖縄の負担減 継続審議に 『沖縄タイムス』 2009年12月17日。 ^ 橋下氏、新党議員に文書通信費の使途公開要請へ 産経2014年9月7日 ^ “震災がれき受け入れ、橋下氏「○」平松氏「×」”. 読売新聞. (2011年10月23日) 2011年11月27日閲覧。 ^ 橋下氏「社会ルール作りには参加も」 特別永住外国人参政権付与には反対] 産経 2012年9月19日 19:04 ^ 大阪府議会 定例会本会議会議録 2010年2月26日。吉田利幸府議(自民党)の代表質問に対する答弁。 ^ 大阪府議会2010年2月定例会本会議 ^ 「戦争の総括必要」中韓に配慮 ^ BLOGOS 橋下徹2014年02月25日 02:01河野談話のおかげで、日本だけが戦場の性の問題で特殊な国だと評価されてしまっている。 - 2014年2月25日のツイート ^ “【主張】中山国交相辞任 信頼失う言動くり返すな”. 産経新聞. オリジナルの2008年11月2日時点によるアーカイブ。 2008年11月閲覧。


6. #ビートたけしのTVタックル(2017年7月9日)|危険運転続出!自転車の大問題/進む老朽化 急増する"限界マンション"問題|決して他人事ではない!?巷の大問題SP

  • Duration: 2545
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル(2017年7月9日)|危険運転続出!自転車の大問題/進む老朽化 急増する

#ビートたけしのTVタックル(2017年7月9日)|危険運転続出!自転車の大問題/進む老朽化 急増する"限界マンション"問題|決して他人事ではない!?巷の大問題SP - プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと ナレーター 江口ともみ オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 どーする?!TVタックル ビートたけしのTVタックル(ゴールデン時代) - ビートたけし(北野武) TakesiKitano 本名 北野武(きたの たけし) ニックネーム たけちゃん、たけし、殿、世界のキタノ 別名義 ビートたけし・北野武、マス北野 生年月日 1947年1月18日(69歳) 最終学歴 明治大学工学部(現:理工学部)機械工学科除籍(特別卒業認定) 師匠 深見千三郎、松鶴家千代若・千代菊、立川談志、コロムビア・ライト 出身 浅草フランス座 コンビ名 ツービート グループ名 亀有ブラザーズ 相方 ビートきよし 芸風 漫才(ツッコミ→ボケ) 立ち位置 左 事務所 吉川事務所→太田プロダクション→オフィス北野 活動時期 1972年 - 同期 笑福亭鶴瓶、志村けん 現在の代表番組 レギュラー番組 世界まる見え!テレビ特捜部 ビートたけしのTVタックル たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 奇跡体験!アンビリバボー たけしのニッポンのミカタ! 情報7days ニュースキャスター スペシャル番組 平成教育委員会 たけしのニッポン人白書 ビートたけしの禁断の大暴露!!超常現象(秘)Xファイル たけしが鶴瓶に今年中に話しておきたい5〜6個のこと THE MANZAI 北野演芸館〜たけしが本気で選んだ芸人大集結SP〜 オールスター感謝祭 過去の代表番組 元気が出るテレビ!! スーパージョッキー ひょうきん族 スポーツ大将 風雲!たけし城 北野ファンクラブ 他多数 作品 映画「その男、凶暴につき」 映画「HANA-BI」 映画「座頭市」 著書「たけしくん、ハイ!」 著書「浅草キッド」 他の活動 映画監督、俳優、脚本家、大学教授、歌手、芸術家、作家 配偶者  北野幹子 親族 北野大(実兄) 北野井子(実娘) 北野篤(実息) 松田秀士(義弟) 弟子 たけし軍団 公式サイト OFFICE-KITANO WEB SITE 受賞歴 1990年 トリノ国際映画祭 特別賞 1990年 日本映画監督協会新人奨励賞 1993年 タオルミナ国際映画祭 カリッディ金賞 1993年 コニャック国際映画祭 批評家賞 1997年 ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞 1998年 ニューヨーク国際映画祭 国際映画賞 1998年 サンパウロ国際映画祭 批評家賞 1999年 芸術文化勲章 シュヴァリエ(騎士)[1] 2002年 ダマスカス国際映画祭 最優秀作品賞 2003年 ヴェネツィア国際映画祭 銀獅子賞 2003年 シッチェス・カタロニア国際映画祭 グランプリ 2003年 トロント国際映画祭 グランプリ 2004年 明治大学特別功労賞 2006年 ガリレオ2000賞 文化特別賞 2007年 ヴェネツィア国際映画祭 監督・ばんざい!賞 2008年 モスクワ国際映画祭 特別功労賞 2008年 テッサロニキ国際映画祭 ゴールデン・アレクサンダー名誉賞 2009年 ソフィア国際映画祭 観客賞 2010年 芸術文化勲章 コマンドゥール(騎士団長)[2] 2014年 シャンパーニュ騎士団 オフィシエ・ドヌール(名誉隊長)[3] 2015年 シャンパーニュ騎士団 シャンベラン・ドヌール(名誉侍従)[3] (東京スポーツ映画大賞での受賞歴は除く) 2015年 第8回したまちコメディ映画祭in台東 コメディ栄誉賞[4] 2016年 レジオン・ドヌール勲章 オフィシエ(将校) - 阿川佐和子 誕生 1953年11月1日(63歳) 職業 エッセイスト 最終学歴 慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業 主な受賞歴 1999年:講談社エッセイ賞(『ああ言えばこう食う』) 1999年:坪田譲治文学賞(『ウメ子』) 2008年:島清恋愛文学賞(『婚約のあとで』) 配偶者 未婚 親族 祖父:阿川甲一 父:阿川弘之 兄:阿川尚之 ビートたけし(悪党党総裁) 大竹まこと(悪党党党員) 浜田幸一(悪党党幹事長) 三宅久之(政治評論家) 江口ともみ(『TVタックル』のナレーター) 檀ふみ(檀も以前『TVタックル』に出演していたことがある) 斎藤由香(父の友人・北杜夫の長女であり互いに幼少時から知己の間柄) 阪田寛夫(父の友人・童謡サッちゃん作詞) 大浦みずき(父の友人・阪田寛夫の次女であり互いに幼少時から知己の間柄) 放送中 ビートたけしのTVタックル(テレビ朝日、1998年2月 - ) - 進行レギュラー 阿川佐和子のゴルフフォーラム(BSフジ、 - 2009年10月) 阿川ごはん(BSフジ、2009年11月7日 - ) サワコの朝(MBS・TBS、2011年10月1日 - ) - 聞き手 ビートたけしの知らないニュース(テレビ朝日、2013年12月9日 - )※不定期特番 - 進行 お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺(テレビ朝日、2016年10月3日 - )- レギュラー 終了 朝のホットライン(TBS、1981年9月28日 - 1990年3月30日) - リポーター 情報デスクToday(TBS、1983年10月 - 1989年9月) - アシスタント 筑紫哲也 NEWS23(TBS、1989年10月 - 1991年3月) - サブキャスター JNN報道特集(TBS、1992年10月 - 1994年9月) - キャスター 無意味良品(BSフジ、2004年4月 - 2007年2月) スタ☆メン(フジテレビ・関西テレビ、2005年10月2日 - 2007年3月25日) - MC 阿川佐和子のゴルフ友遊録(テレビ東京、2007年10月6日 - 2008年3月29日) 大人の自由時間 火曜日「第(2)ニッポン国・独立宣言」(BS11、2007年12月3日 - 2009年4月2日) 阿川佐和子&檀ふみの京都1泊2日懐かしレトロ旅(テレビ朝日、2014年7月20日)- 旅人 独占!長嶋茂雄の真実~父と娘の40年物語~(TBS、2015年1月3日)- MC 1万人の第九 サワコ・又吉のクラシックなんて怖くない♪(TBS、2015年12月23日)- MC - 大竹まこと 本名 大竹真 トリオ名 シティボーイズ 相方 きたろう・斉木しげる 現在の代表番組 『ビートたけしのTVタックル』、『大竹まこと ゴールデンラジオ!』 過去の代表番組 『夕やけニャンニャン』など 他の活動 俳優、ラジオパーソナリティ 配偶者  既婚 親族 弟:大竹オサム(作家・料理人) 長男:大竹涼太(ASH&Dコーポレーションマネージャー) 弟子 ユリオカ超特Q 映画 八甲田山(1977年、東宝) - 雪中行軍隊・橇隊の兵卒 役 聖職の碑(1978年、東宝) - 山小屋を燃やしてしまう三人の男のうちの一人(ノンクレジット) 喜談 南海燮化玉(1978年) - 主演・鉄平 役 愛染恭子の未亡人下宿(1984年、にっかつ) - 肉屋 役 さらば愛しき人よ(1987年、松竹) - ラジオのゲスト 役 マリアの胃袋(1990年、アルゴプロジェクト) - 安井喜一郎 役 スキ!(1990年、東宝) - 占い師 役 シンデレラ・エクスプレス(1990年、キネマスターフィルム) - 松井大輔 役 香港パラダイス(1990年、東宝) - 平田 役 ボクが病気になった理由(1990年、アルゴ・プロジェクト) - 田辺正太郎 役 さらば愛しのやくざ(1990年、東映) - 坂田明二 役 継承盃(1992年、東映) エンジェル 僕の歌は君の歌(1992年、東宝) - 大竹まこと(本人)役 ゴジラvsモスラ(1992年、東宝) - 友兼剛史 役 居酒屋ゆうれい(1994年、東宝) - 骨董屋主人 役 クレイジー・コップ 捜査はせん!(1995年、タキコーポレーション) - 久方のぼる 役 北京原人 Who are you? (1997年、東映) - 内閣情報室長 役 BROTHER (2001年、オフィス北野/松竹) - 警察官僚 役 Stereo Future SF episode 2002 (2001年、東北新社) - ビデオ編集者の和田 役 Last Dance ラストダンス-離婚式- (2001年、東映) - 大沢和也 役 恋の門(2004年、アスミック・エース) - 門の父 役 アキレスと亀(2008年、東京テアトル / オフィス北野) - 屋台のオヤジ 役 ふきげんな過去(2016年、東京テアトル) - 蓮月庵の店主 役(写真のみの出演)[22] ヒメアノ〜ル(2016年、日活) - 清掃会社の社長 役 家族の日 (2016年、花三) - 宮島 貞一 役


7. 爆笑!|ホリのものまねメドレー

  • Duration: 361
  • Channel: tv
爆笑!|ホリのものまねメドレー

爆笑!|ホリのものまねメドレー - ホリ 本名 堀 裕人[1] 生年月日 1977年2月11日(38歳) 出身地 千葉県[1]白井市(旧・印旛郡白井町) 血液型 B型[1] 身長 173cm[1] 方言 共通語 出身 事務所のオーディション 芸風 ものまね 事務所 ホリプロコム 活動時期 1999年 - 現在の代表番組 ものまねグランプリ ホリプレゼンツ 求人任三郎がいく! 過去の代表番組 ものまねバトル TVおじゃマンボウ くちコミ☆ジョニー 2時っチャオ! ヒミツのちからんど 汐留イベント部 情報プレゼンター とくダネ! 配偶者  既婚 公式サイト 公式プロフィール 受賞歴 1999年、日本テレビ「まねきん」まねきんBoxチャンピオン大会初代チャンピオン - ものまねレパートリー[編集] 木村拓哉 (SMAP) 城島茂 (TOKIO) 麻生太郎 阿藤快 綾小路翔 (氣志團) 芥川隆行 荒木経惟 石倉三郎 泉谷しげる 石橋貴明 (とんねるず) 伊集院光 イジリー岡田 市原悦子 井森美幸 いっこく堂 いつもここから (山田一成 菊地秀規) 内村光良 (ウッチャンナンチャン) ウド鈴木 (キャイーン) えなりかずき ほっしゃん 岡田圭右 (ますだおかだ) 大泉洋 爆笑問題 (太田光 田中裕二) 小澤慎一朗 (ピスタチオ) 唐沢寿明 堺雅人 片岡愛之助 桑田佳祐 (サザンオールスターズ) サンプラザ中野くん (爆風スランプ) 佐藤二朗 テリー伊藤 桂小枝 桂ざこば 加藤茶 志村けん 笑福亭鶴瓶 田中直樹 (ココリコ) 月亭方正 松本人志 (ダウンタウン) 出川哲朗 ネプチューン (原田泰造 堀内健) クロちゃん (安田大サーカス) 鈴木紗理奈 美空ひばり 赤崎千夏 肝付兼太 浜田ブリトニー 佐藤祐造 (インスタントジョンソン) はるな愛 友近 桂米朝 桂春団治 春風亭柳昇 清水圭 寺門ジモン (ダチョウ倶楽部) 岩橋良昌 (プラスマイナス) 福山雅治 田中卓志 (アンガールズ) YOU 千昌夫 吉幾三 串田アキラ 加藤みどり 立木文彦 滝口順平 藤村俊二 田村正和 猫ひろし ルー大柴 武田鉄矢 田中康夫 鳩山由紀夫 西川貴教 (T.M. Revolution) 桜井和寿 (Mr.children) コブクロ (小渕健太郎 黒田俊介) 次長課長 (河本準一 井上聡) 小杉竜一 (ブラックマヨネーズ) 石井勇気 (パンダユナイテッド) 中川礼二 (中川家) 劇団ひとり 山崎努 北林谷栄 平泉成 前田吟 徳井義実 (チュートリアル) 松村邦洋 マツコ・デラックス 真栄田賢 (スリムクラブ) 狩野英孝 加藤和也 木山裕策 小沢一敬 (スピードワゴン) 宮迫博之 (雨上がり決死隊) 薬丸裕英 八嶋智人 柳葉敏郎 ドクロベエ 浜崎憲孝 花輪和彦 藤木茂 永沢君夫 さくらひろし 山口智充 鳩山来留夫 山崎弘也 (アンタッチャブル) みのもんた 東野幸治 中山秀征 宮根誠司 中尾彬 藤井隆 ビートたけし ビビる大木 濱口優 (よゐこ) さまぁ~ず (大竹一樹 三村マサカズ) 山里亮太 (南海キャンディーズ) 板東英二 掛布雅之 鉄拳 デーモン閣下 ユースケ・サンタマリア 佐々木蔵之介 松井秀喜 高倉健 菅原文太 ボビーオロゴンなど - ホリ(1977年2月11日[1] - )は、日本のものまねタレントである。本名、堀 裕人(ほり ひろひと)[1]。 千葉県[1]白井市(旧・印旛郡白井町)出身。ホリプロの関連事務所、ホリプロコム所属。血液型B型[1]。 目次 [非表示] 1 経歴・人物 2 出演 2.1 テレビ番組 2.1.1 現在 2.1.2 過去 2.2 ラジオ番組 2.3 テレビCM 2.4 テレビアニメ 2.5 劇場アニメ 2.6 映画 2.7 ものまねレパートリー 3 CD 4 DVD 5 脚注 6 外部リンク 経歴・人物[編集] 高校時代はハンドボール部に所属していた。大学時代は広告学研究会に所属し、3年次には会長を務めた。大学卒業後、SP(セールスプロモーション)会社で10か月あまりのサラリーマン生活を経て、芸能界入り。テレビ初出演は素人時代に経験した『笑っていいとも!』の素人ものまねコーナー。 2005年4月16日、レギュラー番組の生放送終了間際に結婚を発表した。 金曜ロードショーの『ルパン三世 天使の策略 〜夢のカケラは殺しの香り〜』(2005年7月)で、声優に挑戦した。 2006年2月20日から同年4月20日まで、MSNの企画で「ホリの爆笑ものまね100連発[2]」が行われた。 白井市ふるさと大使として、印西署の一日警察署長に就任し、2015年10月4日(土)、印西市の商業施設で開催された「印西地区防犯フェスタ2015」に集まった人に防犯を呼び掛けた。 [3] 出演[編集] テレビ番組[編集] 現在[編集] (2015年現在) レギュラー番組 マツコ会議(日本テレビ 2015年10月17日 - ) - ナレーション ごごたま(2015年4月9日 - 、テレビ埼玉)木曜日パーソナリティ 不定期 ものまねグランプリ(日本テレビ)  ホリプレゼンツ 求人任三郎がいく!(千葉テレビ放送、2014年4月 - ) 過去[編集] 笑いの金メダル(テレビ朝日系・朝日放送制作) TVおじゃマンボウ(日本テレビ) エンタの神様 (日本テレビ)キャッチコピーは「ものまね界のプリンス」 バックドロップ(メ〜テレ) チータとホリ&エリカの開運アゲアゲ(テレビ愛知) ダウトをさがせ!2007(TBS系・毎日放送制作)パロディドラマ『DOUBT LUCK!!』 くちコミ☆ジョニー(日本テレビ) 爆笑オンエアバトル(NHK総合)戦績0勝2敗 最高317KB 音楽のちから、アートのちから、からだのちから(NHK教育) タモリのボキャブラ天国 大復活祭スペシャル(2008年、フジテレビ) キャッチコピーは「人間コピー製造機」 ザ・イロモネア(TBS、2008年) ※ピンモネアに出演、FINALステージ敗退 新春ゴールデンピンクカーペットSP(フジテレビ、2009年1月1日)キャッチコピーは「ノーモノマネ ノーライフ」 2時っチャオ!(TBS) - 火曜レギュラー。 ものまねバトル(日本テレビ) とんねるずのみなさんのおかげでした(フジテレビ) - 「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」に出演 ナニコレ珍百景(テレビ朝日) - 2009年9月23日放送分に、群馬県代表として出演(これは、事務所の先輩である井森美幸に担がされて出演したものである) スタイルプラス(東海テレビ) - あさりどの代理出演時 逃走中(第19回「激動明治の大事変」)(フジテレビ、2010年11月23日)- 森鴎外役 我思う、故に我ラーメン(HTBの深夜の新番組。2011年4月29日放送の第3回、同年5月6日放送の第4回に出演) ヤンヤンJUMP(テレビ東京、2011年5月14日) 勇者ヨシヒコと魔王の城 第7話(テレビ東京、2011年8月19日) - キサラ 役 勇者ヨシヒコと悪霊の鍵 第9話(テレビ東京、2012年12月7日) - こんぱち 役 釧路エリア開局記念特番 宇梶・ホリ・ギャル曽根が行く 釧路の魅力発見!ふれあい旅(テレビ北海道、2011年8月27日。北海道ローカル) 坂上忍の成長マン!!(テレビ朝日、2014年8月29日、9月5日) 坂上忍の成長マン!! 祝!坂上忍の成長マン日曜ゴールデン拡大版 愛犬しつけ&ものまね急成長2時間半SP!!(テレビ朝日、2014年11月23日) きらめきいっぱいさいたま市(テレビ埼玉) 汐留イベント部(日本テレビ)関東ローカル ヒミツのちからんど(NHK教育)レギュラー トコトンハテナ(テレビ東京)リポーター 情報プレゼンター とくダネ!(フジテレビ) 爆笑レッドカーペット(フジテレビ)キャッチコピーは「ノーモノマネ・ノーライフ」 のびのびシティさいたま市(テレビ埼玉) ビジネスフラッシュ 千葉ロッテマリーンズスペシャル(千葉テレビ放送、2015年2月 - 3月) マツコとマツコ(日本テレビ 2015年4月4日 - 9月26日) - マツコロイドの声 ラジオ番組[編集] ホリのスーパーホットニュース(ニッポン放送、2004年10月 - 2005年3月) 東京REMIX族(J-WAVE) テレビCM[編集] 資生堂「uno」 - 『TVおじゃマンボウ』のおじゃま刑事の服装で出演している日本テレビ限定の放送バージョンが存在していた。 テレビアニメ[編集] ルパン三世 天使の策略 〜夢のカケラは殺しの香り〜(2005年)観光客 役 夜ノヤッターマン(2015年)ドクロベエ 役[4] 劇場アニメ[編集] 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ(2006年)ペラップ 役 映画[編集] 薔薇色のブー子


8. #ビートたけしのTVタックル(2017年2月5日)|賛否の嵐!?ニッポン"巷の大問題" 立ち退き・大麻栽培・・・それでいいのかSP

  • Duration: 2511
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル(2017年2月5日)|賛否の嵐!?ニッポン

#ビートたけしのTVタックル(2017年2月5日)|賛否の嵐!?ニッポン"巷の大問題"SP 東京・十条・・・道路建設立ち退き問題 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと ナレーター 江口ともみ オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 どーする?!TVタックル ビートたけしのTVタックル(ゴールデン時代) - ビートたけし(北野武) TakesiKitano 本名 北野武(きたの たけし) ニックネーム たけちゃん、たけし、殿、世界のキタノ 別名義 ビートたけし・北野武、マス北野 生年月日 1947年1月18日(69歳) 最終学歴 明治大学工学部(現:理工学部)機械工学科除籍(特別卒業認定) 師匠 深見千三郎、松鶴家千代若・千代菊、立川談志、コロムビア・ライト 出身 浅草フランス座 コンビ名 ツービート グループ名 亀有ブラザーズ 相方 ビートきよし 芸風 漫才(ツッコミ→ボケ) 立ち位置 左 事務所 吉川事務所→太田プロダクション→オフィス北野 活動時期 1972年 - 同期 笑福亭鶴瓶、志村けん 現在の代表番組 レギュラー番組 世界まる見え!テレビ特捜部 ビートたけしのTVタックル たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 奇跡体験!アンビリバボー たけしのニッポンのミカタ! 情報7days ニュースキャスター スペシャル番組 平成教育委員会 たけしのニッポン人白書 ビートたけしの禁断の大暴露!!超常現象(秘)Xファイル たけしが鶴瓶に今年中に話しておきたい5〜6個のこと THE MANZAI 北野演芸館〜たけしが本気で選んだ芸人大集結SP〜 オールスター感謝祭 過去の代表番組 元気が出るテレビ!! スーパージョッキー ひょうきん族 スポーツ大将 風雲!たけし城 北野ファンクラブ 他多数 作品 映画「その男、凶暴につき」 映画「HANA-BI」 映画「座頭市」 著書「たけしくん、ハイ!」 著書「浅草キッド」 他の活動 映画監督、俳優、脚本家、大学教授、歌手、芸術家、作家 配偶者  北野幹子 親族 北野大(実兄) 北野井子(実娘) 北野篤(実息) 松田秀士(義弟) 弟子 たけし軍団 公式サイト OFFICE-KITANO WEB SITE 受賞歴 1990年 トリノ国際映画祭 特別賞 1990年 日本映画監督協会新人奨励賞 1993年 タオルミナ国際映画祭 カリッディ金賞 1993年 コニャック国際映画祭 批評家賞 1997年 ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞 1998年 ニューヨーク国際映画祭 国際映画賞 1998年 サンパウロ国際映画祭 批評家賞 1999年 芸術文化勲章 シュヴァリエ(騎士)[1] 2002年 ダマスカス国際映画祭 最優秀作品賞 2003年 ヴェネツィア国際映画祭 銀獅子賞 2003年 シッチェス・カタロニア国際映画祭 グランプリ 2003年 トロント国際映画祭 グランプリ 2004年 明治大学特別功労賞 2006年 ガリレオ2000賞 文化特別賞 2007年 ヴェネツィア国際映画祭 監督・ばんざい!賞 2008年 モスクワ国際映画祭 特別功労賞 2008年 テッサロニキ国際映画祭 ゴールデン・アレクサンダー名誉賞 2009年 ソフィア国際映画祭 観客賞 2010年 芸術文化勲章 コマンドゥール(騎士団長)[2] 2014年 シャンパーニュ騎士団 オフィシエ・ドヌール(名誉隊長)[3] 2015年 シャンパーニュ騎士団 シャンベラン・ドヌール(名誉侍従)[3] (東京スポーツ映画大賞での受賞歴は除く) 2015年 第8回したまちコメディ映画祭in台東 コメディ栄誉賞[4] 2016年 レジオン・ドヌール勲章 オフィシエ(将校) - 阿川佐和子 誕生 1953年11月1日(63歳) 職業 エッセイスト 最終学歴 慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業 主な受賞歴 1999年:講談社エッセイ賞(『ああ言えばこう食う』) 1999年:坪田譲治文学賞(『ウメ子』) 2008年:島清恋愛文学賞(『婚約のあとで』) 配偶者 未婚 親族 祖父:阿川甲一 父:阿川弘之 兄:阿川尚之 ビートたけし(悪党党総裁) 大竹まこと(悪党党党員) 浜田幸一(悪党党幹事長) 三宅久之(政治評論家) 江口ともみ(『TVタックル』のナレーター) 檀ふみ(檀も以前『TVタックル』に出演していたことがある) 斎藤由香(父の友人・北杜夫の長女であり互いに幼少時から知己の間柄) 阪田寛夫(父の友人・童謡サッちゃん作詞) 大浦みずき(父の友人・阪田寛夫の次女であり互いに幼少時から知己の間柄) 放送中 ビートたけしのTVタックル(テレビ朝日、1998年2月 - ) - 進行レギュラー 阿川佐和子のゴルフフォーラム(BSフジ、 - 2009年10月) 阿川ごはん(BSフジ、2009年11月7日 - ) サワコの朝(MBS・TBS、2011年10月1日 - ) - 聞き手 ビートたけしの知らないニュース(テレビ朝日、2013年12月9日 - )※不定期特番 - 進行 お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺(テレビ朝日、2016年10月3日 - )- レギュラー 終了 朝のホットライン(TBS、1981年9月28日 - 1990年3月30日) - リポーター 情報デスクToday(TBS、1983年10月 - 1989年9月) - アシスタント 筑紫哲也 NEWS23(TBS、1989年10月 - 1991年3月) - サブキャスター JNN報道特集(TBS、1992年10月 - 1994年9月) - キャスター 無意味良品(BSフジ、2004年4月 - 2007年2月) スタ☆メン(フジテレビ・関西テレビ、2005年10月2日 - 2007年3月25日) - MC 阿川佐和子のゴルフ友遊録(テレビ東京、2007年10月6日 - 2008年3月29日) 大人の自由時間 火曜日「第(2)ニッポン国・独立宣言」(BS11、2007年12月3日 - 2009年4月2日) 阿川佐和子&檀ふみの京都1泊2日懐かしレトロ旅(テレビ朝日、2014年7月20日)- 旅人 独占!長嶋茂雄の真実~父と娘の40年物語~(TBS、2015年1月3日)- MC 1万人の第九 サワコ・又吉のクラシックなんて怖くない♪(TBS、2015年12月23日)- MC - 大竹まこと 本名 大竹真 トリオ名 シティボーイズ 相方 きたろう・斉木しげる 現在の代表番組 『ビートたけしのTVタックル』、『大竹まこと ゴールデンラジオ!』 過去の代表番組 『夕やけニャンニャン』など 他の活動 俳優、ラジオパーソナリティ 配偶者  既婚 親族 弟:大竹オサム(作家・料理人) 長男:大竹涼太(ASH&Dコーポレーションマネージャー) 弟子 ユリオカ超特Q 映画 八甲田山(1977年、東宝) - 雪中行軍隊・橇隊の兵卒 役 聖職の碑(1978年、東宝) - 山小屋を燃やしてしまう三人の男のうちの一人(ノンクレジット) 喜談 南海燮化玉(1978年) - 主演・鉄平 役 愛染恭子の未亡人下宿(1984年、にっかつ) - 肉屋 役 さらば愛しき人よ(1987年、松竹) - ラジオのゲスト 役 マリアの胃袋(1990年、アルゴプロジェクト) - 安井喜一郎 役 スキ!(1990年、東宝) - 占い師 役 シンデレラ・エクスプレス(1990年、キネマスターフィルム) - 松井大輔 役 香港パラダイス(1990年、東宝) - 平田 役 ボクが病気になった理由(1990年、アルゴ・プロジェクト) - 田辺正太郎 役 さらば愛しのやくざ(1990年、東映) - 坂田明二 役 継承盃(1992年、東映) エンジェル 僕の歌は君の歌(1992年、東宝) - 大竹まこと(本人)役 ゴジラvsモスラ(1992年、東宝) - 友兼剛史 役 居酒屋ゆうれい(1994年、東宝) - 骨董屋主人 役 クレイジー・コップ 捜査はせん!(1995年、タキコーポレーション) - 久方のぼる 役 北京原人 Who are you? (1997年、東映) - 内閣情報室長 役 BROTHER (2001年、オフィス北野/松竹) - 警察官僚 役 Stereo Future SF episode 2002 (2001年、東北新社) - ビデオ編集者の和田 役 Last Dance ラストダンス-離婚式- (2001年、東映) - 大沢和也 役 恋の門(2004年、アスミック・エース) - 門の父 役 アキレスと亀(2008年、東京テアトル / オフィス北野) - 屋台のオヤジ 役 ふきげんな過去(2016年、東京テアトル) - 蓮月庵の店主 役(写真のみの出演)[22] ヒメアノ〜ル(2016年、日活) - 清掃会社の社長 役 家族の日 (2016年、花三) - 宮島 貞一 役


9. 【最新】2013年1月20日 ヒルクライム 『想送歌』 LIVE in 高松オリーブホール

  • Duration: 647
  • Channel: news
【最新】2013年1月20日 ヒルクライム 『想送歌』 LIVE in  高松オリーブホール

http://www43.tok2.com/home/sakumoenter/save.htm 「動画再生」は上のウェブサイトより 20130120 2013.01.20 2013/01/20 01月20日 20130121 01.21 01/21 01月21日 :00 とくダネ! ▽事件の真相に迫る!▽渦中の人物に直撃! ▽エンタメ&芸能情報▽よくわかる政治経済 ▽人気スターが登場!▽天達ズバリ天気予報 小倉智昭 菊川怜 笠井信輔 iEPG 気になる 55 ノンストップ! 来日初ライブ1D単独直撃素顔&口説き英語実演▽ガガ購入検討!?39億マイケルのあの楽園!▽郷ひろみ豪華披露宴▽お取り寄せグルメ祭 iEPG 気になる 30 FNNスピーク[字] 知りたいニュースをわかりやすく!ホットな情報は速報であなたの元へ!役立つニュースが詰まった30分!被災地発ニュースも継続的に報道します。 iEPG 気になる 00 笑っていいとも! 呼べばあなたのお宅に来ちゃうかも?昨今話題のイケメン出張サービス員コンテスト▽テレフォンは西村和彦&書家・國重友美夫妻の(秘)夫婦生活▽香取企画に超絶ワザの驚き人物 iEPG 気になる 00 ライオンのごきげんよう[字] 錦野旦がお葬式で目撃したトンデモ坊主!!▽人気若手俳優・和田正人が語る人づきあいのコツ!!▽小沢真珠、バリ島の神を怒らせる!?▽山本高広のものまね名人芸!! iEPG 気になる 30 モメる門には福きたる #11[字][デ] 夏希(白石美帆)と香苗(山田キヌヲ)は優作(山口馬木也)の下で老舗和菓子屋に嫁いだ女性の離婚訴訟を担当することに。しかし夏希の何気ないひと言で香苗が怒り出し…。 iEPG 気になる 00 知りたがり![字] テロの生存者が語る…生死を分けた瞬間▽がん特集(1)検診で見つからない肺がんの“死角"検証▽昭和の大横綱…大鵬逝く▽ライオン犬追跡 iEPG 気になる 52 チャンネルα・ストロベリーナイト #05[再][字][デ] 「選ばれた殺意~過ぎた正義」 竹内結子 西島秀俊 小出恵介 丸山隆平 武田鉄矢(他) iEPG 気になる 50 スーパーニュース[字] 事件&政治&スポーツ…独自目線“今"を斬る▽こだわりの徹底取材~注目“スーパー特報"▽良純「空をみよう」 安藤優子 木村太郎 境鶴丸 石本沙織 ほか iEPG 気になる 00 ネプ大リーグ~渡哲也が初参戦!石原軍団まさかの全員集結SP~[字] クイズ番組史上最大の衝撃!渡哲也!舘ひろし!神田正輝!石原軍団揃い踏み超豪華SP!軍団の面子をかけ常識問題に挑戦!慣れないクイズに手加減なしのネプに渡が激怒!? iEPG 気になる 54 FNNレインボー発・あすの天気[字] この時間帯で起きた最新ニュースを短い時間の中で、今伝えなければならない情報をコンパクトに、わかりやすく丁寧にお伝えします iEPG 気になる 00 ビブリア古書堂の事件手帖 #02[字] 「なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか」 女子高生が本を盗んだ意外な理由とは? 剛力彩芽 AKIRA 田中圭 高橋克実 ほか iEPG 気になる 54 くいしん坊!万才[字] 「鳥取・広島シリーズ」 松岡修造が各地を訪ね名物料理や郷土の味・珍味に挑戦!歴史や文化、人々の暮らしにふれながら食べることの喜びや出会いの楽しさを求めます。 iEPG 気になる 00 SMAP×SMAP[字] 今田耕司が山Pと新コンビ結成?まさかの後輩イビりに赤面爆笑トーク▽稲垣ごりーvsきゃりーぱみゅぱみゅ!紅白乱入(秘)裏側を完全公開▽草ナギ新コント▽テイラースウィフト iEPG 気になる 54 トマトラベル[字] 世界のトマトを召し上がれ!話題のあの子が世界各国のトマト料理を巡ります!さて今日のお味は・・・?How did you like it?NA:nona iEPG 気になる 00 ヌメロン[字] 予測不能の奇戦対決が実現!“土田晃之VS劇団ひとり"180万人がやっている話題沸騰の数字推理戦「ヌメロン」にご注目ください! iEPG 気になる 30 LIVE2013 ニュースJAPAN&すぽると![字] 大島&奥寺「夜の一本勝負!」あなたの疑問「私たちが全力で追いかけます」 ▽スポーツを愛する貴方へ…毎日が生放送!テレビだからこそ伝えることができる魅力をご提供! iEPG 気になる 35 にっぽんのミンイ MC杏梨ルネ スマホ・携帯・PCから生放送に投票!その日起きたタイムリーなニュースへのホンネを聞かせて下さい。「ミンイ」で検索。事前投票開始は夜9時~ iEPG 気になる 40 [新]10匹のコブタちゃん[字] やせ我慢しないライフスタイルを続々紹介!!ラーメン+雑炊を堪能できる絶品お取寄せ!!ポジティブに生きるヒント満載の話題書籍!!現代女性がピルを服用する理由!? iEPG 気になる 10 たけしのコマ大数学科 世界の鬼才ビートたけしが数学に挑む!数々の難問を美人東大生チームと真剣勝負!氾濫する“知的バラエティー"とは一線を画するコアでハードでエクセレントな世界! iEPG 気になる 40 復活直前!IQサプリ2013予習SP! 明日よる7時いよいよ「IQサプリ」が4年ぶりに復活!復活前夜の予習スペシャルを敢行!マスター伊東四朗が秘書・中野美奈子と第2秘書・加藤綾子を深夜大特訓 iEPG 気になる 10 スキ モノ 『モノ』が大好きなMC陣が厳しい目線で商品をチェックしていく、新感覚の通販情報バラエティ番組!魅力はどこにあるのか、巷の噂は本当か徹底的に検証します! iEPG 気になる 35 プレミアの巣窟 マイケルとシルクが強力コラボ!話題騒然のショーを先行受付!!▽デーモン閣下がスタジオ降臨!注目のエンタメ集団VOCA PEOPLEを閣下が徹底解説▽大相撲 iEPG 気になる 00 レバレッジ シーズン1 #08[二] 第8話「5000キロの彼方」 破産を装い責任逃れを企む会社が、財産を密かに国外へ移そうとしていた。事態に気づいたチームは運搬に使われる旅客機に乗り込む。 iEPG 気になる 55 SOUND WEATHER メジャー、インディーズを問わず、良質なポップミュージックのプロモーションビデオにのせて、翌日のお天気をお届けする音楽プログラム。 iEPG 気になる 00 めざにゅ~ ▽情報満載のNEWSを詳しく伝えます ▽豊富なENTERTAINMENT情報 ▽詳しくて楽しいWEATHER予報 ▽前日のSPORTSたっぷり見せます iEPG 気になる 25 めざにゅ~ ▽情報満載のNEWSを詳しく伝えます ▽豊富なENTERTAINMENT情報 ▽詳しくて楽しいWEATHER予報 ▽前日のSPORTSたっぷり見せます iEPG 気になる 25 めざましテレビ[デ] ▽ニュースで物知りに▽エンタメで心が躍る▽トレンドでワクワク▽ココ調で話題の中心に▽ヒト調で人生に感動▽アプリでテレビに参加▽キッズ&わんこで癒やしの朝 iEPG 気にな


10. #ビートたけしのTVタックル(2017年2月26日)|賛否の嵐!?ニッポン全国”巷の大問題” 認知症に火葬場不足・・・超高齢化社会どうするSP

  • Duration: 2852
  • Channel: news
#ビートたけしのTVタックル(2017年2月26日)|賛否の嵐!?ニッポン全国”巷の大問題” 認知症に火葬場不足・・・超高齢化社会どうするSP

#ビートたけしのTVタックル(2017年2月26日)|賛否の嵐!?ニッポン全国”巷の大問題” 認知症に火葬場不足・・・超高齢化社会どうするSP プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと ナレーター 江口ともみ オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 どーする?!TVタックル ビートたけしのTVタックル(ゴールデン時代) - ビートたけし(北野武) TakesiKitano 本名 北野武(きたの たけし) ニックネーム たけちゃん、たけし、殿、世界のキタノ 別名義 ビートたけし・北野武、マス北野 生年月日 1947年1月18日(69歳) 最終学歴 明治大学工学部(現:理工学部)機械工学科除籍(特別卒業認定) 師匠 深見千三郎、松鶴家千代若・千代菊、立川談志、コロムビア・ライト 出身 浅草フランス座 コンビ名 ツービート グループ名 亀有ブラザーズ 相方 ビートきよし 芸風 漫才(ツッコミ→ボケ) 立ち位置 左 事務所 吉川事務所→太田プロダクション→オフィス北野 活動時期 1972年 - 同期 笑福亭鶴瓶、志村けん 現在の代表番組 レギュラー番組 世界まる見え!テレビ特捜部 ビートたけしのTVタックル たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 奇跡体験!アンビリバボー たけしのニッポンのミカタ! 情報7days ニュースキャスター スペシャル番組 平成教育委員会 たけしのニッポン人白書 ビートたけしの禁断の大暴露!!超常現象(秘)Xファイル たけしが鶴瓶に今年中に話しておきたい5〜6個のこと THE MANZAI 北野演芸館〜たけしが本気で選んだ芸人大集結SP〜 オールスター感謝祭 過去の代表番組 元気が出るテレビ!! スーパージョッキー ひょうきん族 スポーツ大将 風雲!たけし城 北野ファンクラブ 他多数 作品 映画「その男、凶暴につき」 映画「HANA-BI」 映画「座頭市」 著書「たけしくん、ハイ!」 著書「浅草キッド」 他の活動 映画監督、俳優、脚本家、大学教授、歌手、芸術家、作家 配偶者  北野幹子 親族 北野大(実兄) 北野井子(実娘) 北野篤(実息) 松田秀士(義弟) 弟子 たけし軍団 公式サイト OFFICE-KITANO WEB SITE 受賞歴 1990年 トリノ国際映画祭 特別賞 1990年 日本映画監督協会新人奨励賞 1993年 タオルミナ国際映画祭 カリッディ金賞 1993年 コニャック国際映画祭 批評家賞 1997年 ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞 1998年 ニューヨーク国際映画祭 国際映画賞 1998年 サンパウロ国際映画祭 批評家賞 1999年 芸術文化勲章 シュヴァリエ(騎士)[1] 2002年 ダマスカス国際映画祭 最優秀作品賞 2003年 ヴェネツィア国際映画祭 銀獅子賞 2003年 シッチェス・カタロニア国際映画祭 グランプリ 2003年 トロント国際映画祭 グランプリ 2004年 明治大学特別功労賞 2006年 ガリレオ2000賞 文化特別賞 2007年 ヴェネツィア国際映画祭 監督・ばんざい!賞 2008年 モスクワ国際映画祭 特別功労賞 2008年 テッサロニキ国際映画祭 ゴールデン・アレクサンダー名誉賞 2009年 ソフィア国際映画祭 観客賞 2010年 芸術文化勲章 コマンドゥール(騎士団長)[2] 2014年 シャンパーニュ騎士団 オフィシエ・ドヌール(名誉隊長)[3] 2015年 シャンパーニュ騎士団 シャンベラン・ドヌール(名誉侍従)[3] (東京スポーツ映画大賞での受賞歴は除く) 2015年 第8回したまちコメディ映画祭in台東 コメディ栄誉賞[4] 2016年 レジオン・ドヌール勲章 オフィシエ(将校) - 阿川佐和子 誕生 1953年11月1日(63歳) 職業 エッセイスト 最終学歴 慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業 主な受賞歴 1999年:講談社エッセイ賞(『ああ言えばこう食う』) 1999年:坪田譲治文学賞(『ウメ子』) 2008年:島清恋愛文学賞(『婚約のあとで』) 配偶者 未婚 親族 祖父:阿川甲一 父:阿川弘之 兄:阿川尚之 ビートたけし(悪党党総裁) 大竹まこと(悪党党党員) 浜田幸一(悪党党幹事長) 三宅久之(政治評論家) 江口ともみ(『TVタックル』のナレーター) 檀ふみ(檀も以前『TVタックル』に出演していたことがある) 斎藤由香(父の友人・北杜夫の長女であり互いに幼少時から知己の間柄) 阪田寛夫(父の友人・童謡サッちゃん作詞) 大浦みずき(父の友人・阪田寛夫の次女であり互いに幼少時から知己の間柄) 放送中 ビートたけしのTVタックル(テレビ朝日、1998年2月 - ) - 進行レギュラー 阿川佐和子のゴルフフォーラム(BSフジ、 - 2009年10月) 阿川ごはん(BSフジ、2009年11月7日 - ) サワコの朝(MBS・TBS、2011年10月1日 - ) - 聞き手 ビートたけしの知らないニュース(テレビ朝日、2013年12月9日 - )※不定期特番 - 進行 お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺(テレビ朝日、2016年10月3日 - )- レギュラー 終了 朝のホットライン(TBS、1981年9月28日 - 1990年3月30日) - リポーター 情報デスクToday(TBS、1983年10月 - 1989年9月) - アシスタント 筑紫哲也 NEWS23(TBS、1989年10月 - 1991年3月) - サブキャスター JNN報道特集(TBS、1992年10月 - 1994年9月) - キャスター 無意味良品(BSフジ、2004年4月 - 2007年2月) スタ☆メン(フジテレビ・関西テレビ、2005年10月2日 - 2007年3月25日) - MC 阿川佐和子のゴルフ友遊録(テレビ東京、2007年10月6日 - 2008年3月29日) 大人の自由時間 火曜日「第(2)ニッポン国・独立宣言」(BS11、2007年12月3日 - 2009年4月2日) 阿川佐和子&檀ふみの京都1泊2日懐かしレトロ旅(テレビ朝日、2014年7月20日)- 旅人 独占!長嶋茂雄の真実~父と娘の40年物語~(TBS、2015年1月3日)- MC 1万人の第九 サワコ・又吉のクラシックなんて怖くない♪(TBS、2015年12月23日)- MC - 大竹まこと 本名 大竹真 トリオ名 シティボーイズ 相方 きたろう・斉木しげる 現在の代表番組 『ビートたけしのTVタックル』、『大竹まこと ゴールデンラジオ!』 過去の代表番組 『夕やけニャンニャン』など 他の活動 俳優、ラジオパーソナリティ 配偶者  既婚 親族 弟:大竹オサム(作家・料理人) 長男:大竹涼太(ASH&Dコーポレーションマネージャー) 弟子 ユリオカ超特Q 映画 八甲田山(1977年、東宝) - 雪中行軍隊・橇隊の兵卒 役 聖職の碑(1978年、東宝) - 山小屋を燃やしてしまう三人の男のうちの一人(ノンクレジット) 喜談 南海燮化玉(1978年) - 主演・鉄平 役 愛染恭子の未亡人下宿(1984年、にっかつ) - 肉屋 役 さらば愛しき人よ(1987年、松竹) - ラジオのゲスト 役 マリアの胃袋(1990年、アルゴプロジェクト) - 安井喜一郎 役 スキ!(1990年、東宝) - 占い師 役 シンデレラ・エクスプレス(1990年、キネマスターフィルム) - 松井大輔 役 香港パラダイス(1990年、東宝) - 平田 役 ボクが病気になった理由(1990年、アルゴ・プロジェクト) - 田辺正太郎 役 さらば愛しのやくざ(1990年、東映) - 坂田明二 役 継承盃(1992年、東映) エンジェル 僕の歌は君の歌(1992年、東宝) - 大竹まこと(本人)役 ゴジラvsモスラ(1992年、東宝) - 友兼剛史 役 居酒屋ゆうれい(1994年、東宝) - 骨董屋主人 役 クレイジー・コップ 捜査はせん!(1995年、タキコーポレーション) - 久方のぼる 役 北京原人 Who are you? (1997年、東映) - 内閣情報室長 役 BROTHER (2001年、オフィス北野/松竹) - 警察官僚 役 Stereo Future SF episode 2002 (2001年、東北新社) - ビデオ編集者の和田 役 Last Dance ラストダンス-離婚式- (2001年、東映) - 大沢和也 役 恋の門(2004年、アスミック・エース) - 門の父 役 アキレスと亀(2008年、東京テアトル / オフィス北野) - 屋台のオヤジ 役 ふきげんな過去(2016年、東京テアトル) - 蓮月庵の店主 役(写真のみの出演)[22] ヒメアノ〜ル(2016年、日活) - 清掃会社の社長 役 家族の日 (2016年、花三) - 宮島 貞一 役


11. ミヤネ屋|島田紳助が心中を激白!-石坂浩二の番組降板騒動を徹底解説-(2016年02月01)

  • Duration: 908
  • Channel: tv
ミヤネ屋|島田紳助が心中を激白!-石坂浩二の番組降板騒動を徹底解説-(2016年02月01)

ミヤネ屋|島田紳助が心中を激白!-石坂浩二の番組降板騒動を徹底解説-(2016年02月01) - 本名 長谷川 公彦(はせがわ きみひこ) ニックネーム カシアス島田(クイズ!ヘキサゴンII より) 生年月日 1956年3月24日(59歳) 出身地 日本の旗 日本 京都府京都市南区 身長 170cm 方言 京都弁 最終学歴 京都学園大学中退 師匠 島田洋之介 出身 日本の旗 日本 京都府京都市南区 コンビ名 紳助・竜介(解散) 相方 松本竜介 芸風 ボケ(漫才師時代) 立ち位置 右(漫才師時代) 事務所 吉本興業(最終所属) 活動時期 1974年 - 2011年 同期 明石家さんま 関根勤 オール巨人 桂小枝 過去の代表番組 オレたちひょうきん族 行列のできる法律相談所 クイズ!ヘキサゴンII 開運!なんでも鑑定団 クイズ!紳助くん サンデープロジェクト ほか多数 作品 映画『風、スローダウン』 他の活動 ディンプス相談役(過去) 京都市特別観光大使(過去) 配偶者  既婚 受賞歴 1984年 花月大賞 マンスリーよしもと賞 1991年 日本映画批評家賞 特別賞 2011年 「日経エンタテインメント!」嫌いな芸人ランキング 第1位 - CM[編集] 三浦工業(2001年 - 2011年) 引退より前に終了した出演番組[編集] ※コンビでの出演作は島田紳助・松本竜介の項を参照のこと。 バラエティ番組[編集] ひょうきんミニ放送局(フジテレビ) ひょうきん予備校(フジテレビ) 紳竜・さんまのスクープ一直線(関西テレビ/1983年) 紳助・ケントの世界がお呼びです!(MBS/1988年4月-1990年9月) 紳助のMTV倶楽部→CLUB紳助(ABC/1988年4月12日 -1996年9月) クイズ仕事人(ABC/1988年10月-1991年3月/『クイズ!紳助くん』の前身番組) サンデープロジェクト(テレビ朝日/1990年4月-2004年3月まで出演。番組は2010年3月まで続いた) 新伍・紳助のあぶない話(関西テレビ/1990年-1996年) EXテレビ 火曜日(読売テレビ/1990年4月-1994年4月) 紳助のサルでもわかるニュース(読売テレビ/1994年4月-1997年9月) キスだけじゃイヤッ!(読売テレビ/1997年10月-2006年3月)⇒以後はスペシャル番組として放送。 芸恋リアル(読売テレビ/2006年4月-2007年7月) 今夜はシャンパリーノ(読売テレビ/2007年7月-2008年2月) 紳助の人間マンダラ(関西テレビ/1991年4月-2002年3月) 太っ腹!紳助ファンど(関西テレビ) クイズ!当たって25%(TBS/1991年10月 - 1992年3月/『オールスター感謝祭』の原型番組) ダウトをさがせ!(MBS/1992年4月-1993年9月) ダウトをさがせII → ダウトをさがせR(MBS/1994年10月-1995年6月) クイズ どんなMONだい?!(日本テレビ/1992年4月-1994年3月) 嗚呼!バラ色の珍生!!(日本テレビ/1994年10月 - 2001年3月) メトロポリタンジャーニー(フジテレビ/1996年4月-1997年3月) コロンブスのゆで卵(TBS/1996年4月-1997年9月) カジノザウルス(関西テレビ/1996年7月-1997年3月) 特捜!芸能ポリスくん(TBS/1998年4月-1999年3月) ウォンテッド!!(フジテレビ/1998年4月-1999年3月) 走れ!!しあわせ建設(フジテレビ/1999年4月- 8月) 松紳(広島テレビ/2000年10月-2006年3月/ダウンタウンの松本人志と共演) ザ! キャッシュマン(フジテレビ/2001年4月-8月) B.C.ビューティー・コロシアム(フジテレビ/2001年-2003年。2004年から放送開始したスペシャル版には第1回のみ出演し、以後は降板した) ジョン万次郎(TBS、2002年10月-2003年3月) クイズ!ヘキサゴン(フジテレビ/2003年4月-2005年10月) 世界バリバリ★バリュー(MBS/2003年4月-2008年3月) 明日使える心理学!テッパンノート(MBS/2008年4月-9月) 謎を解け!まさかのミステリー(日本テレビ/2003年10月-2006年3月) 島田検定!! 国民的潜在能力テスト→島田検定SUPER!!(TBS/2005年4月-2006年2月) アスリート応援TV! ニッポン!チャ×3(TBS/2006年4月-2007年2月) 美味紳助(テレビ朝日/2007年4月-2007年9月) 女神のアンテナ(テレビ朝日/2007年11月-2008年8月) 一攫千金!日本ルー列島(フジテレビ/2008年4月-2009年2月) ホンネの殿堂!!紳助にはわかるまいっ(フジテレビ/2009年4月-2010年9月) クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!(日本テレビ/逸見政孝の代理司会・解答席) 歌のトップテン (日本テレビ) クイズ!!体にいいTV(日本テレビ) 全国高等学校クイズ選手権 事前番組(日本テレビ/1987年-1996年) クイズ三角関係 (TBS) わくわく動物ランド (TBS) ムーブ・島田弁護協会(TBS/1992年10月-1993年3月/『沼島の春よふたたび!お見合い大作戦』はこの番組から誕生) ムーブ・テレビ進学塾(TBS/1993年5月- 9月) 青春!島田学校(TBS/1990年) 海岸物語 昔みたいに…(TBS/1988年)- 郷原進 役 TV-JACK(朝日放送) 誰がカバやねんロックンロールショー(関西テレビ) 夢々夢中組(毎日放送) 紳助の狼が来た〜(読売テレビ) クイズ!!ひらめきパスワード(毎日放送) スーパークイズスペシャル(日本テレビ) おとうさんの時間(NHK総合テレビ) プロ野球珍プレー・好プレー大賞(フジテレビ) 熱血!島田塾〜おれたちホンキ宣言〜(テレビ朝日) HEARTに聞け(TBS) ザ・ディール(TBS/不定期特番) 恐怖の食卓(フジテレビ/不定期特番) FNS ALLSTARS あっつい25時間テレビ やっぱ楽しくなければテレビじゃないもん!!(フジテレビ/ゲスト出演) しゃべくり007(日本テレビ/ゲスト出演) 行列のできる芸能人通販王決定戦(日本テレビ) FNSの日26時間テレビ2009 超笑顔パレード 爆笑!お台場合宿!!(フジテレビ/総合司会を務める。) FNSの日26時間テレビ2010 超笑顔パレード 絆 爆笑!お台場合宿!!(フジテレビ/前年同様、総合司会を務める。) 島田紳助がオールスターの皆様に芸能界の厳しさ教えますスペシャル!(読売テレビ) M-1グランプリ(ABC / 年1回特番、2001年 - 2010年) テレビドラマ[編集] あっちこっち丁稚(1975年4月6日〜1983年9月18日放送、ABC) 花の駐在さん(1976年〜1984年10月7日放送、ABC) 恋のかけら-大阪物語-(1980年3月9日放送、KTV) ※主演[注 6]。 春の訪問者 ミセスとぼくとセニョールと!〜夢飛行〜(1980年9月17日〜1981年2月11日放送、MBS) 影の軍団II(1981年10月6日〜1982年3月30日放送、KTV) 第22話「甲賀忍法・必殺の賭け」(1982年3月2日放送) 幕末青春グラフィティ 坂本竜馬(1982年11月16日放送、NTV)- 沢村惣之丞 役 木曜ファミリーワイド マザコン刑事の事件簿 湖の幽霊ホテル・「お客さん今晩は…」娘たちはまた消えた!(1983年3月3日放送、フジテレビ) 鉄矢のとんからりん(1983年4月3日〜9月放送、ANB) 赤い足音(1983年6月22日〜7月27日放送、MBS) 花王名人劇場 現代夫婦事情(2) たそがれなんて恐くない!(1984年9月23日放送、KTV) 女殺油地獄 (1984年9月29日放送、NHK) 幕末青春グラフィティ 福沢諭吉(1985年2月11日放送、TBS)- 岡っ引き黒崎 役 月曜ワイド劇場 酔いどれカラオケ女医者 ネオン街の診療室、母がわが娘の妊娠中絶!(1985年3月11日放送、ANB) 月曜ドラマランド おさわがせ剣士 赤胴鈴之助(1985年7月8日放送、フジテレビ) 好色一代男 世之介の愛して愛して物語(1986年1月1日放送、TBS) アナウンサーぷっつん物語(1987年4月6日〜5月11日放送、フジテレビ) 第5話「女性の美しさと友情」(1987年5月4日放送) 子連れ家政婦アッコさん(1988年3月25日放送) 海岸物語☆昔みたいに(1988年4月6日〜6月22日放送、TBS)- 郷原進 役 土曜ドラマスペシャル 風よ、鈴鹿へ(1988年11月5日放送、TBS)※自伝小説をドラマ化。チーム・シンスケが「8耐」に挑戦する話で紳助も実名で登場。第28回日本テレビ技術賞奨励賞受賞(録音)作品。 ドラマ23 ビートたけし殺人事件(1989年1月16日〜1月19日放送、TBS) 紳助・典子の新婚物語(1989年4月3日〜4月6日放送、TBS) 火曜スーパーワイド くどき屋ジョー(1989年6月6日放送、ANB) 花王ファミリースペシャル 花のお江戸探偵団!(1990年4月29日放送、KTV) 吉本最後の日!? (1992年10月8日放送、YTV) 新・部長刑事アーバンポリス24(ABC) 第247回「消えた浪花のモーツァルト」(1995年10月14日放送) 第426回「愛と哀しみの果てに…」(2000年1月8日放送) 佐賀のがばいばあちゃん(2007年1月4日放送、フジテレビ) 金曜プレステージ - 石坂 浩二 本名 武藤 兵吉 (むとう へいきち) 生年月日 1941年6月20日(74歳) 出生地 日本の旗 日本・東京府東京市京橋区 (現:東京都中央区) 身長 177 cm 血液型 O型 職業 俳優・タレント・司会者・ナレーター ジャンル テレビドラマ・映画・バラエティ番組 活動期間 1958年 - 活動内容 1958年:デビュー 1969年:『天と地と』 1971年:浅丘ルリ子と結婚 1975年:『元禄太平記』 1976年『犬神家の一族』 1977年:『獄門島』 1979年:『草燃える』 2000年:浅丘ルリ子と離婚 2001年:一般女性と再婚 配偶者 浅丘ルリ子(1971年 - 2000年) 一般女性(2001年 - ) 事務所 プロダクション尾木 公式サイト プロダクション尾木 公式サイト 主な作品 映画 『石坂浩二の金田一耕助シリーズ』 『ビルマの竪琴』/『鹿鳴館』 『四十七人の刺客』/『日本沈没』 『沈まぬ太陽』/『図書館戦争』 テレビドラマ 『天と地と』 / 『ありがとう』 『暗闇仕留人』 / 『元禄太平記』 『草燃える』 / 『徳川家康』 『渡る世間は鬼ばかり』 / 『水戸黄門』 『元禄繚乱』/『白い巨塔』 『坂の上の雲』/『相棒』 バラエティ番組 『世界まるごとHOWマッチ』 『開運!なんでも鑑定団』 / 『世界ウルルン滞在記』


12. #ビートたけしのTVタックル(2017年3月5日)|自治会トラブルに万引き犯公開どーする?賛否の嵐!?ニッポン全国”巷の大問題”SP

  • Duration: 2854
  • Channel: news
#ビートたけしのTVタックル(2017年3月5日)|自治会トラブルに万引き犯公開どーする?賛否の嵐!?ニッポン全国”巷の大問題”SP

#ビートたけしのTVタックル(2017年3月5日)|自治会トラブルに万引き犯公開どーする?賛否の嵐!?ニッポン全国”巷の大問題”SP プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと ナレーター 江口ともみ オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 どーする?!TVタックル ビートたけしのTVタックル(ゴールデン時代) - ビートたけし(北野武) TakesiKitano 本名 北野武(きたの たけし) ニックネーム たけちゃん、たけし、殿、世界のキタノ 別名義 ビートたけし・北野武、マス北野 生年月日 1947年1月18日(69歳) 最終学歴 明治大学工学部(現:理工学部)機械工学科除籍(特別卒業認定) 師匠 深見千三郎、松鶴家千代若・千代菊、立川談志、コロムビア・ライト 出身 浅草フランス座 コンビ名 ツービート グループ名 亀有ブラザーズ 相方 ビートきよし 芸風 漫才(ツッコミ→ボケ) 立ち位置 左 事務所 吉川事務所→太田プロダクション→オフィス北野 活動時期 1972年 - 同期 笑福亭鶴瓶、志村けん 現在の代表番組 レギュラー番組 世界まる見え!テレビ特捜部 ビートたけしのTVタックル たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 奇跡体験!アンビリバボー たけしのニッポンのミカタ! 情報7days ニュースキャスター スペシャル番組 平成教育委員会 たけしのニッポン人白書 ビートたけしの禁断の大暴露!!超常現象(秘)Xファイル たけしが鶴瓶に今年中に話しておきたい5〜6個のこと THE MANZAI 北野演芸館〜たけしが本気で選んだ芸人大集結SP〜 オールスター感謝祭 過去の代表番組 元気が出るテレビ!! スーパージョッキー ひょうきん族 スポーツ大将 風雲!たけし城 北野ファンクラブ 他多数 作品 映画「その男、凶暴につき」 映画「HANA-BI」 映画「座頭市」 著書「たけしくん、ハイ!」 著書「浅草キッド」 他の活動 映画監督、俳優、脚本家、大学教授、歌手、芸術家、作家 配偶者  北野幹子 親族 北野大(実兄) 北野井子(実娘) 北野篤(実息) 松田秀士(義弟) 弟子 たけし軍団 公式サイト OFFICE-KITANO WEB SITE 受賞歴 1990年 トリノ国際映画祭 特別賞 1990年 日本映画監督協会新人奨励賞 1993年 タオルミナ国際映画祭 カリッディ金賞 1993年 コニャック国際映画祭 批評家賞 1997年 ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞 1998年 ニューヨーク国際映画祭 国際映画賞 1998年 サンパウロ国際映画祭 批評家賞 1999年 芸術文化勲章 シュヴァリエ(騎士)[1] 2002年 ダマスカス国際映画祭 最優秀作品賞 2003年 ヴェネツィア国際映画祭 銀獅子賞 2003年 シッチェス・カタロニア国際映画祭 グランプリ 2003年 トロント国際映画祭 グランプリ 2004年 明治大学特別功労賞 2006年 ガリレオ2000賞 文化特別賞 2007年 ヴェネツィア国際映画祭 監督・ばんざい!賞 2008年 モスクワ国際映画祭 特別功労賞 2008年 テッサロニキ国際映画祭 ゴールデン・アレクサンダー名誉賞 2009年 ソフィア国際映画祭 観客賞 2010年 芸術文化勲章 コマンドゥール(騎士団長)[2] 2014年 シャンパーニュ騎士団 オフィシエ・ドヌール(名誉隊長)[3] 2015年 シャンパーニュ騎士団 シャンベラン・ドヌール(名誉侍従)[3] (東京スポーツ映画大賞での受賞歴は除く) 2015年 第8回したまちコメディ映画祭in台東 コメディ栄誉賞[4] 2016年 レジオン・ドヌール勲章 オフィシエ(将校) - 阿川佐和子 誕生 1953年11月1日(63歳) 職業 エッセイスト 最終学歴 慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業 主な受賞歴 1999年:講談社エッセイ賞(『ああ言えばこう食う』) 1999年:坪田譲治文学賞(『ウメ子』) 2008年:島清恋愛文学賞(『婚約のあとで』) 配偶者 未婚 親族 祖父:阿川甲一 父:阿川弘之 兄:阿川尚之 ビートたけし(悪党党総裁) 大竹まこと(悪党党党員) 浜田幸一(悪党党幹事長) 三宅久之(政治評論家) 江口ともみ(『TVタックル』のナレーター) 檀ふみ(檀も以前『TVタックル』に出演していたことがある) 斎藤由香(父の友人・北杜夫の長女であり互いに幼少時から知己の間柄) 阪田寛夫(父の友人・童謡サッちゃん作詞) 大浦みずき(父の友人・阪田寛夫の次女であり互いに幼少時から知己の間柄) 放送中 ビートたけしのTVタックル(テレビ朝日、1998年2月 - ) - 進行レギュラー 阿川佐和子のゴルフフォーラム(BSフジ、 - 2009年10月) 阿川ごはん(BSフジ、2009年11月7日 - ) サワコの朝(MBS・TBS、2011年10月1日 - ) - 聞き手 ビートたけしの知らないニュース(テレビ朝日、2013年12月9日 - )※不定期特番 - 進行 お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺(テレビ朝日、2016年10月3日 - )- レギュラー 終了 朝のホットライン(TBS、1981年9月28日 - 1990年3月30日) - リポーター 情報デスクToday(TBS、1983年10月 - 1989年9月) - アシスタント 筑紫哲也 NEWS23(TBS、1989年10月 - 1991年3月) - サブキャスター JNN報道特集(TBS、1992年10月 - 1994年9月) - キャスター 無意味良品(BSフジ、2004年4月 - 2007年2月) スタ☆メン(フジテレビ・関西テレビ、2005年10月2日 - 2007年3月25日) - MC 阿川佐和子のゴルフ友遊録(テレビ東京、2007年10月6日 - 2008年3月29日) 大人の自由時間 火曜日「第(2)ニッポン国・独立宣言」(BS11、2007年12月3日 - 2009年4月2日) 阿川佐和子&檀ふみの京都1泊2日懐かしレトロ旅(テレビ朝日、2014年7月20日)- 旅人 独占!長嶋茂雄の真実~父と娘の40年物語~(TBS、2015年1月3日)- MC 1万人の第九 サワコ・又吉のクラシックなんて怖くない♪(TBS、2015年12月23日)- MC - 大竹まこと 本名 大竹真 トリオ名 シティボーイズ 相方 きたろう・斉木しげる 現在の代表番組 『ビートたけしのTVタックル』、『大竹まこと ゴールデンラジオ!』 過去の代表番組 『夕やけニャンニャン』など 他の活動 俳優、ラジオパーソナリティ 配偶者  既婚 親族 弟:大竹オサム(作家・料理人) 長男:大竹涼太(ASH&Dコーポレーションマネージャー) 弟子 ユリオカ超特Q 映画 八甲田山(1977年、東宝) - 雪中行軍隊・橇隊の兵卒 役 聖職の碑(1978年、東宝) - 山小屋を燃やしてしまう三人の男のうちの一人(ノンクレジット) 喜談 南海燮化玉(1978年) - 主演・鉄平 役 愛染恭子の未亡人下宿(1984年、にっかつ) - 肉屋 役 さらば愛しき人よ(1987年、松竹) - ラジオのゲスト 役 マリアの胃袋(1990年、アルゴプロジェクト) - 安井喜一郎 役 スキ!(1990年、東宝) - 占い師 役 シンデレラ・エクスプレス(1990年、キネマスターフィルム) - 松井大輔 役 香港パラダイス(1990年、東宝) - 平田 役 ボクが病気になった理由(1990年、アルゴ・プロジェクト) - 田辺正太郎 役 さらば愛しのやくざ(1990年、東映) - 坂田明二 役 継承盃(1992年、東映) エンジェル 僕の歌は君の歌(1992年、東宝) - 大竹まこと(本人)役 ゴジラvsモスラ(1992年、東宝) - 友兼剛史 役 居酒屋ゆうれい(1994年、東宝) - 骨董屋主人 役 クレイジー・コップ 捜査はせん!(1995年、タキコーポレーション) - 久方のぼる 役 北京原人 Who are you? (1997年、東映) - 内閣情報室長 役 BROTHER (2001年、オフィス北野/松竹) - 警察官僚 役 Stereo Future SF episode 2002 (2001年、東北新社) - ビデオ編集者の和田 役 Last Dance ラストダンス-離婚式- (2001年、東映) - 大沢和也 役 恋の門(2004年、アスミック・エース) - 門の父 役 アキレスと亀(2008年、東京テアトル / オフィス北野) - 屋台のオヤジ 役 ふきげんな過去(2016年、東京テアトル) - 蓮月庵の店主 役(写真のみの出演)[22] ヒメアノ〜ル(2016年、日活) - 清掃会社の社長 役 家族の日 (2016年、花三) - 宮島 貞一 役


13. #ビートたけしのTVタックル(2017年4月16日)|乗客トラブル多発で遅延続出!?どーする?都市鉄道の大問題SP "業界の問題を徹底討論

  • Duration: 2621
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル(2017年4月16日)|乗客トラブル多発で遅延続出!?どーする?都市鉄道の大問題SP

#ビートたけしのTVタックル(2017年4月16日)|乗客トラブル多発で遅延続出!?どーする?都市鉄道の大問題SP "業界の問題を徹底討論 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと ナレーター 江口ともみ オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 どーする?!TVタックル ビートたけしのTVタックル(ゴールデン時代) - ビートたけし(北野武) TakesiKitano 本名 北野武(きたの たけし) ニックネーム たけちゃん、たけし、殿、世界のキタノ 別名義 ビートたけし・北野武、マス北野 生年月日 1947年1月18日(69歳) 最終学歴 明治大学工学部(現:理工学部)機械工学科除籍(特別卒業認定) 師匠 深見千三郎、松鶴家千代若・千代菊、立川談志、コロムビア・ライト 出身 浅草フランス座 コンビ名 ツービート グループ名 亀有ブラザーズ 相方 ビートきよし 芸風 漫才(ツッコミ→ボケ) 立ち位置 左 事務所 吉川事務所→太田プロダクション→オフィス北野 活動時期 1972年 - 同期 笑福亭鶴瓶、志村けん 現在の代表番組 レギュラー番組 世界まる見え!テレビ特捜部 ビートたけしのTVタックル たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 奇跡体験!アンビリバボー たけしのニッポンのミカタ! 情報7days ニュースキャスター スペシャル番組 平成教育委員会 たけしのニッポン人白書 ビートたけしの禁断の大暴露!!超常現象(秘)Xファイル たけしが鶴瓶に今年中に話しておきたい5〜6個のこと THE MANZAI 北野演芸館〜たけしが本気で選んだ芸人大集結SP〜 オールスター感謝祭 過去の代表番組 元気が出るテレビ!! スーパージョッキー ひょうきん族 スポーツ大将 風雲!たけし城 北野ファンクラブ 他多数 作品 映画「その男、凶暴につき」 映画「HANA-BI」 映画「座頭市」 著書「たけしくん、ハイ!」 著書「浅草キッド」 他の活動 映画監督、俳優、脚本家、大学教授、歌手、芸術家、作家 配偶者  北野幹子 親族 北野大(実兄) 北野井子(実娘) 北野篤(実息) 松田秀士(義弟) 弟子 たけし軍団 公式サイト OFFICE-KITANO WEB SITE 受賞歴 1990年 トリノ国際映画祭 特別賞 1990年 日本映画監督協会新人奨励賞 1993年 タオルミナ国際映画祭 カリッディ金賞 1993年 コニャック国際映画祭 批評家賞 1997年 ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞 1998年 ニューヨーク国際映画祭 国際映画賞 1998年 サンパウロ国際映画祭 批評家賞 1999年 芸術文化勲章 シュヴァリエ(騎士)[1] 2002年 ダマスカス国際映画祭 最優秀作品賞 2003年 ヴェネツィア国際映画祭 銀獅子賞 2003年 シッチェス・カタロニア国際映画祭 グランプリ 2003年 トロント国際映画祭 グランプリ 2004年 明治大学特別功労賞 2006年 ガリレオ2000賞 文化特別賞 2007年 ヴェネツィア国際映画祭 監督・ばんざい!賞 2008年 モスクワ国際映画祭 特別功労賞 2008年 テッサロニキ国際映画祭 ゴールデン・アレクサンダー名誉賞 2009年 ソフィア国際映画祭 観客賞 2010年 芸術文化勲章 コマンドゥール(騎士団長)[2] 2014年 シャンパーニュ騎士団 オフィシエ・ドヌール(名誉隊長)[3] 2015年 シャンパーニュ騎士団 シャンベラン・ドヌール(名誉侍従)[3] (東京スポーツ映画大賞での受賞歴は除く) 2015年 第8回したまちコメディ映画祭in台東 コメディ栄誉賞[4] 2016年 レジオン・ドヌール勲章 オフィシエ(将校) - 阿川佐和子 誕生 1953年11月1日(63歳) 職業 エッセイスト 最終学歴 慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業 主な受賞歴 1999年:講談社エッセイ賞(『ああ言えばこう食う』) 1999年:坪田譲治文学賞(『ウメ子』) 2008年:島清恋愛文学賞(『婚約のあとで』) 配偶者 未婚 親族 祖父:阿川甲一 父:阿川弘之 兄:阿川尚之 ビートたけし(悪党党総裁) 大竹まこと(悪党党党員) 浜田幸一(悪党党幹事長) 三宅久之(政治評論家) 江口ともみ(『TVタックル』のナレーター) 檀ふみ(檀も以前『TVタックル』に出演していたことがある) 斎藤由香(父の友人・北杜夫の長女であり互いに幼少時から知己の間柄) 阪田寛夫(父の友人・童謡サッちゃん作詞) 大浦みずき(父の友人・阪田寛夫の次女であり互いに幼少時から知己の間柄) 放送中 ビートたけしのTVタックル(テレビ朝日、1998年2月 - ) - 進行レギュラー 阿川佐和子のゴルフフォーラム(BSフジ、 - 2009年10月) 阿川ごはん(BSフジ、2009年11月7日 - ) サワコの朝(MBS・TBS、2011年10月1日 - ) - 聞き手 ビートたけしの知らないニュース(テレビ朝日、2013年12月9日 - )※不定期特番 - 進行 お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺(テレビ朝日、2016年10月3日 - )- レギュラー 終了 朝のホットライン(TBS、1981年9月28日 - 1990年3月30日) - リポーター 情報デスクToday(TBS、1983年10月 - 1989年9月) - アシスタント 筑紫哲也 NEWS23(TBS、1989年10月 - 1991年3月) - サブキャスター JNN報道特集(TBS、1992年10月 - 1994年9月) - キャスター 無意味良品(BSフジ、2004年4月 - 2007年2月) スタ☆メン(フジテレビ・関西テレビ、2005年10月2日 - 2007年3月25日) - MC 阿川佐和子のゴルフ友遊録(テレビ東京、2007年10月6日 - 2008年3月29日) 大人の自由時間 火曜日「第(2)ニッポン国・独立宣言」(BS11、2007年12月3日 - 2009年4月2日) 阿川佐和子&檀ふみの京都1泊2日懐かしレトロ旅(テレビ朝日、2014年7月20日)- 旅人 独占!長嶋茂雄の真実~父と娘の40年物語~(TBS、2015年1月3日)- MC 1万人の第九 サワコ・又吉のクラシックなんて怖くない♪(TBS、2015年12月23日)- MC - 大竹まこと 本名 大竹真 トリオ名 シティボーイズ 相方 きたろう・斉木しげる 現在の代表番組 『ビートたけしのTVタックル』、『大竹まこと ゴールデンラジオ!』 過去の代表番組 『夕やけニャンニャン』など 他の活動 俳優、ラジオパーソナリティ 配偶者  既婚 親族 弟:大竹オサム(作家・料理人) 長男:大竹涼太(ASH&Dコーポレーションマネージャー) 弟子 ユリオカ超特Q 映画 八甲田山(1977年、東宝) - 雪中行軍隊・橇隊の兵卒 役 聖職の碑(1978年、東宝) - 山小屋を燃やしてしまう三人の男のうちの一人(ノンクレジット) 喜談 南海燮化玉(1978年) - 主演・鉄平 役 愛染恭子の未亡人下宿(1984年、にっかつ) - 肉屋 役 さらば愛しき人よ(1987年、松竹) - ラジオのゲスト 役 マリアの胃袋(1990年、アルゴプロジェクト) - 安井喜一郎 役 スキ!(1990年、東宝) - 占い師 役 シンデレラ・エクスプレス(1990年、キネマスターフィルム) - 松井大輔 役 香港パラダイス(1990年、東宝) - 平田 役 ボクが病気になった理由(1990年、アルゴ・プロジェクト) - 田辺正太郎 役 さらば愛しのやくざ(1990年、東映) - 坂田明二 役 継承盃(1992年、東映) エンジェル 僕の歌は君の歌(1992年、東宝) - 大竹まこと(本人)役 ゴジラvsモスラ(1992年、東宝) - 友兼剛史 役 居酒屋ゆうれい(1994年、東宝) - 骨董屋主人 役 クレイジー・コップ 捜査はせん!(1995年、タキコーポレーション) - 久方のぼる 役 北京原人 Who are you? (1997年、東映) - 内閣情報室長 役 BROTHER (2001年、オフィス北野/松竹) - 警察官僚 役 Stereo Future SF episode 2002 (2001年、東北新社) - ビデオ編集者の和田 役 Last Dance ラストダンス-離婚式- (2001年、東映) - 大沢和也 役 恋の門(2004年、アスミック・エース) - 門の父 役 アキレスと亀(2008年、東京テアトル / オフィス北野) - 屋台のオヤジ 役 ふきげんな過去(2016年、東京テアトル) - 蓮月庵の店主 役(写真のみの出演)[22] ヒメアノ〜ル(2016年、日活) - 清掃会社の社長 役 家族の日 (2016年、花三) - 宮島 貞一 役


14. #ビートたけしのTVタックル(2017年5月21日)|#北朝鮮&#東京都政 外も内も問題山積み!?リーダーたちと安倍総理はどう駆け引きするSP

  • Duration: 2639
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル(2017年5月21日)|#北朝鮮&#東京都政 外も内も問題山積み!?リーダーたちと安倍総理はどう駆け引きするSP

#ビートたけしのTVタックル(2017年5月21日)北朝鮮&都政 外も内も問題山積み!?リーダーたちと安倍総理はどう駆け引きするSP プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと ナレーター 江口ともみ オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 どーする?!TVタックル ビートたけしのTVタックル(ゴールデン時代) - ビートたけし(北野武) TakesiKitano 本名 北野武(きたの たけし) ニックネーム たけちゃん、たけし、殿、世界のキタノ 別名義 ビートたけし・北野武、マス北野 生年月日 1947年1月18日(69歳) 最終学歴 明治大学工学部(現:理工学部)機械工学科除籍(特別卒業認定) 師匠 深見千三郎、松鶴家千代若・千代菊、立川談志、コロムビア・ライト 出身 浅草フランス座 コンビ名 ツービート グループ名 亀有ブラザーズ 相方 ビートきよし 芸風 漫才(ツッコミ→ボケ) 立ち位置 左 事務所 吉川事務所→太田プロダクション→オフィス北野 活動時期 1972年 - 同期 笑福亭鶴瓶、志村けん 現在の代表番組 レギュラー番組 世界まる見え!テレビ特捜部 ビートたけしのTVタックル たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 奇跡体験!アンビリバボー たけしのニッポンのミカタ! 情報7days ニュースキャスター スペシャル番組 平成教育委員会 たけしのニッポン人白書 ビートたけしの禁断の大暴露!!超常現象(秘)Xファイル たけしが鶴瓶に今年中に話しておきたい5〜6個のこと THE MANZAI 北野演芸館〜たけしが本気で選んだ芸人大集結SP〜 オールスター感謝祭 過去の代表番組 元気が出るテレビ!! スーパージョッキー ひょうきん族 スポーツ大将 風雲!たけし城 北野ファンクラブ 他多数 作品 映画「その男、凶暴につき」 映画「HANA-BI」 映画「座頭市」 著書「たけしくん、ハイ!」 著書「浅草キッド」 他の活動 映画監督、俳優、脚本家、大学教授、歌手、芸術家、作家 配偶者  北野幹子 親族 北野大(実兄) 北野井子(実娘) 北野篤(実息) 松田秀士(義弟) 弟子 たけし軍団 公式サイト OFFICE-KITANO WEB SITE 受賞歴 1990年 トリノ国際映画祭 特別賞 1990年 日本映画監督協会新人奨励賞 1993年 タオルミナ国際映画祭 カリッディ金賞 1993年 コニャック国際映画祭 批評家賞 1997年 ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞 1998年 ニューヨーク国際映画祭 国際映画賞 1998年 サンパウロ国際映画祭 批評家賞 1999年 芸術文化勲章 シュヴァリエ(騎士)[1] 2002年 ダマスカス国際映画祭 最優秀作品賞 2003年 ヴェネツィア国際映画祭 銀獅子賞 2003年 シッチェス・カタロニア国際映画祭 グランプリ 2003年 トロント国際映画祭 グランプリ 2004年 明治大学特別功労賞 2006年 ガリレオ2000賞 文化特別賞 2007年 ヴェネツィア国際映画祭 監督・ばんざい!賞 2008年 モスクワ国際映画祭 特別功労賞 2008年 テッサロニキ国際映画祭 ゴールデン・アレクサンダー名誉賞 2009年 ソフィア国際映画祭 観客賞 2010年 芸術文化勲章 コマンドゥール(騎士団長)[2] 2014年 シャンパーニュ騎士団 オフィシエ・ドヌール(名誉隊長)[3] 2015年 シャンパーニュ騎士団 シャンベラン・ドヌール(名誉侍従)[3] (東京スポーツ映画大賞での受賞歴は除く) 2015年 第8回したまちコメディ映画祭in台東 コメディ栄誉賞[4] 2016年 レジオン・ドヌール勲章 オフィシエ(将校) - 阿川佐和子 誕生 1953年11月1日(63歳) 職業 エッセイスト 最終学歴 慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業 主な受賞歴 1999年:講談社エッセイ賞(『ああ言えばこう食う』) 1999年:坪田譲治文学賞(『ウメ子』) 2008年:島清恋愛文学賞(『婚約のあとで』) 配偶者 未婚 親族 祖父:阿川甲一 父:阿川弘之 兄:阿川尚之 ビートたけし(悪党党総裁) 大竹まこと(悪党党党員) 浜田幸一(悪党党幹事長) 三宅久之(政治評論家) 江口ともみ(『TVタックル』のナレーター) 檀ふみ(檀も以前『TVタックル』に出演していたことがある) 斎藤由香(父の友人・北杜夫の長女であり互いに幼少時から知己の間柄) 阪田寛夫(父の友人・童謡サッちゃん作詞) 大浦みずき(父の友人・阪田寛夫の次女であり互いに幼少時から知己の間柄) 放送中 ビートたけしのTVタックル(テレビ朝日、1998年2月 - ) - 進行レギュラー 阿川佐和子のゴルフフォーラム(BSフジ、 - 2009年10月) 阿川ごはん(BSフジ、2009年11月7日 - ) サワコの朝(MBS・TBS、2011年10月1日 - ) - 聞き手 ビートたけしの知らないニュース(テレビ朝日、2013年12月9日 - )※不定期特番 - 進行 お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺(テレビ朝日、2016年10月3日 - )- レギュラー 終了 朝のホットライン(TBS、1981年9月28日 - 1990年3月30日) - リポーター 情報デスクToday(TBS、1983年10月 - 1989年9月) - アシスタント 筑紫哲也 NEWS23(TBS、1989年10月 - 1991年3月) - サブキャスター JNN報道特集(TBS、1992年10月 - 1994年9月) - キャスター 無意味良品(BSフジ、2004年4月 - 2007年2月) スタ☆メン(フジテレビ・関西テレビ、2005年10月2日 - 2007年3月25日) - MC 阿川佐和子のゴルフ友遊録(テレビ東京、2007年10月6日 - 2008年3月29日) 大人の自由時間 火曜日「第(2)ニッポン国・独立宣言」(BS11、2007年12月3日 - 2009年4月2日) 阿川佐和子&檀ふみの京都1泊2日懐かしレトロ旅(テレビ朝日、2014年7月20日)- 旅人 独占!長嶋茂雄の真実~父と娘の40年物語~(TBS、2015年1月3日)- MC 1万人の第九 サワコ・又吉のクラシックなんて怖くない♪(TBS、2015年12月23日)- MC - 大竹まこと 本名 大竹真 トリオ名 シティボーイズ 相方 きたろう・斉木しげる 現在の代表番組 『ビートたけしのTVタックル』、『大竹まこと ゴールデンラジオ!』 過去の代表番組 『夕やけニャンニャン』など 他の活動 俳優、ラジオパーソナリティ 配偶者  既婚 親族 弟:大竹オサム(作家・料理人) 長男:大竹涼太(ASH&Dコーポレーションマネージャー) 弟子 ユリオカ超特Q 映画 八甲田山(1977年、東宝) - 雪中行軍隊・橇隊の兵卒 役 聖職の碑(1978年、東宝) - 山小屋を燃やしてしまう三人の男のうちの一人(ノンクレジット) 喜談 南海燮化玉(1978年) - 主演・鉄平 役 愛染恭子の未亡人下宿(1984年、にっかつ) - 肉屋 役 さらば愛しき人よ(1987年、松竹) - ラジオのゲスト 役 マリアの胃袋(1990年、アルゴプロジェクト) - 安井喜一郎 役 スキ!(1990年、東宝) - 占い師 役 シンデレラ・エクスプレス(1990年、キネマスターフィルム) - 松井大輔 役 香港パラダイス(1990年、東宝) - 平田 役 ボクが病気になった理由(1990年、アルゴ・プロジェクト) - 田辺正太郎 役 さらば愛しのやくざ(1990年、東映) - 坂田明二 役 継承盃(1992年、東映) エンジェル 僕の歌は君の歌(1992年、東宝) - 大竹まこと(本人)役 ゴジラvsモスラ(1992年、東宝) - 友兼剛史 役 居酒屋ゆうれい(1994年、東宝) - 骨董屋主人 役 クレイジー・コップ 捜査はせん!(1995年、タキコーポレーション) - 久方のぼる 役 北京原人 Who are you? (1997年、東映) - 内閣情報室長 役 BROTHER (2001年、オフィス北野/松竹) - 警察官僚 役 Stereo Future SF episode 2002 (2001年、東北新社) - ビデオ編集者の和田 役 Last Dance ラストダンス-離婚式- (2001年、東映) - 大沢和也 役 恋の門(2004年、アスミック・エース) - 門の父 役 アキレスと亀(2008年、東京テアトル / オフィス北野) - 屋台のオヤジ 役 ふきげんな過去(2016年、東京テアトル) - 蓮月庵の店主 役(写真のみの出演)[22] ヒメアノ〜ル(2016年、日活) - 清掃会社の社長 役 家族の日 (2016年、花三) - 宮島 貞一 役


15. #ビートたけしのTVタックル(2017年3月26日)|籠池爆弾&石原節 政界に吹き荒れる嵐"新年度"を前に白黒どっちだSP

  • Duration: 2851
  • Channel: news
#ビートたけしのTVタックル(2017年3月26日)|籠池爆弾&石原節 政界に吹き荒れる嵐

#ビートたけしのTVタックル(2017年3月26日)|籠池爆弾&石原節 政界に吹き荒れる嵐"新年度"を前に白黒どっちだSP プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと ナレーター 江口ともみ オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 どーする?!TVタックル ビートたけしのTVタックル(ゴールデン時代) - ビートたけし(北野武) TakesiKitano 本名 北野武(きたの たけし) ニックネーム たけちゃん、たけし、殿、世界のキタノ 別名義 ビートたけし・北野武、マス北野 生年月日 1947年1月18日(69歳) 最終学歴 明治大学工学部(現:理工学部)機械工学科除籍(特別卒業認定) 師匠 深見千三郎、松鶴家千代若・千代菊、立川談志、コロムビア・ライト 出身 浅草フランス座 コンビ名 ツービート グループ名 亀有ブラザーズ 相方 ビートきよし 芸風 漫才(ツッコミ→ボケ) 立ち位置 左 事務所 吉川事務所→太田プロダクション→オフィス北野 活動時期 1972年 - 同期 笑福亭鶴瓶、志村けん 現在の代表番組 レギュラー番組 世界まる見え!テレビ特捜部 ビートたけしのTVタックル たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 奇跡体験!アンビリバボー たけしのニッポンのミカタ! 情報7days ニュースキャスター スペシャル番組 平成教育委員会 たけしのニッポン人白書 ビートたけしの禁断の大暴露!!超常現象(秘)Xファイル たけしが鶴瓶に今年中に話しておきたい5〜6個のこと THE MANZAI 北野演芸館〜たけしが本気で選んだ芸人大集結SP〜 オールスター感謝祭 過去の代表番組 元気が出るテレビ!! スーパージョッキー ひょうきん族 スポーツ大将 風雲!たけし城 北野ファンクラブ 他多数 作品 映画「その男、凶暴につき」 映画「HANA-BI」 映画「座頭市」 著書「たけしくん、ハイ!」 著書「浅草キッド」 他の活動 映画監督、俳優、脚本家、大学教授、歌手、芸術家、作家 配偶者  北野幹子 親族 北野大(実兄) 北野井子(実娘) 北野篤(実息) 松田秀士(義弟) 弟子 たけし軍団 公式サイト OFFICE-KITANO WEB SITE 受賞歴 1990年 トリノ国際映画祭 特別賞 1990年 日本映画監督協会新人奨励賞 1993年 タオルミナ国際映画祭 カリッディ金賞 1993年 コニャック国際映画祭 批評家賞 1997年 ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞 1998年 ニューヨーク国際映画祭 国際映画賞 1998年 サンパウロ国際映画祭 批評家賞 1999年 芸術文化勲章 シュヴァリエ(騎士)[1] 2002年 ダマスカス国際映画祭 最優秀作品賞 2003年 ヴェネツィア国際映画祭 銀獅子賞 2003年 シッチェス・カタロニア国際映画祭 グランプリ 2003年 トロント国際映画祭 グランプリ 2004年 明治大学特別功労賞 2006年 ガリレオ2000賞 文化特別賞 2007年 ヴェネツィア国際映画祭 監督・ばんざい!賞 2008年 モスクワ国際映画祭 特別功労賞 2008年 テッサロニキ国際映画祭 ゴールデン・アレクサンダー名誉賞 2009年 ソフィア国際映画祭 観客賞 2010年 芸術文化勲章 コマンドゥール(騎士団長)[2] 2014年 シャンパーニュ騎士団 オフィシエ・ドヌール(名誉隊長)[3] 2015年 シャンパーニュ騎士団 シャンベラン・ドヌール(名誉侍従)[3] (東京スポーツ映画大賞での受賞歴は除く) 2015年 第8回したまちコメディ映画祭in台東 コメディ栄誉賞[4] 2016年 レジオン・ドヌール勲章 オフィシエ(将校) - 阿川佐和子 誕生 1953年11月1日(63歳) 職業 エッセイスト 最終学歴 慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業 主な受賞歴 1999年:講談社エッセイ賞(『ああ言えばこう食う』) 1999年:坪田譲治文学賞(『ウメ子』) 2008年:島清恋愛文学賞(『婚約のあとで』) 配偶者 未婚 親族 祖父:阿川甲一 父:阿川弘之 兄:阿川尚之 ビートたけし(悪党党総裁) 大竹まこと(悪党党党員) 浜田幸一(悪党党幹事長) 三宅久之(政治評論家) 江口ともみ(『TVタックル』のナレーター) 檀ふみ(檀も以前『TVタックル』に出演していたことがある) 斎藤由香(父の友人・北杜夫の長女であり互いに幼少時から知己の間柄) 阪田寛夫(父の友人・童謡サッちゃん作詞) 大浦みずき(父の友人・阪田寛夫の次女であり互いに幼少時から知己の間柄) 放送中 ビートたけしのTVタックル(テレビ朝日、1998年2月 - ) - 進行レギュラー 阿川佐和子のゴルフフォーラム(BSフジ、 - 2009年10月) 阿川ごはん(BSフジ、2009年11月7日 - ) サワコの朝(MBS・TBS、2011年10月1日 - ) - 聞き手 ビートたけしの知らないニュース(テレビ朝日、2013年12月9日 - )※不定期特番 - 進行 お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺(テレビ朝日、2016年10月3日 - )- レギュラー 終了 朝のホットライン(TBS、1981年9月28日 - 1990年3月30日) - リポーター 情報デスクToday(TBS、1983年10月 - 1989年9月) - アシスタント 筑紫哲也 NEWS23(TBS、1989年10月 - 1991年3月) - サブキャスター JNN報道特集(TBS、1992年10月 - 1994年9月) - キャスター 無意味良品(BSフジ、2004年4月 - 2007年2月) スタ☆メン(フジテレビ・関西テレビ、2005年10月2日 - 2007年3月25日) - MC 阿川佐和子のゴルフ友遊録(テレビ東京、2007年10月6日 - 2008年3月29日) 大人の自由時間 火曜日「第(2)ニッポン国・独立宣言」(BS11、2007年12月3日 - 2009年4月2日) 阿川佐和子&檀ふみの京都1泊2日懐かしレトロ旅(テレビ朝日、2014年7月20日)- 旅人 独占!長嶋茂雄の真実~父と娘の40年物語~(TBS、2015年1月3日)- MC 1万人の第九 サワコ・又吉のクラシックなんて怖くない♪(TBS、2015年12月23日)- MC - 大竹まこと 本名 大竹真 トリオ名 シティボーイズ 相方 きたろう・斉木しげる 現在の代表番組 『ビートたけしのTVタックル』、『大竹まこと ゴールデンラジオ!』 過去の代表番組 『夕やけニャンニャン』など 他の活動 俳優、ラジオパーソナリティ 配偶者  既婚 親族 弟:大竹オサム(作家・料理人) 長男:大竹涼太(ASH&Dコーポレーションマネージャー) 弟子 ユリオカ超特Q 映画 八甲田山(1977年、東宝) - 雪中行軍隊・橇隊の兵卒 役 聖職の碑(1978年、東宝) - 山小屋を燃やしてしまう三人の男のうちの一人(ノンクレジット) 喜談 南海燮化玉(1978年) - 主演・鉄平 役 愛染恭子の未亡人下宿(1984年、にっかつ) - 肉屋 役 さらば愛しき人よ(1987年、松竹) - ラジオのゲスト 役 マリアの胃袋(1990年、アルゴプロジェクト) - 安井喜一郎 役 スキ!(1990年、東宝) - 占い師 役 シンデレラ・エクスプレス(1990年、キネマスターフィルム) - 松井大輔 役 香港パラダイス(1990年、東宝) - 平田 役 ボクが病気になった理由(1990年、アルゴ・プロジェクト) - 田辺正太郎 役 さらば愛しのやくざ(1990年、東映) - 坂田明二 役 継承盃(1992年、東映) エンジェル 僕の歌は君の歌(1992年、東宝) - 大竹まこと(本人)役 ゴジラvsモスラ(1992年、東宝) - 友兼剛史 役 居酒屋ゆうれい(1994年、東宝) - 骨董屋主人 役 クレイジー・コップ 捜査はせん!(1995年、タキコーポレーション) - 久方のぼる 役 北京原人 Who are you? (1997年、東映) - 内閣情報室長 役 BROTHER (2001年、オフィス北野/松竹) - 警察官僚 役 Stereo Future SF episode 2002 (2001年、東北新社) - ビデオ編集者の和田 役 Last Dance ラストダンス-離婚式- (2001年、東映) - 大沢和也 役 恋の門(2004年、アスミック・エース) - 門の父 役 アキレスと亀(2008年、東京テアトル / オフィス北野) - 屋台のオヤジ 役 ふきげんな過去(2016年、東京テアトル) - 蓮月庵の店主 役(写真のみの出演)[22] ヒメアノ〜ル(2016年、日活) - 清掃会社の社長 役 家族の日 (2016年、花三) - 宮島 貞一 役


16. 情熱大陸|600回記念シリーズ第一夜!爆笑問題・田中裕二(2010年05月16日)※前半のみ14分05秒

  • Duration: 845
  • Channel: tv
情熱大陸|600回記念シリーズ第一夜!爆笑問題・田中裕二(2010年05月16日)※前半のみ14分05秒

情熱大陸|600回記念シリーズ第一夜!爆笑問題・田中裕二(2010年05月16日)※前半のみ14分05秒 - 田中 裕二 本名 田中 裕二 ニックネーム ウーチャカ 生年月日 1965年1月10日(50歳) 出身地 日本の旗 日本 東京都中野区 血液型 B 身長 154cm 方言 共通語、関東方言 最終学歴 日本大学芸術学部演劇学科4年修了 出身 太田プロのスカウト コンビ名 爆笑問題 相方 太田光 芸風 漫才・コント(ツッコミ)など 立ち位置 左 事務所 タイタン 活動時期 1988年 - 過去の代表番組 サカスさん 配偶者 山口もえ - エピソード[編集] 30歳になるまで女性と付き合ったことがなく、24歳のときに歌舞伎町の高級ソープランドで初体験をすませた[23]。 大学時代の友人に「光についていっても世には出れんぞ」と言われたことがある。その後彼はタイタンに入社し爆笑問題のマネージャーをしていたが、現在は退社している。 大学時代はかなりのナルシストで、自分に想いを寄せている女性を田中自身も気にかけており、十分カップルになりえたのだが、「僕は皆のアイドルだから1人のものになりたくない」という理由で付き合わなかった(本人はこの発言を恥じており、しばしばネタにされている)。 1998年から1年間、『号外!!爆笑大問題』(札幌テレビ放送製作、日本テレビ系)で共演していた「爆笑娘。」の一員であるあかぎあいに本気で告白して振られたことがあり、同番組内で何度かネタにされている[24] 2001年に出演した『THEわれめDEポン』(フジテレビ系)に初出場・初優勝したことで、麻雀の雀士として同番組にレギュラー出演している[25]。その後『うまなりクン』(フジテレビ系)の「ウマでもわかる競馬基礎講座」で田中が獲得した100万円を優勝賞金として麻雀が行われた。田中は名馬を紹介しながらやったが、見事田中が優勝した。 2002年6月28日、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)に田中が出演した。実は田中と岡村隆史が犬猿の仲という報道記事が載り、これをネタに本人達による再現コントパロディを放送(スーパーで大喧嘩)。だが、実際は仲が良く、ラジオなどでもゴルフ仲間として時折名前を出すことがある。 2002年12月3日、太田が『爆笑問題カーボーイ』で突然の解散宣言を出した。この話題は報道にも載ったが、誤報の新聞もあったため、本人達は否定していた。ちなみに、田中が太田の言動にブチ切れて「解散だ!」と叫んだことは何度かあるらしく、その詳細が太田によって著書などで明らかになっている。太田は、太田が尊敬する立川談志の忠告により、どんな状況下でも解散を考えたことは一度もない。また別番組では爆笑問題と田中のことに関しては全て相方とその妻がすべてを握っており自分が一存で決められないと発言している。 2010年5月16日、ドキュメンタリー番組『情熱大陸』(毎日放送製作、TBS系)に2週にわたる爆笑問題特集の1週目に単独出演。田中自身も番組を視聴したが、その後の『爆笑問題カーボーイ』(同年5月18日)でそのあまりに平凡な内容に、「久しぶりに落ち込んだ」と語り、太田からはその平凡過ぎる内容ゆえに「平熱大陸」と揶揄された。また、『情熱大陸』にコメント出演した伊集院光は、担当したディレクターが「とにかく何もない、あの人(田中)には猫と野球しかないのか」と嘆いていたことを明かし、異常な才能の持ち主である太田と共に行動していながら、猫の可愛いさや巨人の勝敗に興味を持ち、相方に対抗心を抱かない田中を凄い人と評している。なお、視聴率では翌週放送された太田編を上回っている。 2011年11月3日の『爆笑問題のニッポンの教養』で、数列に遠近感や高低差を感じる共感覚を持っていることを告白した[26]。 自身では「生粋のお笑い芸人ではない(またはなれない)」と発言している。その場で頭を叩かれれば笑いが取れると分かっていても、「痛いのは嫌だ」と身構えて舞台で客を引かせていたことがあるが、それを積極的には改める気はないと告げている。また太田が際限なくボケる都合上、進行役に徹しないといけないと分かっていながらも、「面倒くさい」「本当はやりたくない」と素直に告白している。漫才や司会も「仕事」と言い切って、なかば仕方なくやっていると言っては太田を苦笑させている。ただ何事にも無気力という訳ではなく、熱中している草野球に関しては大雨の中でもユニフォームを着込みいそいそと駆けつける気概を持っている。 安全地帯の田中裕二と同姓同名で、『爆笑問題カーボーイ』での投稿作品によってネタにされたことがある。 近年はリオネル・メッシに顔が似ていると言われることがある。 2013年春頃から『ストライクTV』などで、しばしば太田に「田中ゆうじろう」と呼ばれ、「ろうは付かない」と突っ込むのがお約束となっているが、スルーする時もある。 競馬[編集] 大の競馬ファンでも有名で過去にも『うまなりクン』にレギュラー出演、トリビュートにも日本ダービー特集などに出演した。好きな馬は、オグリキャップとグラスワンダー、スペシャルウィーク、ミホノブルボン。1998年の有馬記念が印象に残ると言う。 2003年、『FNS27時間テレビみんなのうた』は宝塚記念を同番組内で中継した。その時にはみのもんた、爆笑問題、高島彩が司会をした。「爆笑田中が選ぶ名レース」と題しレースを紹介した。1位は1998年の有馬記念である。このレースは自ら馬券を当てたレースでもあった。 2005年11月から東京スポーツでJRA中央競馬予想コラム『爆笑問題田中裕二の爆勝予想』を連載している。連載初回に予想馬券を当て、東京スポーツの1面を飾った。2005年以前には、太田と共に日刊スポーツで不定期に予想を掲載しており、1面を飾ったことがある。 『爆笑問題田中裕二の爆勝予想』では、真面目な予想が多いものの、時折時事的な話題を絡めたサイン馬券を披露することがある。サイン馬券による的中も少なくない(具体例はサイン理論#田中裕二(爆笑問題)のサイン予想を参照)。 ちなみに太田の予想は、その多くが自分の好きなもの・名前になぞらえたサイン馬券であった。例えば、1999年の桜花賞では、太田が好きな作家のトルーマン・カポーティになぞらえ、カポウティを父に持つフォルナリーナを本命にしたが18着(最下位)に終わった。対抗もカポーティの代表作『ティファニーで朝食を』からステファニーチャンを推したが17着であり、完全に逆的中となった。 2007年6月30日2回福島5日目第7レースの馬券をPATで購入し、馬連83,570円(購入額1,000円)と3連複119,000円(購入額500円)を的中させ、計1,430,700円の払戻(口座振込)を受けた。また同年、前述コラムにて第43回新潟記念の予想を的中させた(トウショウヴォイス3連単軸1頭マルチ)。実際に馬券もPATで購入しており、3連単277,430円(購入額200円)を的中させ、計554,860円の払戻(口座振込)を受けた。 一方で『日曜サンデー』の競馬コーナー「田中裕二のサンデー競馬小僧」では、馬連限定で「穴狙い」の予想を行っているが、当たったのは番組開始当初の2008年4月13日のみでその後は4年以上まったく当たらず、2012年4月1日に行われた第44回ダービー卿チャレンジトロフィーにおいて200連敗を達成した[27]。しかし、2013年11月3日に行われた第51回アルゼンチン共和国杯において、アスカクリチャンを本命として予想した馬券が見事的中し、長い連敗記録に終止符を打った。 第67回皐月賞大万馬券的中騒動[編集] 2007年、前述コラムの第67回皐月賞予想で7番人気のヴィクトリーに本命印を打ち、予想を的中させた。実際に馬券も購入しており、馬連94,630円(購入額5,000円)と3連単1,623,250円(購入額200円)を的中させ、計7,978,000円を手にした。 2007年4月17日の記者会見(同年4月18日『日刊スポーツ』27面等掲載)にて数々のエピソードが語られた。 田中の買い方として、GIはいつも2万円分位しか買わないが、この日別のレースでも万馬券を当ててゆとりがあったため、いつもより増額して買った(計43,000円分)とのこと。別レースでの万馬券的中後、フジテレビアナウンサーの福原直英に報告の電話を入れている(『めざましテレビ』で福原本人も発言)。 皐月賞は友人数人とウインズ渋谷近くの飲食店でテレビ観戦(当日太田は仕事で原稿書きとテレビ番組収録があった)。 レース後、即換金。的中馬券は携帯電話で記念撮影はしてあるが、コピーは行っていない。換金は田中の安全を考え、実際に行ったのは一緒に観戦した中の1人(田中の友人の友人)であった。 お小遣い(ご祝儀)として一緒にいた友人数人には1人2万円、事務所の仲間やスタッフには1人10万円(計20人)を渡した。ただし全員分すぐには行き渡らなかったようで、『ラジかるッ』(日本テレビ系、同年4月18日)で山中秀樹が、『カンニング竹山 生はダメラジオ』(TBSラジオ、同年4月19日)で長井秀和が、その放送時点では共々「もらっていない」と発言していた(その後きちんと行き渡った)。 その後うなぎ屋にて食事をした(放送内で「もうしばらくうなぎは食べたくない」と語る)。 乗ったタクシーの運転手が競馬好きで今回の皐月賞などについて話す。降りる際、ご祝儀として「釣りは要らない」と言って運転手に1万円を渡した。ただ太田には「それじゃ普通の“釣りはいらない”と変わんねーだろ」と突っ込まれていた。後日放送の『検索ちゃん』(放送日は後述)でも同様の話をする。 田中自身はこういう事柄は話したい性分であるが、勝手にそうすると誰かに迷惑が掛かる可能性もあり得ると、田中は事務所の社長である太田光代に確認の電話を入れたが、なかなか繋がらず、その確認が済むまで太田に「黙っていてくれ」と口止めした。しかし太田は仕事で一緒になった明石家さんまにすぐに話した(ただし、さんまは自分の馬券を気にするだけであった)。 税理士に税金(一時所得による所得税)の相談をしたが、その時は「半分位は覚悟してくれ」と言われた。 出費予定が多いため「赤字になりそう」や「残っているうちに自転車でも買おうかと」と発言。 2007年4月20日の『検索ちゃん』にて、「買い物をした際には全部領収書をもらっていたが(以前の同放送にて)、今は安い金額の時は領収書をもらっていない」ということをクイズのネタにされた。 『検索ちゃん』では、当たった瞬間のリアクションを再現する件があり、度々披露している。 家族・親族[編集] 田中家[編集] 父は仕事を引退してから、環境保護を訴える運動をやっている[28]。現在「人類生き残り研究会」の会長。母親は歯医者の娘で、専業主婦[2]。実兄は「コム・デ・ギャルソン オムオム」のデザイナーを務め、現在は自ら立ち上げたブランド「KONTRAPUNKT(コントラプンクト)」のデザイナーである田中啓一。実姉は同じくデザイナーで「アツキオオニシ」や「ピンクハウス」を手がけた田中里美。母方の従姉に声優のならはしみきがいる[29][30]。 出演作品[編集] コンビでの出演は、爆笑問題#現在の出演番組、爆笑問題#過去の出演番組を参照のこと。 テレビ番組[編集] 現在の出演番組[編集] Eテレ2355(2011年4月 -、NHKEテレ)「夜ふかしワークショップ」 Eテレ0655(2011年6月 -、NHKEテレ)「たなくじ」 S☆1(2012年4月 - TBSテレビ)総合MC 過去の出演番組[編集] 笑っていいとも!(フジテレビ、2000年4月-2014年3月)金曜レギュラー[31] サカスさん(TBS、2009年4月2日 - 9月24日) 木曜MC


17. #ビートたけしのTVタックル(2017年10月22日)|東名高速妨害事故&ラスベガス銃乱射 今そこにある大問題…日本は大丈夫かSP

  • Duration: 2640
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル(2017年10月22日)|東名高速妨害事故&ラスベガス銃乱射 今そこにある大問題…日本は大丈夫かSP

#ビートたけしのTVタックル(2017年10月22日)|東名高速妨害事故&ラスベガス銃乱射 今そこにある大問題…日本は大丈夫かSP #ビートたけしのTVタックル(2017年9月17日)|知らないと損する!?他人事ではない遺産相続トラブル解決SP/#介護人・#遺言書・#借金・別れた妻&子 遺産は誰の手で #遺産相続 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと ナレーター 江口ともみ オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 どーする?!TVタックル ビートたけしのTVタックル(ゴールデン時代) - ビートたけし(北野武) TakesiKitano 本名 北野武(きたの たけし) ニックネーム たけちゃん、たけし、殿、世界のキタノ 別名義 ビートたけし・北野武、マス北野 生年月日 1947年1月18日(69歳) 最終学歴 明治大学工学部(現:理工学部)機械工学科除籍(特別卒業認定) 師匠 深見千三郎、松鶴家千代若・千代菊、立川談志、コロムビア・ライト 出身 浅草フランス座 コンビ名 ツービート グループ名 亀有ブラザーズ 相方 ビートきよし 芸風 漫才(ツッコミ→ボケ) 立ち位置 左 事務所 吉川事務所→太田プロダクション→オフィス北野 活動時期 1972年 - 同期 笑福亭鶴瓶、志村けん 現在の代表番組 レギュラー番組 世界まる見え!テレビ特捜部 ビートたけしのTVタックル たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 奇跡体験!アンビリバボー たけしのニッポンのミカタ! 情報7days ニュースキャスター スペシャル番組 平成教育委員会 たけしのニッポン人白書 ビートたけしの禁断の大暴露!!超常現象(秘)Xファイル たけしが鶴瓶に今年中に話しておきたい5〜6個のこと THE MANZAI 北野演芸館〜たけしが本気で選んだ芸人大集結SP〜 オールスター感謝祭 過去の代表番組 元気が出るテレビ!! スーパージョッキー ひょうきん族 スポーツ大将 風雲!たけし城 北野ファンクラブ 他多数 作品 映画「その男、凶暴につき」 映画「HANA-BI」 映画「座頭市」 著書「たけしくん、ハイ!」 著書「浅草キッド」 他の活動 映画監督、俳優、脚本家、大学教授、歌手、芸術家、作家 配偶者  北野幹子 親族 北野大(実兄) 北野井子(実娘) 北野篤(実息) 松田秀士(義弟) 弟子 たけし軍団 公式サイト OFFICE-KITANO WEB SITE 受賞歴 1990年 トリノ国際映画祭 特別賞 1990年 日本映画監督協会新人奨励賞 1993年 タオルミナ国際映画祭 カリッディ金賞 1993年 コニャック国際映画祭 批評家賞 1997年 ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞 1998年 ニューヨーク国際映画祭 国際映画賞 1998年 サンパウロ国際映画祭 批評家賞 1999年 芸術文化勲章 シュヴァリエ(騎士)[1] 2002年 ダマスカス国際映画祭 最優秀作品賞 2003年 ヴェネツィア国際映画祭 銀獅子賞 2003年 シッチェス・カタロニア国際映画祭 グランプリ 2003年 トロント国際映画祭 グランプリ 2004年 明治大学特別功労賞 2006年 ガリレオ2000賞 文化特別賞 2007年 ヴェネツィア国際映画祭 監督・ばんざい!賞 2008年 モスクワ国際映画祭 特別功労賞 2008年 テッサロニキ国際映画祭 ゴールデン・アレクサンダー名誉賞 2009年 ソフィア国際映画祭 観客賞 2010年 芸術文化勲章 コマンドゥール(騎士団長)[2] 2014年 シャンパーニュ騎士団 オフィシエ・ドヌール(名誉隊長)[3] 2015年 シャンパーニュ騎士団 シャンベラン・ドヌール(名誉侍従)[3] (東京スポーツ映画大賞での受賞歴は除く) 2015年 第8回したまちコメディ映画祭in台東 コメディ栄誉賞[4] 2016年 レジオン・ドヌール勲章 オフィシエ(将校) - 阿川佐和子 誕生 1953年11月1日(63歳) 職業 エッセイスト 最終学歴 慶應義塾大学文学部西洋史学科卒業 主な受賞歴 1999年:講談社エッセイ賞(『ああ言えばこう食う』) 1999年:坪田譲治文学賞(『ウメ子』) 2008年:島清恋愛文学賞(『婚約のあとで』) 配偶者 未婚 親族 祖父:阿川甲一 父:阿川弘之 兄:阿川尚之 ビートたけし(悪党党総裁) 大竹まこと(悪党党党員) 浜田幸一(悪党党幹事長) 三宅久之(政治評論家) 江口ともみ(『TVタックル』のナレーター) 檀ふみ(檀も以前『TVタックル』に出演していたことがある) 斎藤由香(父の友人・北杜夫の長女であり互いに幼少時から知己の間柄) 阪田寛夫(父の友人・童謡サッちゃん作詞) 大浦みずき(父の友人・阪田寛夫の次女であり互いに幼少時から知己の間柄) 放送中 ビートたけしのTVタックル(テレビ朝日、1998年2月 - ) - 進行レギュラー 阿川佐和子のゴルフフォーラム(BSフジ、 - 2009年10月) 阿川ごはん(BSフジ、2009年11月7日 - ) サワコの朝(MBS・TBS、2011年10月1日 - ) - 聞き手 ビートたけしの知らないニュース(テレビ朝日、2013年12月9日 - )※不定期特番 - 進行 お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺(テレビ朝日、2016年10月3日 - )- レギュラー 終了 朝のホットライン(TBS、1981年9月28日 - 1990年3月30日) - リポーター 情報デスクToday(TBS、1983年10月 - 1989年9月) - アシスタント 筑紫哲也 NEWS23(TBS、1989年10月 - 1991年3月) - サブキャスター JNN報道特集(TBS、1992年10月 - 1994年9月) - キャスター 無意味良品(BSフジ、2004年4月 - 2007年2月) スタ☆メン(フジテレビ・関西テレビ、2005年10月2日 - 2007年3月25日) - MC 阿川佐和子のゴルフ友遊録(テレビ東京、2007年10月6日 - 2008年3月29日) 大人の自由時間 火曜日「第(2)ニッポン国・独立宣言」(BS11、2007年12月3日 - 2009年4月2日) 阿川佐和子&檀ふみの京都1泊2日懐かしレトロ旅(テレビ朝日、2014年7月20日)- 旅人 独占!長嶋茂雄の真実~父と娘の40年物語~(TBS、2015年1月3日)- MC 1万人の第九 サワコ・又吉のクラシックなんて怖くない♪(TBS、2015年12月23日)- MC - 大竹まこと 本名 大竹真 トリオ名 シティボーイズ 相方 きたろう・斉木しげる 現在の代表番組 『ビートたけしのTVタックル』、『大竹まこと ゴールデンラジオ!』 過去の代表番組 『夕やけニャンニャン』など 他の活動 俳優、ラジオパーソナリティ 配偶者  既婚 親族 弟:大竹オサム(作家・料理人) 長男:大竹涼太(ASH&Dコーポレーションマネージャー) 弟子 ユリオカ超特Q 映画 八甲田山(1977年、東宝) - 雪中行軍隊・橇隊の兵卒 役 聖職の碑(1978年、東宝) - 山小屋を燃やしてしまう三人の男のうちの一人(ノンクレジット) 喜談 南海燮化玉(1978年) - 主演・鉄平 役 愛染恭子の未亡人下宿(1984年、にっかつ) - 肉屋 役 さらば愛しき人よ(1987年、松竹) - ラジオのゲスト 役 マリアの胃袋(1990年、アルゴプロジェクト) - 安井喜一郎 役 スキ!(1990年、東宝) - 占い師 役 シンデレラ・エクスプレス(1990年、キネマスターフィルム) - 松井大輔 役 香港パラダイス(1990年、東宝) - 平田 役 ボクが病気になった理由(1990年、アルゴ・プロジェクト) - 田辺正太郎 役 さらば愛しのやくざ(1990年、東映) - 坂田明二 役 継承盃(1992年、東映) エンジェル 僕の歌は君の歌(1992年、東宝) - 大竹まこと(本人)役 ゴジラvsモスラ(1992年、東宝) - 友兼剛史 役 居酒屋ゆうれい(1994年、東宝) - 骨董屋主人 役 クレイジー・コップ 捜査はせん!(1995年、タキコーポレーション) - 久方のぼる 役 北京原人 Who are you? (1997年、東映) - 内閣情報室長 役 BROTHER (2001年、オフィス北野/松竹) - 警察官僚 役 Stereo Future SF episode 2002 (2001年、東北新社) - ビデオ編集者の和田 役 Last Dance ラストダンス-離婚式- (2001年、東映) - 大沢和也 役 恋の門(2004年、アスミック・エース) - 門の父 役 アキレスと亀(2008年、東京テアトル / オフィス北野) - 屋台のオヤジ 役 ふきげんな過去(2016年、東京テアトル) - 蓮月庵の店主 役(写真のみの出演)[22] ヒメアノ〜ル(2016年、日活) - 清掃会社の社長 役 家族の日 (2016年、花三) - 宮島 貞一 役


18. 情熱大陸|ウインドサーファー・中里尚雄

  • Duration: 1473
  • Channel: tv
情熱大陸|ウインドサーファー・中里尚雄

情熱大陸|ウインドサーファー・中里尚雄 - 中里 尚雄 / Hisao Nakazato (海洋冒険家・プロウインドサーファー) Born in Tokyo, 1966. Presently living in Yakushima. ・一級小型船舶操縦士免許 ・第一級海上特殊無線技士 ・特殊小型船舶操縦士免許 ・特定小型船舶免許(旅客安全) ・屋久島漁業協同組合準会員 ・屋久島観光協会 会員 ・MEDIC First Aid 認定(心肺蘇生法、AED) ・JWA(日本ウインドサーフィン協会) 公認指導員 ・SUPA(日本スタンドアップパドルボード協会) 公認インストラクター 略歴 14歳でウインドサーフィンと出会い、 プロを目指し16歳で単身ハワイ留学。 在学中にプロ活動を開始、以後ハワイ・マウイ島に22年在住する。 世界最高峰の大会「マウイグランプリ」5位入賞を皮切りに、 丸井オニールワールドカップ8位、 ハワイアンプロ・ロングディスタンスレース優勝、 ハワイアンインターナショナルカップ3位、 ニールプライドウエイブチャレンジ2位、 ノースショアチャレンジ2位など、数々のワールドカップ、 国際試合で輝かしい戦歴を残し世界ランカーとしての地位を築く。   '93年に引退、帰国。 5年間のブランクを経て'98年、 本場ハワイでランキング入り、カムバックを果たす。 ウインドサーフィンで世界最高峰の波Jawsに挑む中里尚雄 / Hisao Nakazato Windsurfing Jawsサメが大口をあけ襲いかかる波と例えられ呼称されたJawsの大波に挑む中里尚雄 / Hisao Nakazato Windsurfing Jaws Windsurfing Jaws Photo by Jono Knight 2003年1月、ハワイ・マウイ島にて交通事故。 骨盤複雑骨折、坐骨神経損傷で半身麻痺、 再起不能と宣告されるも車椅子からのカムバック。 驚異的なリハビリの末、 再び世界一の大波、「JAWS」にチャレンジし成功する。 奇跡の復活。 ウインドサーフィンでハワイ諸島・全島の海峡横断に成功、 1枚のボードで、 日本(対馬)から韓国(釜山)までのパドル横断に成功、 肋骨2本を折りながら、ウインドサーフィンで、 鹿児島(桜島)→沖縄(本島)650kmの縦断にも成功している。 15m級の世界最高峰の大波(通称JAWS)に、 日本人として初めてサーフィン、ウインドサーフィンの2種目に成功 (サーフィン12回、ウインドサーフィン8回、計20回)。 サーフィンで世界最高峰の大波Jawsに挑む中里尚雄 / Hisao Nakazato Surfing Jaws日本人としてサーフィン、ウインドサーフィンの2種目に初めて大波Jawsに成功した中里尚雄 / Hisao Nakazato Surfing Jaws Surfing Jaws Photo by Erik Aeder 「情熱大陸」、「ジャンクスポーツ」、 「ニュースステーション」、「ポンキッキーズ」、 他ドキュメンタリー番組、 TV CM「ユニクロ」、RADIO CM「アサヒスーパードライ」、 ゼリーサプリメント、清涼飲料水、 時計、シャンプー、 不動産などの企業イメージキャラクターにも起用されている。 女性誌、スポーツ誌、ファッション誌、 経済誌、ビジネス誌、週刊誌、 情報誌、教育誌、語学誌、 旅行誌、新聞、英語の教科書にも起用されるなど、 多くのメディアが注目していた。 主な著書に、「水人」扶桑社、 「生かされた意味」飯塚書店、「ディセンション」ぶんがく社、 「地球のたからもの」マリン企画、「海のポストマン」マリン企画、 ポニーキャニオンからDVD「海のポストマン」も発売されている。 全国で海の教室「キッズキャンプ」を10年に渡り開催していた。 株式会社サイバード主催「サーファーズアワード」最優秀賞受賞。 中里の指導スキルは国内外問わず、各界から定評(レッスン模様)ある。 そんな中里が屋久島の自然に魅了され、2014年、定住を決めた。 自然の鼓動を大切にする中里のSLOW LIFE ・・・。 海、山そして渓・・・、 屋久島ならではの風と水の息吹を感じる特別なプログラムです。 透明感溢れる屋久島クリオマリンベースの海にダイブする中里尚雄屋久島ならではのマリンアクティビティーを推奨するクリマリンベース代表の中里尚雄/Hisao Nakazato Photo by Akihiko Harimoto お手軽な「体験コース(8,000円~)」、 完全貸切りの「プライベートコース」、 1泊2日 or 2泊3日の「プレミアムコース」、でナビゲートしております。 軽やかな波動に秘められた重み、幅の広がる体感、 屋久島ならではのStep up feeling、 心と体に流れる新しい風を、共同創造してみませんか☆ 【プロ活動、戦績、冒険活動、中里尚雄のヒストリー】 YOU TUBE アーカイブズ動画 ●30歳~最後の冒険 youtube ●26歳~30歳 引退、活動休止 ●18歳~26歳 youtube 海のアクティビティーをナビゲートするクリオマリンベース代表・中里尚雄 ≪水人ナビゲーター≫ 中里尚雄 / Hisao Nakazato - 情熱大陸 JOUNETSU - TAIRIKU ジャンル ドキュメンタリー番組 放送時間 日曜日 23:00 - 23:30(30分) 放送期間 1998年4月5日 - 現在(800回) 放送国 日本の旗 日本 制作局 毎日放送 企画 河村盛文 演出 中村裕 ほか プロデューサー 福岡元啓 ほか スタッフを参照 出演者 窪田等(ナレーション) 音声 ステレオ放送 字幕 字幕放送 オープニング 葉加瀬太郎「情熱大陸」 エンディング 葉加瀬太郎「Etupirka」 外部リンク 公式サイト - 関連項目[編集] アサヒビール - 筆頭スポンサー(大筆頭扱い)。 マツダ - 1999年4月からのスポンサー(1分提供)。 スバル(富士重工業) - 番組開始当初から1年間、1分提供のスポンサーを務めた。 イチバン! - 前身番組 グラフィティ'96 - 『イチバン!』の前身番組で基礎となった番組。 スポーツ大陸 - NHK BS1で放映されていた、スポーツ分野のドキュメント番組。 ガンホー・オンライン・エンターテイメント - 当番組とのコラボで『モジポップン〜100の海と情熱の大陸〜』をスマートフォン向けのパズルアプリケーションを無料配信している。 - 『情熱大陸』(じょうねつたいりく、英字:JOUNETSU - TAIRIKU)は、TBS系列局で毎週日曜日の23時00分 - 23時30分(JST)に放送されている毎日放送(MBS)制作の人間密着ドキュメンタリー番組である。 本項では、本番組の第39回から使用されている葉加瀬太郎作曲のテーマ曲「情熱大陸」についても記す。 - 毎回、スポーツ、演劇、音楽、学術など第一線で活躍する人物(日本国内で活動する人物や、海外で活動する日本人、あるいは野球やサッカーなどスポーツチーム全体など)にスポットを当て、その人物の魅力・素顔に迫る。第1回(1998年4月5日放送)ではプロゴルファーの丸山茂樹を密着取材した。アサヒビールとマツダ(1999年4月から、但し番組開始当初から1年間はアサヒビールとスバル)の2社提供である。 番組開始当初は、制作会社が人物および内容を企画として持ち込み、企画を通した会社が制作を担当しており、演出などスタッフが毎週違うことになっていたが、近年は特定の制作会社がレギュラー化して制作を担当している。週によってはMBSの完全自社製作になるときもある。放送開始当初はSD放送だったが、2007年4月からHD放送が始まった。しかし、取材時期によって、SD放送のときとHD放送のときがあった。 番組内に案内役は登場せず、窪田等のナレーションで番組は進行する。ただし窪田が他の仕事で出演できない場合は、他の声優もしくはMBSのアナウンサーが代理でナレーションを担当することもある。また予告ナレーションも、内容によって他の声優が担当することもある。 2006年8月8日に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日)を始め、他番組での模倣・パロディが多く行われている。番組が模倣・パロディされることについて、番組プロデューサー中野伸二は、『ロンドンハーツ』の企画が「なかなか面白かったです」と前置きした上で、「番組がマネされるというのは、その番組にマネできる型というかパターンがあるということである」として、番組制作がパターンにはまり始めてしまっている現状を危惧するコメントを、Web上で発表している。 2010年1月3日に放送されたピアニストのアリス=紗良・オットを密着した回が、同年6月10日にアメリカ・ロサンゼルスで行われた第43回US国際映像祭のドキュメンタリー部門で「ベスト・オブ・フェスティバル」(大賞)を受賞した。 2011年3月13日は東日本大震災によるJNN報道特別番組が終日放送されたため、休止された。ちなみにこの放送は3月20日(23時15分 - 23時45分)に振り替え放送された。 MBS制作の番組は字幕放送の字幕の文末に基本的に句点(。)をつけるが、例外的にこの番組では句点は省略している[1]。 2015年9月 - 10月に、番組キャラクター「情熱くん」のデザインを募集した[2]。 特別編成について[編集] 通常は、1週・1放送回につき1人を密着したものが放送されるが、複数週に渡る回や時間枠拡大などにより放送されることもある。 2007年11月11日・18日は、俳優の小栗旬を2週に渡って放送した(後編となる2007年11月18日分は「怒涛の延長戦」と題していた)。 2008年5月25日は、放送開始から500回を迎えたことを記念して、『情熱大陸extra〜ネクストジェネレーションの挑戦』として、放送時間を1時間に拡大。この拡大版では、桑田真澄とスガシカオの対談の模様も放送された。 2008年12月28日は、『情熱大陸extra』として1時間の拡大版を放送。竜王戦で対局する棋士の渡辺明と羽生善治に密着した。 2010年5月16日・23日は、放送開始から600回を迎えたことを記念して、爆笑問題を田中裕二編と太田光編の2週に分けて放送した。 生放送[編集] 2011年9月11日の放送は、この日が東日本大震災が発生して半年であることから、東日本大震災で被災して壁新聞で発行を続けた宮城県石巻市の新聞社『石巻日日新聞』の社員の姿に密着。当日の放送は、番組開始以来初めてでドキュメンタリー番組でも異例の生放送を実施。VTRを織り交ぜながら、番組冒頭やラストなど随所で、石巻日日新聞報道部の様子が生で映し出され、ラストには社員2名のコメントを生で放送した。東北放送が制作に協力し、窪田等も生でナレーションを担当した。なお、当日の放送では字幕放送は行われなかった。 また、東日本大震災から丸1年となる2012年3月11日放送分でも、石巻日日新聞の続編を放送。ここでは石巻市内の風景を生中継したほか、オープニングとエンディングでは、番組テーマ曲を手掛けた葉加瀬太郎が、ロンドンからの衛星生中継による生演奏を披露した。 ものまねタレントの福田彩乃を取り上げた2013年1月27日放送分では、事前収録パートと生放送パートで構成。前半の事前収録パートでは、福田が新しいレパートリーとして常盤貴子のものまねに取り組む様子に密着したVTRを放送した。後半の生放送パートでは、福田が常盤のものまねを初めて公に披露。Twitter上に設けられている番組公式アカウントを通じて、視聴者から感想を募っていた。


19. 情熱大陸|歌舞伎役者・尾上松也(2014年7月20日)

  • Duration: 1495
  • Channel: tv
情熱大陸|歌舞伎役者・尾上松也(2014年7月20日)

情熱大陸|歌舞伎役者・尾上松也(2014年7月20日) - にだいめ おのえまつや 二代目 尾上松也 Nidaimeonoematsuya-asakusa-dec2014.jpg 2014年12月 屋号 音羽屋 定紋 抱き若松 生年月日 1985年1月30日(31歳) 本名 井上 龍一 襲名歴 1.二代目尾上松也 出身地 東京都中央区 父 六代目尾上松助 - 二代目尾上松也(にだいめ おのえ まつや、1985年1月30日 - )は歌舞伎俳優。屋号は音羽屋、紋は抱き若松。本名は井上 龍一(いのうえ りゅういち)。父は六代目尾上松助、叔父は大谷桂三(初代尾上松也)。松竹エンタテインメント所属。身長178cm。 - 歌舞伎(主なもの)[編集] 「伽羅先代萩」の 足利鶴千代(1990年5月初舞台)、一子千松(1991年、1993年) 「源平布引滝」の 伜太郎吉(1990年9月、1993年1月 国立劇場特別賞) 「重の井子別れ」の 自然生の三吉 実は 与作子与之助(1990年12月、1992年4月、9月) 「盛綱陣屋」の 高綱一子小四郎(1991年10月 国立劇場特別賞、1994年、1997年) 「仮名手本忠臣蔵」の 大星力弥(2001年3月) 「人情噺文七元結」の 長兵衛娘お久(2001年7月、2002年2月) 「傾城反魂香」の土佐修理之助(2001年10月、2011年11月) 「弁天娘女男白浪」の 伜宗之助(2003年1月、2004年7月)、赤星十三郎(2004年10月、2006年11月) 「児雷也豪傑譚話」の 娘お辰(2004年4月、2005年3月、11月) 「磯異人館」の集成館警固役 岡野周三郎(2007年8月) 「双蝶々曲輪日記」の 山崎屋与五郎/放駒長吉(2008年4月) 「夏祭浪花鑑」の 一寸徳兵衛(2008年4月)、五島磯之丞(2011年3月) 「源平布引滝」の 御台葵御前(2008年9月) 「三人吉三」の 手代十三郎(2009年11月) 「連獅子」の 仔獅子(2010年3月) 親獅子は中村獅童 「葛の葉」の 安部保名(2011年12月、2015年4月) 「仮名手本忠臣蔵」の 顔世御前(2012年4月) 「寿曽我対面」の 曽我五郎時政(2013年1月) 「極付幡随長兵衛」の 出尻清兵衛(2013年1月) 「隅田川花御所染」の 猿島惣太 実は 粟津七郎(2013年3月) 「太刀盗人」の すっぱの九郎兵衛(2013年5月) 「権三と助十」の 駕籠舁助十(2013年11月) 「吹雪峠」の 助蔵(2014年3月) 「菅原伝授手習鑑」の 舎人桜丸、武部源蔵(2014年4月) コクーン歌舞伎「三人吉三」の お坊吉三(2014年6月) 「仮名手本忠臣蔵 5・6段目」の 早野勘平(2015年1月 浅草公会堂) 「鳴神」の 鳴神上人(2015年3月 南座)  「弁天娘女男の白浪」の 弁天小僧菊之助(2015年3月 南座) 「新作歌舞伎 あらしのよるに」の ヤギめい(2015年9月 南座)  「音羽嶽だんまり」の 音羽夜叉五郎(2015年10月 歌舞伎座) 「本朝廿四孝」の 武田勝頼(2015年12月 歌舞伎座) 「重戀雪関扉」の 良峯少将宗貞(2015年12月 歌舞伎座) 「妹背山婦女庭訓」の烏帽子折求女 実は 藤原淡海(2015年12月 歌舞伎座) 「与話情浮名横櫛 源氏店の場」の切られ与三郎(2016年1月 浅草公会堂) 「義経千本桜 川連法眼館の場」の佐藤忠信・忠信実は源九郎狐(2016年1月 浅草公会堂) 自主公演[編集] 2009年11月28日「挑む 若き歌舞伎役者の舞」前進座劇場 (松の羽衣、太刀盗人) 2010年11月29日「挑む 歌舞伎役者の華麗な舞」玉川区民会館 (鶴亀、二人椀久、棒しばり) 2011年8月20日・21日「挑む 歌舞伎役者の粋と意気」前進座劇場(子宝三番叟、三社祭、与話情浮名横櫛-源氏店-) 2012年8月6日・7日「挑む ~外伝~」セルリアンタワー能楽堂(翁千歳三番叟、狂言 樋の梅、素襖落) 2013年8月22日・23日「挑む 傾く者の繋ぐ技量」日本橋公会堂(助六、三人吉三巴白浪-大川端庚申塚の場-、身替座禅) 2014年8月13日〜15日「挑む 熱き役者の新たな軌跡」日本橋公会堂(双蝶々曲輪日記-引窓-、お祭り) 2015年8月8日「挑む 更なる幕へ勇みし気迫(こころ)」神奈川芸術劇場(操り三番叟、二人椀久、二人袴) ラジオ[編集] 邦楽ジョッキー(2008年4月 - 2011年3月、NHK-FM) - 10代目パーソナリティ 尾上松也のオールナイトニッポンGOLD (2015年12月11日、ニッポン放送) - ゲスト坂東巳之助、坂東新悟、中村米吉、中村隼人 映画[編集] シベリア超特急2 - 少年 役 2001年 源氏物語 千年の謎 - 頭中将 役 2011年  NEWシネマ歌舞伎第22弾 三人吉三 - お坊吉三 役 2015年6月 テレビドラマ[編集] NHK大河ドラマ 八代将軍吉宗(1995年) - 源六(徳川吉宗の少年期)役 葵 徳川三代(2000年) - 片桐元包役 天地人(2009年) - 前田利長役 嫌われ松子の一生(2006年10月 - 12月、TBS) - 川尻紀夫役 おシャシャのシャン! (2008年1月10日、NHK総合) - 坂本亀志郎役 新春ワイド時代劇寧々〜おんな太閤記(2009年、テレビ東京) - 小早川秀秋役 ぴんとこな(2013年8月8日、TBS) - バーテンダー役 ウロボロス〜この愛こそ、正義。(2015年1月23日、TBS) - 神谷真樹役 テレビ東京開局50周年特別企画 永遠の0(2015年2月11日・14日・15日、テレビ東京) - 景浦介山役[9] ドラマスペシャル「名探偵キャサリン」(2015年9月5日、テレビ朝日) - 西川和彦役 大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語 第2話「私のカレは幸村様」(2016年1月19日、関西テレビ) - 正人 / 真田幸村 役(二役)[10] バラエティ・教養[編集] 心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU(日本テレビ、2010年4月 - 2012年3月) - 準レギュラー 知られざる物語 京都1200年の旅(BS朝日、2012年4月 - 2014年9月) 旅人 ボクらの時代(フジテレビ、2014年5月4日) - 尾上松也×中村七之助×三宅右矩 SMAP×SMAP(フジテレビ、2014年5月26日)中村勘九郎・七之助と さんまのまんま(フジテレビ、2014年10月5日) 徹子の部屋 (テレビ朝日、2014年10月28日) メレンゲの気持ち(日本テレビ、2014年11月 - ) - MCメンバー 極上空間(BS朝日、2014年11月22日) - 二代目 坂東巳之助と共演 ウチくる!?(フジテレビ、2014年12月7日) 第65回NHK紅白歌合戦(NHK総合、 2014年12月31日)- ゲスト審査員 チマタの噺(テレビ東京、2015年2月10日)- ゲスト A-Studio(TBSテレビ、2015年6月19日)-ゲスト 爆笑!ファクトリーハウス 笑けずり(NHK BSプレミアム、2015年8月14日 - 9月25日) - メインパーソナリティー SMAP×SMAP(フジテレビ、2015年8月31日)中村獅童と 尾上松也の古地図で謎解き! にっぽん探究 (BS11、2015年10月 - ) ナビゲーター役[11] 徹子の部屋 (テレビ朝日、2015年11月12日 2回目) ドキュメンタリー[編集] 7年ごとの成長記録シリーズ (1992年 - 、NHK総合) - 7年毎に成長記録を放送される13人のうちの一人として7歳時から出演。 情熱大陸 (2014年7月20日、毎日放送)[12] ザ・ノンフィクション イケメン花ざかり どうぞ ごひいきに (2015年1月18日、フジテレビ) 舞台[編集] アンタッチャブル(2011年5月、シアター1010、中日劇場、森ノ宮ピロティホール) ボクの四谷怪談(2012年9 - 10月、Bunkamuraシアターコクーン、森ノ宮ピロティホール) ロミオ&ジュリエット(2013年9 - 10月、東急シアターオーブ、梅田芸術劇場) - ベンヴォーリオ 役 スリル・ミー(2014年11月、天王洲銀河劇場) - 私 役 新春言の葉コンサート「竜馬がゆく」 (2015年1月27日、名鉄ホール)  エリザベート(2015年6 - 8月、帝国劇場) - ルイジ・ルキーニ役 ミュージカル 狸御殿(2016年8月、新橋演舞場) - 主演・狸吉郎 役 CM[編集] オンワード樫山「五大陸」(2013年・2014年・2015年) 武田薬品工業「ベンザブロックLプラス」(2015年) イオン/イオングループ「イオンの恵方巻[いわれ篇]」(2016年) 受賞[編集] 国立劇場特別賞(1991年) - 盛綱陣屋高綱 一子小四郎役にて受賞 国立劇場特別賞(1993年) - 源平布引滝 倅太郎吉役にて受賞 歌舞伎座賞(1993年) - 実録先代萩 一子千代松役にて受賞 国立劇場特別賞(1996年) - 妹背山婦女庭訓 倅三作役にて受賞  第11回日本映画批評家大賞(2001年) - 「シベリア超特急2」で新人賞 ネイルクイーン2014(2014年) - メンズ部門 - 略歴[編集] 1990年(平成2年)5月、5歳のとき、歌舞伎座で父・松助の襲名披露に併せ、二代目尾上松也として『伽羅先代萩』の鶴千代役で初舞台。父・松助の襲名披露記者会見の前日に、当時の松竹会長の「息子はいくつになった?出しちゃえ。」という鶴の一声で初舞台が決まった[2][3]。 以後、名子役だった父・松助の血を受け継ぎ、数々の子役で多くの賞を受ける。 十代後半から二十代前半は、「弁天娘女男白浪」の伜宗之助などの若衆役や、「人情噺文七元結」の長兵衛娘お七、「児雷也豪傑譚話」成金コギャルお辰などの女形を中心に、父・松助が所属する、七代目尾上菊五郎率いる菊五郎劇団で活動してきた。 2005年(平成17年)12月、20歳のとき、父・松助が死去した。父の弟子であった3人には「何もできないから他の方に弟子入りし直してくれて構わない」と話したが、全員がこのまま松也の弟子となると言ってくれたという。「父親から受け継いだ一番の財産が、この3人の弟子であると考えている」と発言している[2]。 父の死去後、「これまでのようにゆったりと過ごしているわけにはいかない」と、市川猿之助 (4代目)(=当時は亀治郎)の自主公演出演をきっかけに、自らも2009年から自主公演『挑む』を年1回のペースで継続して主催している。 二十代後半からは、「寿曽我対面」の曽我五郎時政、「隅田川花御所染」の猿島惣太、「菅原伝授手習鑑」の舎人桜丸、武部源蔵など立役を中心に活躍。 2014年は、端正な容姿と涼やかなよく通る声を活かし、一気に開花する年となった。6月にはコクーン歌舞伎にて「三人吉三」のお坊吉三に抜擢され、連日立ち見が出るほどの大成功を納めた。(和尚吉三 中村勘九郎、お嬢吉三 中村七之助) 以降バラエティー番組にも多数出演し、知名度も大きく上がった。12月にはNHK紅白歌合戦のゲスト審査員を務めた。 2015年1月の新春浅草歌舞伎では、中心となる花形全員が20歳代という一気に世代交代した中で、リーダー役を務め、「仮名手本忠臣蔵5.6段目」の早野勘平などを演じた。課題はあるが、実年齢に近い、絵になる勘平との評価を得た。[4] 3月には京都南座で、1月の新春浅草歌舞伎とほぼ同じ若いメンバーで1か月の公演がなされ、松也は「鳴神」の鳴神上人、「弁天娘女男白浪」の弁天小僧菊之助などを演じた。また、9月には、新作歌舞伎「あらしのよるに」で、前月まで演じていたミュージカル「エリザベート」のルキーニ役とは180度異なる ヤギめい役を演じ(座頭はガブ役の中村獅童)


20. ビートたけし 衆院選2014開票特番|「ニコ生出演で爆弾発言の連発!」- テレビでは言えないあんな発言も -

  • Duration: 941
  • Channel: tv
ビートたけし 衆院選2014開票特番|「ニコ生出演で爆弾発言の連発!」- テレビでは言えないあんな発言も -

ビートたけし 衆院選2014開票特番|「ニコ生出演で爆弾発言の連発!」- テレビでは言えないあんな発言も - ビートたけし (北野 武) TakesiKitano.jpg 第53回カンヌ国際映画祭(2000年度)にて 本名 北野 武(きたの たけし) ニックネーム たけちゃん、たけし、殿、世界のキタノ 別名義 ビートたけし・北野武、マス北野 生年月日 1947年1月18日(68歳) 出身地 日本の旗 日本・東京都足立区島根 血液型 O型 身長 168cm 方言 江戸弁 最終学歴 明治大学工学部(現:理工学部)機械工学科卒業 師匠 深見千三郎、松鶴家千代若・千代菊、立川談志、コロムビア・ライト 出身 浅草フランス座 コンビ名 ツービート 相方 ビートきよし 芸風 漫才(ツッコミ→ボケ) 立ち位置 左 事務所 吉川事務所→太田プロダクション→オフィス北野 活動時期 1972年 - 同期 笑福亭鶴瓶 現在の代表番組 レギュラー番組 世界まる見え!テレビ特捜部 ビートたけしのTVタックル たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 奇跡体験!アンビリバボー たけしのニッポンのミカタ! 情報7days ニュースキャスター スペシャル番組 平成教育委員会 たけしのニッポン人白書 ビートたけしの禁断の大暴露!!超常現象(秘)Xファイル たけしが鶴瓶に今年中に話しておきたい5〜6個のこと THE MANZAI 北野演芸館〜たけしが本気で選んだ芸人大集結SP〜 オールスター感謝祭 過去の代表番組 元気が出るテレビ!! スーパージョッキー ひょうきん族 スポーツ大将 風雲!たけし城 北野ファンクラブ 他多数 作品 映画「その男、凶暴につき」 映画「HANA-BI」 映画「座頭市」 著書「たけしくん、ハイ!」 著書「浅草キッド」 - レギュラー番組[編集] 世界まる見え!テレビ特捜部(日本テレビ系列 / 月曜日 19:56 - 20:54) ビートたけしのTVタックル(テレビ朝日系列 / 月曜日 23:15 - 翌0:15) たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学(朝日放送制作・テレビ朝日系列 / 火曜日 20:00 - 20:54) ビートたけしPresents 奇跡体験!アンビリバボー(フジテレビ系列 / 木曜日 19:57 - 20:54) たけしのニッポンのミカタ!(テレビ東京系列 / 金曜日 22:00 - 22:54) 新・情報7DAYS ニュースキャスター(TBS系列 / 土曜日 22:00 - 23:24) NHK[編集] 北野武の宵越しスーパートーク(1998年元旦、井上ひさし・諏訪内晶子・市川猿之助との対談)[62] 第51回NHK紅白歌合戦(氷川きよしの応援) 第52回NHK紅白歌合戦(同上) たけしアート☆ビート(NHKBSプレミアム / BS放送) TBS系列[編集] 特記のないものはTBS製作 たけしのお笑いサドンデス たけしのホッカホッカタイム 笑ってポン! 世界まるごとHOWマッチ!!(毎日放送制作) ギミア・ぶれいく たけし・所のドラキュラが狙ってる(毎日放送制作) 痛快なりゆき番組 風雲!たけし城 たけしの頭の良くなるテレビ ここがヘンだよ日本人 総天然色バラエティー 北野テレビ たけしのお年玉だよ!!初笑い海外演芸慰問団 スーパーサッカー(1994年1月〜8月まで、バイク事故で休養しそのまま降板) 乱!衆議院・参院選(衆議院選挙もしくは参議院選挙実施時にスペシャルコメンテーターとして出演) たけし・所の二人テレビ(テレビ朝日、日本テレビ、TBS系列 / 年2回春・秋位放送) たけしの人体科学SP 人はなぜ老いるのか(2012年1月5日) 日曜ゴールデンで何やってんだテレビ[63] ビートたけしの絶対見ちゃいけないTV(TBS系列 / 年2回位放送) たけしが鶴瓶に今年中に話しておきたい5〜6個のこと(TBS系列 / 不定期特番) ビートたけしの勝手にスポーツ国民栄誉SHOW 豪華アスリート総登場 5時間半生放送SP(TBS系列 / 大晦日特番) ビートたけしのガチバトル(TBS系列 / 年末年始特番) 北野演芸館〜たけしが本気で選んだ芸人大集結SP〜(毎日放送製作・TBS系列 / 不定期特番、2011年9月28日・2012年2月8日「水曜エンタ!」枠) オールスター感謝祭(TBS系列) - 2011秋以降出題者として[注 10] 日本テレビ系列[編集] 特記のないものは日本テレビ製作 テレビに出たいやつみんな来い!! わっ!!ツービートだ OH!たけし 蝶々・たけしの21世紀まで待てない!!(読売テレビ制作) スーパージョッキー 天才・たけしの元気が出るテレビ!!→超天才・たけしの元気が出るテレビ!! ビートたけしの全日本お笑い研究所→番組の途中ですが…再びたけしです ビートたけしのお笑いウルトラクイズ 新橋ミュージックホール(読売テレビ制作) 世界超偉人伝説 たけしとひとし(「金曜スーパープライム内」 / 不定期特番、2010年12月10日) たけしの超新説研究所 最新科学が歴史を暴く(2012年3月20日) ビートたけし特別主催 おバカンヌNo.1映像祭(不定期特番) たけし・所の二人テレビ(テレビ朝日、日本テレビ、TBS系列 / 年2回春・秋位放送) 世界に誇る50人の日本人 成功の遺伝史(2013年12月30日) さんま&所の大河バラエティ!超近現代史!人間は相変わらずアホか!?(不定期特番、特別ゲスト出演) ビートたけしの教科書に載らない日本人の謎(日本テレビ系列 / 年1回放送) 緊急!ビートたけしの独裁国家で何が悪い!(日本テレビ系列 / 年1回放送) ビートたけしの今まで見たことないテレビ(日本テレビ系列 / 不定期特番) テレビ朝日系列[編集] 特記のないものはテレビ朝日製作 アイドルパンチ ザ・ベストヒット'83 '83サマースペシャル ビートたけしのスポーツ大将 スポーツシャワー〜ヒーローに花束を〜(朝日放送制作) 有名人の皆様ゴメンなさい…ビートたけしの超国民的バラエティ噂のあの人この事件 そこまでバラすか! ウワサの真相 年内決着スペシャル 神出鬼没!タケシムケン ビートたけしのD-1グランプリ たけしの万物創世紀(朝日放送制作) たけし・所のWA風が来た!(朝日放送制作) ビートたけしの!こんなはずでは!! たけしのポリスアカデミー(朝日放送制作) 最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学(朝日放送制作) たけし・所の二人テレビ(テレビ朝日、日本テレビ、TBS系列 / 年2回春・秋位放送) 名球会VSビートたけし&芸能界ドリームチーム(テレビ朝日系列 / 正月特番) ビートたけしの禁断の大暴露!!超常現象(秘)Xファイル(テレビ朝日系列 / 年1回放送) 緊急!世界サミット“たけしJAPAN”(朝日放送制作・テレビ朝日系列 / 不定期特番) 朝までたけし軍団 → 朝までたけし的ショー → たけスポ(テレビ朝日系列 / 原則年1回放送) KAMIWAZA〜神芸〜(朝日放送制作・テレビ朝日系列 / 年1回放送、番組ゼネラルマネージャー) ビートたけしのいかがなもの会(テレビ朝日系列 / 不定期特番) ビートたけしの知らないニュース(テレビ朝日系列 / 不定期特番) テレビ東京系列[編集] 特記のないものはテレビ東京製作 世界おもしろネットワーク 気分はパラダイス たけしの誰でもピカソ 古代文明ミステリー たけしの新・世界七不思議(テレビ東京系列 / 2014年正月特番) フジテレビ系列[編集] 特記のないものはフジテレビ製作 オレたちひょうきん族 たけし・逸見の平成教育委員会 FNSの日 FNSスーパースペシャル1億人のテレビ夢列島(1987年、1990年)→FNSスーパースペシャル1億2000万人のテレビ夢列島'91→平成教育テレビ→FNSの日[注 11] FNS27時間テレビ!! みんな笑顔のひょうきん夢列島!! ビートたけしのつくり方 たけしのここだけの話(関西テレビ制作) 北野ファンクラブ 北野富士 足立区のたけし、世界の北野 たけしの斉藤寝具店 タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ たけし・さんまの有名人の集まる店 たけしの日本教育白書 北野タレント名鑑 チャンネル北野eX(フジテレビ721) チャンネル北野NEO(フジテレビ721) 熱血!平成教育学院 スター千一夜(1980年〜1981年) ビートたけしの21世紀毒談(フジテレビONE / CS放送) 所さんの世田谷ベース(BSフジ / 不定期出演ゲスト) たけしのコマネチ大学数学科 たけしの等々力ベース(BSフジ) 平成教育委員会スペシャル(フジテレビ系列 / 1月・5月・8月・11月に放送) たけしの日本教育白書 → たけしのニッポン人白書(フジテレビ系列 / 年1回放送) 地球45億年の奇跡I(フジテレビ系列) 地球45億年の奇跡II(フジテレビ系列) FNSの日『さんま・中居の今夜も眠れない』(フジテレビ系列 / 2008年 - 2009年、2011年 - 2012年度の中継特別ゲスト) THE MANZAI(フジテレビ系列 / 年1回放送、大会最高顧問) オモクリ監督 〜O-Creator's TV show〜 ラジオ番組[編集] ビートたけしのオールナイトニッポン(ニッポン放送) ビートたけしのラジオ黄金時代 街でいちばんの男 ビートニクラジオ(TOKYO FM) ビートたけしの文学夜話 (NRN) 国際紳士交遊録(文化放送、山口敏夫と共にレギュラー出演) テレビドラマ[編集] 【主演】は主演ドラマ。★印は連続ドラマ。 草野球・草家族(1980年、テレビ朝日) ★ 青春諸君!夏(1980年、TBS) - 測量士 役 ★ 二百三高地(1981年、TBS) - 第七連隊の補充兵 役 ★ 意地悪ばあさん(1981年、フジテレビ) ★ われら動物家族(1981年 - 1982年、TBS) ★ 刑事ヨロシク(1982年、TBS) - 原平太 役【主演】★ 幕末青春グラフィティ 坂本竜馬(1982年、日本テレビ) - 山内容堂 役 ちょっと噂の女たち・黒田軟骨の女難(1982年 - 1983年、MBS) - 特別出演 みだらな女神たち(1983年、TBS) - 花森武市 役【主演】 昭和四十六年 大久保清の犯罪(1983年、TBS) - 大久保清 役【主演】 学問ノススメ(1984年、TBS) - 夏目宝石 役【主演】★ ビートたけしのこにくらじいさん(1984年、フジテレビ)【主演】 ビートたけしのこにくらじいさん2(1984年、フジテレビ)【主演】 イエスの方舟(1985年、TBS) - 京極武吉 役【主演】 青春夫婦物語 恋子の毎日(1986年、TBS) - 星永小百合 役 雨の降る駅(1986年、TBS)【主演】 立体ドラマ5時間 1987年の大晦日「昭和大つごもり」(1987年、フジテレビ) - 脚本:倉本聰【主演】 青春夫婦物語 恋子の毎日II(1988年、TBS) - 星永小百合 役 向田邦子ふたたび(1988年、日本テレビ) ビートたけしの浅草キッド・青春奮闘編(1988年、テレビ朝日) - 目立つ客 役 男たちの激突! 前編・後編(1988年、フジテレビ) - 時造 役 時間ですよ 新春スペシャル(1989年、TBS) 御存知!鞍馬天狗(1989年、フジテレビ) - 近藤勇 役 ※特別出演 ビートたけし殺人事件(1989年、TBS) - ビートたけし 役 ビートたけし殺人事件〜失われた魔人の伝説(1989年、TBS) - ビートたけし 役 美空ひばり物語(1989年、TBS) - 田岡一雄 役